レクサス rcf。 【2020年保存版】現行レクサスクーペ一覧 LC、RC、RCFまで価格・特徴完全網羅

【画像】レクサスRCFとかいうめっちゃかっこいい車wwwwwwwww : 乗り物速報

レクサス rcf

6kgf・m) RC350: 380N・m 38. 概要 [ ] レクサスのクーペモデルは、レクサスブランドを北米で展開していた、からの間に生産されたが最初である(日本ではとして販売)。 SCはで生産終了となっており 、 RCはレクサスのクーペモデルとして約4年ぶりの復活となった。 エクステリアは、「アヴァンギャルド・クーペ」をテーマに、フロントからキャビン、リヤへと連続する一体感あるプロポーションと、クーペならではの佇まいを融合。 また、スピンドルグリルを起点とするワイド&ローのフロントビューと、張り出したホイールフレア、L字型に発光するフロント・リヤのLEDランプを特徴とする。 インテリアでは、ドアトリムやコンソールリッドに同形状のデザインエレメントを連続的に重ね合わせ、そのなかに金属や革調素材を織り込むことでエレガンスを表現。 また、ドアトリムのオーナメントパネル裏側から上方に発光するアンビエントイルミネーションをレクサス車として初採用した。 パワートレインは、「 RC350」にV型6気筒3. 5Lエンジン「」型を搭載。 最高出力234kW(318PS)と最大トルク380N・m(38. 7kgf・m)を発生する。 トランスミッションは電子制御8速オートマチック「8-Speed SPDS」を採用。 ハイブリッドモデルの「 RC300h」にはや、などに搭載されている直列4気筒2. 5L 「」型をコアとするハイブリッドシステムを搭載。 システム最高出力は162kW(220PS)を発生するとともに、走行燃費で23. トランミッションは電気式無段変速機で、6速シーケンシャルシフトを組み合わせる。 また、2015年9月には直列4気筒2. 0Lターボエンジン「型」を搭載する「 RC200t」(2017年11月より「 RC300」に改称)をエントリーモデルとして追加している(詳細は、下記年表の「2015年9月17日」を参照)。 大断面のロッカーパネルなどを採用しボディ剛性を強化するとともに、レーザースクリューウェルディングやボディ接着剤、高剛性のガラス接着剤なども採用し、走りと乗り心地の両立を図った。 また、操縦安定性向上のためフラット化を徹底したアンダーボディやエアロスタビライジングフィンを装着し、空気の流れを車両安定性の確保に利用する「空力操安」というアプローチを採っている。 サスペンションでは、「NAVI・AI-AVS」 を採用し、フラットな乗り心地と安定性を実現するとともに、ナビゲーションから受信したコーナー情報をもとにあらかじめ減衰力の制御を行うことで、優れた旋回性能を確保する。 「F SPORT」は、Fメッシュパターンのスピンドルグリルや、メーターリングがスライドする液晶メーターなど専用パーツを装備。 また、「RC350 "F SPORT"」には、ギヤ比可変ステアリング(VGRS)、EPS および後輪の切れ角を制御するDRS を統合制御するLDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)を採用した。 安全装備では、 ミリ波レーダー方式 、」、オートマチックハイビーム、、リヤクロストラフィックアラートを全車にメーカーオプション設定。 また、2017年11月に実施した一部改良では、予防安全パッケージ「」を全車に標準装備とし安全性能の強化を図っている。 同時発売した RCをベースに、エンジン、足回り、空力パーツなどに専用の技術や装備を採用している。 パワートレインにはV型8気筒5. 0Lの「2UR-GSE」型を搭載。 最高出力351kW(477PS)と最大トルク530N・m(54. 0kgf・m)を発生する。 5kgf・m)それぞれ向上。 街中などでの低負荷走行時には、での燃焼に切り替えることで、低燃費と高出力を両立している。 トランスミッションは8-Speed SPDSを組み合わせている。 走行性能では、車として世界初採用となる駆動力制御システム「TVD」 をメーカーオプション設定。 走行状態に応じて後輪左右の駆動力を電子制御し、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する。 RCで採用した大断面のロッカーパネル、レーザースクリューウェルディングなどに加え、専用のフロアアンダーブレース、リヤパーテーションブレースなどを追加しボディ剛性をさらに強化。 エクステリアは、 RCに対し、前後バンパー・フロントフェンダー・エンジンフード・トランクリッドが専用デザイン。 また、リヤフェンダーフレアが拡大されている。 