大久保利通 麻生太郎。 麻生太郎の家系図がすごい!見た目はマフィアみたい?海外の反応は

大久保利通と西郷隆盛との関係まとめ!子孫に麻生太郎発見!

大久保利通 麻生太郎

西暦 年齢 出来事 1830年 0 薩摩藩の下級藩士大久保次右衛門の長男として生まれる 1844年 14歳 元服し、正助と名乗る 1850年 20歳 お由羅騒動に巻き込まれ謹慎処分 1853年 23歳 に仕える 1862年 32歳 一蔵と名乗る。 島津久光側近となる。 1864年 33歳 禁門の変(長州と戦わざるを得ない。 長州との関係は最悪) 第一次長州征伐。 1865年 35歳 利通と名乗る。 第二次長州征伐 1866年 36歳 (坂本竜馬仲介のもと) 1867年 37歳 四侯会議開催。 「松平春嶽(福井藩)・(薩摩藩)・山内容堂(土佐藩)・伊達宗城(宇和島藩)プラス」 薩土盟約。 (薩摩と土佐藩との盟約) 三藩盟約。 (薩摩と長州藩と広島藩との盟約)。 王政復古のクーデター成功。 (江戸幕府の終焉、新政府の樹立) 1869年 39歳 明治政府参議。 版籍奉還(土地と人を朝廷に返す)、廃藩置県(藩をやめる)実施。 1871年 41歳 大蔵卿(財務大臣)に就任。 岩倉使節団の副使として外遊。 1873年 42歳 内務卿(国内行政大臣)に就任。 学制、地租改正、徴兵制を実施 征韓論(韓国を武力で開国させる)は退ける。 (西郷隆盛下野) 1877年 46歳 西南戦争に政府軍として西郷軍と戦う。 1878年 47歳 紀尾井坂にて暗殺される 西郷隆盛との関係は? 下鍛冶屋町時代 と同じで育っていきます。 彼らは 同志であり、親友でありました。 学びは、胃が弱かったので武術ではなく、学問や討論を中心に才能を伸ばしていきました。 大久保利通の父親の次右衛門は郷中の指導者で、西郷隆盛も良くいろんな話を聴きに大久保家に通っていました。 お互い貧しいですが、夢があり、切磋琢磨し、どんどん成長していった時期です! お由羅騒動 その後、島津家の後継者争いである「お由羅騒動」の煽りをもろに受けることになります! 騒動後、 大久保利通は職を解かれ謹慎処分となってしまいます! そして父親も鬼界島へ島流しの憂き目に会います!ああ! この時期は、大久保利通にとって相当貧乏で、かなり困窮極まる暮らしでしたが、 西郷隆盛は、そんな大久保利通を援助していました! 苦難の時代ですが、お互いに助け合いながら乗り切っていった時期です! 藩の仕事に復活 精忠組) 島津斉彬が藩主になると謹慎が解かれ、職を得ることが出来ました!ホッ。 その間も、 大久保は随時情報を西郷に流しています! 場所は離れてても心は一緒! 精忠組の終焉(寺田屋事件) 大久保、西郷らが集まるグループ精忠組は、島津久光のもとで仕事をしていきますが、 その中、など一部が過激派となってしまいます! その過激派を説得、無理なら討ち果たすように同じ精忠組に久光が指示します!なんという! 結果、説得は失敗! 行き着いた先は最悪の同士討ち「寺田屋事件」が起こってしまうのです! これにより 完全に分裂した精忠組は、事実上崩壊となります! この事件の時の、大久保と西郷の心情、どれだけの悲しみか!!! 倒幕への流れの中で! 3年弱ほど西郷は久光の怒りを買い、島流し(徳之島、沖永良部島)されていたので、大久保は西郷と一緒の行動は出来ませんでした。 しかし、天皇の元に賢侯を集めた中央集権政府を目指す薩摩藩の主張を通すには、藩の人材不足が問題化されてきました。 そこで、大久保は西郷を呼び寄せるように久光を説得し、それに成功します。 ここで再び、政治力の大久保、戦争名人の西郷の最強コンビが復活! 1864年から1867年にかけて一気に事を進め倒幕から王政復古で、明治新政府を実現させるのです! 明治維新設立 明治新政府では、大久保は外務卿として外交を、西郷は参議として主に陸軍を任されていました。 出だしは良かったです! そして、大久保が岩倉使節団の一員として日本を離れ外国へ2年弱行ってしまいます! これが運命の分かれ道! 大久保たちがいない、留守の政府を任された西郷達。 ここで大久保と西郷の仲を切り裂く決定的な問題が起こりつつあるのでした! 「征韓論」です。 征韓論 簡単に説明します。 きっかけ 朝鮮は明治新政府の国書受取を拒否。 その後の朝鮮外交を日本政府はどう対応するか?という問題。 外遊中の大久保らがいない、西郷たちが中心の留守政府で話し合われる。 はじめの選択肢 1、朝鮮と話し合いで解決(遣韓大使論)西郷隆盛派 2,朝鮮を武力で制圧(征韓論)板垣退助派 その後の会議で 1,西郷派案(遣韓大使論)にまとまる 外遊から帰った大久保が閣議参加する 西郷派案に大久保たちが反対。 大久保が参議を辞表表明するに至る。 なぜ大久保は反対する? 外国よりもまず、国内の治めることを優先させたいと考えていたため。 結果 一度まとまった西郷派案は無期限延期になる 西郷は? 陸軍大将兼参議を辞職し鹿児島へ帰る。 