ハイビット ハイホー。 2019年9月

悪い評判は本当?ハイビット光ギガの7つのデメリットとおすすめしない理由

ハイビット ハイホー

しっかりとハイビットを解約する方法って何? まずは電話で解約をするんじゃ。 どうしても電話が繋がらなかったり営業時間内への電話が難しい場合は、メールで解約手続きがベスト。 jpまでメールするようにと。 解約する時に気を付けて欲しいのが、解約するタイミング。 ネット回線を乗り換える際に、新しいネット回線が開通した後にハイビットさんに解約の電話をして下さい、と言われるんじゃ。 しかし、 TOPPAと光ギガは月割り計算になるので、 月初に解約しても月末に解約しても違約金の金額は変わらない。 一方で TCNは毎月20日までが当月解約出来る日付となってるので、21日以降の解約は翌月末解約扱いになるのでやや注意が必要なんじゃ。 このような情報は自分の目でしっかりと確認した方がいいと言える。 調べ方も「光ギガ 契約約款」と検索するだけで、そのサービスの契約約款がPDFでヒットするので、一度確認してみるといいし、その上でメーカー側に電話してみるといい。 なぜかというと、インターネット回線の受電対応は本社スタッフで対応しているよりは、コールセンター会社に委託していたり、社員というよりはアルバイトで対応することが多いので「正しい情報」を教えてもらえない可能性があるから。 特にハイビットは受電対応が中国人がやってるという噂もあるんじゃ。 ハイビット解約すると違約金ってどれくらいかかるの? ハイビットで提供しているサービスの解約金をまとめてみたんじゃ。 ずっとセーフティプラン 4,000円 Toppa! Newライトプラン Toppa! 0円スタートプラン(旧トリプル定額プラン) 5,000円 Toppa! らくらくプラン 4,000円 Toppa! セーフティ長割プラン 10,000円 Toppa! 固定IPサービスプラン 5,000円 Toppa! ライフサポートプラン 10,000円 Toppa! 充実プラン 4,000円 TCN違約金 TCNスタンダードプラン(F) 契約期間、契約解除料ともに0円 TCNギガ・スタンダードプラン TCNスタンダードプラン(M) まず理解すべきコトは光ギガは光コラボサービスなので、 新規で加入した人だと、違約金の他に工事費用の残債がかかるということ。 08 2018年3月時点 =22,113円が実際に違約金として請求される金額なんじゃ。 TOPPA 個人向け とTCN 法人向け はあくまで、インターネットのプロバイダサービスだから解約金だけの金額で済む。 とはいえ、最大10,000円もかかるが笑 もしNTTフレッツ光も併せて解約すると、NTT西日本なら最大33,000円、NTT東日本なら最大26,300円が別にかかる。 かかる解約金はこの回線で負担をしてくれるのであ〜る。 nuro光 コミュファ光 関東・東海・関西にお住まいならnuro光で高速回線を体感するんじゃ。 愛知、三重、岐阜、静岡、長野にお住まいなら、コミュファ光にお得に乗り換えするんじゃ。 ハイビット解約すると撤去工事ってするの? 光コラボに変更すると電話もネットとプロバイダも、その転用先の会社のサービスに切り替わるので、NTTフレッツ光は解約になってしまう。 つまり、契約やルールは全て転用先に従わないといけなくなるんじゃ。 というわけで、ハイビットに電話で早速確認してみたところこのような回答が返ってきたのであ~る。 光ギガを新規契約して解約する場合に、配線の撤去費用はかかりますでしょうか? いえ、かかりません。 