レクサス初の"F"専用漆黒メッキグリルモールを採用し、大型ブレーキ冷却ダクトを設置したスピンドルグリルと、フロントバンパーの両サイドに位置するオイルクーラー開口部形状でダブルのスピンドルを形成し、 RC Fの独自性を表現。 加えて、トラペゾイダル(台形)配置の4連エキゾーストディフューザーや、フロントフェンダーに刻まれたL字シェイプのサイドエアアウトレットなどで、"F"のアイデンティティを継承。 エンジンフード上のエアアウトレットや、速度に応じて制御される可動式リヤスポイラー「アクティブリヤウイング」などは、冷却性能や空力性能が効果的に機能するようデザインされている。 ボディサイズは、 RCに対し、全長、全幅がそれぞれ10mmずつ拡大されるほか、全高は5mm低くなっている。 インテリアでは、表皮一体発泡成形により体圧分布とホールド性に配慮したヘッドレスト一体のハイバックスポーツシートを採用。 また、ステアリングホイール&シフトノブのディンプル本革に施したかがり縫いステッチは、ホワイト、ブラック、ブルーの3色で構成する専用意匠とした。 さらにドライブモードに連動して表示が切り替わる"F"専用メーターを搭載している。 Carbon Exterior package 年表 [ ] 2013年11月20日 第43回で「 RC」をワールドプレミア。 発売は2014年後半と発表。 2014年1月14日 2014年にて、「 RC F」をワールドプレミア。 発売は2014年後半と発表。 2014年2月28日 第84回に、「 RC F SPORT」を出展すると発表。 2014年10月23日 RC・ RC F共に、同日発売。 なお、 RC F "Carbon Exterior package"のみ、2015年1月末頃の発売と発表。 RCのラインアップは、直列4気筒2. 5Lハイブリッドシステムを搭載する「 RC300h」、V型6気筒3. 5Lを搭載する「 RC350」の2モデル。 両モデル共に、「標準仕様」・「F SPORT」・「version L」の3種の仕様を用意。 また、 RC FはV型8気筒5. 0Lエンジンを搭載。 RCのボディカラーは全10色。 全グレード共通色として、「プラチナムシルバーメタリック」、「マーキュリーグレーマイカ」、「ソニックチタニウム」、「ブラック」、「スターライトブラックガラスフレーク」に加え、新規開発色「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」(メーカーオプション)を設定。 「標準仕様」と「version L」には、さらに「ホワイトパールクリスタルシャイン」が追加される。 また、「F SPORT」には、専用色として「ホワイトノーヴァガラスフレーク」に加え、新規開発色となる2色「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング」(メーカーオプション)を設定する。 インテリアカラーは、「標準仕様」(シートマテリアル:L tex)と「version L」(同:セミアリニン本革)に「クローブ」、「ムーンストーン」、「トパーズブラウン」、「ブラック」の4色を設定。 また、「F SPORT」のみ「トパーズブラウン」に替わり、専用設定の「ダークローズ」が選択可能。 RC Fのボディカラーは、専用色「ソニックシルバー」のほか、「ホワイトノーヴァガラスフレーク」、「マーキュリーグレーマイカ」、「ブラック」に、「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」(メーカーオプション)、「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」、「ヒートブルーコントラストレイヤリング」(メーカーオプション)の新規開発色3色を加えた全7色を設定。 また、メーカーオプション設定となるセミアリニン本革ハイバックスポートシートでは、インテリアカラーは「ブラック」に加え、「フレアレッド」、「ホワイト」、「ブラック&アクセントオレンジ」の計4色から選択可能となる。 2015年9月17日 RC・ RC F共に一部改良(10月1日発売)。 RCには、直列4気筒2. 0L直噴ターボエンジン「8AR-FTS」型を搭載する「 RC200t」を新設定。 最高出力180kW(245PS)、最大トルクは350N・m(35. 7kgf・m)を発生する。 トランスミッションは、電子制御8速オートマチック「8-Speed SPDS」を組み合わせ、パフォーマンスダンパー(フロント)を新採用。 ボディカラーは「標準仕様」と「version L」専用色である「ホワイトパールクリスタルシャイン」を「ソニッククォーツ」に変更した。 RC F は、リアサスペンションアームとブッシュの変更を行ったほか、エンジンは組み立て後に一基ずつ回転バランスを調整する専用工程を追加。 