ガンツ 正体。 【GANTZ無料!】漫画・GANTZが完全無料で読める!

GANTZ (映画)

ガンツ 正体

GANTZとは 『GANTZ』は、「週刊ヤングジャンプ」で2000年から2013年まで連載された奥浩哉先生によるSF超大作漫画です。 これまでのペンと紙で描く漫画ではなく、パソコンを使ってペンタブと3D背景を駆使してど迫力に見せる漫画としても有名です。 あらすじ ある日、高校1年生の 玄野計(くろのけい)と、小学生時代の親友だった 加藤勝(かとうまさる)が、地下鉄のホームで線路上に落ちた酔っ払いを助けようとして電車に轢かれて死んでしまいます。 しかし次の瞬間、彼らはマンションの一室で目を覚まし、その部屋にある大きな謎の 黒い球(ガンツ)が、彼らにミッションを与え、謎の「星人」と呼ばれるものたちとの戦いを強いられることになります。 その戦いの中で数々の仲間を失い、また生き返らせミッションを進めていきますが、この黒い球(ガンツ)の球の正体とその目的が徐々に明らかになっていき、主人公・玄野らは大きな敵との戦いに巻き込まれていきます。 ガンツのミッションをクリアしろ! 黒い球(ガンツ)は死んだ人間を蘇らせ、「 星人」と呼ばれる正体不明の怪物と戦わせます。 無事生き残って全ての星人を倒すと、採点が始まり、倒した星人のランクや人数によって点数が付けられます。 そして点数が100点を超えると、以下の3つの願いが叶います。 1.記憶を消されて解放される 2.より強力な武器を与えられる 3.メモリーの中から人間を再生(生き返らす) 格好良い武器! 謎の「星人」との戦いを強いられる玄野たちですが、戦う際には ガンツスーツという着用すると身体能力と防御能力が飛躍的に高まるスーツと、武器が与えられます。 Amazonリンク それらを使って星人を倒し、100点を取れば記憶を消された上で自由の身になれます。 しかしながら、100点を取ってもこのミッションを楽しんで何度もクリアを繰り返すもの達も出てきます。 彼らの中にはより強い武器を求めて、3,4回、多い人間で7回クリアしたものもいます。 100点を取って1回クリアすると、 Zガンと呼ばれる大型銃が手に入ります。 円形の高圧エネルギーを上から落として圧潰する武器です。 Amazonリンク また7回クリアした大阪の岡八郎(オカハチロウ)は、 ハードスーツと呼ばれる強化型ガンツスーツや、巨大なガンツロボまで与えられていました。 Amazonリンク 映画『GANTZ』 Amazonリンク GANTZは、 二宮和也さん、松山ケンイチさん主演で、2011年に2部作で映画化されました。 第一部『GANTZ』2011年1月29日公開で、第二部が『GANTZ PERFECT ANSWER』(ガンツ・パーフェクトアンサー)が2011年4月23日公開でした。 2部作合計で興行収入が60億円を超え、漫画原作の映画として大ヒットの作品となりました。 ストーリーは基本漫画のそれと同じですが、その当時はまだ漫画のGANTZが連載中だったため、映画のエンディングは映画オリジナルのものです。 原作では高校生の主人公・玄野計ですが、映画では二宮さん演じる玄野は東京都内の私立大学に通う就職活動中の大学4年生の設定です。 劇場アニメ『GANTZ:O』 Amazonリンク 2016年にはフル3DCGアニメ映画『 GANTZ:O』(ガンツ オー)が公開されました。 非常に細部まで描かれた3Dアニメで、ストーリーは原作で一番人気だった「 大阪編」。 アニメの声として、大阪チームのリーダー的存在、 室谷信雄(むろやのぶお)をレイザーラモンのRGが、島木譲二(しまきジョージ)をレイザーラモンのHG、7回クリアの男・岡八郎(おかはちろう)をケンドーコバヤシさんがつとめました。 その大阪チームの声を、関西の吉本芸人で当てるというチャレンジでしたが、その演技は『素晴らしかった!』と大絶賛されています。 漫画の続編『GANTZ:G』 Amazonリンク 2015年12月号から2017年3月号まで、GANTZの続編となる『 GANTZ:G』が『ミラクルジャンプ』で連載されました。 原作は奥浩哉先生ですが、作画はイイヅカケイタ先生による作品となっています。 こちらは玄野ら前作の登場人物は基本出てこないが、レイカのみ雑誌の表紙やポスターで登場しています。 主人公・ 黒名蛍(くろなけい)ら女子高生が修学旅行に向かう途中で事故に死に、ガンツのある部屋に呼ばれます。 そこに は藤本、我孫子(あびこ)というそれぞれ2回、3回クリアした若い男2人がいて、ミッションが始まります。 この作品はGANTZのその後のストーリーというよりかは、同時に進行していた他のGANTZのミッションというイメージでしょう。 全3巻で終わってしまいますが、玄野らGANTZ本編チームと絡んでくれたらもっと面白かったと思います。 アニメ版 GANTZ Amazonリンク アニメ版GANTZは2004年からフジテレビ系で放送されました。 第1期『GANTZ 〜the first stage〜』はネギ星人篇・鈴木星人(田中星人)篇をフジテレビで、第2期は仏像篇とアニメオリジナルストーリーの玄野星人篇をAT-Xで放送されました。 フジテレビ版の第1期は一部、残酷シーンが修正が施されており、それらは後にDVD化の際に補完されています。 また第2期は原作の奥先生の意向により、ストーリーの細部を変えつつオリジナルシナリオを追加されています。 登場人物達の内面を掘り下げられ、ストーリーの細部が変えられています。 舞台『GANTZ:L』 Amazonリンク GANTZが2. ネギ星人編・あばれんぼう星人・おこりんぼう星人編・和泉による新宿虐殺までが描かれています。 GANTZを無料で読む方法! 以前まで無料で漫画全巻を読める違法サイトの摘発が話題になりましたが、現在それらのサイトはどこも閉鎖されています。 違法なサイトを使わずとも、ネット配信サービスの無料期間を利用してお得に無料で最新漫画を読むことが出来ます。 U-NEXT も、国内大手の動画配信サービスで、電子書籍も読むことが出来ます。 無料お試し期間が31日間で、無料登録すると600ポイントが自動的に付与されます。 このポイントを使って漫画を無料で読むことが出来ます。

