千疋 屋 アイス クリーム。 アイスクリーム・ソフトクリーム店で開業するには?

【楽天市場】シャーベット・アイスクリーム:千疋屋総本店

千疋 屋 アイス クリーム

カラフルなデコレーションで見た目も楽しいアイスクリームギフトです。 フランス最優秀職人国家認定「M. 」受賞のシェフが手がけるフレンチレストラン監修の商品。 1点1点ソースにこだわったアイスクリームとシャーベットがバランス良く入っています。 こちらは人気の12種類のフレーバーを存分に楽しめるセットです。 塩ちんすこうやシークヮーサーシャーベットなど、沖縄ならではのユニークなフレーバーを後味さっぱりと楽しめます。 1kg 高級チョコレートショップの代表格・ゴディバが手がけた、濃厚なアイスクリームギフトです。 ビターなチョコレートからクリーミーなホワイトチョコレートまで揃い、どれも上質な味わいとまろやかな口どけ。 コンビニで見かけても、普段はなかなか手が出せない高級品だけに、贈り物にすると喜ばれることうけあいです。 0kg ドライアイス2. 0kgを含む) フルーツショップの老舗・銀座千疋屋がつくった大人気のアイスクリームギフト。 良質な素材だけを厳選して使い、素材の良さを最大限引き出してあるので、香り高く芳醇なテイストが楽しめます。 フルーツの果実が入っているわけではないのに、クリームに織り込まれた果汁とソースが濃厚なため、本物の上質なフルーツを食べた時のようなおいしさを感じることができますよ。 いかにもフルーツショップらしいフレーバーで、どんな方への贈り物にも使えます。 0kg ドライアイス2. 0kgを含む) - - - 3. 1kg - - 3. 2kg 約2,700g(総重量) 商品リンク•

次の

松本薫アイスクリーム屋の現在は閉店?営業日と値段や口コミ評判も気になる!

千疋 屋 アイス クリーム

カラフルなデコレーションで見た目も楽しいアイスクリームギフトです。 フランス最優秀職人国家認定「M. 」受賞のシェフが手がけるフレンチレストラン監修の商品。 1点1点ソースにこだわったアイスクリームとシャーベットがバランス良く入っています。 こちらは人気の12種類のフレーバーを存分に楽しめるセットです。 塩ちんすこうやシークヮーサーシャーベットなど、沖縄ならではのユニークなフレーバーを後味さっぱりと楽しめます。 1kg 高級チョコレートショップの代表格・ゴディバが手がけた、濃厚なアイスクリームギフトです。 ビターなチョコレートからクリーミーなホワイトチョコレートまで揃い、どれも上質な味わいとまろやかな口どけ。 コンビニで見かけても、普段はなかなか手が出せない高級品だけに、贈り物にすると喜ばれることうけあいです。 0kg ドライアイス2. 0kgを含む) フルーツショップの老舗・銀座千疋屋がつくった大人気のアイスクリームギフト。 良質な素材だけを厳選して使い、素材の良さを最大限引き出してあるので、香り高く芳醇なテイストが楽しめます。 フルーツの果実が入っているわけではないのに、クリームに織り込まれた果汁とソースが濃厚なため、本物の上質なフルーツを食べた時のようなおいしさを感じることができますよ。 いかにもフルーツショップらしいフレーバーで、どんな方への贈り物にも使えます。 0kg ドライアイス2. 0kgを含む) - - - 3. 1kg - - 3. 2kg 約2,700g(総重量) 商品リンク•

次の

松本薫(柔道)がアイスクリーム屋を高田馬場の東京富士大学校内に開店!