ブレーキキャリパーのロゴを「LEXUS」からレクサススポーツの象徴である「F」に変更し、専用オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤ)を新たにメーカーオプション設定。 エクステリアでは、4連エキゾーストディフューザーの意匠を変更し、インテリアでは直線基調のアルミ製スポーツペダル&フットレストを新採用した。 2016年8月25日 RC・ RC F共に一部改良。 RCは、ボディカラーの設定を変更。 「スターライトブラックガラスフレーク」に替わり、「グラファイトブラックガラスフレーク」を設定し全10色とした。 また、アルミホイール(18インチ・19インチ)の本体色をダークメタリック塗装に変更して切削光輝を施し、スピンドルグリル(専用グリルを採用する「F SPORT」を除く)はカラーリングをスターライトブラックガラスフレークに変更。 さらに、「 RC200t」のみの設定であったパフォーマンスダンパー(フロント)を「 RC350」にも新たに標準装備した。 RC Fは、標準設定のアルミホイールの意匠を7本スポークに変更。 ショックアブソーバーの減衰力を電子制御し、ロール姿勢の最適化とステアリングレスポンスの向上を図るとともに、ナビゲーションのコーナー情報からあらかじめ制御を行うことで優れた旋回性能も確保した。 また、エンジンコンパートメントブレースを取り付けるブラケットをアルミダイカスト製に変更し、フロントのボディ剛性を強化。 さらに、電動パワーステアリング(EPS)と「TVD」(メーカーオプション)のチューニングを実施した。 RC・ RC F共通の変更点として、G-Linkの機能である「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」等で、高速データ通信が可能となる通信に対応した。 2017年11月30日 RC・ RC F共に一部改良。 (同日発売)同時に RCの特別仕様車を設定。 (2018年2月1日発売)。 両モデル共通で、予防安全パッケージ「」を全車に標準装備。 (歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)、 ステアリング制御機能付 、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)、オートマチックハイビームをパッケージ化し、安全運転支援の強化。 また、ナビディスプレイは10. 3インチに拡大し利便性を向上するとともに、ドライブモードセレクトには「CUSTOMモード」を新設し、パワートレーン、シャシー、空調の各制御の組み合わせが自由に選択可能となった。 「 RC350」は、V型6気筒3. 5Lエンジンを「2GR-FSE」型から、アトキンソンサイクルを採用した「2GR-FKS」型に換装。 JC08モード走行燃料消費率が「0. 7kgf・m)を発生する。 但し、最高出力の発生回転数は6,400rpmから6,600rpmと高くなった。 また、2. 0Lターボエンジン搭載車は「 RC200t」から「 RC300」に改称。 さらに、インテリアカラーの「ムーンストーン」は「vesion L」専用色に変更となった。 RC Fは、ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートを標準装備化。 またボディカラーは「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」(メーカーオプション)を追加するとともに、「ソニックシルバー」、「ブラック」をそれぞれ「ソニックチタニウム」、「グラファイトブラックガラスフレーク」に変更し全8色とした。 RCの特別仕様車「F SPORT Prime Black」は、「F SPORT」をベースに、ボディカラーを「グラファイトブラックガラスフレーク」、インテリアカラーを専用の「ブラック&オレンジステッチ」とし、漆黒メッキのスピンドルグリルフレーム、マットクリア塗装の19インチアルミホイール、ブラックステンレスのウインドウモール、職人が一つずつ本杢を墨色に仕上げたステアリングホイールなど、内外装をブラックを基調としたコーディネートとした。 また、専用墨本杢調オーナメントパネル、三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)&LEDフロントターンシグナルランプを特別装備としている。 2018年2月1日 RC Fの特別仕様車「F 10th Anniversary」を限定発売。 5月に台数限定(35台)で発売された。 エクステリアは、新規開発されたボディカラー「マット マーキュリーグレーマイカ」を採用したほか、「CFRP」製のフロントサイドスポイラー・サイドエアアウトレット&大型ロッカーモール・リヤサイドスポイラー・リヤディフューザーや、専用チタンマフラー/ブルーサテンマフラーバッフル、専用エンボスルーフを採用し軽量化を実現。 