大久保との仲は決定的に決裂する!!!! その後、大久保は国内を強化する方向に舵をとります。 それに対し、西郷隆盛は、鹿児島で、私学校を運営しながら、 自宅や温泉地で自らの体を療養しながら過ごします。 その緩やかの時の流れの中、確実に大久保と西郷との最終決戦が近づいていったのです! 西南戦争勃発 きっかけ 明治新政府主導のもと、 徴兵令(武士の廃止)と 廃刀令(武士、士族の特権無くなる)の実行により、元武士たちの怒りが原因。 直前の政府(大久保)の動き 西郷を中心とした私学校生徒達が反乱を起こすのを警戒していた。 その為、戦争で使う弾薬庫を私学校生徒たちに使われないように、公示無しで運び出してしまう。 直前の西郷、私学校生徒の動き 西郷は狩猟をしていたが、私学校生徒は公示無しで弾薬を運び出す政府を見て、約束違反として襲いかかる。 これに巻き込まれる様に戦争に発展する! 大久保と西郷が決裂する決定的な事柄 西郷は、政府からの、【西郷を「シサツ(刺殺)(視察との間違いだったが)」せよ!】という命令を大久保が同意していると解釈した。 征韓論(遣韓大使論)押しの西郷隆盛と西南戦争にて戦うことになり、 西郷をその戦争で自害に追い込みます。 幼馴染とのガチの戦争!悲しい限りです、、、、。 その翌年、 大久保は西郷の手紙をみながら暗殺によりその生涯を終えます。 征韓論のバカヤローーーーー! では、最後は幼馴染と完全に別れた大久保はどういう人だったか簡単にみてみましょう! 性格、人柄 仕事では、とっても冷徹でしたが、家庭ではとても家族を思いやる人でした。 人柄は相当寡黙で、相当威厳があり、相当理論家でした。 人斬り半次郎で知られる桐野利秋もお酒の力を借りないと意見できなかったといいます。 いや、お酒の力を借りても意見できなかったそうです! 国の為に生きた大久保は、予算が不足すると私財を投入していたため、死亡した時8000円(今の3000万位?)ともいわれる借金があったといいます。 (しかしながら、殺害された後、遺族は明治天皇から3万円(今の1億円位)賜ったといいます。 チャラにして相当余りある金額でした!) 子孫が豪華! 家庭を大事にしていた大久保利通ですが、その子孫からは著名な人が多く出ています。 表にしてみましたのでご覧ください! 名前 続柄 備考 大久保利和 利通長男 貴族院議員 牧野伸顕 利通次男 内外務大臣 パリ講和条約全権 大久保利武 利通三男 大阪府知事 大久保利賢 利通八男 横浜正金銀行頭取(三菱UFJ 銀行 の前身) 牧野雪子 牧野伸顕娘 元首相吉田茂の妻 吉田和子 牧野雪子、吉田茂娘 元首相麻生太郎を産む 植村花菜 利通子孫 シンガーソングライター(代表曲トイレの神様) この他にも、大学の学長や、放射線研究所の理事長や、丸紅の専務や通産省事務次官などなど、、、。 あげればきりないほど日本の上層部で活躍されている人を輩出しています! ひときわ目立つのが、元首相麻生太郎! 現在の副総理兼財務大臣ですね! 大久保利通のような冷酷さはそれほど感じませんが、決断力や場を見る力などは、やはり相当なものをお持ちなんだろうと庶民からみても感じます! 政治力もズバ抜けているのでしょう!でなければ一強自民党の幹部に居座り続けることなんて出来やしないですよ これも血筋の成せる技!! まとめ 大久保利通は、幕末の動乱期をまとめ上げ、明治新政府を立ち上げ制度を整備していったかなり有能な人物でした。 しかしながら、寡黙で、冷徹な理論家の利通は、人気がありませんでした。 (家族だけは別!) 西郷隆盛を死に追いやったり、藩を無くしたり、地元鹿児島の人には特に不人気です! しかし、その子孫は華麗なる一族的に、日本にとって、重要人物を多く輩出しています! 麻生太郎さんはその最たるものですね! 歴史、血筋って面白いもんです! 大河ドラマ「西郷どん」のまとめ記事 大河ドラマ「西郷どん」のより色んな情報を取り揃えました。 このブログは、あなたが知り得ない戦国武将の普段の様子や、何を食べていたのか?などをあなたに伝えるブログです! なんで知ってほしいと思ったのか?といいますと、どちらかというと表舞台に出ない、日常という部分にフォーカスし、掘り下げて見ることで、色々な発見があります。 その発見から、現代の我々が生きている時代にも使えたり、応用できたりするものがあれば活用して頂き、より豊かな人生を送るのにお役に立てて欲しいと思うからです! また、戦国武将、大名の事を知ることでどんどん武将達を好きになってもらいたいなと思ってます。 武将たちも人です。 生きている時代は違えど人の子。 共感できる部分はたくさんあリます。 神格化された大名など、実際の所、日常はどうなの?どんな逸話があるの?などと解き明かしていくと、すっかりその武将の虜になっちゃっているかも!? 戦国時代の他にも広く武士に関連した情報があれば、いち早くお伝えしていくことをモットーにしていきます。 あなたには、好奇心と感動をくすぐりまくられ、戦国時代の虜になるでしょう! お楽しみに!.