千疋 屋 アイス クリーム

アイスクリーム店やソフトクリーム店はそのほとんどがフランチャイズによる開業を占めているといわれており、未経験のほうが異業種から参入しやすい業種とされています。 小資本で開業できるというメリットもあるので、個人法人を問わず安定して新規参入者の多い業界です。 ただ、アイスクリーム特有の商品の性質や、店舗展開によるお客さんの流れ方など、いくつか注意しておくべきポイントがあるので、新規でこうした店を出店する際にはアイスクリームやソフトクリームの特徴を良く押さえて準備する必要があります。 未経験でも参入可能!開業のメリット アイスクリーム・ソフトクリーム店での開業のほとんどは、フランチャイズ加盟によるものです。 アイスクリームはその製法やブランドイメージなどが確立されているので、業種未経験から始める場合は、フランチャイズ本部からの綿密な指導を受けられるフランチャイズへの加盟によって開業するのが一般的です。 比較的に小資本で始められるのもメリット。 開業資金の目安は店舗展開の仕方によってかなり差がありますが、およそ600万円から2,000万円といったところです。 アイスクリーム・ソフトクリーム自体の原価が比較的安めで、たとえば通常のソフトクリーム1本の原価はコーンが15円から20円、ソフトクリームが30円から50円ほどですから、原価率30%から40%と設定しても200円前後の値段設定で利益が出ることとなります(もちろん実際にはソフトクリームやアイスクリームでは冷凍のコストなどが上乗せになることを考慮しなければなりません)。 アイスクリームやソフトクリームだけでなく、カフェメニューやスイーツメニューを展開することも可能で、アイスクリームやソフトクリームそのものをアレンジしてお店の特徴を出した独自メニューを打ち出しやすいというメリットもあります。 アイスクリーム・ソフトクリーム店開業のデメリット アイスクリーム・ソフトクリーム店の開業には、商品特有の事情からのデメリットも少なからずあります。 まずは季節の問題です。 冬場のアイスクリームの売り上げは夏場のピーク時の3分の1程度になることもあるので、冬場にどういった商品を提供するのか戦略を練っておく必要があります。 また、コンビニチェーンがアイスクリームやソフトクリームをはじめとしたスイーツの開発に力を入れており、安くて高クオリティな「コンビニアイス」が大きな競合相手となってきています。 こういった事情から、アイスクリーム業界は全体的としては縮小傾向にあるので、お店にお客様がわざわざ足を運んでもらえるような、わかりやすい「コンセプト」やアイスクリーム・ソフトクリームの「オリジナリティ」、そして主力となる客層である若い女性だけでなく幅広い層のお客さんを呼び込めるような「集客戦略」が大切になってきます。 アイスクリーム・ソフトクリーム店の開業の手続き アイスクリーム・ソフトクリーム店の開業の際には大きく分けて、飲食店営業許可、食品衛生責任者の資格取得、税金関係の手続き、そして人を雇う場合には社会保険や労務関係の手続きを行う必要があります。 まず「飲食店営業許可」は開店するお店を管轄する保健所に対して許可の申請書類を提出し、保健所の担当者による実地調査などを経て許可が下ります。 だいたい期間は申請から2週間~3週間ほどです。 そして、お店には最低1名「食品衛生責任者」を置かなくてはなりませんので、調理師や栄養士などの免許のない方は保健所の講習会を受講して資格を取得しましょう。 個人開業の場合は開業後に税務署に対して「開業の届け出」を提出し、法人であれば健康保険や厚生年金関連の手続きを社会保険事務所で、雇用保険関連の手続きをハローワークで、労災保険関連は労働基準監督署に対して手続きを行います。 また、深夜の時間帯(午前0時から日の出)に酒類などを提供する場合には、これらとは別に「深夜酒類提供飲食店営業許可」という申請を公安委員会に対して行う必要があります。 自分で選べる「店舗スタイル」 アイスクリーム・ソフトクリーム店は「店舗スタイル」によってさまざまなお店の特徴を出すことが可能です。 商業ビルや繁華街のテナントに入る「ビルイン型」、ショッピングモールや駅ビルに展開する「インショップ型」、幹線道路沿いで車の利用者をターゲットとする「フリースタンディング型」、そしてワゴンなどで移動販売する「ワゴン型」と、大きく分けてこのような店舗スタイルがあります。 こうした立地による店舗スタイルの違いだけでなく、イートイン形式とテイクアウト形式を織り交ぜたスタイル、クレープやワッフルなどのスイーツと合わせて提供するスタイル、ジュースやコーヒーなどのドリンクを扱ってカフェ風の店舗にするスタイルなど、お店のコンセプトに合わせたバリエーションを考えることが可能なのもアイスクリーム店やソフトクリーム店の営業の魅力です。 開業方法のほとんどはフランチャイズ加盟によるものですが、個人で大きな特徴を打ち出せるコンセプトやスキルがあれば、自力で開業することも不可能ではありません。 ズバリ成功の秘訣は? アイスクリームやソフトクリームはコンビニで手軽に買えるものが非常に高いクオリティになってきていますので、わざわざお店で食べてもらえるだけの「付加価値」を何らかの形で提供できるかが成功のカギになります。 市販のものでは味わえない豊富な種類のフレーバー、フルーツとの取り合わせを工夫したアイスクリーム、原料にこだわったソフトクリームを提供するなどの工夫と、それをお客様に知ってもらうための営業努力が必要でしょう。 ターゲットを「若い女性」などの特定の層に絞りこむだけでなく、立地とその周辺の人の流れに合わせて、幅広い層のお客さんに興味を持ってもらうための「ショップイメージ」を考えることも大切です。 スイーツやドリンクなどと合わせて提供する場合には、お店のイメージがぶれないようにメニューを選定していくことも重要です。 まとめ アイスクリーム・ソフトクリーム店での開業は、開業スキームの確立されたフランチャイズ加盟による開業が主流となっていて、立地や店舗スタイルによってさまざまな店舗展開が可能です。 比較的小資本でも始められることから業界未経験の方の参入も多い業界です。 ただし、アイスクリームは季節によって売り上げが大きく左右され、コンビニアイスの台頭によって安くて質の高いアイスクリームが手軽に手に入る状況もあって、業界全体は縮小気味という現実があります。 お客さんの目を引くお店の「コンセプト」や付加価値の高いアイスクリームやソフトクリームの提供、立地や人の流れを意識した集客戦略がその成功の大きなカギとなるでしょう。

次の