パフォーマンスダンパーの採用とともに、走行性能の向上を図っている。 また、鍛造アルミホイールには、BBS製の「専用ブラック塗装・スパイラル10本スポーク」を採用したほか、専用ブルーブレーキキャリパー(フロント・リヤ)を特別装備とした。 セミアニリン本革ブルー&アクセントホワイトハイバックスポーツシート(前席)、ブルー&アクセントホワイトステアリング/シフトノブ、ブルーカーボンオーナメントパネル、専用アニバーサリープレートを特別装備している。 2018年8月30日 マイナーチェンジした新型「 RC」を世界初公開。 同年10月2日に開催されるに出展を予定としたほか、日本での発売は2018年10月下旬を予定、と発表。 2018年10月31日 RCをマイナーチェンジ。 外観はヘッドランプ下のバンパーコーナーの造形が変更され、フロントの「スピンドルグリル」は上下で開口比率を徐々に変化させたメッシュパターンに変更。 ヘッドランプは超小型三眼LEDユニットを縦方向に配置され、L字型のLEDクリアランスランプと組み合わせた(「version L」に標準装備、「F SPORT」にメーカーオプション設定)。 また、リアはバンパーコーナーにエアダクトが設けられ、リアコンビネーションランプのデザインも変更された。 「F SPORT」では、LCやLSのデザインを継承した専用19インチアルミホイールが設定された。 ボディカラーは「プラチナムシルバーメタリック」に替わり「スパークリングメテオメタリック」を追加。 また、「F SPORT」専用色として「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」(メーカーオプション)を追加し、全11色となった。 内装はヒーターコントロールパネルとオーディオパネルがヘアライン調に変更され、ニーパッドを大型化。 インストルメントパネルにはLCと同意匠のアナログクロック(GPS時刻補正機能付)を採用。 サイドウィンドウモールはフィン形状化され、19インチアルミホイール装着車はグリップ性能を高めたタイヤに変更。 サスペンションではが改良され、ブッシュをより高剛性化、2. 0Lターボエンジン車の「RC300」はアクセル動作に対するレスポンスが向上された。 2019年1月14日 2019年にて、マイナーチェンジした RC Fを世界初公開。 日本では2019年5月を発売予定、と発表。 2019年5月13日 RC Fをマイナーチェンジ。 車両重量が20kg軽量化され、新開発のタイヤの採用やエンジンマウント・サスペンションメンバーブッシュ・ステアリングラックブッシュなどの剛性を向上。 エンジンは出力が向上され、の形状を変更し、スロットル制御を改良。 また、のローギア化が図られた。 外観はフロントスポイラーのコーナーに形状が取り入れられ、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくり、前後のホイールハウスにエアアウトレットが設けられた。 また、スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを実現するため、エンジントルクの制御を行うことで発進時のタイヤの空転を防ぐローンチコントロールが採用された。 新たに高性能バージョンの「Performance package」が設定された。 本バージョンでは、外装部品にを用いたカーボンフロントスポイラー、カーボン大型ロッカーフィン、カーボンエクステリアパーツ(エンジンフード・ルーフ)が採用されたほか、軽量鍛造アルミホイール(マットブラック塗装)、チタンマフラーを装着。 さらに、専用装備としてカーボンパーテンションブレース、カーボンセラミックブレーキ、カーボンリアウィングも採用されたことで約70kg軽量化されるとともに、ディスクローターはリアをフロントと同系の380mmとし、はF専用レッドとした(なお、カーボンフロントスポイラーとカーボン大型ロッカーフィンは標準仕様と「Carbon Exterior package」にオプションで、軽量鍛造アルミホイールは標準仕様と「Carbon Exterior package」にディーラーオプションでそれぞれ設定されているほか、カーボンエクステリアパーツは「Carbon Exterior package」にも標準設定されている)。 2019年10月31日 RCを一部改良。 マルチメディアシステムがSmartDeviceLink・・に対応し、やを10. 3インチワイドディスプレイに連携させることで画面操作や音声操作が可能となった。 車名の由来 [ ] 車名の「RC」は「Radical(=急進的な、先鋭の、新しい、面白いの意味)Coupe」に由来。 「350」は3. 5Lエンジン、「300」は3. 