なら コープ。 沿革│奈良のテレマーケティング・物流システム・配送業務なら株式会社CWSへ

ならコープでんきの料金プランを紹介します!

なら コープ

概要 [ ] 2016年3月末時点• 本部:恋の窪1丁目2番2号• 設立:• 組合員数:263,151人• 加入率:45. 出資金:97億1,501万円• 供給高:382億9,644万円• 職員数:1,582人 歴史 [ ]• - 、、、にあった自主的な共同購入グループを統合、「奈良市民生活協同組合」が誕生する。 創立総会。 - 機関紙「あをがき」が創刊。 - 初の方式店舗、「生協マーケットみみなし店(現・コープみみなし)」を橿原市に出店。 - 奈良市大安寺東荷田(当時。 その後、恋の窪に町名変更)に本部及び北部支所を移転。 - 灘神戸生協(現生活協同組合)と事業連帯開始。 - 愛称に「ならコープ」を採用。 現シンボルマークを制定。 - 物流センターをに開設。 新型店舗「コープ真美ヶ丘」を香芝市に出店。 - 創立20年。 「市民生活協同組合ならコープ」に名称変更。 - 戸配の「こまどり便」を全配送センターで開始。 農産加工センター開設。 - ショッピングセンター「ハーモニープラザ・コープたかだ」をに出店。 特別養護老人ホーム「あすなら苑」を大和郡山市に開設。 - 認証取得。 - 農産加工センターを田原本町に開設。 コープきんき事業連合創立。 - 創立30年。 奈良市の内にコープ朱雀、奈良市中山町西の跡地にコープ学園前を出店。 - に京都生協と共同の店舗物流センターを開設。 ISO9001:2000認証取得。 コープ西大和閉店。 - 奈良市宝来町に西奈良支所開設(生駒支所を移転)。 - 朱雀コープにテナント棟を新築。 - 夕食宅配サービス開始。 - 田原本支所開設。 - 奈良県医療福祉生協設立を支援。 田原本物流センターに太陽光発電設備導入。 - 「コープあったか便」運行開始。 - 配達先指定お届けサービス「きずな便」の案内開始。 - (株)ハートフルコープよしの(事業所)設立。 (株)コープエナジーなら設立。 と「水源地の村づくりに関する包括連携協定」を締結• -田原本物流センター東棟低温センター稼働。 「コープなんごう」を高田市に出店。 - の「ならコープでんき」事業開始。 ならコープグループが開発を支援した(小水力発電)が稼働開始。 コープ六条を閉店し、近隣にコープ七条を開店。 - 旧コープ六条を改装し、地域住民と生協組合員の活動拠点として「コープふれあいセンター六条」オープン。 と包括連携協定を結び、下北山村営小又川所の更新工事に着手する事を合意。 事業所 [ ] 本部 [ ] 奈良市恋の窪1丁目2番2号 物流センター [ ] 磯城郡田原本町宮古395-1 農産加工センター [ ] 磯城郡田原本町宮古395-1 支所 [ ]• 西奈良支所 奈良市宝来町1064-1• 高田支所 大和高田市大字出165番地5• 桜井支所 桜井市安倍木材団地1丁目13-1• 田原本支所 磯城郡田原本町宮古395-1 店舗 [ ]• コープおしくま 奈良市押熊町1115• コープ朱雀 奈良市朱雀6丁目9番5号• コープ学園前 奈良市中山町西1-716-3• ディアーズコープいこま 生駒市俵口町758-1• コープいまご 大和郡山市今国府町366-5• ディアーズコープたつたがわ 生駒郡平群町椿井734-1• ローソン ならコープwithローソン真美ケ丘店 香芝市真美ヶ丘1丁目14-5• コープみみなし 橿原市新賀町478• コープなんごう 大和高田市大字大谷758-81• コープ七条 奈良市七条西町二丁目1101 子会社、関与法人 [ ]• 株式会社奈良コープ産業• 株式会社CWS• 社会福祉法人協同福祉会 特別養護老人ホーム「あすなら苑」• 株式会社ハートフルコープなら• 株式会社ハートフルコープよしの• 株式会社コープエナジーなら 特徴 [ ]• の一員であり、近畿の他生協との商品カタログの共通化をはかっているが、地元産野菜、パン、などの独自商品にも力を入れている。 学園前や朱雀などの店舗はの店舗をモデルとしており、既存の店舗についてもコープこうべの店舗をモデルに改装されている。 シンボルマークは話し合い・力を合わせる協同の輪をイメージ。 3つの輪を象徴した形は、『輪と和と話』『出資・利用・運営』『安心・安全・信頼』など生協の基本理念を表現しており、楕円は上昇を意味する。 「奈良市民生活協同組合」から「市民生活協同組合ならコープ」に変更した理由として、民しか利用できないという誤解を受けたから、という説もある。 基本的に店舗利用はならコープの組合員限定だが、との府県境が近い「コープおしくま」のみ、の組合員も利用できる。 外部リンク [ ]•

