野球 日本 シリーズ 2019。 清原氏「ジャイアンツに入っていたら…」日本シリーズの“男泣き事件”語る/野球/デイリースポーツ online

2019年 順位表 日本プロ野球

野球 日本 シリーズ 2019

2011 中日. 6 11. 4 12. 7 14. 1 18. 9 11. 3 17. 5 13. 7 17. 4 19. 3 23. 3 —. - 18. 5 20. 3 16. 3 20. 3 23. 6 26. 3 27. 8 22. 4 10. 3 —. - —. 4 12. 5 12. 3 —. - —. - 10. 5 13. 8 17. 5 15. 9 17. 4 25. 1 —. - 18. 8 11. 2 13. 9 12. 8 15. 6 15. 3 —. - 13. 8 10. 7 10. 8 13. 3 —. - 11. 7 11. 8 —. - —. - —.

次の

チケット発売要項(東京ドーム/第3戦・第4戦・第5戦)

野球 日本 シリーズ 2019

概要 [ ] 今回は元号がになってから初めての日本シリーズ開催となる。 は5年ぶりにを制して、でも勝ち上がり、以来6年ぶりの日本シリーズ出場となる。 は、に続いて、で優勝のを破り、2年連続でリーグ2位からの日本シリーズ出場となり、から3年連続の日本シリーズ出場となる。 リーグ優勝ではないチームの日本シリーズ出場は2017年の(でリーグ3位から2位・と1位・に勝利して日本シリーズに進出)以来3年連続となる。 この両者の対戦は、にホークスの親会社がソフトバンクとなって以降では初となるが、ソフトバンクの前身球団である南海・ダイエー時代を含めると11回目で、を支えた・両監督(当時)の「対決」として注目された以来19年ぶり。 2019年時点で日本シリーズの対戦カードとしては最多の対戦回数となる。 王・長嶋の両者は現場からは退いているものの、王はソフトバンクの球団会長、長嶋は読売巨人軍終身名誉監督としてそれぞれ球団には身を置いているため、陰ながらも「 ON対決」となった。 今回もと同様にを採用した。 全試合ドーム球場で開催の日本シリーズは、の以来7年ぶりとなる。 また、巨人が出場することにより、の以来4年ぶりにで開催されるシリーズとなった。 4連勝での日本一は、にロッテが阪神に4連勝して以来14年ぶり6回目、引き分け込みの無敗優勝は8回目。 レギュラーシーズン2位以下のチームによる2年連続日本一は史上初のケースとなった。 これでソフトバンクは以降の直近の6年間で5回の日本一に輝くことになった。 ホークスとしてはに4連勝で巨人に勝利して以来、今大会で60年ぶりに日本シリーズでの巨人への勝利になった。 また60年前と同様、4試合全勝、かつ日本一決定は敵地球場(当時は、)となった。 またソフトバンクはすでにの広島戦に出場し優勝した事で、日本シリーズでセ・リーグ6球団全てと対戦し、前身の南海時代を含め、既存セ・リーグ6チームから日本一を奪っていた。 今回の優勝で、1989年の福岡移転後・2005年のソフトバンクへの親会社変更後に限ってもセ・リーグ6チームを相手に日本一を達成することとなった。 これは、パ・リーグ球団史上初の快挙である。 さらに、第3戦から続く日本シリーズにおける連勝を8に伸ばし、西武、巨人、ロッテに並ぶ日本シリーズタイ記録となる。 2シーズンのみでの8連勝は、からにかけ阪急ブレーブス(現・)が達成した7連勝(2引分を含む)を越え日本シリーズ新記録となった。 一方、敗れた巨人はの西武ライオンズ(当時)戦以来29年ぶり、昭和・平成・令和の三元号でそれぞれ1度ずつ3度の4連敗を喫した。 また、今大会でのソフトバンクの勝利により、日本シリーズにおけるセントラル・リーグ代表チームとパシフィック・リーグ代表チームの勝利数が35で並んだ。 1959年にソフトバンクの前身・南海が巨人を破り優勝した時点でセ・パがそれぞれ5勝で並んだ後、で大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)が大毎オリオンズ(現・)を破り日本一となって以降、59年にわたりセ・リーグが優勢であり、で巨人が西武を破った時点でセ・リーグ32勝パ・リーグ21勝となり、両リーグの勝利数の差が史上最大の11まで広がったが、その後17年間でパ・リーグが14回優勝、特にで東北楽天が巨人を破って以降7年連続でパ・リーグが制したことにより、60年ぶりにパ・リーグが勝利数で並ぶこととなった。 さらに、勝利試合数も、本シリーズ前の時点では、セ・リーグ202勝パ・リーグ201勝でセ・リーグ優勢だったが、ソフトバンクが初戦から連勝したことで第2戦終了時点で203勝と逆転し、こちらは第1戦で西鉄(現・埼玉西武ライオンズ)が巨人に勝利した時点でパ・リーグが38勝37敗3引分で勝ち越して以来56年ぶりにパ・リーグの勝利数がセ・リーグを上回る形となった。 最終的にソフトバンクが4勝0敗でシリーズを終えたことでパリーグの205勝202敗8引分となり、1959年、南海の4連勝によりパ・リーグが31勝27敗2引分として以来最大の勝ち越しを記録した。 一方セ・リーグは、第1戦で中日がロッテに勝利した時点で81勝57敗3引分と勝利数が史上最大の24上回り、で巨人が西武に4連勝した時点でも165勝144敗6引分と21上回っていたが、2003年以降の17回でパ・リーグ61勝に対しセ・リーグ37勝となったことで逆転される形となった。 また、第1戦・第2戦はパ・リーグ本拠地の試合で、いずれもソフトバンクが勝利した事で、2013年第7戦の楽天の勝利から続く、パ・リーグ出場チームの本拠地連勝記録を17に伸ばした。 さらに、第1戦から第4戦まで全てドーム球場での試合で、4戦ともソフトバンクが勝利した事で、2013年第5戦(東京ドーム)の楽天の勝利から続く、パ・リーグ出場チームのドーム球場 連勝記録を19に伸ばした。 なお、2014年から引き続き6年連続で、NPBパートナーの(、 、、、、(プロミス)、、、、)をに迎え『 SMBC日本シリーズ2019』として開催される。 SMBCグループが日本シリーズの冠スポンサーになってからの巨人の出場は初めてのこととなる。 また、NPBは同年10月に発生したでの被災者支援を目的として、今大会の入場料ならびに公式グッズの売上金の一部を、大会後に台風19号における水害の被害を受けた被災地に、義援金として進呈することを発表している。 なお、この日本シリーズ終了をもって巨人のが現役を引退した。 第4戦の試合終了後、右翼席スタンド側及び本塁ベース付近にてそれぞれ10回の胴上げが行われた(後者についてはソフトバンク側の申し出で実現し、ソフトバンクのキャプテン・が音頭を取った)。 なお、一部では、このソフトバンク側の行動について当時同時期に日本で開催されていたになぞらえてと称された。 また、も引退の意向を表明した。 試合開始時刻 [ ]• ソ : 千賀 7回 、甲斐野 1回 、森 1回 -甲斐、高谷• : 千賀1勝 : 山口1敗• : 巨 — 阿部1号 2回表ソロ 大城1号 9回表ソロ ソ — グラシアル1号 2回裏2ラン• :球審…森、塁審…一塁:山本貴、二塁:津川、三塁:福家、外審…左翼:名幸、右翼:笠原• 試合時間:3時間15分 観客:37,194人 試合経過 [ ] 先発投手はソフトバンクが、巨人がと両チーム共に今季のレギュラーシーズンのに輝いたエース級同士の対決になった。 先制点は巨人。 2回表1死走者なしから5番・指名打者でスタメン出場のが、千賀の152kmの外角高めに甘く入ったをフルスイングしてライナー性の弾道を描いて右中間スタンドにソロ本塁打を放つ。 2回裏、ソフトバンクは1死二塁から、が山口俊の146kmの内角高めのストレートを、右ひじを畳んで捌いて、左翼テラス席への2点本塁打を放ちすぐさま逆転。 3回表、2つのとが絡んで2死一、三塁になった場面で、巨人の4番打者であるを迎えるが、千賀が内角をえぐる156kmのストレートで遊ゴロに打ち取る。 6回裏に2つの四死球が絡んで1死満塁の場面になり、が中堅への犠飛を放ってソフトバンクが1点を追加したが、この時点ではソフトバンクが3対1とリードしていたとはいえ、僅差のロースコアで試合が進んでいた。 試合が大きく動いたのは7回の攻防。 7回表、巨人は絡みで2死二、三塁と一打で同点の場面をつくり、代打にを起用するが、膝元のを見逃してに終わる。 7回裏、巨人は、山口俊からへと継投したが、先頭打者のが左翼に二塁打を放つと、松田宣のにを起用する。 次打者の内川のは投手正面であったが、周東の快足が生きてバント成功、1死三塁とする。 ここでソフトバンクはを代打で起用、巨人は左腕投手であるに継投する。 するとソフトバンクは代打の代打としてを起用。 川島は冷静に田口の低めのボールを見極めてを選んで1死一、三塁の局面をつくる。 次打者のの場面で、ソフトバンクは初球にのサイン。 これに牧原が応えてわざとバントを空振り、スクイズと判断した捕手のが三塁走者・周東の動きをけん制している間に、一塁走者・川島が二塁へのに成功で1死二、三塁とする。 牧原は2球目に田口の真ん中低めのをうまくすくい上げ中前への2点適時打とする。 その後、も安打でつないで1死一、三塁の場面で打席には。 柳田は走者一掃の2点適時打を右前に放ち、この回は4点を挙げ試合を決定付けた。 その後、ソフトバンクは8回表に、9回表にと継投する。 巨人は9回表、1死からが森のナックルカーブを捉えて右翼テラス席にソロ本塁打を放って意地を見せる。 最終的にはソフトバンクが7対2で快勝し、1勝0敗にした。 敗れた巨人は山口が1発に泣き、リリーフ陣も踏ん張り切れなかった。 評価・解説 [ ] はソフトバンクの7回裏の攻撃について「試合を決定付けた見事な攻撃」と評価。 