次の

【ネタバレ】GANTZの最終回ヤバ過ぎワロタwwwwwwwwwwwwwww:MAG速

ガンツ 正体

GANTZ大阪編のネタバレやあらすじストーリー 今回の舞台は大阪。 100点を取って現実に戻った玄野計だが、ヴァンパイアからの襲撃を受け殺される。 玄野を助けようとした加藤勝らは、戦闘中に転送が始まってしまい、ヴァンパイアの2人も連れたまま大阪編のミッションが始まる。 大坂ミッションに参加するメンバーは以下の通り。 ・加藤勝(玄野と一緒に電車に飛び込んだ高校生) ・西丈一郎(生意気な中学生) ・風大左衛門(下駄はいた角刈りマッチョ) ・タケシ(風に憧れている子供) ・下平玲花(タレントのレイカ) ・坂田研三(超能力使える人) ・桜井弘人(坂田の弟子) ・鈴木良一(おっさん) ・稲葉光輝(レイカに惚れてるイケメン) ・開開(パンダ) ・氷川(パンパイアのリーダー、ホスト侍) ・黒髪の女(バンパイア、きるびる) 大坂に飛ばされる東京メンバー。 街中では「妖怪」のような星人が暴れている。 ろくろ首、座敷童、一つ目小僧などなど。 しかし今回は同じGANTZスーツを着た大阪メンバーが、すでに戦っていた。 大阪メンバーは東京チームよりもはるかに経験豊富で、見たことないような武器やバイクを使っている。 大阪メンバーは東京チームを「東京もん」とバカにし、見下している。 大坂の主力メンバーはこの当たり。 ・桑原和男(ド変態) 3回100点クリア ・島木(黒い肌でスキンヘッドの男) 3回100点クリア ・室谷信雄(ムロやん、坊主で長身の男)4回100点クリア ・岡八郎(学生時代ピンポン経験者)7回100点クリア 大阪メンバーに「手を出すな」と言われ、暇してる東京メンバー。 正義感の強い加藤は、襲われている一般人を助けようと動き出し、レイカや風もそれに続く。 大阪メンバーの山崎杏は、そんな加藤をバカにするが、少しだけ興味を示している。 道頓堀では、星人のボスが妖怪たちをまとめていた。 ・ぬらりひょん ・天狗、犬神 今回のボスはこの3人、この中に100点の敵が存在するらしい。 ヤク中で100点を二回経験している、花紀京(バイクに乗っている美青年)は、パソコンを使ってぬらりひょんが100点だと解明。 ぬらりひょんをガンで狙い撃ち、首を飛ばすことに成功するが、ぬらりひょんの目から出てきた光線で、頭を破壊されて死亡する。 その場に一緒にいたメガネ(冴えない高校生)は、天狗と犬神ににらまれるが、ぬらりひょんの頭を持って暴走し、なんとか殺されずにすんだ。 大阪メンバーの桑原、島木、室谷は、100点ゲットしようと我先にボスに挑む。 最初のターゲットは犬神。 かなり苦戦しつつも、3人はなんとか犬神を倒すことに成功。 次に出てきたのは天狗。 なんとか倒すことに成功するも、天狗は死ぬ間際に室谷を握りつぶす。 仲間に助けを求める室谷だが、無視されてそのまま死亡する。 