履歴 書 送付。 履歴書を送るときの送付状(添え状)の書き方【無料テンプレート】|転職Hacks

履歴書・職務経歴書の添え状(送付状)の書き方|テンプレート付き

履歴 書 送付

履歴書はパソコンで作成するのがポイント 履歴書をメールで送付するには、まず履歴書をデータで作成することが必要です。 手書きにするかパソコンで作成するか迷う人もいますが、パソコンでの作成をおすすめします。 WordやExcelなどで作成すれば、文字が読みやすく、作成時間も短縮することが可能です。 手書きの履歴書の場合、文字が見えにくくなったり、顔写真が不鮮明になったりするケースがありますので、なるべくパソコンで履歴書を作成するのがポイントです。 企業から手書きの履歴書を指定された場合は従うようにしましょう。 を利用すれば、パソコンから簡単に履歴書データを作成することができます。 データであれば修正などをする場合にも便利なので、是非活用してみてください。 送るときはPDF形式に変換するのがマナー 専用のテンプレートを使ってWordやExcelで履歴書を作成したら、そのまま送付するのではなく、PDF形式に変換したデータを送るのがおすすめです。 PDF形式なら、誤ってデータを書き換えてしまう心配もありませんし、OSの違いによって印刷時などにレイアウトが崩れないので管理がしやすいというメリットがあります。 企業から送付形式の指定があった場合は、従うようにしましょう。 データをPDF形式で保存する方法は「名前をつけて保存」を選択後、ファイルの種類で「PDF」を選択して保存します。 手書きの履歴書の場合は、コンビニなどのコピー機でスキャニングをして、PDF形式のデータにしてから送りましょう。 その際、文字がつぶれていないか、顔写真のデータの写りは問題ないかなど、見やすさを確認しておくのがポイントです。 履歴書データのパスワード設定を忘れずに 履歴書をPDF形式で保存したら、送るときにパスワードを設定するのがポイントです。 履歴書には個人情報が多く含まれていますので、パスワードをかけることでセキュリティの面で安心して送ることができます。 一般的に、個人情報が含まれるファイルには、パスワードを設定します。 そのため、企業側に個人情報への配慮ができる人という印象を与えることができ、アピールポイントにもなるでしょう。 データにパスワードをかける方法は、WordやExcelの「名前を付けて保存」ダイアログボックスで「ツール」を選択します。 その中の「全般オプション」をクリックして「読み取りパスワード」を決めて入力します。 「パスワード確認」が表示されたら、再度パスワードを入力してください。 パスワードは、安全性を考慮して英数字を組み合わせたパスワードを設定することをおすすめします。 企業に誤ったパスワードを伝えることがないよう、事前に「メモ帳」などにコピー&ペーストをして、パスワードを控えておくのを忘れないでください。 企業に送る前に、設定したパスワードで開けるか念のため確認しておきましょう。 メールのタイトルをつけるときの注意点とポイント 企業の採用担当者は、毎日数多くのメールを見ています。 わかりにくい件名だと履歴書に気づいてもらえない場合もありますので、注意が必要です。 何の用件で送っているメールなのかが一目でわかるタイトルをつけましょう。 また、パスワードを設定したファイルを送る場合は「履歴書を添付したメール」と「パスワードを記載したメール」の2通に分けて送るのがマナーです。 2通目のパスワードを記載したメールのタイトルは「パスワードの件/氏名」「履歴書パスワード/氏名」などとし、わかりやすく簡潔に記載するのがおすすめです。 タイトルに名前を記載しておくことで、本文まで読まないと誰からのメールなのかわからないという問題を防げますし、迷惑メールなどと勘違いされて見落とされるケースも減るでしょう。 担当者がスムーズに対応できるような件名をつけるようにしてください。 メール本文を作成するときの注意点とポイント メール本文も、件名と同じように用件を簡潔にまとめることがポイントです。 