また配線の撤去も必須ではありません。 配線の撤去をお願いした場合、光ギガの方で対応するのでしょうか? いえ、私共のほうからNTTに依頼をして、NTTがお客様のご自宅に伺い撤去作業を行います。 もちろん、新設工事のときもそうなります いくら転用したからと言っても、工事などの物理的な作業はやっぱりNTTが実施するんじゃ。 転用 NTTフレッツ光から転用承諾番号を取得して替えること 新規 フレッツ光以外の回線から もしくは新設 工事を行って切り替えること。 つまり転用とは、NTTフレッツ光を今現在利用している人が 工事なしで、回線を切り替える行為のことを指す。 ハイビットは電話営業で加入を勧めてるので、ハイビットのサービスを利用しているほとんどが電話で契約をしている。 特に光ギガに転用するとき、工事も要らないし転用承諾番号を取得するだけなので、安易な気持ちでまたはよく分からずに変更してしまう人も多いくらいじゃ。 違約金は転用の場合9,975円か11,000円のどちらかなんじゃ。 しかしここで1つ落とし穴がある。 光コラボからフレッツ光に番号ポータビリティが出来ないので、 フレッツ光に戻すと固定電話の番号が変わってしまうのであ~る。 これを防ぐには、光ギガの固定電話を 一旦、NTTアナログ電話に切り替えて、そこからフレッツ光を新規に申し込むアナログ電話戻しをしないといけない。 要は、一旦固定電話の加入権を復活させて、再度光を導入するということじゃ。 nuro光 コミュファ光 関東・東海・関西にお住まいならnuro光で高速回線を体感するんじゃ。 愛知、三重、岐阜、静岡、長野にお住まいなら、コミュファ光にお得に乗り換えするんじゃ。 解約すべきハイビットのオプション一覧 ハイビットに入ると不要なオプションを付けられて料金が安くなってない、もしくは料金が逆に高くなってしまうケースが多い。 インターネット回線の業界には、このような付帯オプションが加入時付いてることがほとんどである。 しかし事前に説明するところはほとんどないのが実情じゃ。 ハイビットだとその付帯オプションサービスをパックにしたサービスで展開しているので、ユーザからしたら余計なオプションが付いていることも判断しにくい。 光ギガの光ギガファミリー5300や光ギガファミリー長とくのプランにはセキュリティサービスが標準で付いてるが、 これは無料のキングソフトなので決してお得な内容ではない。 仮にNTT西日本フレッツから光ギガに転用した人だと、有料のウィルスバスター1台分が無料のキングソフトに置き換わってるので、注意をした方がいいと言える。 ってかハイビットってすんなり解約出来るの? 30歳女性会社員@埼玉 さてtoppaの解約をしてみることにしたのですが、こちらも口コミなどを調べてみると対応が悪かったりなど評判が悪いそうですが、電話一本で何とかなるのはまだいい方かなと感じました。 実際に電話を掛けたのですが、 まあ対応はぶっきら棒な感じで解約の手続きになり、印象としては悪かったですね。 割と詐欺めいた文句や説明不足もあるのですが、解約に掛かる費用なども切り替え金や解約料などが掛かるのも腑に落ちないなと思いました。 中にはスムーズに行かない方もいるそうですが、とりあえずは今後は光回線などを契約する時は事前にしっかりと情報を調べることにしようと思います。 34歳男性プログラマー@兵庫 解約した理由ですが明らかに、ヤフーのプロバイダの光より速度が遅い上2015年か何年かは忘れましたが、当時の最新のルーターを使用しているのにもかかわらず、速度が遅いということを告げるとルーターが悪いの一点張りなうえ、サポートの女性が日本人ではないのか片言な上名前を聞いても教えてくれませんでした。 