7回1失点と好投したソフトバンクの先発の千賀については「4回表以降に高い修正力を示した」 、6回3失点でまとめた巨人の先発の山口俊については「冷静な投球を示したが、2回裏にグラシアルに2点本塁打を浴びたときの甘く入ったストレートは、慎重さを欠いた悔やまれる1球になった」 、2回表に先制本塁打を放った阿部については「引退撤回を表明しても文句のない打撃」 とそれぞれ分析している。 は、7回表の「2死二、三塁」の場面で千賀が重信に対して「ピンチに動じない投球」ができたことが勝負を分けたと評価 した一方で、山口俊が6回裏に中村晃の中犠飛で喫した1失点について「悔やまれる失点になった」 とそれぞれ分析している。 監督のは千賀がに対してカットボールを使った内角攻めの投球をしたことを評価している。 2回裏のグラシアルの本塁打は、「センター中心に着実に打ち返してくる打者なので、山口俊の紙一重の制球ミスを逃さずに本塁打にできた」と分析。 そして、7回裏の無死2塁から、内川の投手正面へのバントの際に三塁への進塁に成功したことが「試合の流れを決めた」と分析している。 も松田宣の代走で周東を起用したこと、及び牧原に偽装スクイズのサインを出した監督の采配が試合の分岐点になったと分析している。 もソフトバンクの「千賀ー」のバッテリーの、1回表のの打席での内角攻め、及び3回表のの打席でのフルカウントからの意表を突いた内角へのストレートを「相手に意識付けをする攻めの投球」と評価した一方で、巨人の「山口俊ー」のバッテリーが、グラシアルに2点本塁打を浴びた後に「もう点を与えられない思いが強すぎて、無難な攻めに終始してしまった」と分析している。 は千賀の投球について「1番打者のにやられたら、坂本、丸、岡本に続くということをものすごく頭に入れたピッチングができていて、巨人の打線を分断できた」と評価している。 も、「7回裏に代走で周東を起用していたことで、内川が楽な気持ちでができた」と分析している。 また野口は、7回表の2死二、三塁での代打に重信が起用されたことについて「左の代打が不足していると感じた」とも述べている。 第2戦 [ ] スコア [ ] チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 4 1 ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 3 3 X 6 7 0• : 高橋礼1勝 : 大竹1敗• : ソ — 松田宣1号 7回裏3ラン 柳田1号 8回裏ソロ 福田1号 8回裏2ラン• :球審…福家、塁審…一塁:津川、二塁:名幸、三塁:笠原、外審…左翼:吉本、右翼:山本貴• 試合時間:3時間12分 観客:37,052人 試合経過 [ ] 先発投手は、ソフトバンクが右のの、巨人が左腕投手のだった。 試合は5回裏、ソフトバンクの2死まで、両チーム合計で29人目まで走者が全く出ない投手戦で試合が進む。 初めての走者は5回裏2死からの松田宣の左前安打であった。 ソフトバンクは5回裏2死1、2塁、巨人は6回表1死2塁といずれも得点圏にランナーを進めるも得点には至らず、7回表まではスコアレスで試合が進む。 先制点は7回裏、ソフトバンクに入る。 巨人はこの回メルセデスから2番手投手のを起用するが、先頭打者のの強烈な三ゴロを、6回表の攻撃で死球を受けたに代わりとして守備から途中出場したがファンブルしてにしてしまい出塁、ソフトバンクはデスパイネに代走・周東を起用する。 大竹は打者に1球も投げないうちに、一塁へ3度牽制球を入れるほど周東の足を警戒、結果制球が乱れ、カウントが3ボール1ストライクとなったところで周東がスタートを切りランエンドヒット、グラシアルの打球が左前にはずむ間に周東は三塁を陥れ無死一、三塁でソフトバンクが得点のチャンスをつくる。 ここで松田宣が大竹の甘く入ったを仕留めてバックスクリーンに放ち、3点本塁打となった。 8回裏もの左翼テラス席へのソロ本塁打 、の右翼席への2点本塁打 で加点して6対0とした。 巨人は9回表、ソフトバンクの3番手投手のの制球難に乗じて3つの四球を絡めて3点を返したが、及ばなかった。 最終的にはソフトバンクが6対3で勝利し2勝0敗とした。 巨人は守備のミスが失点に響き、本拠地東京ドームでの胴上げはなくなった。 評価・解説 [ ] 7回裏に決勝の3点本塁打を放った松田宣は「メルセデスはパ・リーグにはあまりいない『』であったので難しかったが、投手が交代したチャンスをものにできた。 最高の舞台で最高の場面で、最高の当たりができました」と述べている。 メルセデスは6回を76球、被安打1、無失点でまとめたものの、足が張ったために降板になったとのことだが、結果的にはメルセデスの降板が試合の流れを変えることになってしまった。 7回裏の松田宣の本塁打の場面について及び野口は、「代走の周東がいることで、(巨人の2番手投手の)大竹にいつものリズムで投げさせなかった。 その結果、大竹の決め球であるシュートの曲がりがわずかに早くなって本塁打になった」と分析している。 高橋礼の投球について、朝日新聞は「沈んで落ちるに巨人打線がタイミングを外された」 、槙原は「高橋礼のストレートは球速表示以上に威力がある。 捕手の甲斐は内角に加えて高めの直球を意識させていた。 それに対して巨人の左打者は工夫をせずにただ引っ張る打撃に終始してしまった」 、谷繁は「アンダースローだが140km程度の速球があることで、巨人打線が内角の球に詰まらされる場面が目立った」 とそれぞれ分析している。 は7回裏の山本の失策がきっかけで試合の流れをソフトバンクに明け渡したと述べた上で「(山本の失策は)イージーミスで、巨人の脆さが出た試合になった」と分析。 また、この試合でも巨人の救援投手陣の失点が試合のポイントになったが、これについて「先発投手が早い回で降りると救援投手が持ちこたえられない弱点が解消されなかった(結果である)」と述べている。 野口も甲斐のリードに着目して、「巨人打線に対して狙い球を絞らせない絶妙なリードができていて、頼みの綱である上位打線を分断できている」と評価している。 は、坂本の打撃内容に着目して「第1戦、第2戦を通して、狙い球を絞れていないように見える」と分析している(この試合で坂本は3打数0安打であった。 第3戦 [ ] スコア [ ] チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ソフトバンク 0 1 1 4 0 0 0 0 0 6 7 0 巨人 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 6 1• ソ : バンデンハーク 4回 、石川 2回 、甲斐野 1回 、モイネロ 1回 、森 1回 -甲斐、高谷• : 石川1勝 : 戸郷1敗• : ソ — グラシアル2号 2回表ソロ 巨 — 亀井1号 1回裏ソロ 2号 3回裏ソロ• :球審…笠原、塁審…一塁:名幸、二塁:吉本、三塁:山本貴、外審…左翼:森、右翼:津川• 試合時間:3時間38分 観客:44,411人 試合経過 [ ] 先発投手は巨人が左腕投手(大卒1年目)の、ソフトバンクが右腕投手のであった。 この試合からセ・リーグ球団の本拠地開催になるためにがない試合になることから、ソフトバンクのデスパイネの起用法が注目されていたがデスパイネは4番・左翼手でスタメン出場した。 先制点は巨人。 1回裏、先頭打者の亀井がバンデンハークの154kmの内角高めのストレートを振り抜いて右中間スタンドの上段にソロ本塁打を放つ。 しかし2回表、ソフトバンクはグラシアルが高橋のスライダーをとらえてバックスクリーンにソロ本塁打を放ち、同点とする。 3回表、ソフトバンクは2死一、二塁からデスパイネが中前に適時打を放ち1点を勝ち越す が、3回裏、巨人は1死から亀井が2打席連続本塁打になる右翼ポール際のバルコニー席への特大のソロ本塁打を放ち2対2の同点とする。 4回表のソフトバンクの攻撃で、試合が大きく動いた。 巨人は3番手投手として高卒1年目のが投入したが、この回2人目の打者である内川が外角低めのを左手一本で技ありの左前安打を放つ。 これで戸郷は精神的にリズムを乱してしまい、次打者の甲斐に死球を与えて1死一、二塁、さらにその次打者であるバンデンハークは投前に送りバントをするが、戸郷は三塁に悪送球をしてしまって失策になり1死満塁の場面をつくってしまう。 この場面で巨人は戸郷の続投を選択するが、代打で登場した長谷川勇に勝ち越しになる中堅へのを許して 、柳田にを与える。 なおも2死満塁の場面でデスパイネに左翼に2点適時打を浴びて、この回ソフトバンクが4点を挙げて6対2となり試合の流れが決した。 その後は、両チーム共に得点が入らないまま試合終盤を迎えた。 9回裏、巨人は先頭打者の阿部が右前安打で出塁するとを代走に起用する。 ソフトバンクの5番手投手の森のでの進塁時に三塁を狙って憤死してしまい 、その後も巨人は得点を挙げられずに試合終了。 最終的にはソフトバンクが6対2で勝利し、3勝0敗として日本一に王手をかけた。 敗れた巨人は3番手戸郷の乱調が誤算で、打線も坂本勇が11打数1安打、丸が9打数0安打と封じられた状況で第3戦を終えることになってしまった(第3戦は坂本勇、丸はいずれも無安打に終わった。 評価・解説 [ ] デスパイネのスタメン起用について、監督の工藤はデスパイネは交流戦でも左翼手としての守備の経験(5試合)があるので、問題ないと思っていた」 、ヘッドコーチのは「デスパイネを先発で使うということは、『先に点を取る』ということ」 とそれぞれ述べている。 この試合でデスパイネは3打数2安打3打点の活躍、2安打はいずれも適時打であった。 4回表にソフトバンクが一気に4点を挙げた場面について、は4回表の内川の左前安打が試合の流れをソフトバンクに呼び込んだと指摘した。 朝日新聞は、4回表に戸郷がバント処理の失敗で1死満塁の場面になった際でも巨人ベンチが続投の判断をしたことに対して、毎日新聞は、4回表の同点の場面で戸郷を登板させたこと自体に対して、それぞれ「巨人のの層の手薄さを物語っている」と分析している。 