企業名を省略して記載したり、担当者名を誤って記載したりしないように気をつけましょう。 メール文面には「宛先」「氏名/簡単な自己紹介」「用件」「結びの言葉」「署名」を記載します。 署名の書き方は「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を文末に記載するようにしてください。 氏名と簡単な自己紹介の記載例は「はじめまして。 この度は面接の機会を頂きまして、誠にありがとうございます。 」などになります。 用件はビジネスメールとして定型文を使用しても良いので、簡潔に記載することがポイントです。 結びの言葉は、こちらもビジネスメールの定型文「恐れ入りますが」「何卒よろしくお願い致します」などを用いて締めくくります。 前述した通り、本文内にパスワードを設定している旨を必ず記載しておきましょう。 その一文を書かないと、採用担当者が添付の履歴書を開こうとするときに初めてパスワードがかけられていることに気づき、メールを読み返してパスワードを探すという手間が増えてしまいます。 署名の注意点は、現在の会社のアドレスは書かず、個人のアドレスを書くようにしましょう。 また、署名のアドレスと送信するアドレスは同一のものにするのがマナーです。 署名はシンプルなものが望ましいので、線で簡単に囲むなどして、装飾は控えめにすると良いですね。 履歴書と職務経歴書を添付させていただきますので、 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 なお、履歴書のファイルには念のためパスワードを設定しております。 後ほど、パスワードを別途お送りいたしますので、ご確認いただけますでしょうか。 お忙しいところ恐れ入りますが、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ———————————— 氏名 郵便番号+住所 電話番号 メールアドレス ————————————• 誤字脱字は念入りにチェックしよう 履歴書データを作成し、メール本文も入力したら、送信前に最終チェックをすることをおすすめします。 具体的には、履歴書がきちんと添付されているか、履歴書に誤字脱字がないか、履歴書に顔写真を張りつけているか、メール本文に誤字脱字がないか、メールの宛先に誤りがないか、メールの文末に署名をつけているかなどです。 これらを最終確認しておくことで、あとからミスに気付いて慌てて訂正したり、企業側にマイナスのイメージを持たれたりすることを防げるでしょう。 また、メールを受信する企業側の視点に立って、改めて添付ファイルのパスワードが正しいものか、本文の内容におかしな点はないかなどを確認しておきましょう。 送信時間にも気を配るのがマナー メールは電話と違い、基本的には何時に送信しても問題ありません。 就職活動において少しでも採用担当者の好感度をアップするためには、なるべく営業時間内に送信するのがおすすめです。 社会人は出社してから朝メールをチェックする人が多いので、朝一番に送れば、メールフォルダの上のほうに届いて早い段階で確認してもらいやすくなります。 夜中にメールを送っても、担当者が確認するのは翌営業時間内になるため、深夜に送ることが気になる場合などは朝にメールを送ったほうが安心です。 どうしても夜中でないとメールを送れないときには「夜分遅くに申し訳ございません」といった一言があれば、常識をわかっていてきちんとしているという印象を与えることができます。 また、企業へのメールの返信は、基本的に24時間以内に送ることが大切です。 面接日程の調整などは、素早く返信することで担当者や他の就活生に迷惑をかけることも防げます。 忙しくて返信が遅れてしまった場合は、メール本文に謝罪の一言を含めて送るようにしましょう。 その一言で、マイナスの印象を与えずに済みます。 メールのやり取りをするなかでも、担当者は人間性や常識などを見ている場合もありますので、送信時間や返信するまでの時間などに気を配ることが大切です。 誠実にメールのやり取りをすることで、印象をさらにアップできるでしょう。