私の中で信用ができないと思い、一方的にこちらから解約をしました。 一方的な解約で相手の意見を聞き入れなかったため、ストレスはあまりないですが、それでも契約を続けさせようとしてきたので すべての会話を録音していることを告げると勝手に解約してくれました。 どうやら向こうの都合の悪い話、セールス時に過剰に安いということを言っていたのでそれがやばいと思ったのでしょう。 当時解約代を少し払ったような気がします。 電話で解約をして終わりだったかと。 工事費用に掛かる料金だけ支払わされたように思います。 ハイビットを解約したのに請求が来るのはなぜ? プロバイダtoppaと光ギガは月中で解約しても、その月の利用料金は丸々請求されるが、 引き落としはクレジットや口座引き落とし、tabalまるごと決済も同様に、翌月か翌々月となるんじゃ。 『tabalまるごと決済』とは、インターネット、プロバイダ、固定電話、ドコモ携帯、NHK受信料、ひかりTVなどの請求をまとめるサービス。 請求はNTTファイナンスから来る。 つまり解約した月から最大2か月先まではハイビットの支払いをすることに。 例えば、2018年3月に光ギガを解約すると、5月の引き落としで2018年3月利用分を支払うことなるのであ~る。 当たり前なんだが・・・ これについては、あなたの契約内容に寄ってくるのでハイビット社に確認する他ない。 ハイビットをそもそも契約してないんだけど これはそもそもの話しになるが、ハイビットに契約した覚えがないけど、なぜか申込書が来てたり、請求が来てる人が実はいるんじゃ。 それはひとえにハイビットのサービスは テレマ 電話営業 にて加入を勧められてるからであ~る。 参考: ・とりあえず話を聞いただけなのに契約になってる ・家族がNTTだと間違えて入ったしまった ・検討すると伝えたのに契約したことになってる といった人たちがマジで多いのが実情である。 特に光ギガだと工事もしないで変更させられてるので、知らないうちに変わってることがホントに多いのであ~る。 唯一、キャンセルする方法として 契約扱いになった日から7日以内であれば、ハイビット社に連絡をすること。 8日以上経過すると、キャンセルは出来ないので解約する他ない。 もちろん、解約となると解約金が発生するので注意が必要なんじゃ。 まとめ ・ハイビットを解約するにはまずは電話がいいけど、繋がらないときはメールを送るのも良し ・ハイビットの違約金はサービスによって異なる。 ハイビットに入るときに工事をやってると工事費の残債がかかるので注意 ・ハイビットからの乗り換えはコミュファ光やnuro光がオススメ ハイビットはプロバイダサービスや光コラボサービス、また法人向けサービスとあるが、総じて高額な請求が来たり回線速度が遅かったりするんじゃ。 料金的にも速度的にも満足いかないサービスはすぐにでも乗り換えた方がいいと思ってはいるが、違約金や固定電話の番号が代わるなどの問題があって現状維持している人は多い。 だからこそ、 地域限定で独自回線を運用している会社であれば、これらの問題を解決出来るので、光ギガなどのハイビットに苦しめられたユーザにもいいと感じる。 nuro光 コミュファ光 関東・東海・関西にお住まいならnuro光で高速回線を体感するんじゃ。 愛知、三重、岐阜、静岡、長野にお住まいなら、コミュファ光にお得に乗り換えするんじゃ。