野口は、戸郷の起用について「追い詰められたチームの継投策であり、巨人の救援投手陣の苦しい事情が示されている」と指摘。 は、「戸郷は、内川に難しい球を安打にされて、リズムが狂ってしまい、バント処理の失敗で傷口を広げてしまった」と分析。 は、戸郷がバンデンハークのバント処理の失敗した場面に着目して「完全に自分を見失ってしまった。 経験の浅い投手の心理状態を考えれば、巨人ベンチはここで投手交代を決断すべきであった」と分析している。 は、戸郷が柳田に押し出しの四球を与えた場面に着目して、「戸郷にはこの場面で投げ切れる力はまだない。 (捕手の大城の)内角への要求はあまりに酷な配球になった」と述べている。 また、デスパイネの戸郷からの2点適時打を「ミートに徹したコンパクトな打撃で試合の流れをほぼ決めた」と評価している。 9回表の増田の走塁ミスについては、野口は「最終回で4点負けているのだから、ランナーをためなくてはいけない場面であり、焦りばかりが出た走塁ミスになった」 、真中は「絶対にアウトになってはいけない場面。 ボーンヘッドに近い」 とそれぞれ指摘している。 第3戦を含めて、坂本勇と丸がほぼ完全に封じられた試合が続いていることについて、スポーツライターの鷲田康が「ソフトバンクのバッテリーが内角への残像を植え付ける配球ができている」と分析している。 野口は、「同じ球種やコースを続けて要求できる甲斐のリードは『勇気のある配球』である。 特に坂本勇に内角を続ける配球は、タイミングを狂わせることに成功している」と評価している。 東尾は、「『バンデンハークー甲斐』のバッテリーが、緩いをうまく使う配球で封じ込めている」と評価している。 また、も「を5回に投入して2イニングをパーフェクトの内容で投げたことが大きかった」ことを評価している。 第4戦 [ ] スコア [ ] チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ソフトバンク 0 0 0 3 0 0 1 0 0 4 8 0 巨人 0 0 0 0 0 2 1 0 0 3 6 2• : 和田1勝 : 菅野1敗 : 森1S• : ソ — グラシアル3号 4回表3ラン 巨 — 岡本1号 6回裏2ラン• :球審…山本貴、塁審…一塁:吉本、二塁:森、三塁:津川、外審…左翼:福家、右翼:名幸• 試合時間:3時間22分 観客:44,708人 試合経過 [ ] 先発投手は、巨人が、ソフトバンクがベテランの左腕投手の。 菅野は本来はエース級と位置付けられる右腕投手であるが、このときは腰痛に苦しみ、直近の試合であるとのでは登板なしに終わっていた。 菅野は第4戦に登板するにあたって、「投げたら動けないくらいの覚悟で投げたいです」などと意気込みを述べていた。 試合は、3回終了まではスコアレスの展開で進む。 菅野はこの時点では1安打無失点に抑える危なげない投球であった。 先制点は4回表、ソフトバンクだった。 1死一、三塁からグラシアルがフルカウントからの外角のスライダーをバックスクリーン左に3点本塁打を放つ。 対する巨人は、6回裏の2死一塁から、4番の岡本がソフトバンクの2番手投手であるから、157kmのストレートをフルスイングして右翼席に2点本塁打を放って1点差に詰める。 試合が大きく動いたのは7回表だった。 1死から福田の三ゴロを岡本が弾いて失策になり、次打者の松田宣が遊撃への内野安打で1死一、二塁の場面になる。 ソフトバンクは長谷川勇を代打で起用、打球はへのゴロになる。 しかしここで、二塁手として途中出場していた山本が併殺プレーを焦ってしまい悪送球になりソフトバンクが1点を追加、4対2となる。 その後、次打者の甲斐野の送りバントが内野安打になり、1死満塁になって菅野は降板した(菅野は結局、6回3分の1、自責点3で降板)。 その後、2番手投手として登板したが、代打の内川を二ゴロ併殺に打ち取り最小失点に抑えた。 7回裏の巨人の攻撃、2死一、二塁からここまで15打席無安打だった丸がから日本シリーズ初安打になる適時二塁打を左越えに放って、再び1点差に迫る。 その後は両チーム共に得点が入らず、最終的にはソフトバンクが4対3で逃げ切って勝利、ソフトバンクが4勝0敗で日本一に輝いた。 なお、今季限りでの引退を表明していた阿部が6回裏に代打で出場するも、第1打席は死球、第2打席(これが現役最終打席になった。 )は二ゴロであった。 和田毅は2003年以来の日本シリーズ勝利投手。 評価・解説 [ ] は「(ソフトバンクは)自分自身のミスを絶対に許さない姿勢がチーム全体での意識として徹底されているから、的確な状況判断ができて相手のミスにつけ込めて、誰が出場してもプレーの質を落とさない『全員野球』ができる」と評価した一方で、「巨人はソフトバンクのチームとしての『圧力』に押され続けて四死球や守備のミスを繰り返してしまった」「(その象徴的なプレーが)第4戦の7回表の『最悪な失点』につながった岡本、山本の守備のミスであり、力投した菅野の足を引っ張った」と分析している。 また中畑は、「『真のチームリーダー』である松田宣の存在」もソフトバンクの「レベルの高いチームづくり」に大きなプラスの影響をもたらしているとも述べている。 は9回裏のソフトバンクの中村晃の一塁守備(9回裏からの守備固めで途中出場していた)を「一つ一つは目立たなくても、やるべきことをきちんとやりきる姿が球際の強さにつながっている」と評価した上で、「ソフトバンクはレギュラー陣が調子を落としたとき、瞬時に定位置を奪ってしまいそうな選手が常に控えている一方で、巨人は坂本勇や丸といった看板選手への依存度が強いので彼らが調子を落としたときに取って代わるだけの選手がいない(ことによる差があった)」と述べている。 野口も「ソフトバンクは、各選手がその瞬間に何をすべきかを非常によく分かっている」「ソフトバンクと巨人では、選手層及び経験で大きな差があった。 特に坂本勇と丸については、最後にようやく回復しかけて、終わってしまった。 ソフトバンクのバッテリーが完璧に対策できていた」と述べている。 は「ソフトバンクは長谷川勇、内川が代打での出場、中村晃が守備固めの出場であり、は出場なしに終わった一方で、巨人は、阿部に対して代走を出せないように、戦力差が歴然としていた」と厳しく述べている。 また、野口は「特に坂本勇と丸については、最後にようやく回復しかけて、終わってしまった。 ソフトバンクのバッテリーが完璧に対策できていた」 、は「ソフトバンクのバッテリーの内角攻めの勇気ある配球に、坂本勇と丸が本来のスイングを崩されてしまった」 とそれぞれ述べている。 実際、この日本シリーズを通して、坂本勇、丸はいずれも13打数1安打、打率. 077に終わり、逆シリーズ男と形容するメディアもあった。 表彰選手 [ ]• 最高殊勲選手賞(MVP):• 敢闘選手賞:• 優秀選手賞:、、 始球式・国歌独唱 [ ] 始球式 [ ]• 第1戦:( 78㎏超級金メダリスト)• 第2戦:(、冠スポンサー・三井住友銀行のCMキャラクター。 ・ナハネ役 、・川原武志役 )• 第3戦:(名誉フェロー・2019受賞者)• 第4戦:(代表。 冠スポンサー・三井住友銀行のCMキャラクター) 国歌独唱 [ ]• 第3戦:(、のリーダー) テレビ・ラジオ放送およびネット配信 [ ] 日本シリーズはレギュラーシーズンとは異なり、(一社)管轄のため、あらかじめ放送権を指定されている。 なお順延の場合でも各戦のテレビ中継もスライドとなる。 テレビ放送 [ ] 第1戦(10月19日)• 放送時間:18:30 - 21:59(65分延長)• 放送時間:18:15 - 21:50(マルチ編成を実施し、101chにて放送)・21:50 - 22:00(マルチ編成を実施し、102chにて放送)• 放送時間:18:30 - 23:00 (試合終了まで延長) 第2戦(10月20日)• 放送時間:18:00 - 21:50(50分延長)• 放送時間:18:15 - 21:50(マルチ編成を実施し、101chにて放送)・21:50 - 22:00(マルチ編成を実施し、102chにて放送)• 放送時間:翌3:30 - 8:00 第3戦(10月22日)• 放送時間:18:00 - 22:04(70分延長)• 放送時間:18:00 - 21:50(マルチ編成実施せず)・21:50 - 22:00(マルチ編成を実施し、102chにて放送)• 放送時間:18:00 - 22:00(試合終了まで延長) 第4戦(10月23日)• 放送時間:18:00 - 21:49(55分延長)• 放送時間:18:00 - 22:00 (試合終了まで延長• 第5戦は日本テレビ系列と日テレジータス、第6戦はとNHK BS1、第7戦はとNHK BS1で放送予定であった。 ラジオ放送 [ ]• (ローカル)、(ソフトバンク主催試合はNRNネット )、(巨人主催試合はNRNネット)にて全戦制作・放送された。 巨人主催試合は(ローカル)、(ローカル…第3戦のみ)にて制作・放送された。 文化放送制作の第3戦中継で実況を担当した同局のアナウンサーは、在職中の翌2020年2月23日に47歳で逝去したため、スポーツ中継としては第3戦が生前最後の実況になった。 また、では、第2戦のみ 、それ以外はにて制作・放送された。 地元球団が出場しない地域のラジオ局では、、が全戦NRNネットで中継した。 この他NRN系列では、が2年ぶりに中継ネットを行ったほか、・・・が前年に引き続きネット受けを行った。 一方で、今大会の中継を見送ったのラジオ局は以下の通り。 前年までのネット局では、 、がネットを取り止めた。 は2017年の日本シリーズの中継を最後にプロ野球中継から撤退したため、前年に引き続き今大会も中継は行わなかった。 また、地元球団が出場しないことを理由に、・()、()、()、()は今大会の放送を行わなかった。 