0Lガソリンエンジン並の動力性能を有することを、「h」はハイブリッドカーであることを表す。 「t」はターボカーであることを表す。 「RC F」の「F」は「 」から来ている。 モータースポーツ [ ] GT500 SYNTIUM LM Corsa RC F 規定のRC Fも2017年より販売されている。 本来2014年にホモロゲーションを取得する予定であったが、市販車RCの開発期間中、本来カスタマー・アマチュア向けであったはずのGT3のレベルが、消滅により大幅に上がってしまったため延期。 開発は難航し、ホモロゲーション取得にはさらに3年の月日を要した。 のGT300クラスには2015年と2016年にから参戦していたが、FIAのホモロゲーション未取得であったため不利な性能調整を課せられ苦しんだ。 しかし2017年にようやくホモロゲーションを取得すると、富士とタイでが2勝を挙げてランキング3位につける活躍を見せた。 2018年もK-tunes Racing LM corsaが鈴鹿とオートポリスで2勝しランキング6位となっている。 北米の(USCC)のGTDクラスでも、2017年から3GTレーシングのオペレーションでセミワークス参戦。 2018年ミッドオハイオとロードアメリカで2勝をマークした。 しかし2019年から3GTとは離別し、エイム・バッサー・サリバン(AVS)とのジョイントでセミワークス参戦する。 欧州ではエミール・フレイ・レーシングとファーンバッハー・レーシングが採用し、2017年にGTオープン、2018年には耐久カップに参戦。 2018年1000kmではエミール・フレイ・レーシングが最終ラップの争いを制し初優勝を挙げ、RC F GT3は日欧米のトップカテゴリで勝利を記録した初の国産GT3となった。 ニュルブルクリンク24時間 2015年ので、がRCをとともに起用。 決勝は好調に進めたが、終盤のトラブルによりクラス4位(総合39位)で表彰台には手が届かなかった。 2016年はRCとRC Fが参戦。 RCは度重なるトラブルに見舞われリタイアに終わったが、RC FはSP-PROクラスで完走・優勝(総合24位)を収めた。 2017年はRC一台のみでSP3Tクラスに参戦。 ・の勢を相手に善戦し、クラス2位(総合25位)を獲得した。 2018年はレクサス専門チューナーのNOVELがRC FでとともにSP8クラスに参戦し、クラス2位を獲得した。 2019年はNOVELととのジョイントにより、RC F GT3で総合優勝を争うSP9クラスにステップアップ。 その他• Response• プレスリリース , LEXUS, 2013年11月20日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2014年1月14日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2014年2月28日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2014年10月23日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2014年10月23日 ,• 「レクサスRC カタログ」、2014年10月発行。 LE0866-1410• 「レクサスRC F カタログ」、2014年10月発行。 LE0868-1410• プレスリリース , LEXUS, 2015年9月17日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2015年9月17日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2016年8月25日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2017年11月30日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2018年2月1日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2018年8月30日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2018年10月31日 ,• プレスリリース , LEXUS, 2019年1月14日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車, 2019年5月13日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車, 2019年10月31日 ,• LEXUS ENTHUSIAST 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