次の

悪い評判は本当?ハイビット光ギガの7つのデメリットとおすすめしない理由

ハイビット ハイホー

Q 2015年10月3日本日、Toppa! というところからインターネットの「がっちりパック」とかいうサービスの申し込み書類が届きました そんなものに契約した覚えは無いのですが「申し込みありがとうございました」と書かれてました …実は身に覚えがゼロというわけではありません 少し長くなりますが… 自分は4月にマンションで一人暮らしを初めて、その時はso-netというところのフレッツ光(この書き方おかしいですか?よく分かってないので変かも知れません)で契約しました 8月入ってすぐ?玄関にOCN光の人という男が来て「OCNに転用しましょう!1500円安くなりますよ!」と言ってきたのですがどうでも良かったので適当に流してて帰ってもらったら8月5日にOCNから電話がかかってきて「転用の方法をサポートします。 お手数ですがパソコンを開いて下さい」と言われました。 (ここまでするか~普通~?)と思いながらも1500円安くなるならOCNでも良いかもなと思いながら一応言われたとおりに入力をしました。 名前、住所や電話番号ぐらいでクレカに関する事とかは入力しなかったとお思います(多分してないと思います…)胡散臭かったので一応注意して入力はしました。 その結果、8月19日まで使える「転用承諾番号」を手に入れました。 「後日、書類が届く」ともいわれたので、取り敢えず種類が届いてから考えるかとしていたら 8月13日ぐらいに「OCN会員登録証在中」の封筒が届きました。 内容は支払いの手続きと、会員番号、請求番号、認証ID、パスワードが載った紙。 あとは返信用の封筒 この頃にはOCN光より今のフレッツ光で十分だなって気もしてましたし、ここでスルーすればもう終わりだろうとなにもせずにスルーして今の10月3日まで来ました。 転用承諾番号も期限切れしてますしね そうしたら本題、今日ポストをみたらToppa! の申し込み書類が来ていました こんなのやった覚えはないんですが、アカウントIDや接続パスワードがついていたので入力してみたらたしかに自分のマイページが出来上がってました。 8月8日に申し込み、9月29日に利用開始となってます。 時期的には上のOCNの頃なんですが書類を読むと「同じ会社がやってるOCNとは別に請求します」みたいな内容ぐらいでした。 あとこれはプロバイダってやつですよね?よく分かってないですが so-netと同じような感じのものですよね?一応現在使用しているプロバイダをIPドメインSEARCHというところで調べた所「netname: So-net」これは今もso-netを使っているということですよね? 書類によると9月29日からtoppa! 利用開始と書いているから本当に開始していたらすでにso-netではなくてここにtoppa! と書かれてる…のですかね?すんません toppa! 、OCNのマイページから料金請求確認をした所 toppa! とOCNと全く関係なかったらそれでいいんですが、なんの金銭トラブルも発生していなければそれでいいんですが、次の平日・月曜日にtoppaさんに電話を入れて覚えがないんですよーという旨を伝えて内容をキャンセルしようと思うんですが なにか間違ってること、気をつけるべきこと、こうするべきことがありましたら教えていただけませんか? 2015年10月3日本日、Toppa! というところからインターネットの「がっちりパック」とかいうサービスの申し込み書類が届きました そんなものに契約した覚えは無いのですが「申し込みありがとうございました」と書かれてました …実は身に覚えがゼロというわけではありません 少し長くなりますが… 自分は4月にマンションで一人暮らしを初めて、その時はso-netというところのフレッツ光(この書き方おかしいですか?よく分かってないので変かも知れません)で契約しました 8月入ってすぐ?玄関にOCN光の人とい... A ベストアンサー SO-NET ソネット株式会社(親会社SONY)が行っているISPサービス OCN NTTコミュニケーションズ(親会社)が行っているISPサービス NTTグループで、ISP事業を行っているのは、 NTTドコモ、NTTぷらら、NTTCom、NTT-ME Toppa! soumu. 孫会社でもNTTが入っていますが、ドコモの子会社などは、NTTが入っていない会社もあります。 soumu. 孫会社でもNTTが入っていますが、ドコモの子会社などは、NTTが入っ...

次の

Toppa!(トッパ!)