ネット配信 [ ] 基本的には、地上波で中継を行うテレビ局の傘下にあるネット配信業者が中継を行った。 第1戦• フジテレビONEsmart 第2戦• 第3・4戦• ・ジャイアンツLiveストリーム(の配信はなし) なお、第5戦はhulu・ジャイアンツLiveストリーム(DAZNの配信はなし)、第6戦はAbemaTV、第7戦はParaviで配信が予定されていた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• から冠スポンサーが付くようになってから巨人は、と2年連続で出場していたが、この時の冠スポンサーはだった。 またSMBCグループが冠スポンサーになって以降、日本シリーズに一度も出場していないセ・リーグ球団はのみとなった(ちなみにパ・リーグ球団で出場していない球団はオリックス、西武、ロッテ、楽天)。 当日のテレビ中継を行ったTBSテレビが製作委員会のメンバーに入っているためで、本作は2019年に公開される。 NHKが衛星テレビ放送・ラジオ中継を実施した関係で、後半以降に登場する。 日本テレビ系列とのクロスネット局テレビ大分を除く。 毎日放送は前年まで第1・2・6・7戦をNRNネット、第3 - 5戦をJRN(非NRN)ネットで中継していた(朝日放送ラジオはその逆のネット関係)。 出典 [ ]• 『』2019年10月19日付朝刊。 王は日本一を決めた第4戦ではグラウンドに現れて胴上げを見届けた。 日刊スポーツ. 2019年10月23日• 2013年、2019年 、(2014年、2015年、2017年~2019年)、(2016年)の3球場。 (一社)日本野球機構• 一般社団法人日本野球機構(NPB)公式サイト 2019年10月19日• スポーツ報知 2019年10月22日. 2019年10月25日閲覧。 デイリースポーツ 2019年10月22日. 2019年10月25日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月22日. 2019年10月25日閲覧。 スポーツ報知 2019年10月22日. 2019年10月25日閲覧。 サンケイスポーツ 2019年10月23日. 2019年10月25日閲覧。 ベースボールチャンネル 2019年10月19日. 2019年10月26日閲覧。 デイリースポーツ 2019年10月19日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツ報知 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 THE PAGE 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月19日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 『』2019年11月4日号、141頁。 スポーツニッポン 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 ベースボールキング 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 Full-Count 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 西日本スポーツ 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年10月20日. 2019年11月27日閲覧。 中日スポーツ 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 西日本スポーツ 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 Full-Count 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 Full-Count 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 ベースボールキング 2019年10月21日. 2019年10月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月22日. 2019年10月27日閲覧。 スポーツ報知 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月22日. 2019年10月27日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月22日. 2019年10月27日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 毎日新聞 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 ベースボールキング 2019年10月22日. 2019年10月27日閲覧。 ベースボールキング 2019年10月22日. 2019年10月27日閲覧。 ベースボールキング 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 デイリースポーツ 2019年10月22日. 2019年10月27日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月22日. 2019年10月27日閲覧。 Full-Count 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月22日. 2019年10月27日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 Number Web 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 Full-Count 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月23日. 2019年10月27日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月21日. 2019年12月31日閲覧。 ベースボールキング 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 ベースボールチャンネル 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 西日本スポーツ 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 Full-Count 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 スポーツ報知 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 Full-Count 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 Full-Count 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 Full-Count 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 Full-Count 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月24日. 2019年12月31日閲覧。 スポーツニッポン 2019年10月24日. 2019年12月31日閲覧。 西日本スポーツ 2019年10月24日. 2019年12月31日閲覧。 Full-Count 2019年10月24日. 2019年12月31日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 中日スポーツ 2019年10月23日. 2019年12月31日閲覧。 デイリースポーツ 2019年10月24日. 2019年12月31日閲覧。 中日スポーツ 2019年10月24日. 2019年12月31日閲覧。 サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2019年10月24日. 2019年10月24日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年10月18日. 2019年10月20日閲覧。 サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2019年10月23日. 2019年10月24日閲覧。 日刊大衆 2019年10月24日. 2019年10月25日閲覧。 産経新聞 2019年10月23日. 2019年10月25日閲覧。 フジテレビジョン. 2019年10月15日閲覧。 日本放送協会. 2019年10月18日閲覧。 フジテレビ ONE TWO NEXT ワンツーネクスト. フジテレビジョン. 2019年10月19日閲覧。 TBS. TBSテレビ. 2019年10月13日閲覧。 TBS CS[TBSチャンネル]. TBSテレビ. 2019年10月19日閲覧。 日本テレビ放送網. 2019年10月13日閲覧。 (『日刊スポーツ』2020年2月24日記事) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構.