次の

大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)の全貌!理由や犯人、場所等

大久保利通 麻生太郎

吉田茂の家系図 麻生太郎が血を引く歴史上の人物 それでは4人の人物について、簡単に紹介していきますね。 大久保利通 まずは 大久保利通です。 いきなり超大物が来ましたね。 麻生さんの 高祖父(祖母の祖父)にあたるのが、維新三傑の一人である大久保利通です。 2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』では、瑛太さんが演じている役ですね。 大久保は薩摩の下級武士として生まれるも、明治維新では倒幕運動の中心的人物として活躍。 その後は明治新政府の礎をつくった、とんでもなく凄い人です。 大久保利通一人の血を引いているだけでも十分すごいわけですが、麻生さんはそれでだけではありません。 三島通庸 次は大久保利通に比べてしまうとあまり有名ではありませんが、 三島 通庸 みちつねです。 三島通庸は明治時代、福島県令や栃木県令、そして警視総監などを務めた人物。 ・福島事件 1882年、福島県令の三島が自由党員たちを弾圧した事件のこと ・ 加波山 かばさん事件 1884年、栃木・福島の自由党員が栃木県令の三島の暗殺を図るも鎮圧された事件のこと といえば、ピンと来る方もいるかもしれません。 三島通庸も同じく、麻生さんから見たら 高祖父(祖母の祖父)にあたります。 その強引な手法から「鬼県令」と呼ばれることもあった三島通庸。 麻生さんのちょい悪なファッションに、その血が出ているのかもしれません。 笑 牧野伸顕 さて、次は 牧野伸顕です。 牧野伸顕は 大久保利通の次男で、彼の娘・雪子さんの孫が麻生さんです。 ということで、麻生さんから見たら、牧野伸顕は 曾祖父にあたる人物です。 牧野伸顕は外務大臣や内務大臣、さらにパリ講和会議(1919年に開かれた、第一次世界大戦の戦後処理のために開かれた国際会議)では日本の全権を務めています。 しかし軍部からは「 君側の奸 くんそくのかん(君主を思い通りに動かす悪い家臣のこと)」とみなされ、二・二六事件などで命を狙われて政界を引退しました。 吉田茂 そして最後は、日本の第45・48~51代内閣総理大臣を務めた 吉田茂です。 吉田茂といえば戦後、GHQ占領下において現在の 日本の基礎を築いた人物です。 ・サンフランシスコ平和条約 第二次世界大戦終結から6年後に締結された、日本と連合国との講和条約 ・日米安全保障条約 日本とアメリカとの間で締結された、日本の防衛について決めた条約 の締結でも有名ですね。 そんな吉田茂は、牧野伸顕の娘・雪子さんと結婚しています。 二人の娘が麻生さんの母・和子さんです。 麻生さんから見たら、吉田茂は 祖父に当たるということですね。 さて、吉田茂は 「物」について大変こだわりを持っていた人物としても知られています。 例えば、スーツとコートは「ヘンリープール」のものを好んでいたそうです。 またオーデコロンは「ピノー」のもの。 葉巻は「ヘンリー・クレイ」、マッチは「ブライアン・アンド・メイ」というふうに、 一流品の使用を心掛けていたそう。 そんな美意識も、麻生さんに引き継がれているように思えますね。 きょうのまとめ 今回は麻生太郎氏が血を引いている、4人の歴史上の人物について簡単にご紹介しました。

次の

麻生太郎の家系図は?祖父が吉田茂!安倍晋三や三笠宮家と親戚!