ハイビット ハイホー

しっかりとハイビットを解約する方法って何? まずは電話で解約をするんじゃ。 どうしても電話が繋がらなかったり営業時間内への電話が難しい場合は、メールで解約手続きがベスト。 jpまでメールするようにと。 解約する時に気を付けて欲しいのが、解約するタイミング。 ネット回線を乗り換える際に、新しいネット回線が開通した後にハイビットさんに解約の電話をして下さい、と言われるんじゃ。 しかし、 TOPPAと光ギガは月割り計算になるので、 月初に解約しても月末に解約しても違約金の金額は変わらない。 一方で TCNは毎月20日までが当月解約出来る日付となってるので、21日以降の解約は翌月末解約扱いになるのでやや注意が必要なんじゃ。 このような情報は自分の目でしっかりと確認した方がいいと言える。 調べ方も「光ギガ 契約約款」と検索するだけで、そのサービスの契約約款がPDFでヒットするので、一度確認してみるといいし、その上でメーカー側に電話してみるといい。 なぜかというと、インターネット回線の受電対応は本社スタッフで対応しているよりは、コールセンター会社に委託していたり、社員というよりはアルバイトで対応することが多いので「正しい情報」を教えてもらえない可能性があるから。 特にハイビットは受電対応が中国人がやってるという噂もあるんじゃ。 ハイビット解約すると違約金ってどれくらいかかるの? ハイビットで提供しているサービスの解約金をまとめてみたんじゃ。 ずっとセーフティプラン 4,000円 Toppa! Newライトプラン Toppa! 0円スタートプラン(旧トリプル定額プラン) 5,000円 Toppa! らくらくプラン 4,000円 Toppa! セーフティ長割プラン 10,000円 Toppa! 固定IPサービスプラン 5,000円 Toppa! ライフサポートプラン 10,000円 Toppa! 充実プラン 4,000円 TCN違約金 TCNスタンダードプラン(F) 契約期間、契約解除料ともに0円 TCNギガ・スタンダードプラン TCNスタンダードプラン(M) まず理解すべきコトは光ギガは光コラボサービスなので、 新規で加入した人だと、違約金の他に工事費用の残債がかかるということ。 08 2018年3月時点 =22,113円が実際に違約金として請求される金額なんじゃ。 TOPPA 個人向け とTCN 法人向け はあくまで、インターネットのプロバイダサービスだから解約金だけの金額で済む。 とはいえ、最大10,000円もかかるが笑 もしNTTフレッツ光も併せて解約すると、NTT西日本なら最大33,000円、NTT東日本なら最大26,300円が別にかかる。 かかる解約金はこの回線で負担をしてくれるのであ〜る。 nuro光 コミュファ光 関東・東海・関西にお住まいならnuro光で高速回線を体感するんじゃ。 愛知、三重、岐阜、静岡、長野にお住まいなら、コミュファ光にお得に乗り換えするんじゃ。 ハイビット解約すると撤去工事ってするの? 光コラボに変更すると電話もネットとプロバイダも、その転用先の会社のサービスに切り替わるので、NTTフレッツ光は解約になってしまう。 つまり、契約やルールは全て転用先に従わないといけなくなるんじゃ。 というわけで、ハイビットに電話で早速確認してみたところこのような回答が返ってきたのであ~る。 光ギガを新規契約して解約する場合に、配線の撤去費用はかかりますでしょうか? いえ、かかりません。 また配線の撤去も必須ではありません。 配線の撤去をお願いした場合、光ギガの方で対応するのでしょうか? いえ、私共のほうからNTTに依頼をして、NTTがお客様のご自宅に伺い撤去作業を行います。 もちろん、新設工事のときもそうなります いくら転用したからと言っても、工事などの物理的な作業はやっぱりNTTが実施するんじゃ。 転用 NTTフレッツ光から転用承諾番号を取得して替えること 新規 フレッツ光以外の回線から もしくは新設 工事を行って切り替えること。 つまり転用とは、NTTフレッツ光を今現在利用している人が 工事なしで、回線を切り替える行為のことを指す。 ハイビットは電話営業で加入を勧めてるので、ハイビットのサービスを利用しているほとんどが電話で契約をしている。 特に光ギガに転用するとき、工事も要らないし転用承諾番号を取得するだけなので、安易な気持ちでまたはよく分からずに変更してしまう人も多いくらいじゃ。 違約金は転用の場合9,975円か11,000円のどちらかなんじゃ。 しかしここで1つ落とし穴がある。 光コラボからフレッツ光に番号ポータビリティが出来ないので、 フレッツ光に戻すと固定電話の番号が変わってしまうのであ~る。 これを防ぐには、光ギガの固定電話を 一旦、NTTアナログ電話に切り替えて、そこからフレッツ光を新規に申し込むアナログ電話戻しをしないといけない。 要は、一旦固定電話の加入権を復活させて、再度光を導入するということじゃ。 nuro光 コミュファ光 関東・東海・関西にお住まいならnuro光で高速回線を体感するんじゃ。 愛知、三重、岐阜、静岡、長野にお住まいなら、コミュファ光にお得に乗り換えするんじゃ。 解約すべきハイビットのオプション一覧 ハイビットに入ると不要なオプションを付けられて料金が安くなってない、もしくは料金が逆に高くなってしまうケースが多い。 