次の

侍ジャパンシリーズ2019 試合結果(第1戦)

野球 日本 シリーズ 2019

この項目では、日本プロ野球の2リーグ制(1950年)以後の年間王者決定制度について説明しています。 1リーグ時代の制度については「」をご覧ください。 日本選手権シリーズ (SMBC日本シリーズ) 2008年日本選手権シリーズ (2008年11月9日撮影) 開始年 1950 主催 チーム数 2チーム 加盟国 前回優勝 (3年連続10回目) 最多優勝 (22回) 公式サイト 日本選手権シリーズ(にほんせんしゅけんシリーズ、にっぽんせんしゅけんシリーズ、通称: 日本シリーズ)は、の終了後、優勝チームによって行われる、各年の日本一のプロ野球チームを決める試合である。 正式名称は プロ野球日本選手権シリーズ。 概要 [ ] を受けて、翌1950年にとのそれぞれの当年の優勝者が野球界の「」の座をかけて対戦するシリーズとして創設された。 にクライマックスシリーズ制度が導入され、リーグ戦の結果とは無関係に同シリーズの優勝チーム同士によって行われるようになった。 戦後に始まった事もあり、初年度以降中止になった年はない。 - の間は、本シリーズの優勝者がさらに『 』・『 』に日本代表として参加した。 なお、1リーグ時代に春季優勝チームと秋季優勝チームが対戦して年間チャンピオンを決める試合もあったが、一般にはこの1950年に始まる日本シリーズが一般的であるため、本項においても1950年以降の試合について述べる。 運営概要 [ ] 主催 [ ]• レギュラーシーズンやと異なり、全試合(NPB)主催である。 入場料収入の一部は球団に分配され、さらに選手らにも第4戦までのものを基準に分配される。 大会日程 [ ]• 両リーグのチャンピオンが決定した後、毎年10-11月ごろに行われる。 ゲームは7戦4勝制(参照)。 先に4勝したチームが日本一となり終了、以降の試合は行われない。 の奇数年はパ・リーグの出場チーム、西暦の偶数年はセ・リーグの出場チームが第1・2戦と6・7戦をホームで開催、相手方のチームが第3・4・5戦をホームで開催する。 第2・3戦の間と第5・6戦の間は、移動日として空白日が挟まれる(奇数年ならパパ・セセセ・パパ、偶数年ならセセ・パパパ・セセ)。 雨天等で中止になった場合は、までは移動日を含め全ての日程が順延となっていたが、からは第5戦までに雨天中止が入った時には、第5戦と第6戦の間の移動日・休養日は原則として設けない事に変更された (ただし、出場2チームの本拠地が離れていて、当日移動が難しいと判断された場合は移動日を設ける場合がある )。 引き分けなどがあり第8戦にもつれこんだ場合、第8戦は第7戦の翌日に第7戦の球場で行い(過去はの1回のみ)、それでもどちらのチームも4勝に満たない場合は、更に移動日を1日挟んで、第3戦 - 第5戦で使用された球場で、どちらかが4勝を挙げるまで試合を行う。 出場チーム [ ] 2007年以降は、両リーグともに、ペナントレース後に行われるの優勝チームが出場している。 (基本的に第1戦主管球団がホーム4、第3戦主管球団がホーム3の割合) 2006年以前の出場チーム• セ・リーグ - 当年のペナントレースの優勝チームが出場。 パ・リーグ - 当年のペナントレースの優勝チームが出場。 ただし、ペナントレースの優勝決定方式が以下の通りだった年度がある。 1973年-1982年 - を取っており、両シーズンの優勝チーム同士のプレーオフにより決定。 2004年-2006年 - 上位3チームのにより決定。 試合方式 [ ]• は、第7戦までは延長12回まで、第8戦以降は回数無制限(試合時間は一律無制限)が現行のルールである(から)。 過去の変遷は以下。 まで - 日没まで(当時は全試合デーゲーム)。 (全試合ナイトゲーム) - 22時30分以降新しいイニングに入らない。 - - 17時30分以降新しいイニングに入らない。 - - 試合開始から4時間半を経過した時点で新しいイニングに入らない。 - - 第7戦までは18回まで、第8戦以降は回数無制限(1986年のシリーズが、第1戦が延長14回引き分けで、第8戦まで行われたことをきっかけに改定)。 - - 第7戦までは延長15回まで に短縮。 1994年 - デーゲーム・ナイトゲーム併用のため、デーゲームの場合は18回まで。 - レギュラーシーズンで用いられた節電・省エネのための「3時間30分打ち切りルール」は使用しない。 2011年の第1試合はデーゲームとなるが、延長は従来通り15回までの打ち切りとする。 - 第7戦までは延長12回までに短縮。 は適用しない。 両チームはシリーズ開始日の前々日までに「出場有資格者選手」(最大40人)の名簿を提出する。 公示後はこれを変更することはできない。 ベンチ入り選手の人数は公式戦と同じく最大25人で、試合ごとに有資格者の中から選ぶ。 制度はまでは採用せず、から隔年による採用(1985年は全試合採用、1986年は全試合採用せず)としていたが、1987年からはパ・リーグの出場チームの本拠地球場でのみ採用されている。 審判は6人制が採用される。 審判員は(NPB)審判部から選ばれた合計8人の審判員で運営されていたが、2015年から合計7人の審判員で運営される。 表彰 [ ] 賞金・賞品は2019年のもの。 優勝チーム賞• より、チャンピオンフラッグ、優勝記念品代、• 在京民放各テレビ局より賞金、計250万円(・・・・から50万円ずつ)と共に日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京から、フジテレビより 最高殊勲選手賞(MVP)• 日本野球機構よりトロフィー• (・・・・・・)より賞金各100万円(計700万円) 敢闘選手賞• 日本野球機構よりトロフィー• より賞金25万円、より(AS-790)、夢みなみより白河産特別栽培米「コシヒカリ」、季節の野菜・果物詰合せ「四季の味」1年分25万円相当 優秀選手賞(3人)• 日本野球機構よりトロフィー• J SPORTS、、、ベースボール・マガジン社より賞金10万円ずつ(1名に40万円ずつ、計120万円)、より高級オーダー30万円相当 ホームラン賞• 各試合のを打った選手に対して『SMBCデビットホームラン賞』として、SMBCから賞金3万円が贈呈される。 なお2015年は『ミドすけホームラン賞(『』とは、冠スポンサー・三井住友銀行(SMBC)のマスコットキャラクターのこと)』として、SMBCから賞金3万円と「ミドすけ」のぬいぐるみが手渡されていた。 2014年は、SMBC(2011年から2013年まではコナミ)から賞金(5万円)が贈呈された。 特別協賛賞 2011年から2013年まではのコナミより、上記賞とは別に以下の賞が追加された。 「みんなで選ぶコナミ賞」(賞金400万円・2011年は賞金300万円)• 「ドリームナイン賞」(賞金100万円・2011年は賞金200万円)• 「賞」(賞金100万円・2011年は賞金200万円)• 「賞」(賞金100万円・2012年より)• 「賞」(賞金100万円・2012年より) 「みんなで選ぶコナミ賞」は大会期間中に、コナミの大会特別公式サイト・コナミが携帯電話サイトで展開するソーシャルネットワークゲームサイト『プロ野球ドリームナイン』・アーケードゲーム『BASEBALL HEROES』の成績閲覧ページやゲーム機からのファン投票によって行い、大会終了時の表彰式で表彰選手を発表するものである(2011年は各ゲームからの投票で「ドリームナイン賞」・「BASEBALL HEROES」賞を選んだ)。 出場資格者 [ ]• 出場有資格者は、原則として8月31日までに出場球団(すなわち、両リーグクライマックスシリーズ優勝球団)の支配下登録されている選手のうち、その中から40人までを選ぶ。 ベンチ入りメンバーは以下を原則とする。 監督1名• 監督以外のコーチ8名以内• 選手25名以内• マネジャー、トレーナー、スコアラー、通訳、広報、用具担当者各1名 以上の名簿を第1戦開催前々日正午までに主催団体のに書類を提出しなければならない。 この提出した名簿をコミッショナーが公示した後は原則として変更することができないものとする。 ただし、監督・コーチと選手兼任である人については、選手の数に含まれるものとみなす。 またが2か国語以上必要な場合、通訳を2名登録することができる。 の登録は1試合2名までとして、各試合ごとの出場選手名簿に記載する。 ただしベンチ入りは不可。 通算成績(2019年まで):パ・リーグの35回優勝(205勝)、セ・リーグの35回優勝(202勝)。 原則として最高殊勲選手(MVP)は優勝球団から、敢闘賞は敗退球団から表彰するが、例外としての敢闘賞は優勝した西鉄から選出された。 も参照。 チーム別成績 [ ]• 太字の項目は最多数を表す。 球団の列のソートボタンで元の順序に戻る。 松竹は大洋に、近鉄はオリックスに、それぞれ吸収合併されたため記録としては 特記事項となる。 545 (ソフトバンク) (西武) 11 6 1 5 36 13 22 1. 