大久保利通 麻生太郎

大久保利通とはどんな人物? 討幕活動の中で、京都の朝廷に対して幕府ではなく薩摩、長州等から成るグループを支持するように朝廷工作を行いました。 明治維新が成った後は新政府の参議を経て外遊し、帰国後には内務卿として、常に明治政府の中枢にあり一度も権力の座から離れることはりませんでした。 そんな幕末から明治にかけての政治家として活躍した大久保利通ですが、実は元総理大臣であり、現在の財務大臣である麻生太郎氏とは血縁関係があります。 正確には大久保利通から見ると玄孫の関係になります。 幕末の混乱時に西欧列強に対応し、日本を富国強兵へと導き植民地化されることを防いだ偉大な政治家と現在の財務大臣との間にはどのようなつながりがあるのでしょうか。 大久保利通の家系図を紐解きます。 まず、大久保利通は結構な子だくさんでした。 長男と次男を岩倉遣欧使節団で外遊する際に同行させて海外留学させて学ばせています。 このうちの次男が、利通の従姉の嫁ぎ先の牧野家に養子に行った牧野伸顕です。 この牧野はアメリカ留学から帰国後、東京帝国大学を中退して外務省に入省し、外交官としてヨーロッパ諸国の大使などを務めています。 1919年の第一次世界大戦後の秩序を決めるパリ講和会議には次席全権大使として出席するなど主に外交面で活躍しました。 この牧野の長女が雪子といいます。 大久保から見たら孫にあたる女性となります。 この雪子が結婚した相手が外務省のつながりで吉田茂でした。 この吉田茂は幼き頃に実父が投獄されるなどの不遇があり吉田家に養子に行き、東京帝国大学を卒業した後に外務省に入省しています。 そして、外務省内では岳父の牧野とともに新英米派と位置付けられており、日本がドイツと同盟を結ぼうとした際には反対の立場をとっていました。 それゆえに第二次世界大戦中は不遇をかこっていましたが、敗戦後に日本の政界で活躍することとなりました。 内閣総理大臣としてGHQとの交渉などで占領下の苦しい日本を運営していました。 最終的に形式的に日本が再度独立国となるサンフランシスコ講和会議まで日本を導きました。 この吉田の三女が和子です。 快活な性格で吉田の戯れ言を上手に返すところが特に吉田のお気に入りだったそうで、熱心なカトリックの信者でもありました。 この和子が大久保から見るとひ孫ということになります。 この和子が結婚した相手が麻生太賀吉です。 麻生家は九州の炭鉱王という実業家の家系で、祖父の経営する麻生商店に入社し、その後社長となっています。 また、セメントや鉱業などの関連会社の社長も歴任し、事業に成功し利益を上げた後に、岳父の吉田が総理大臣になったのを機に自分も手助けをするために衆議院議員として立候補するとともに資金面でも吉田を支えることとなりました。 この麻生と和子との間に生まれた長男が麻生太郎氏なのです。 太郎氏も実業家として活動した後に政治家として活躍するという父と同じ道を歩みました。 このような繋がりで大久保利通から見て麻生太郎氏は玄孫という位置づけになるのです。 麻生太郎、この方の曽祖父である大久保利通について、ですが、これは遡ると彼自身が述べているとおり、薩摩の現高麗町という場所の出身であったことがわかります。 この地区は、実は甲突川という鹿児島中央部を流れる川を挟んだ西郷隆盛の出身地である城下町地区とは反対の対岸にある、かつて「かわんそともん」と呼ばれる人が住んでいた地区であったことがわかります。 これは史実として、記録に残っている事実です。 明治維新時、この薩摩以外に長州や佐賀や長崎などから多数の政治家が出ていますが、同じ薩摩の加世田、長州の田布施、朝鮮陶工を庇護した鍋島藩のある現佐賀県など、同じような歴史を持った地区から多数の大物政治家が排出され、現在の皇族との閨閥関係にも関わり続けているのは、とても興味深いものです。

次の