次の

会社概要

なら コープ

ならコープの人事部を統括しているのは女性の執行役員。 働き方改革が活発になっている中、ならコープでも働き方改革の真っ只中です。 特に役員が女性であるため、自身の経験から生まれる柔軟な発想や取り組みは、これから働き続ける上で男女問わず必要なものです。 地域の満足を目指している生協だからこそ今の時代にあった職員の働きやすさを目指します!福利厚生の一例ですが、子ども手当の支給、年間13000円分のポイントをカフェテリアプランの中で自由に使えたり、インフルエンザワクチン補助、結婚・出産(配偶者含む)祝い金、勤続10・20年表彰・祝い金、安全運転表彰・祝い金、宿泊補助、年に1度の健康診断受診など多岐に渡ります。 5月7日以降の開催を予定しております。 また、今後、当社を知っていただけるよう、インスタグラム情報なども お届けしていきたいと思っておりますので まずはエントリーをしてお待ちいただけますと幸いです。 分からない事やご不安な点などがあれば、いつでもご連絡いただければと思います。 大変な中ですが、一緒に乗り越えていきましょう。 事業内容 ならコープは県民の約47%の世帯にあたる27万人が加入している奈良県の地域購買生協です。 ならコープはオイルショックが日本中を揺るがした1974年に誕生しました。 生活必需品の不足に困ったお母さんたちが「自分たちでくらしを守ろう」と小さな共同購入グループを作り、生協の結成に動き出したのがならコープの出発点です。 それから、県内に店舗を広げるなど、ならコープは「たすけあい」を原点に、食から環境など、さまざまな活動の輪を広げてきました。 地域に根ざした生協として、私たちは、安心・安全を守り、未来へと育んでいきます。 関連法人に「社会福祉法人協同福祉会」があります。 【無店舗事業】 年間52週、週に1回、同じ時間帯・同じ場所に地域担当者が配達に伺います。 組合員さんから注文を受けた商品をお届けし、次回の注文書を預かります。 配達時に、組合員さんとコミュニケーションをとることも大切な仕事です。 商品説明だけでなく、ご意見、ご要望を聞ける貴重な機会だからです。 地域担当者はならコープの顔であり、その業務は、コープと組合員さんとの信頼の絆を深める重要な役割を担っています。 【店舗事業】 ならコープは、奈良県内に10店舗を展開。 ふだんのくらしを支える商品の価格、品揃えを追求し、「地域に根ざした店づくり」を進めています。 商品について組合員さんに「売り場」ではなく、「買い場」として、利用しやすいように、店内に工夫を凝らしています。 様々な情報を提供し、商品情報やリーフレットなどで地域やくらしの情報もお伝えしています。 全店舗に組合員さんが使用できる組合員集会室を設け、地域のコミュニティーの役割も果たしています。 【コープあったか便】 店舗に電話で商品を注文いただき、お届けする買い物代行と、店舗で購入された商品のご自宅へのお届(配達)を行っています。 高齢でお店での買い物が難しい方を中心に買い物支援で組合員さんのお役に立っています。 【夕食宅配事業】 ならコープの独自基準に沿って調理された栄養バランスのとれた日替わりのお弁当をお届けします。 お弁当をお渡しする際のコミュニケーションもあり、ご高齢の組合員さんの安否を確認する見守りの役割も果たしています。 【共済事業】 組合員さん同士の「たすけあい」から生まれた共済事業です。 くらしのリスクに備える保障分野でも、組合員一人ひとりに最適な保障を自分で選ぶことができるように、その方の立場にたって、保障商品に関する正確な情報を素早くお伝えし、ともに考え提案しています。 給付の申請忘れがないか、組合員さんに尋ねることも忘れません。 給付を受けてもらいお役立ちになることが事業の目的です。