次の

履歴書封筒の書き方・郵送方法を画像で解説

履歴 書 送付

履歴書データの作り方 履歴書はパソコンで作成したものを 履歴書は、パソコンを使って作ったものを用意するようにしましょう。 「手書きのものを添付してください」と指示がない限りは、パソコンで作ったものをメール添付すべきです。 ぜひ活用してみてください。 写真の撮り方・貼り方のワンポイント 前提として、顔写真は鮮明なものを選びましょう。 オススメなのが、ショッピングモールなどに入っている写真スタジオを使って、プロに証明写真を撮影してもらうこと。 自然で清潔感のある印象の写真を撮ってもらえるはずです。 価格はスタジオにもよりますが、大体数百円~数千円程度。 最近では、撮影した画像データを入れたCD-Rをくれるスタジオも。 プロが撮影したデータを使って履歴書を作れば、採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。 スマートフォンやデジカメを使って自分で証明写真を撮影することもできますが、どうしても写真が曲がってしまったり、不鮮明なものになってしまったりするものです。 採用担当者によっては「志望度が低いのかな……?」と感じる人もいるそう。 自分の印象を左右する写真だからこそ、多少お金はかかっても写真スタジオに頼むのがいいでしょう。 画像データを取り込んだら、履歴書のフォーマットの所定の位置に貼り付けます。 貼り付け方• 証明写真のデータを選択すれば、貼り付け完了 ファイル名のつけ方や、パスワードに関するマナー ここからは、具体的な「履歴書の送り方」をご紹介します。 メールで履歴書を送付する際は、履歴書ファイルにパスワードを設定すると良いでしょう。 個人情報の管理を徹底する会社が増えている今だからこそ、パスワードつきのファイルを送信することで「情報管理がしっかりできる人」という印象を与えることができます。 ファイル名を見た時に誰の書類なのか分かりやすいように、そして後から探しやすいように分かりやすいファイル名をつけておくのがマナーです。 履歴書をメールに添付する方法• メール作成画面を開いて「ファイルの添付」をクリック• 上で保存した履歴書のファイルを選択すれば、メール添付が完了 2. 履歴書を添付するメールの構成 メールの構成について メールは、以下の様な構成で作成しましょう。 志望動機や自己PRは履歴書内にのみ記入し、メールの本文には記入しないでください。 かえってマイナスの印象になります。 あくまで「応募者から履歴書が送られてきたこと」が伝われば良いと覚えておきましょう。 各項目を作成する際のポイントは、以下の記事で紹介していきます。 件名、本文を書く上でのポイント 件名は短くわかりやすく 件名は「何の用で送っているメールなのか」が分かりやすいようにつけましょう。 採用担当者の中には、 1日に 100通以上のメールのやり取りをする人もいます。 また、分かりづらい件名のメールだとスルーされてしまうこともあります。 また、上で設定した履歴書のパスワードは、別のメールで送信します。 メールで履歴書送付をする際は、「履歴書を添付したメール」「履歴書のパスワードを記載したメール」の 2通に分けて送りましょう。 件名に関しては、以下の例を参考にしてください。 また、ビジネスメールですので(株)(財)といった略語は使わずに、「株式会社」「財団法人」と正式な記載をするようにします。 文末にはビジネスメールの基本でもある「署名」を。 以下のメールテンプレートを参考にして、作成すれば簡単です。 メールにて履歴書等の応募書類を送付させていただきますので、 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 なお、履歴書のファイルには念のためパスワードを設定しております。 後ほどパスワードをお送りいたしますので、 併せてご確認をいただけますでしょうか。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認、ご検討をいただき 一度、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 履歴書に設定したパスワードをお送りいたします。 以下のチェックリストにそって確認すれば、抜け漏れもないはずです。 履歴書フォーマットのDLページ に無料の履歴書フォーマット(Excel版)がありますので、ぜひご活用ください。 また、「履歴書の書き方が分からない」「自己PRの書き方の見本がほしい」という方には、下記のページが参考になるかと思います。 ここまでご紹介してきたポイント・マナーを参考にメールを送れば、基本的には問題はありません。 面接への第一歩である「履歴書の提出」。 印象の良いメールを送って、自信を持って次の選考に進んでください!.