361 (ソフトバンク) (西武) 12 1 1 0 7 4 3 0. 571 (巨人) (巨人) ギャラリー [ ]• 同左 西武vs巨人 表彰式(2008年11月9日撮影) エピソード [ ] 名称 [ ] 第1回()から第4回()については、を参考にした『 日本ワールドシリーズ』という名称だった。 日本一に輝いたチームに授与するチャンピオンフラッグの旗面に「 NIPPON」が縫い込まれているためとされている。 なお、このチャンピオンフラッグは縦1. 4メートル、横3メートルの大きさをした三角形のとなっており、製作に100万円近くを費やしているといわれている。 スポンサー [ ] 従来、興行に於ける協賛スポンサーとなる企業・団体は存在しなかったが、からまで、大手のコナミ株式会社(後の株式会社) が特別協賛となり、大会名も『 KONAMI日本シリーズ』として開催された。 なお、コナミは過去に~に開催されていた『』に特別協賛しており、冠スポンサーとして「KONAMI CUP」の名称が付けられていた。 からはが冠スポンサーとなり、「 SMBC日本シリーズ」として開催されている。 なお、同社は日本シリーズの特別協賛を機に、、日本野球機構の協賛スポンサー「NPBパートナー」契約を締結した。 試合開始時刻 [ ] 日本シリーズが開催される10月は、気候的に寒くなることから、かつては平日であってもデーゲームで試合が行われていた。 日本シリーズが史上初めてナイトゲームで開かれたのは(第15回)の対だった。 これはの開催の妨げにならないようにとの配慮で、開会式が予定されたまでに全ての日程を消化させることにしていた。 本来は第1戦が、第7戦はであったが、の優勝決定がずれ込んだ上に雨天順延が入り、10月10日に最終戦を開催せざるを得なかった。 これが影響してか、シリーズの平均観客動員は歴代最低を記録したため、翌からは元のデーゲーム開催に戻した。 平日のデーゲーム開催では会社や学校を休まない限り試合の観戦が困難となったり、テレビのの問題にも関わることから、(第45回、読売ジャイアンツ対西武ライオンズ)では試験的に平日開催の第3・4・5戦()に限りナイトゲームで実施。 以降、(第46回、対)より全試合に拡大した。 2011年の第1戦は17年ぶりにデーゲームで行われた。 これは中継権を獲得したが、同日のゴールデンタイムに『』を放送したためである。 その後天気が回復しなかったため、そのままとなった。 なお、コールドゲームで優勝決定となった試合はこれまで一度もない。 変則的な開催日程 [ ] 開催日程および開催会場が変則的な形となった例は以下の通り。 は開催会場を試合ごとに変えて行った。 第1戦から、、、、、の各球場である。 この年は4勝2敗でが初代王者に輝いたが、第6戦でが勝って3勝3敗になった時は第7戦は後楽園球場で行われる予定だった(連戦か、移動日を挟むかの詳細不明)。 は第4戦までは通常通りだったが第5戦から第7戦は大阪スタヂアム、阪神甲子園球場 、後楽園球場の順で開かれた。 これは当時の規定に「第1、第3、第5、第7試合と第2、第4、第6試合の使用球場は毎年両リーグが交互にこれを指定する。 ただし、第1、第2試合と第3、第4試合と第5、第6試合の使用球場はそれぞれ連続して同一地域にある球場を指定する」とあったため。 この年の偶数試合の球場指定権はセ・リーグにあり「大阪よりも収容能力の大きい甲子園ならば収益力が高い」との思惑を持っていたが、その思惑は外れ、入場者数は6346人であった。 なおこの年はが2大会組まれた 影響もあり、本来設けられるべき移動・休養日がなく、2試合ごとに試合当日移動をこなすという強行軍だった。 の東映主催による第5戦と、のヤクルト主催の4試合全ては、神宮球場の学生野球開催の都合で、後楽園球場で代替開催した。 のロッテ主催の第3戦~第5戦は、施設上の問題もあり本拠地登録していたではなく、後楽園球場を使用した。 、の近鉄主催全ゲームは、本拠地だったの収容人数が日本シリーズ開催基準の3万人に満たなかったこと 、同じく近鉄の保有するもナイター用の照明設備が設置されていなかったことにより、南海ホークスの本拠地である大阪スタヂアムで代替開催した。 は両リーグの出場チームが、本拠地がともに後楽園球場である巨人と日本ハムだったため、全6戦が同球場で開催され、「後楽園シリーズ」と呼ばれた。 は第1戦は引き分けで始まり広島が3連勝したが、西武も3連勝し第7戦終了時点で3勝3敗1分になり、急遽第7戦で使用した旧広島市民球場で初の第8戦以降を行って勝敗を決することとなった。 第8戦で西武が勝利し決着がついたが、当時のルールでは第8戦以降も回数無制限ではなく、仮に引き分けならば1日の移動日を設けて西武ライオンズ球場で第9戦以降も行うことになっていた。 は巨人とダイエーの対戦となったが、3年前のに、大規模な国際学術集会の会場を探していたから貸し出し依頼を受けた福岡ドーム側が、日本シリーズの日程と重なる2000年からまでを球団の許可なく既に貸し出していた。 これは1997年当時ホークスは南海時代から続く20年連続のBクラスであったため、リーグ優勝の可能性が低いと見越してのものである。 ところが翌1998年に福岡移転後初のAクラス入りを果たし、日本シリーズの開催可能性が高まったため球団が日本脳神経外科学会に日程変更を求めたが、各国から2万人以上の人員が集結する大規模な総会であり、すでに様々な関連の手配が終わっていることもあり断られた。 そこでダイエー球団のオーナー代行(当時)がNPB側に「シリーズ開催地のセ・パ入れ替え」、「シリーズ日程そのものの変更」、「他のパ・リーグチームの本拠地球場での開催」、「やなど九州内の他球場での開催」などを申し入れたが、いずれも却下となった。 脳科学会側から、一部日程を短縮して時間帯を空けるなどの協力を得られたこともあり、 「東京ド・東京ド・福岡ド・休み・休み・福岡ド・福岡ド・東京ド・東京ド」と言う移動日なしの9日間変則日程で行うことがに発表された。 なおシリーズ終了後、ダイエー球団は開催日程確保を怠ったとして、NPBから制裁金3,000万円(球団または個人への制裁金として最高額)を科された。 はの接近懸念が指摘されており、・のナゴヤドームでの試合が中止となった場合は、本来なら第2・3戦の間の移動日はそのままとし、第5・6戦の移動日を割愛して実質最大5連戦とする日程になるところを、テレビの全国中継が4試合しかない(第1・2・5戦はのみ。 地上波はだけ)ことに配慮する形で、第2・3戦の移動日を割愛して最大5連戦として、第5・6戦の移動日はそのままとする日程が設定された。 台風による影響は無く、開催日程変更は行われなかった。 ビデオ判定 [ ]• の第5戦に於いて、ソフトバンク・の打球は左翼ポールの上を通過し、左翼線審はポールを巻いたとして本塁打と判定したが、ヤクルトの監督から「ファウルではないのか」と抗議があり、審判団による7分にも及ぶを経て、判定は覆らず本塁打となった。 なお、NPBにおいて2010年にホームランを巡るビデオ判定が導入されて以来、シリーズでのビデオ判定は史上初。 の第2戦では、同年より導入された本塁クロスプレーでのビデオ判定が行われた。 6回裏、無死二塁の場面で広島・がに切り替えて打った打球はレフト前へ抜け、これを見た二塁走者のは本塁へ向かったが、日本ハム左翼手・から捕手・へ際どいタイミングで返球され、球審のはアウトと宣告した。 これに広島の監督がビデオ判定を要求、審判団の協議によりビデオ判定が行われた。 その結果、「大野のタッチより先に田中の手が本塁に触れていた」として、判定を覆して田中の生還を認めた。 同2016年の第5戦にも、2回表、無死一塁の場面で広島のがフェンス上で跳ね上がる打球を放ち、審判はインプレーと判定。 一塁走者・打者下水流はそれぞれ三塁・二塁上で止まったが、緒方監督が本塁打ではないかとビデオ判定を要求した。 審判団はビデオ判定の結果、打球はフェンストップで跳ね返ったものと判断し、判定は覆らず、無死二・三塁で試合は再開された。 全試合同一都道府県内での開催 [ ] の開催は両リーグの出場チームが、の後楽園球場が本拠地の巨人と、のが本拠地のロッテであり、全試合がでの開催となったため、史上初めて同一都道府県内のみでの開催となった(東京シリーズまたはGOシリーズ )。 同一都道府県での日本シリーズはこの1970年と上述の(後楽園シリーズ)の2例のみ。 2019年現在は、2008年にオリックスが大阪府を とし、セ・パ両リーグの球団がともに本拠地を置く都道府県がないため、通常のフランチャイズ制度下では同一都道府県で開催されることはない。 全球団が1度以上日本一を経験 [ ] 2004年に1度も日本一になれないまま合併消滅した近鉄に代わって、2005年に新規加入した楽天が2013年のシリーズで日本一になったことにより、 NPB設立以来史上初となるNPBに加盟している全12球団が全て日本一を経験したことになったが、これはでは全球団のうち7球団が世界一を達成していないため(その中のは世界一はおろかワールドシリーズすら出場経験がない)、1度も達成されたことのない世界でも珍しい記録である。 