らっきょ 琴似。 スープカレーブームの火付け役こだわり満載! 札幌らっきょ

札幌らっきょ 札幌でも有数の人気スープカレー屋さん【クーポン有】|北海道の魅力発信ブログ!

らっきょ 琴似

子どもから大人まで。 誰が食べてもおいしいカレー 札幌らっきょはJR札幌駅から小樽方面に快速列車で4分、琴似駅から徒歩約2分の場所にがあり、札幌・東京・横浜に4店舗を構えるらっきょの総本山です。 お店の外にまでスパイスの香りが漂っていて、期待が膨らみます。 スープカレーの基本にして大人気のメニューはチキンです。 らっきょのイチオシは「知床鷄スープカレー(1,350円)」。 北海道産小麦や海藻粉末を与えて育てられた知床鶏は、肉質がふっくらと柔らかくジューシー。 スープとの相性も抜群です。 大きく切られた野菜も味わい深く、素材のおいしさを堪能できます。 小学校6年生まで限定のキッズメニューもあります。 「お子様ソーセージスープカレー(750円)」は、ひと口サイズの具が入ったカレーにポテト、玉子、ライスのワンプレートにオレンジジュースか牛乳がつきます。 完食したらアイスクリームのプレゼントもあるお得なメニュー。 他にも野菜と特製ドライキーマカレーがあります。 スープのこだわりは「ワインで言うとフルボディ」 らっきょのカレーのこだわりポイントは、完成まで10時間かかるというスープ。 鶏ガラ、豚骨、牛骨と、タマネギ、ニンジン、セロリなどたくさんの野菜をじっくりと煮込み、一晩寝かせてうま味を引き出したブイヨン(ダシ)を取ります。 目指すのはワインで言うフルボディ。 どっしりとしたコクとうま味のブイヨンに25種類のスパイスをブレンドし、コクと香りをあわせ持つスパイシーなスープが完成します。 「スープが良いとスパイスの乗りも格別です」とイデさん。 素材のうま味たっぷりのスープとスパイスのマリアージュがおいしいスープを生み出します。 そうしてできた極上のスープに具材のうま味が加わり、おいしいスープカレーが完成するのです。 素材のこだわりは「北海道産」 スープと同様にこだわっているのは素材です。 北海道は野菜、肉、魚介類、お米と、スパイス以外の食材はすべてまかなえる食材の宝庫。 できる限り道産のものを使用しています。 メニューにはルスツ産もち豚、愛別産舞茸、道産小麦の手作り水餃子など北海道の食材が満載。 イデさんは知り合いの農家や食材の産地を訪れて、良質なものをそろえています。 季節野菜スープカレー(1,100円)は、契約農家からの野菜が6種類と、旬の野菜が2種類入り、道産野菜のおいしさを堪能できるカレーです。 ほかにも旬の食材は限定トッピングやマンスリーメニューに登場します。 食事を楽しんでもらいたい…らっきょワールドのこだわり 店内はすべてテーブル席。 22席と大きくはありませんがゆったりと配置されていてくつろげます。 接客も丁寧で、メニューの見方や辛さを選ぶアドバイスをしてくれたり、カレーを提供する際に紙エプロンを勧めてくれたりとスタッフの気配りはピカイチです。 メニューや辛さの選択、おすすめの食材についてなどスタッフに気軽に聞いて、豊富なメニューのなかからお気に入りの一品を楽しんでくださいね。 食後にはラッシーをどうぞ。 なかでもおすすめはらっきょオリジナルの「大葉とパインラッシー(430円)」。 パイナップルの甘さを大葉の香りが引き立てる大人の味。 「意外とウマイ!」と人気です。 店内ではレトルトカレーも販売しています。 味はチキンとシーフードの2種類。 常温での持ち歩きもOK。 旅のお土産にいかがでしょうか。

