比企谷八幡 ss 楽器。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS : SS Daydream

雪ノ下雪乃 (ゆきのしたゆきの)とは【ピクシブ百科事典】

比企谷八幡 ss 楽器

陽乃「今のことだけじゃない。 これまでのことも、全部」 陽乃「君の中から私は消える」 陽乃「ううん、それも違うかな。 『比企谷君と私が出会った』という事実そのものが消えちゃうんだ」 八幡「なんですかそれ……!」 陽乃「『罰』ってね、受ける本人にとって一番つらいものになるの。 だから、比企谷君が忘れちゃっても、他の誰もが覚えていなくても、私だけは忘れられずにい続ける」 陽乃「それが、『ルール』を破った『罰』なんだよ」 八幡「そんな……」 八幡(身体に入り込んだ何かが記憶を消し始める。 俺の中の陽乃さんに関する記憶がどんどんあやふやになる) 陽乃「自分勝手な女の子でごめんね……」 八幡「どうしてそこまでして……」 陽乃「私は比企谷君には選ばれないからね」 八幡「選ばれない?」 陽乃「そっか。 もうそんなところまで忘れちゃったか」 八幡(悲しそうに笑う陽乃さんの姿はとても弱々しい。 もうこの人が具体的に俺にどう関わっていたのかも思い出せない) 八幡(それでも、この人がいつも強く、畏怖の対象であったというイメージだけは残っていた) 八幡(だからそんな姿を見せることから、それほどまでに精神的にきているのだということもわかった) 陽乃「どうしてこんなことしちゃったんだろ。 いつもの私なら絶対にしないのになー」 陽乃「……なんてね。 その答えだって全部わかってるよ」 八幡「……なんですか?」 陽乃「それくらい、比企谷君を好きになっちゃったんだよ。 いつもの俺なら絶対にこんなことをしない。 いつもの私なら絶対にしないのになー』 陽乃『……なんてね。 その答えだって全部わかってるよ』 八幡『……なんですか?』 陽乃『それくらい、比企谷君を好きになっちゃったんだよ。 比企谷君を諦める決定的な理由) 陽乃(私と彼との間を完璧に断裂させる何かが) 陽乃(そうでもしないと私はきっと諦めきれない。 ずっと想いは心の中に残り続けてしまう) 陽乃「……やっぱりやりすぎちゃったかな」 陽乃(雪乃ちゃんを泣かせたくないならそうならないようにすればいい。 私なら、それもできるだろう) 陽乃(きっと私が懸念していたことはみんな解決できる。 それが来る日を信じて) 陽乃(私はアスファルトの道を強く蹴った) おしまい.

次の

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS : SS Daydream

比企谷八幡 ss 楽器

プロフィール 誕生日 血液型 B型 家族構成 父 地方議員・建設会社 、母、姉: 大学生 所属 総武高校 千葉県 2年J組 国際教養科 部活動 趣味 読書 一般文芸、英米文学、古典、猫の写真集 、乗馬、映画鑑賞 特技 炊事洗濯掃除家事全般、合気道 好物 甘味 休日の過ごし方 読書、映画鑑賞 イメージアニマル 座右の銘 目には目を、歯には歯を 異名・あだ名 CV 概要 本作のの1人。 ・と同じ総武高校2年生で、普通科よりも偏差値が2、3ほど高い国際教養科であるJ組に所属している。 流れるようなに大人びた美少女であり、学校では誰もが知るほどの存在。 八幡とは特に接点は無かったのだが、彼がによって彼女が部長を務める謎の部活「」へと連行されたことから2人の交流が始まる。 人物像 学力テストでは常に学年1位。 勉強のみならず運動神経も並外れて良く、楽器等もでき家事もできるという超人だが、物事をすぐに極めては次に移る、という継続力の無い行動を続けていたため、体力 持久力 だけはあまりない。 また、勝負ごととなると極度の負けず嫌いの一面を見せ、それが原因でいらない面倒事を引き寄せることもある。 部活動時は本を読んでいることも多い。 と「パンダのパンさん」というキャラクターが大好きだが、人前ではなかなかそれを素直に出せない。 反対には大の苦手だが、前述の負けず嫌いさから認めようとはせず「苦手なだけ」と言い張っている。 また、なようで、慣れない場所では一人で道に迷っている事が何度かある。 その美貌と才能がゆえに、小学校高学年の頃から多くの男子生徒に好意を寄せられ続けたが、同時に女子生徒からは常に嫉妬の対象とされて壮絶なを受け続け友達と呼べる存在が誰もいなかった。 そういった経験もあって敵対するものには容赦無いが、のように寄って来られると、どうしていいか判らずおどおどしてしまう。 言ってみれば正しい人。 しかし正しいこと以外を認めようとしないため、正しさの中で生きれない人間や正しいだけでは付いていけない人間から反感を買ったりすることが多い。 また、才能に対する嫉妬によるいじめを受けた経験から、無意識的に他人を見下している悪癖があり、それが原因で反感を買うこともある。 しかし、本人は才能に嫉妬していると考え、気づいていない。 実家は裕福で、父親は県議会議員・建設会社社長。 しかし、現在は親に対する反発心から実家を離れ、高級マンションで1人暮らしをしている。 実は、八幡が高校入学初日に遭った交通事故の相手。 無論乗っていただけの彼女に非はないが、その場にも居合わせていた事と八幡の捻くれた性格が相まって、色々と複雑な関係になっている。 人間関係 部活仲間。 その斜め下なやり方に反論する事が多い一方で、ぼっちエピソードには共感する事が多い。 八幡は出会った時から雪乃に一目惚れしていたが、雪乃も徐々に八幡に惹かれていき、文化祭から意識していくようになる。 最終巻14巻で二人はお互い告白し、ついに「将来を誓い合った」恋人同士となった。 部活仲間。 接し方に戸惑いつつも、親友として大事に想っている。 実の姉。 何かと現れては、人間関係を引っ掻き回していく。 父親同士が親交のある。 小学生の頃は親しかったが、過去に色々とあったようで、現在は嫌悪的な目を向けている。 関連イラスト.

次の

やはり俺の北宇治高校吹奏楽部の生活はまちがっている。

比企谷八幡 ss 楽器

評価:A 原作:BanG Dream! 、やはり俺の青春ラブコメは間違っている ジャンル:クロスオーバー 主人公:比企谷八幡 投稿サイト:pixiv 天才と言われたほどの腕前 総武高校に通う比企谷八幡は、奇妙な女と出会った。 彼女は、やたらとハイテンションで周囲を巻き込むほどパワフルだ。 名前は、戸山香澄。 彼女の全力で取り組んでいる姿勢に衝撃を受けた八幡は、かつてのバンドメンバーとの面影をかさねつつ、しぶしぶと彼女に付き合うことになる。 しだいに集まるバンドメンバーに、総武高校の面々を思い出す八幡。 』二次小説作品です。 かつてバンドグループの一員だった比企谷八幡は、バンドを抜けました。 八幡は、刺激のない毎日を送っていたのです。 しかし、彼はガールズバンドに魅了し、バンドの音楽に憧れる少女に出会いました。 戸山香澄は、ランダムスターを抱え、その横で戸惑っている市ヶ谷有咲。 徐々にバンドを形成していく中で、彼女の台風のような周囲を巻き込むパワーは、八幡も翻弄します。 ただのクロスオーバーではなく、総武高校のメンバーがバンドをしていたりと、物語に深い役割を担っています。 八幡は、再びバンドに戻るのでしょうか? その他の物語は、から.

次の