インターネット回線の業界には、このような付帯オプションが加入時付いてることがほとんどである。 しかし事前に説明するところはほとんどないのが実情じゃ。 ハイビットだとその付帯オプションサービスをパックにしたサービスで展開しているので、ユーザからしたら余計なオプションが付いていることも判断しにくい。 光ギガの光ギガファミリー5300や光ギガファミリー長とくのプランにはセキュリティサービスが標準で付いてるが、 これは無料のキングソフトなので決してお得な内容ではない。 仮にNTT西日本フレッツから光ギガに転用した人だと、有料のウィルスバスター1台分が無料のキングソフトに置き換わってるので、注意をした方がいいと言える。 ってかハイビットってすんなり解約出来るの? 30歳女性会社員@埼玉 さてtoppaの解約をしてみることにしたのですが、こちらも口コミなどを調べてみると対応が悪かったりなど評判が悪いそうですが、電話一本で何とかなるのはまだいい方かなと感じました。 実際に電話を掛けたのですが、 まあ対応はぶっきら棒な感じで解約の手続きになり、印象としては悪かったですね。 割と詐欺めいた文句や説明不足もあるのですが、解約に掛かる費用なども切り替え金や解約料などが掛かるのも腑に落ちないなと思いました。 中にはスムーズに行かない方もいるそうですが、とりあえずは今後は光回線などを契約する時は事前にしっかりと情報を調べることにしようと思います。 34歳男性プログラマー@兵庫 解約した理由ですが明らかに、ヤフーのプロバイダの光より速度が遅い上2015年か何年かは忘れましたが、当時の最新のルーターを使用しているのにもかかわらず、速度が遅いということを告げるとルーターが悪いの一点張りなうえ、サポートの女性が日本人ではないのか片言な上名前を聞いても教えてくれませんでした。 私の中で信用ができないと思い、一方的にこちらから解約をしました。 一方的な解約で相手の意見を聞き入れなかったため、ストレスはあまりないですが、それでも契約を続けさせようとしてきたので すべての会話を録音していることを告げると勝手に解約してくれました。 どうやら向こうの都合の悪い話、セールス時に過剰に安いということを言っていたのでそれがやばいと思ったのでしょう。 当時解約代を少し払ったような気がします。 電話で解約をして終わりだったかと。 工事費用に掛かる料金だけ支払わされたように思います。 ハイビットを解約したのに請求が来るのはなぜ? プロバイダtoppaと光ギガは月中で解約しても、その月の利用料金は丸々請求されるが、 引き落としはクレジットや口座引き落とし、tabalまるごと決済も同様に、翌月か翌々月となるんじゃ。 『tabalまるごと決済』とは、インターネット、プロバイダ、固定電話、ドコモ携帯、NHK受信料、ひかりTVなどの請求をまとめるサービス。 請求はNTTファイナンスから来る。 つまり解約した月から最大2か月先まではハイビットの支払いをすることに。 例えば、2018年3月に光ギガを解約すると、5月の引き落としで2018年3月利用分を支払うことなるのであ~る。 当たり前なんだが・・・ これについては、あなたの契約内容に寄ってくるのでハイビット社に確認する他ない。 ハイビットをそもそも契約してないんだけど これはそもそもの話しになるが、ハイビットに契約した覚えがないけど、なぜか申込書が来てたり、請求が来てる人が実はいるんじゃ。 それはひとえにハイビットのサービスは テレマ 電話営業 にて加入を勧められてるからであ~る。 参考: ・とりあえず話を聞いただけなのに契約になってる ・家族がNTTだと間違えて入ったしまった ・検討すると伝えたのに契約したことになってる といった人たちがマジで多いのが実情である。 特に光ギガだと工事もしないで変更させられてるので、知らないうちに変わってることがホントに多いのであ~る。 唯一、キャンセルする方法として 契約扱いになった日から7日以内であれば、ハイビット社に連絡をすること。 8日以上経過すると、キャンセルは出来ないので解約する他ない。 もちろん、解約となると解約金が発生するので注意が必要なんじゃ。 まとめ ・ハイビットを解約するにはまずは電話がいいけど、繋がらないときはメールを送るのも良し ・ハイビットの違約金はサービスによって異なる。 ハイビットに入るときに工事をやってると工事費の残債がかかるので注意 ・ハイビットからの乗り換えはコミュファ光やnuro光がオススメ ハイビットはプロバイダサービスや光コラボサービス、また法人向けサービスとあるが、総じて高額な請求が来たり回線速度が遅かったりするんじゃ。 料金的にも速度的にも満足いかないサービスはすぐにでも乗り換えた方がいいと思ってはいるが、違約金や固定電話の番号が代わるなどの問題があって現状維持している人は多い。 だからこそ、 地域限定で独自回線を運用している会社であれば、これらの問題を解決出来るので、光ギガなどのハイビットに苦しめられたユーザにもいいと感じる。 nuro光 コミュファ光 関東・東海・関西にお住まいならnuro光で高速回線を体感するんじゃ。 愛知、三重、岐阜、静岡、長野にお住まいなら、コミュファ光にお得に乗り換えするんじゃ。

次の