次の

スープカレーの人気店 琴似「らっきょ」は創業当時のままでしょうか

らっきょ 琴似

琴似の『 らっきょ』は、1999年1月5日にオープンしたスープカレー屋です。 コクのある王道的なスープカレーで、元祖の味を楽しむことができます。 道産食材を使用している点も良いですが、日替わりメニューも見逃せません。 メニュー• 知床鷄スープカレー(1350円)• 知床鷄野菜スープカレー(1650円)• チキンスープカレー(980円)• チキン野菜スープカレー(1300円)• 愛別舞茸と季節野菜 スープカレー(1250円)• 炒め野菜とらっきょ特製キーマの スープカレー(1300円)• 納豆オクラスープカレー(980円)• 道産小麦使用 手作り水餃子スープカレー(1100円)• 天使海老のシーフードスープカレー(1600円)• 札幌らっきょ スペシャルスープカレー(2300円)• お子様野菜スープカレー(750円)• お子様ソーセージスープカレー(750円)• らっきょ特製ドライキーマカレー(750円) 反応 らっきょ本店に行くために琴似まで。 Fantastic YKR!!!!!!! yukarinmamire スープカレー🍛らっきょ琴似本店 札幌のスープカレーの中でも人気店のひとつ。 チキンが大人気で美味しいですが私はいつも納豆オクラカレーに季節の野菜をトッピング🥦ネバネバでローションみたいですがそれがまた美味いんです😋私は辛さ20番です。