次の

履歴書の返送方法は?不採用や不合格通知の封筒や送付状のテンプレートも

履歴 書 送付

この記事の目次• 職務経歴書・履歴書に同封する「送付状」って何? そもそも「送付状」とは何でしょうか? 「送付状」は、 転職の際に応募者が履歴書・職務経歴書・エントリーシート等に同封して、応募先の会社へ郵送・提出するものです。 「添え状」や「カバーレター」とも呼びます。 送付状は必ず同封しなければならないものではありませんが、ビジネスマナーとして同封するのが一般的です。 送付状には、以下の3点を伝える目的があります。 誰から誰に送る書類なのか• 何のためにその書類を送付するのか• 何の書類を何枚送付するのか 送付状を作成する際には、以上の3点を欠かさずに書くようにしましょう。 具体的な書き方を、後の章で説明します。 職務経歴書の送付に送付状は必要? 応募企業に郵送で書類を送るときは、送付状といわれる「郵送書類の概要が一目でわかる書類」を添えるのがマナーとされています。 この送付状は「添え状」「カバーレター」などともいわれ、送付状を同封することはビジネスシーンでは重要な書類です。 特に、採用に関係する応募書類を送付する場合は、 送付状が一枚あることで、企業に「しっかりした人」「礼儀正しい人」という好印象を与えることができるのです。 書類を持参しない場合は必ず送付状を添える 企業に書類を郵送する場合は、送付状をつけるのがマナーです。 送付状があることで、すべての書類を確認しなくても「誰から何の書類が贈られてきたのか」をすぐに確認することができます。 ただし、応募先の企業に直接職務経歴書を持参する場合は、添え状は無くても構いません。 そうでない場合は、すべての応募書類に送付状を作成してください。 送付状自体は採用の合否に関係しない 送付状をもし同封し忘れたからと言って、即不採用にするケースはほとんどありません。 もし、仮に「入れ忘れてしまった!」と後から気づいたとしても、焦らないでください。 後から添え状だけを企業に郵送したり、お詫びの文を送付したりしなくても大丈夫です。 ビジネスマナーと聞くと、必要以上に過敏になってしまう人がいますが、実際の選考は送られてきた履歴書や職務経歴書を見て判断しますので、あまり気にしなくても大丈夫です。 ただ、丁寧な送付状が添えられていた場合は、どうしても「この人はしっかりしているな」と有利になってしまいます。 基本の送付状の書き方を学び、ぜひ人事担当者に好印象を与えられるようにしてください。 職務経歴書、履歴書、送付状はどの順番で入れればいいの? 応募書類を送付する場合、一般的には 「送付状、履歴書、職務経歴書」という順番で、ホチキス留めせずに封筒に入れ、送付します。 もし応募先企業から、順序が指定されている場合や、ホチキス留めが指定されている場合は、それに従ってください。 送付する際は折っても構いませんが、万が一水に濡れても大丈夫なようA4サイズが入るクリアファイルなどに入れて、折り曲げずに送付すると採用担当者は見やすくなります。 職務経歴書の送付状の書き方見本【PC作成・基本テンプレート】 送付状は基本的にはパソコンで作成し、印刷したものを使いましょう。 パソコンで作成する場合のテンプレートをご紹介します。 日付は右上に記入する 日付は西暦・和暦どちらでもかまいません。 履歴書を送付する年月日を記入します。 これは「〇日に送りましたよ」という証明になる日なので、必ず「書いた日にち」ではなく「送付する日にち」を記入してください。 宛名は左上に記入する 相手の企業名の正式名称、2行目には担当部署などを入れます。 企業名は、〇〇 株 などではなく、必ず〇〇株式会社、と正式な表記で書きましょう。 送付先を確認し、部署宛であれば「御中」、担当者宛の場合は「様」をつけましょう。 もしも企業側担当者の名前がわからなければ「採用ご担当者様」と記入するのが一般的です。 自分の氏名は日付の下に記入する 署名としては、住所、名前、電話番号、メールアドレスを記入すれば十分です。 電話番号は、連絡のつきやすい携帯電話が良いでしょう。 