テレビ放送 [ ] 地上波系列全国放送 [ ] 2010年までは基本的にホームゲームの球団が推薦した放送局と直接交渉し、その放送局の属するネットワークにより試合開始から終了まで全国生中継された(通常レギュラーシーズンの放送を頻繁に行う局が推薦され、生放送される)。 しかしで地上波全国中継が実施されない試合が3試合あったことを受けて、2011年は進出球団が放送局を推薦したうえで、テレビ中継協賛スポンサーのにその放送局への中継交渉を行う方式をとった (それでも、通常レギュラーシーズンの放送を頻繁に行う局が優先的に推薦されることに変わりはない)。 これ以降の中継では放送局の番組編成の都合から、試合開始時間が繰り上がる事例が発生している(2011年の第1戦、2016年の第5戦)。 中継には通常の野球解説者のほか、出場しないチームの現役選手や監督がゲスト解説として登場する。 視聴率は1990年代までは平均30%前後を獲得するなど高い人気を得ていたが、2000年代以降は徐々に低下し、2010年代以降カードによっては一桁を取ることも珍しくなくなっており、2019年は4試合中3試合が一桁の視聴率ワースト記録を打ち出した。 その一方、レギュラーシーズン同様、関東以外の出場チームの本拠地がある地域では高視聴率を獲得することが多い。 の球団では、(日本テレビ)、(CBCテレビ、東海テレビ、テレビ愛知、三重テレビ)、(フジテレビ)、(TBSテレビ)といったように特定の放送局に本拠地主催試合の放映権が与えられている。 これらの球団が日本シリーズに出場した場合、 レギュラーシーズン同様に放映権もこれらの放送局の属するネットワークの系列局が必ず推薦される。 特に読売ジャイアンツ・中日ドラゴンズの場合は新聞社系列故に系列外局に対する締め出しが非常に強く、放映権が与えられていない放送局には日本シリーズの放映権も推薦させないほどの徹底ぶりである。 とについては各局に放映権が均等に分配されているが、阪神タイガースの場合はが水曜日と日曜日の試合の放映権を優先させており、阪神タイガースが日本シリーズに出場した場合の放映権もそれを踏襲している。 従って、セ・リーグ球団の開催試合においては、テレビ朝日・ANNネットワークの系列局が推薦されるのは、阪神タイガースが日本シリーズに出場した場合の原則として水曜日と日曜日の試合、広島東洋カープが出場した場合、東京ヤクルトスワローズが出場し、フジテレビが編成上の都合で独占しなかった場合の本拠地開催の一部試合にほぼ限定される。 などの一部球団が進出した場合、・が推薦される場合があり、その場合は系列局が少ない ため地上波で生中継を見られる地域は他系列に比べ大幅に少なくなる(セ・リーグ側はこれまでが進出した場合のみに放送権を得ている)ため、の(以前はも)での放送で補完することになる(テレビ東京系列のでの放送は現状未実施)。 過去にテレビ東京は次の試合を放送している• (第3・4試合。 第4試合は並列)• (第5試合)• (第7試合。 制作)• (第2・7試合。 但しロッテ4連勝のため第7試合はなし)• (第4試合。 制作協力)• (第2・5試合。 第2試合はテレビ北海道制作協力 第5試合はセ・リーグ側のホームゲーム・制作協力)• (第7試合 テレビ北海道制作協力 予定されていたが、前日の第6試合で巨人が優勝を決めたためなし)• 仮に第8試合にもつれた場合はテレビ愛知制作協力による全国放送となる予定であった)• (第2・5試合 第2試合はTVQ九州放送制作協力 第5試合はセ・リーグ側のホームゲーム テレビ愛知制作協力)• (第2試合。 TVQ九州放送制作協力)• (第7試合。 TVQ九州放送制作協力。 予定されていたが、ソフトバンク4連勝のためなし)• 1970年と1974年は日中の開催で、一部の局ではローカルセールスの時間帯であったことから、特に東京12チャンネルとの結びつきが強い地方局への(中京圏は本来なら日経資本ので中継されるものだったが、UHFの視聴世帯がまだ少なかったため、で中継。 近畿地方は1970年の第3戦と1974年の第5戦は当時の関係にあったで、1970年の第4戦は当時から東京12チャンネルの準キー局扱いであった・で中継)にて同時放送が行われた。 また系列局はあっても中継局がないなどの理由で視聴できない地域や(特に)、のでも視聴できない地域があることから(技術の問題、地元系列局の反対等)、並列放送されるNHK BS1ではなくテレビ東京の中継を視たい意向の視聴者からは「全域で放送できなければ放送権を取るべきではない」という苦情もある。 特に2003年や2007年のように、中継権を得た試合が優勝決定戦になるとその傾向が強まる。 も一度第7試合をテレビ東京系列(制作・)で放送することが決まっていたが、系列局が少ないのと、衛星放送の普及が進んでいない(当時のBS民放は有料放送のWOWOWのみだった。 民放キー局系の無料放送を含めデジタル放送の開局は)という理由で()に移譲したことがあった。 しかし、ダイエーが4勝1敗で優勝し、第7戦そのものが開催されなかった。 また、に日本ハム 、にダイエーがそれぞれ進出した場合、1998年は第4戦、2001年は第7戦の放送が検討されていたが、優勝を逃したため実現に至らなかった。 特に南海ホークスと結びつきの強い毎日放送がのが解消するまではテレビ朝日系列(NET)だったことから毎日放送発の南海戦の日本シリーズの放送はの第1・2戦 、南海戦以外ではの第1・6・7試合の3試合のみで、合計5試合に留まった。 また、でもまでは主に最速で優勝が決まる第4試合を中心に(例外あり)で生中継されていたが、衛星放送の普及による番組編成の見直しから地上波での放送は91年以降行われていない。 独占放送は前述・1974年の中日対ロッテ第6戦(ロッテが優勝を決めた試合)を最後に途絶えている。 県域独立局 [ ]• の第3・5試合が兵庫県域局の(ローカル)で放送された。 独立県域局ではネット受け以外で史上初の放送権となったが、この時は第3戦が朝日放送、第5戦はとの並列放送だったので、独占放送ではなかった。 なおこの後、の2回はサンテレビが主管試合の放映権を得ることはなかったが、兵庫県内では隣府県のテレビ東京系列県域局の・ が受信できない地域への配慮としてテレビ東京製作のそれぞれパ・リーグ側主管試合(2003年第7試合、2005年第2試合)をネットしている。 は第1・2・5試合は全国中継が行われなかった。 の系列局であるに優先権があったが、時間帯が『』中継と重なったことからTBSは放送権を獲得しなかった。 第1戦はがあるローカル局の 、第2戦は中京広域圏ので、第5戦はがあるの県域独立局のでは千葉県ローカルで放送された。 前述・阪神対西武の試合が広域放送(準キー局)との並列だったが、この試合の地上波放送は千葉テレビだけであるため、当初は史上初の「県域独立局独占中継」となる可能性があった。 その後、第5戦の中継に関しては、11月3日に中部日本放送が急遽自社制作を実施し東海3県ローカルでの放送を受け持つことになり、千葉テレビ制作の中継がにも同時ネットされることとなった が、それでも関東地方では千葉テレビだけでの放送であり、キー局を含め「関東地方テレビ局独占中継」の形となった。 衛星放送 [ ] 系列局ごとによって対応が異なる。 プロ野球中継放送実績の無い放送局は原則として省略する。 CS放送 [ ]• (巨人主催全試合)または巨人以外の他球団が出場する試合を系列局 が放映権を獲得した場合、を通して完全生中継及び深夜に録画中継(地上波同内容)。 は放送なし。 (は)で地上波と同じ内容で完全録画中継。 なお同じテレビ朝日直轄のは編成の特殊性の関係で放送実績なし。 更に2011年まではテレビ朝日系列制作試合は、同系列の朝日放送(現:。 認定放送持株会社移行並びに分社化のため、テレビ事業自体はその子会社のに継承)傘下ので放送された。 で地上波と同じ内容で完全録画中継。 までは編成の特殊性の関係で放送実績がなかった。 (なお、2013年まではで同趣旨を行っていたが、ニュースバードでの放送は同年度 をもって終了となっている)。 なお、同じJNN系列のの親会社(認定放送持株会社)である傘下のでは放送実績なし。 CSでの放送実績なし(直轄のとはそれぞれ編成の特殊性の関係上、放送できない。 (739)または(721)で地上波と別実況で完全生中継(都合により録画中継した試合あり)。 その他 2010年は地上波全国放送が行われない試合があったため、で第1・2・5試合を自主制作(うち、第1戦はテレビ愛知の映像提供を受けて)で放送した。 は放送実績なし。 BS放送 [ ] NHK• NHK-BSでは1998年・2002年を除いて放送実績がある。 特に地上波でテレビ東京系の中継を行う場合は未放送地域へのカバーとして必ず行われる。 2009年以降、BSではNHK BS1のみでの放送となり、他BS局では2012年のBS日テレでの録画ダイジェストを除いて放送されなくなった。 1989年 - 1993年(全試合中継録画)、1994年(第4・6戦。 