天狗と犬神を倒すことに成功するが、首を飛ばされたぬらりひょんが残っている事に気づく。 後ろから首を元通りつないで現れる、100点のぬらりひょん 島木と桑原が攻めるが、女体化したぬらりひょんに飲み込まれ、吐き出された時には島木が倒されている。 女好きの桑原が体に飛びつくが、手足をちぎられて桑原も瀕死状態に。 手が付けられない状態のぬらりひょんだが、そこに100点7回クリアの男、岡八郎が現れる。 スーツを着て戦う岡八郎、やや押し気味に戦うが倒せないと分かったのか、途中で戦いをやめて離脱。 「やはり意識の外からの攻撃か・・・」 意味深な言葉を残し、その場を立ち去る。 大阪メンバーの誰も倒せないぬらりひょんに、今度は東京チームの風が挑む。 一時は善戦し、大坂チームを驚かせるも、次々と形態を変えるぬらりひょんにはかなわず。 骨を折られて虫の息になってしまう。 風との戦いで興奮したぬらりひょんは、その場を離脱。 しばらくすると右手に岡八郎を抱えて戻ってくる。 上半身だけになった岡八郎。 切り札だったはずの100点7回クリアの岡八郎もやられ、絶望する東京チームと大坂チーム。 しかし加藤は弟と一緒に暮らすという強い気持ちを胸に、ぬらりひょんに挑んでいく。 善戦しダメージを与えるが、倒すまでには至らず。 そして大坂チームの1人だった山崎杏が、攻撃を受けて体が破壊される。 さらに加藤も攻撃を受けて、片足を吹っ飛ばされる重症へ。 戦える人間がほぼいなくなり、絶望的な状況に追い込まれる。 メンバー全員虫の息で絶体絶命の中、後ろからバンパイアの氷川が現れてぬらりひょんを一刀両断。 意識の外からの攻撃に成功。 バラバラになりながら攻撃してくるぬらりひょんだが、スピードでそれをかわし攻撃していく氷川。 最後は加藤の攻撃で、ぬらりひょんを倒すことに成功する。 ミッションクリアが達成され、生きているメンバーは転送が始まる。 加藤も瀕死で気絶状態だったが、遠くにいる弟の声で目を覚まし、なんとか生き返り現実世界へ転送が始まる。 なんとか東京チームのメインのメンバーは、死なずにミッションクリアに成功する。 生きて帰還する事ができ喜ぶメンバーだったが、このあと西が地球上で核戦争が起きると口にするとともに、次の日にはとんでもない事件が… ガンツ大阪編がすごかった部分としては、 ・ぬらりひょんが強すぎ ・岡八郎がやられた時の絶望感がすごい ・ヴァンパイア氷川がカッコよすぎた と言う感じ。 ガンツのいいところが全部詰まった感じで、全話の中でも最高と評価されることが多い。 ちなみに大阪編はコミックの20巻~25巻に収録されている。 GANTZ:Oはこのガンツ「大阪編」をフル3DCGでアニメ化したもの。 評価では好き派と嫌い派で別れているが、 ・とにかく迫力がある ・実写よりキャラがかわいい(特に山崎杏) など、高い評価も多いようだ。