次の

ならコープでんき | 奈良の電気 奈良の電力

なら コープ

コープエナジーなら代表取締役あいさつ 原子力発電に依拠した大規模集中型エネルギー供給システムから地域の自然環境を活用した自立分散型発電システムへの転換を目指して、また地場産業振興に貢献し、持続可能な地域社会づくりを目指して「株式会社コープエナジーなら」を設立しました。 株式会社コープエナジーならは、ならコープの新エネルギー政策に基づいて太陽光発電や小水力発電などの再生可能エネルギーの開発を地域に寄り添いながら行って参ります。 そして、地域で興したエネルギーを地域で消費することによって地域活性化につながる事業を目指しています。 合わせて協同組合間の協同や地域団体等と連携して、活動を広げていくことや地域住民とともに学ぶ活動なども展開して参ります。 現在、ならコープグループの一員として吉野共生プロジェクトにも取り組んでいます。 その活動のひとつとして再生可能エネルギーの開発分野では、東吉野村で行われている「つくばね発電復活事業」を支援しています。 また、ならコープの店舗や支所の屋根を活用して太陽光発電設備を設置しました。 同時に「これからのエネルギーについて話そう」をテーマにエコ学習会にも取り組んでいます。 このように、今後もさらに地域や人とのつながりを大切にしながら「想いをカタチ」にし、次世代が安心して暮らせる社会づくりに貢献していく所存です。 代表取締役 中村 和次 会社概要 法人名 株式会社コープエナジーなら 所在地 〒632-0082 奈良県天理市荒蒔町96-1 設立年月日 2015年6月18日 資本金 1,000万円 代表取締役 中村 和次 事業内容• 再生可能エネルギーを利用した発電設備の開発、設置、運営、維持管理• 再生可能エネルギーを利用した発電・発熱事業及び電力・熱・燃料の販売事業• 再生可能エネルギーを利用したシステムの販売事業、リース事業及びメンテナンス業務• 再生エネルギー発電・発熱及び省エネルギー導入に関するコンサルティング業務• 環境負荷の低減に関する事業• 前各号に限らず地域の活性化に寄与する事業• 0743-68-3401 FAX. 0743-68-3335 取引先銀行 三井住友銀行 南都銀行 京都銀行 関連会社 市民生活協同組合ならコープ 株式会社CWS おひさまエナジーステーション株式会社 役員一覧 代表取締役 中村 和次 取締役 亀川 亮磨(株式会社CWS) 福西 啓次(市民生活協同組合ならコープ) 西山 剛史(株式会社CWS) 松本 照生(おひさまエナジーステーション株式会社) 監査役 大谷 要(株式会社CWS) 決算公告 以下の貸借対照表およびその他の法律上定められた公告は、定款の定めに基づいて、当ホームページに掲載しております。 ただし、やむを得ない事由により長期間ホームページ上に掲載することができない場合は、官報に掲載いたします。 第5期(平成31年4月~令和2年3月) 第4期(平成30年4月~平成31年3月) 第3期(平成29年4月~平成30年3月).

次の