ちまき レシピ。 ちまき風ご飯【栄養士の健康応援レシピ】健康栄養支援センター

本格、中華ちまき

ちまき レシピ

Contents• ちまき風ご飯 忙しかった日に作ります。 簡単に作れるのに割と本格的な味になるため、喜ばれます。 今の時期、どこにウィルスが付着しているかわからないため、購入品のパッケージは水洗してから使います。 パッケージが柔らかいので、この時はそのまま包丁を入れました。 そうするとまな板をゴシゴシ洗わないで済みます。 そこに切ったちくわ、角煮を入れる。 角煮のタレも残さず入れます。 時間が無い時は、すぐにスイッチを入れる。 冷めても美味しいので、次の日はオニギリにして海苔巻いて食べると美味しいです。

次の

粽(ちまき)の作り方

ちまき レシピ

【1】もち米は洗ってボウルに移し、かぶるくらいの水に浸して半日から一晩おきます。 竹の皮は水に浸して軟らかく戻します。 【2】豚肉は1. 5cm角程度に切り、【A】をもみこみます。 干し貝柱はさっと洗い、電子レンジに使用可能な容器に入れ、カップ1の水に浸しラップをして600Wの電子レンジで1分30秒加熱し、そのまま冷まして冷めたら粗くほぐし、戻し汁は捨てずに取っておきます。 長ねぎはみじん切りにします。 【3】【1】のもち米をザルに上げて水けをきります。 中華鍋かフライパンを火にかけてサラダ油を入れ、【2】の豚肉を炒め、色が変わったらもち米を加えて炒めます。 もち米に油が回ったら貝柱と戻し汁を加えます。 続いて鶏丸ごとスープとオイスターソース、醤油を加え、もち米を返しながら汁けがなくなるまで炒めます。 クコの実と松の実、長ねぎを加えてむらなく混ざるように炒め、仕上げにごま油を加えます。 【4】竹の皮の端を細く割いて包んだちまきを縛るひもを作ります。 大きな竹の皮の下部を10-12cmほど折り曲げながら内向きに回転させてもち米を入れられるようにカップを作ります。 そこに【3】を8等分にしてしっかり詰め、長い方の竹の皮で蓋をするようにかぶせます。 かぶせた皮を先に作ったひもで結びます。 余った皮は内側に折りこむかハサミで切ります。 【5】たっぷりの水を入れた蒸し器を火にかけ、沸騰したら包んだちまきを入れ、強火で30分蒸します。 memo 竹の皮のヒモの代わりにタコ糸でもよいでしょう。 調理時間にもち米の浸漬時間は含まれていません。 栄養成分は1個当たりの値です。

次の

具材たっぷりちまき|レシピ|S&B エスビー食品株式会社

ちまき レシピ

がおいしい! ゲストさん 08:37• がおいしい! ゲストさん 08:29• がおいしい! ゲストさん 08:19• がおいしい! ゲストさん 08:15• がおいしい! ゲストさん 08:14• がおいしい! ゲストさん 07:38• がおいしい! ゲストさん 06:49• がおいしい! ゲストさん 06:41• がおいしい! ゲストさん 06:36• がおいしい! ゲストさん 06:28• がおいしい! ゲストさん 05:59• がおいしい! ゲストさん 05:23• がおいしい! ゲストさん 04:32• がおいしい! ゲストさん 04:04• がおいしい! ゲストさん 03:58.

次の