レクサス RC F 価格・車種カタログ情報

レクサス rcf

レクサスRC350 レクサスRCの紹介をしていなかった。 少し遅くなったものの、その分、ジックリと分析してみたいと思う。 まずクルマのアウトラインだけれど、レクサスで最もベーシックな4ドア車である『IS』をベースとした2ドアクーペモデルだと理解していただければ間違いない。 エンジンラインナップは2つ。 5リッター4気筒のハイブリッドシステムを搭載するのが『RC300h』で、電池残量のある状態だとエンジン出力の他、モーター出力も加わり出力220馬力というスペック。 アクセル全開だと2~3分で電池残量が無くなるため、エンジンのみの178馬力になりますが……。 加えて車重1740kgと驚くほど重い。 電池が切れたらミニバンと同じくらいの動力性能になってしまう。 電池残量がある状態で街中を普通に走っている限り、必要にして十分な性能を持っているものの、スポーティモデルとして考えれば少しばかり厳しい感じ。 だったら後述の通り、BMW420iをすすめる。 RC350はお腹一杯になるくらい速い! 318馬力の3. 5リッターV6を搭載する『RC350』は元気よく走ってくれます。 車重1690kgで決して軽くないものの、パワフルなエンジンに助けられ、お腹一杯になるくらい速い! ただ残念ながらイマドキのクルマとしては考えられないことに、アイドリングストップが付いていない。 つまり燃費が良い反面、動力性能がミニバン級のハイブリッドか、速いけれど環境など全く考えていない3. 5リッターから選ぶしか無いのだった。 本来ならレクサスNXに搭載されているアイドリングストップ付きの2リッター4気筒ターボあたりをラインナップして欲しかったところ。 レクサスRCは「現在必要なスペック」をまだ備えていない レクサスRC300h もう一つの決定的な不満点は、納得のいく自動ブレーキがオプションでも選べないこと。 追突事故や歩行者を感知して自動でブレーキを掛けてくれたり、ドライバーの意識障害の際に一定の安全装置になってくれたりするシステムの装着は、お金に余裕のある人であれば社会に対する義務みたいなものだと思う。 特にレクサスを買えるような所得を持つユーザーは、事故を起こしたら社会的な制裁を受けなければならない。 それはトヨタも認識していて鋭意開発をすすめており、今年から新方式の自動ブレーキを全面展開していく予定。 ここまで読んで理解して頂けると思うが、クルマの仕上がり以前に「現在必要なスペック」を備えていない。 やがて性能と燃費のバランスを追求した2リッター4気筒ターボや、世界水準の性能を持つ自動ブレーキも追加されるハズ。 私なら迷うこと無く1年くらい待ってみます。 いずれ世界水準の自動ブレーキも追加されるハズ もし「すぐ欲しい」というならBMWの4シリーズをすすめておく。 レクサスは中身がトヨタにも関わらず、日本車として考えると飛び抜けて高い。 結果的にBMWとほとんど同じ価格になってしまった。 RCシリーズで最も安いRC300hが565万円。 RC350だと596万円となる。 BMW4シリーズは、高い性能を持つ自動ブレーキ付きの2リッター4気筒ターボを搭載する420iで517万円。 RC350と同等の動力性能持つ428iが自動ブレーキ付きで627万円。 安全性の高い4シリーズに2~3年乗ってからRCを試すのも悪くないんじゃなかろうか。 【最近の記事】 更新日:2015年01月27日.

次の

レクサスのRCFの加速ってどんなですか?

レクサス rcf

発売日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 排気量 4,968 cc 4,968 cc 4,968 cc エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン 燃費 - - - 燃料 ハイオク ハイオク ハイオク 駆動方式 FR FR FR ミッション AT AT AT ハンドル 右 右 右 定員 4名 4名 4名 最小回転半径 5. 4 m 5. 4 m 5. Fは迫力が違います。 トレッドを広げるために、わざわざ専用のフェンダーを新規に制作して、これだけでも金型への投資額は無視できない金額です。 前後バンパーも専用品で、フロントの毒々しい開口部は獲物を追う分厚い、猛獣を連想してしまいます。 ただプラットフォームをGSと共用したので、デザイン的な制約が多く、ボンネットの高さが気になるとの声もありますが、私は好きなタイプです。 外観の見どころは、ボンネットのパワーバルジ開口部とロングノーズなノスタルジックなプロポーションです。 内装はブラックとアクセントオレンジのリアルレザーが色気があり良かったです。 1000万超えの超高級クーペRCFに試乗した。 Fシリーズといったら、何といってもリアのマフラーの左右各二本出しの大迫力のリアビューが圧倒的な存在感を示している。 RCFをもし買うならカーボンエクステリアパッケージのソニックチタニウムがかっよくて選ぶと思う。 シートはしっかりとサポートしてくれて、シートの形やデザインはセクシーな感じになっている。 ハンドルやシフトレバーの本革のさわり心地もよく、いいものを使っている感じが伝わってくる。 エンジンは今の時代では珍しい5リッターV8で、速いのは当然のことながら、エンジン音がうるさすぎにいい音で気持ちよく走ることが出来る。 高速道路で走ったらかなりの気持ちよ.... 一通りのレクサスに乗ってみて、実際買うならRCかなという結論に至ったので、最後にRCFに乗ってみた。 Fは何と言ってもリアの4本のマフラーの存在感が凄くて、何度見ても見入ってしまう迫力がある。 また、リアと両サイドにあるFのエンブレムが特別な車だぞとアピールしている。 ボディカラーは悩んだが、ソニックチタニウムが最終的にいいかなと思った。 エンジンはV8の5リッター自然吸気という大排気量なので、極太なトルクと気持ちのいい自然な加速が味わえてかなり楽しかった。 一度このクラスのエンジンを体験してしまうと他のエンジンがショボく感じてしまうのが悩ましい。 LCももちろんすごい車だったがスーパーカーと....

次の