次の

スープカレーの人気店 琴似「らっきょ」は創業当時のままでしょうか

らっきょ 琴似

本日のランチは久しぶりにスープカレー。 「札幌らっきょ」! 今回は、札幌のスープカレーブーム時に早くからオープンしていたお店 「札幌らっきょ」さんへ行ってきました。 自身は久しぶり2度目の訪問ですが、当ブログでは初めてのご紹介です。 お店の場所は 「JR琴似駅」のすぐ近く。 JR琴似駅を出てすぐの大通 「琴似本通り」を挟んで向かい側の区画。 一本裏通りの 「琴似商店街第一駐車場」のビルの真ん前にあります。 そしてこの 「琴似商店街第一駐車場」が、お店の提携駐車場となる様です。 訪問時はお昼時。 全22席のお店の中は、満席の大混雑。 外のイスにも空席待ちのお客さんが5~6人ほど待機してました。 事前予約の為すんなりお店に入ることができましたが、お昼の混雑時は少々待つ覚悟も必要かも知れません。 7月の限定メニュー 「ルスツ産もち豚ポークソテーと香味野菜ソースのスープカレー」1,350円! 今回は通常メニューではなく、夏の7月限定メニューからチョイス。 野菜・もち豚も小さく刻まれていてとても食べやすく、中心には更に細かく刻まれた香味野菜が盛り付けられてました。 ご飯は 「白米」か 「玄米入りご飯」から選ぶことができましたので、迷わず 「玄米入りご飯」をお願いしました。 メニュー書きの説明は以下の通り。 「もち豚は、嫌な臭いもなく、柔らかく脂肪がサッパリし甘みのある豚肉です。 香味野菜ソースは、フランス料理のラビゴッドソースをイメージしたソースを作りました。 ラビゴッドソースの意味の中に元気を回復させると言う意味かあり、さっぱりとしたソースと、らっきょのスープのコラボで、暑さを吹き飛ばし元気になって頂ければと言う思いで作りました。 」 具材は以下の通り。 豚ロース・トマト・バジル・ズッキーニ・ナス・ジャガイモ・香味野菜ソース(ニンジン・パプリカ・みょうが・ズッキーニ・玉ねぎ・トマト) 「らっきょ」さんのスープの特徴は以下の通り。 「鶏ガラ・トンコツ・牛骨・たっぷりの野菜からとったスープをベースに、独自にブレンドした25種類のスパイスを加え、毎日10時間じっくりコトコト作ってます。 出来上がったスープは一晩寝かせて仕上げます。 」 コクのあるスープには、小さく刻まれた素揚げ野菜がコロコロ入ってます。 女性でも大口を開けずに食べることができるサイズで、とても食べやすい大きさ。 香味野菜にはお酢系の酸味のある味付けがされているので、スープと一緒に食べることで違った味わいに変わります。 今回は家庭のカレーの辛口程度という 「Level. 4」で注文。 それでも結構辛く感じられましたが、酸味が辛さを和らげてもくれました。 一皿で2度美味しいカレーでした。 「黒酢豚と夏野菜のスープカレー」! 妻はこちらのスープカレー。 一番辛くない 「Level. 1」でいただきました。 具材は「 豚ばら、茄子、玉ねぎ、ズッキーニ、パプリカ、じゃがいも、人参、ブロッコリー、白ごま」。 メニューの説明書きは以下の通り。 「豚肉に衣を付けて旨味を閉じ込め、新鮮な夏野菜と一緒に黒酢を使った特製のタレで一気に炒めます。 食欲をそそる香りと、黒酢の爽快な後味でやめられなくなります。 リピートの多いメニューですので、是非お試し下さい!」 黒酢の軽い酸味とほのかな甘みがしっかりと感じられるスープカレー。 一口食べたらクセになりそうな味わいです。 普段は敬遠する豚バラ肉も、このスープカレーにはピッタリ!衣がついたことで食感も良く、他の野菜と同様一口サイズでとても食べやすかったです。 なおメニュー表の記載によると、らっきょさんのスープは化学調味料を使用しない無添加スープとのこと。 また注文を受けてから調理に取り掛かるので、提供までに少々時間がかかるそうです。 ホットペッパーのクーポン使用で 「ドリンク(ラッシー以外)」か 「ジェラート」をサービスしていただけるとのことだったので、食後にジェラートをいただきました!手前のが 「黒ゴマ」。 奥が 「キャラメルクッキー」。 通常は1つ 180円で提供しているメニューです。 辛いスープカレーで若干汗をかいた後でしたので、冷たいジェラートがいつもよりとても美味しく感じられました! 店内の様子。 お客さんが多かったので、全体的な写真は撮れませんでした。 店内はそこまで広くはないですが、通路など少々ゆったりめにスペースを取ってました。 ちなみに、こちらの店名 「らっきょ」の由来ですが、こちらのお店の店主の名前が 「井出剛(イデ ゴウ)」さん。 「井出」という苗字が、タレントでたけし軍団の 「井出らっきょ」さんと同じだったため、本人の許可を得た上で 「らっきょ」と名付けたとの記載がネット上でありました。 どうやら 「井出らっきょ」さんと 「井出剛」さんの間に、直接的なつながりはないそうです。 ちなみに井出さんとは、2017年に開催された冬のイベント 「アイススターホテル」で一度お会いしたことがあり、一緒に写真も撮らせていただきました。 スープカレーを北海道の食文化にしようと精力的に活動されており、スープカレー教室を開催したり各イベントへの出店なども行っている方です。 とても紳士に対応していただき、今でもスープカレーへのお気持ちなど色々な話を聞くことができたことを思い出します。 メニュー表の一部をご紹介。 マンスリースープカレー以外にもメニューは豊富でした。 1999年から営業されている札幌スープカレーの名店 「らっきょ」さん。 札幌では 「札幌らっきょ」の他、白石区の 「らっきょ大サーカス」を展開。 また 「東京らっきょブラザーズ」、神奈川県には 「らっきょ&STAR」と、本州にも店舗展開しています。 またハウス食品の 「スープカリーの匠」は、井出氏が監修。 更にらっきょさんの味がそのまま楽しむことができるレトルトスープカレーも販売中です。 未だいただいていない方は、一度試されてみるのもいかがでしょうか? 住所:札幌市西区琴似1条1丁目7-7 電話:011-642-6903 営業:11:30~22:00 定休:第3水曜日.

次の