頭語と結語を忘れない 頭語と結語は、手紙を送る際に最初と最後につけるきまった言葉です。 頭語と結語は決まった組み合わせがありますので、あらかじめ覚えておくとよいでしょう。 ビジネスシーンでは、主に頭語を「拝啓」結語に「敬具」を入れるのが最もポピュラーです。 「時下」とは手紙の冒頭に良く用いられる、一年中使える時候の挨拶です。 季節に合わせて変える必要がないため、ビジネスシーンではとても使い勝手の良い言葉です。 さらに丁寧な印象を与えたい場合はこの「時下」の代わりに時候の挨拶を入れると良いでしょう。 自分が職務経歴書を送付する季節に合ったものを調べて入れるとよいでしょう。 結びの挨拶を入れる 結びの挨拶は 「何卒ご高覧の上、面接の機会をいただければ幸いでございます。 」 「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 といった一文で結ぶケースが多いです。 「面接の機会を設けてほしい」ということを簡潔に伝えてください。 同封する書類を箇条書きに記載 中央揃えで「記」と一文字記入し、その下に箇条書きで同封書類の名称と枚数を記載しましょう。 これを書くことで、採用担当者は「必要書類がすべて入っているか」確認することができます。 同封する書類をすべて記載した後、右下に「以上」と記入すれば送付状は完成です。 職務経歴書の送付状の書き方見本【手書き・基本テンプレート】 基本的に送付状はパソコンで作成するものですが、やむをえない事情がある場合は手書きでも問題ありません。 送付状が理由で選考で有利になったり不利になったりすることはありませんので、気にしすぎる必要はありません。 送付状を手書きで作成する場合の書き方を解説します。 手書きの場合(縦書きで書く) 1行目の一番上から始める 横書きの場合とは順序が違うので注意してください。 「拝啓」などの頭語は、1行目の一番上から書きましょう。 頭語の後は1文字あけて、時候の挨拶を書き始めます。 頭語と時候の挨拶は、一行で収まるようにしてください。 本文は一文字目を下げて書く 本文は、原稿用紙と同じように1文字下げてから書き始めます。 もし文章量が多くなってしまった場合は、読みづらくないように、内容の区切りなどで改行をしてください。 下を1文字分空けて書く 結語は、書き終わった本文と同じ行にそのまま書きましょう。 行のおわりより1文字分開けて書くとすっきりと見やすいです。 本文が行末ぎりぎりいっぱいまでの場合は、改行してかまいません。 数字は漢数字・和暦で書く 横書きの場合と違い、数字はすべて漢数字で、また日付は「平成」で書きましょう。 会社名、住所なども同様です 下を1文字分空けて自分の名前を書く 下寄せで自分の名前を書きましょう。 この時は、結語と同じように名前の最後の文字の後に1文字分のスペースを残しておくようにしてください 「会社名」「部署名」「担当者の名前」を1行で書く 会社名と部署名、担当者の名前を、1文字分ずつスペースを空けながら1行で書きましょう。 どうしても2行になってしまう場合は「部署名」と「担当者の名前」の間で改行するとよいです。 また、手書き特有のポイントとして• 白い無地の縦書き用便せん(罫線入りでも可)を使用すること。 黒のボールペンを使用すること。 (万年筆はにじみやすいのでNG• 修正液を使うことは避け、間違えた場合は新しく書き直すこと。 があげられます。 職務経歴書の送付状の用紙は?サイズは? 本章では、送付状の用紙とそのサイズについて解説します。 送付状の用紙はどのような用紙を使えばいいの? パソコンで作成する場合は、 コピー用紙で構いません。 送付状は通常、採用担当者が確認したらすぐに処分してしまうことがほとんどですので、特別な紙を使用しなくても大丈夫です。 履歴書や職務経歴書もパソコンで作成している場合は、すべて同じ用紙で統一するとよいでしょう。 送付状のサイズは? 通常は 履歴書や職務経歴書とサイズを合わせます。 一般的にはA4サイズで合わせることがほとんどですが、履歴書や職務経歴書がB5サイズの場合はそれにあわせてB5サイズで作成しても構いません。

次の