第1・2・3・5戦は中継録画)、1995年(第4戦)、1996年(第3戦)、1997年(第4戦)、1999年(第1・2戦)、2000年(第4・5戦)、2007年(第2・5戦)、2009年(第1・2・3・6戦)、2010年(第1・2・3・4・5戦)、2011年(第2・5・6・7戦)、2012年(第2・3・4戦)、2013年(第2・3・6・7戦)、2014年(第2・3・4・5戦)、2015年(第1・2・3戦)• 2008年(第1・6・7戦)• BS1・BShi同時放送 2001年(第2戦)、2003年(第1・2・4・5・7戦)、2004年(第2・7戦)、2005年(第2戦)、2006年(第2・4戦) 日本テレビ系列• での放送実績なし(ただし2003年(第2戦、第5戦)、2012年(第1戦、第6戦)、2013年(第4戦、第5戦)は1時間のダイジェスト版として放送)。 テレビ朝日系列• で2001年(第1・4戦。 後者録画)、2002年(第3戦)、2003年(第3・6戦。 後者録画)は完全中継で、また2006年(第3・5戦)、2007年(第1戦)、2008年(第2-5戦)はそれぞれ1時間のダイジェスト版を放送した。 TBS系列• でBS-i時代の2002年(第4戦)、2004年(第5戦)に放送実績がある。 テレビ東京系列• ではBSジャパン時代から放送実績なし。 フジテレビ系列• で2001年(第3・5戦)、2004年(第6戦)の放送実績がある。 その他 ・・・J SPORTS での放送実績なし。 ラジオ放送 [ ] 日本シリーズはNPB主催のため、レギュラーシーズンの放送権の有無に関わらず平等に中継することができる。 2020年現在はにおけるのホームゲームが該当する。 放送権は原則としてシリーズ全試合が対象。 と、は毎年生中継を実施、そのうちニッポン放送は開催球場問わず全試合自社制作となり(特に1989年以降)、とは毎年、は中日が連覇した(2010年と2011年)以降もカードに関わらず日本シリーズを試合開始30分前から完全中継している。 なお、シリーズ期間中は編成のため、レギュラーシーズンとネットワーク編成が異なる上、ネット受けの放送を行わない局も出てくる。 また、地元球団がある局では当該球団が出場した場合のみ放送する局もある。 は2006年以降 、は2018年以降 、放送は行っていない。 は2013年以降ホームゲームのみ放送。 FMについては、が進出した場合のみ、で放送する。 インターネット配信 [ ] 日本シリーズのインターネット配信の導入は、2016年に開局したが最初となる。 この年は出資元のテレビ朝日が中継する試合において独自の実況・解説を付ける形で同時配信を行った。 そのほかのキー局が出資元となっているインターネット配信業者においても2018年から、(日本テレビ)、(TBS・テレビ東京)、(フジテレビ)にて同時配信を行うようになり、2018年は全試合インターネット配信される初の事例となった。 なお、これ以外の配信業者(等)や、での中継は現時点で行われていない。 その他備考 [ ]• 第2次は原則クライマックスシリーズ終了の翌日から日本シリーズ終了の翌日までだが、日本シリーズ出場チームは期限が4日間延長される。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 変更当初は、の日程が迫っていた事が移動日を省く理由とされていたが、同シリーズが開催されなくなった以降の年も、引き続き継続されている。 なお、第2戦と第3戦の間の移動日・休養日は従来通り継続となる。 具体例として、では広島対日本ハムとなり、広島・札幌間の当日移動が不可能であるため、移動日を含めすべて1日順延とするとしている。 1994年はデーゲーム・ナイトゲーム併用のため、デーゲームの場合は18回まで。 同グループではがNPBパートナー(オフィシャルスポンサー)を務めている。 が招待したの単独チームと、が招待した選抜チームによる大会• では広島の本拠地・は当時実勢収容人員が24,500人、では楽天の本拠地・Kスタ宮城も28,120人(常設23,451人)で、規定の3万人を下回っていたが、いずれも開催されている• 同年9月12日の広島-阪神戦(甲子園)において、広島・の打球をビデオ判定でボールインプレー(三塁打)としたが、後にNPBがホームランだったと誤審を認めて謝罪した経緯があり、CSならびに日本シリーズではセ・パ両リーグの統括が映像の検証に加わることとなった。 近鉄との合併から3年間(2005年-2007年)は特例措置として阪神(フランチャイズ制度導入後はこの3年間を除き兵庫県のみ)とオリックスが大阪府・兵庫県をダブルフランチャイズとしていた。 巨人については読売新聞社の意向もあり、2002年からNHKに、2005年から他系列民放キー局に公式戦中継権を開放し、テレビ朝日・テレビ東京がこれに応じたが、NHK以外は日本シリーズの中継権獲得には至らず、その後テレビ朝日・テレビ東京側が自主的に撤退した。 デーゲーム開催時代は、他系列局が水曜日と日曜日に、朝日放送テレビが他の曜日に中継することもあった。 また朝日放送テレビと他局の並列中継となることもあった。 他の4系列が北海道から沖縄まで、概ね25社前後の放送局を擁するのに対し、同系列は2019年現在でも6社しかなく、球団の保護地域でも・に系列局がない状態である。 このため、楽天・広島が日本シリーズに進出した場合、相手チームの中継権に関係なく当該年のテレビ東京への推薦は行われない。 もっとも、これはテレビ東京系列に限らない。 2005年の場合非開催分も含め3試合分をテレビ朝日系列が獲得し(第1・3・6試合)、一方でによる中継もなかったため、テレビ朝日系列のない県では第1・3戦が見られないという事態が生じた。 日本ハムについてはこれまでテレビ朝日系列がほぼ独占的に放送(の日本ハム主管3試合はテレ朝独占)していたが、中盤以後は主に週末のデーゲームを中心にした試合放送が強化されたことを受けて推薦されることが検討されたためである。 読売テレビ、日本テレビ、NETテレビとの4社共同制作・同時放送。 そのうち第1戦が毎日放送主導、第2戦はよみうりテレビ主導での制作だった。 なお後楽園に移ってからの第3・4戦もこの形態だったが日本テレビ主導での放送であった• また毎日放送は先に述べた1970年・ロッテ対巨人第3戦と1974年・ロッテ対中日第5戦の2試合において東京12チャンネルとのネット受けによる中継を行った。 いずれも兵庫県を放送対象地域とはしておらず、兵庫県内に中継局が設置できないため(の区域外再配信実施地域はある)• 放送時間は18:30 - 20:56。 ただし、最大21:00まで延長あり。 同じテレビ東京系列局のにもネットされた(19:00 - 20:54。 「」を差し替えて放送。 延長なし)。 なおテレビ愛知では、「」放送中も、試合終了まで2画面放送を行っていた。 広島東洋カープが出場した2016年の第6戦(10月29日 マツダスタジアム)を、福岡ソフトバンクホークスが出場した2018年の第4戦(10月31日 福岡ヤフオク! ドーム)をが各々放映権を獲得した事による。 2014年は第7戦に持ち越された場合に、地上波で放送されることになっていたが、日テレジータス・日テレプラスでの放送については未定となっていた(第5戦で終了したため放送もなし)。 なお日テレプラスは2014年をもって野球中継が終了の為、放送終了となった。 なお、2014年第1回戦はスカイ・エーにて放送• 実際は2014年5月までTBSチャンネル・ニュースバード並列で放送• 一部試合はでも海外向けに同時放送された実績もある。 2010年にJ SPORTSで放送した当時BS放送は開始されていなかった。 開催期間中の日曜日に(によるなど)の投開票が行われる場合は、開票速報を優先するため放送されない場合がある。 2008年以降、プロ野球レギュラーシーズンの放送も行われていない。 2017年をもってプロ野球中継から撤退。 2018年以降のレギュラーシーズンにおけるJRN系列局の中継ではDeNA戦のみ裏送りを行い、それ以外の試合は文化放送・ニッポン放送が実施している。 2012年も出場したが放送はなかった。 出典 [ ]• 2018年10月24日閲覧。 (47NEWS、2009年11月11日) 2011年12月19日, at the. スポーツニッポン. 2014年9月1日. 2014年9月2日閲覧。 (日本野球機構リリース 2014年10月3日閲覧)• (日本野球機構NPBニュース 2014年10月1日 10月3日閲覧)• - 日本野球機構オフィシャルサイト 2011年11月1日• スポーツ報知、2016年10月25日閲覧。 19でが「東京シリーズと呼ばれた」とコメントしている。 産経新聞(2011年11月9日、2011年11月14日閲覧)• NEWSポストセブン. 2019年10月26日閲覧。 「日本S第五戦をCBCが中継へ」(小見出しで「三重テレビも」と記載あり) 2010年11月3日付朝刊。 1963年から。 1950年~1962年はで放送された 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• (より).

次の