次の

GANTZ Gが3巻で完結してしまった・・・感想を振り返る

ガンツ 正体

人間という存在、宇宙という驚異 DTには理解のできない漫画だったとおもう。 地球の存続がかかるラストバトル クロノは全ての命運をかけて戦うが他の漫画とちがうのは、地球のためだとか世界のためだとかじゃなく、たった一人の愛した女を守るためであり、その一人のためだけに事実上世界を守るっていう。 地球よりも一人の女性のために命をかける、まさにどの人間でも考えてるものだろう。 地球のためだとか、国のためだと、なんだか偽善的活動をする政治家も、たの民衆でさえも、善人でも悪人のような悪人でも、自分の身や自分が大切だと思うもののために戦うっていう クロノの完璧じゃない人間性がなんとも人間らしい話じゃないか。 めっちゃいい話でしょ。 よく終わりかたとか文句いうやつがいるが、予想とかしたとおりの終わりになる漫画ほどダメなものはないだろう。 メッセージが伝わる人にはわかるいい話。 わからないならただ批判するだけでそれはそれでいいと思う。 つってもGANTZのストーリーは平成元年前後?くらいからのあたためてあった古い話だからね。 まぁ最後なにかしらハッピーエンドになったり、戦いのあとの日常も描いて欲しかったりするものだけど、その最後のシーンはその先がどうなったかを読者のなかで想像して思い描いてもらう、そのパターンでしょ。 個人的は最後の戦いでジーンときたね。 単行本は確かにおこりんぼう星人くらいでかわなくはなったけど、ずっと読んでた。 You certainly know how to keep a reader entertained. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog well, almost... HaHa! Wonderful job. I really loved what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool! fleetrisk24. html たえちゃんの服が変わってないのは、玄野が「二日か三日漂流してる」というのが錯覚で、本当は数時間くらいしか経ってないんだと思う。 意識もかなり危うい感じだったし。 心理の部屋の後、黒玉が一斉に停止して行ったり、一度目は無事に日本まで辿り付けたリング状の乗り物が最終回では海に墜落したりしたのは、心理宇宙人が送った技術によって作られた物を地球人には過ぎた物として徐々に停止させて行ったんじゃないかな。 全体の流れとしては、 0. 数百年前から地球には宇宙人がこっそり移民していた 1. 巨人軍から地球に宣戦布告 2. 技術のデータが地球に届く 3. 首脳陣が対巨人用戦士の育成に乗り出す(本編開始) 4. 地球に住み着いている無害な移民を標的に訓練開始 5. 移民狩りに危機感を覚えた吸血鬼がハンターの殲滅に乗り出す 6. カタストロフィ=巨人軍との開戦日 7. 玄野が英雄に勝ったので約束通り地球には落とさなかったものの宇宙船は自爆 かな? ただ、どうして軍人にガンツ装備を持たせて訓練するのではなく、爺婆幼児を含むそこらの一般人を、しかも無説明で戦士に仕立て上げようとしたのかが謎。 どうせなら、建物をもっとSFチックにするべきだった。 人間界のネズミ視点を見せたかったのだろうが、丁寧に描きすぎたと思う。 単に戦闘シーンを入れたかっただけなのが読者に伝わってる。 無機質な生物との戦闘シーンやタエちゃんのシーンには時間かけてたのに、一番重要なラストで端折りすぎ。 地球へ不時着するまでの心情や、それを心配する仲間の描写をもっと入れとけばここまで叩かれなかっただろうに ガンツはカタストロフィ突入するまでかなり面白かったのが巨人編を悪く言われる原因だろうね。 比較すると単なるSF作品になっちゃったもんね。 実際は、巨人編も面白いけど、みんなの抱いてるガンツのイメージではない。 日本の作品は起承転結、特に結を綺麗にまとめようとする作品が多すぎる。 対して、フランス映画なんかは一区切りしたところで物語は続いていきますよって終わり方のものが多い 代表的なのは禁じられた遊びとか 終わり良ければ全て良しが、悪い意味で蔓延している。 何か見て、終わり方の批評から入る人本当に多いと思う。 ガンツに関しては一時期相当持ち上げられただけに期待を裏切られたかのように、批判したくなるのはもよくわかるけど、その一点でこの作品を評価するのは筋違いだとも思う。 奥は映画好きで、エンターテイメントが好きで、ガンツを通して、映画を見ている感覚にさせるような漫画が描きたいと言っていた。 俺なりにはこの感覚が伝わった。 良い意味で何も残らないんだよ。 パルプフィクションみたいな、あくまで物語だけど、凄く引き込まれて、興奮して、頭空っぽにして楽しめる作品なんだよ。 人気が出ても万人受けしないのも当然だとも思う。 それぞれのキャラに感情移入して感動したりもしたが。 裏を返せば奥が純粋に描きたかった漫画ではあろうが同時に、理屈でしか考えられない奴にはわからないでしょうねって皮肉精神が滲み出てるとも思う。 まとめると、面白かった、有難う奥、有難う玄野、以上。 それで充分な漫画だと俺は思う。 細かいディテールや未回収な複線を想像を膨らませて談義するのは有意義だが、単に途中は面白かったのに終わり方クソだったなだけ言うのって、しょーもないなと。

次の