あつ森 友達を作る。 Switch品薄で遊べない友達のために『あつ森』を完全再現!?

【あつまれどうぶつの森】道路・河川・崖工事のやり方と解放条件【あつ森】

あつ森 友達を作る

無人島でのスローライフを楽しむことができる大人気ゲーム 『あつまれどうぶつの森』の発売から1ヵ月以上が経過した今、4月23日には新たな要素を多く追加するアップデートが行われ、さらなる盛り上がりを見せている。 そんな盛り上がりの一方で『あつまれどうぶつの森』を遊ぶために必要となるNintendo Switchは、昨今の情勢と『あつまれどうぶつの森』需要による影響を受け 品薄が激化。 販売サイトでは入荷から数分持たずに品切れが起きるほどになっている。 さて、今回紹介するのはそんな『あつまれどうぶつの森』を遊びたくても遊べない友人のため、驚きの行動を起こした1本の動画だ。 今回紹介するのはさん投稿の『』という動画だ。 この動画は、Nintendo Switchを所持しておらず生放送などで「あつまれどうぶつの森を遊びたい」と漏らしている友人のために、なんと 『あつまれどうぶつの森』を再現した自作ゲームを作ってしまったというもの。 友人のためにまさかの行動に出たこの動画。 ギリギリのラインを攻め、最高に気合の入ったハイクオリティ再現作品をプレゼントした驚きの動画をご紹介する。 『Dreams Universe』とは今年2月に発売したPlayStation 4用ゲームで、「自らの思い描くイメージをゲームにできたら」というゲーマーの夢を叶えるツール。 「ゲームの中でゲームを作る」ことができるゲームだ。 『Dreams Universe』ではモデルやアニメーション、ステージなど、あらゆるものを細かく作り込むことが可能。 そのため世界中のあらゆるユーザーが自身のオリジナルのゲームや、じーたまさんのように既存のゲームを自ら再現した作品を公開している。 ヤバめのクオリティで『あつまれどうぶつの森』を再現 ゲームを作るゲームで『あつまれどうぶつの森』を再現したじーたまさん。 ここからは公開された動画から再現された作品の様子を見ていこう。 今回再現作品をプレイするのは品薄の影響により楽しむことができていないじーたまさんの友人、南無さん。 作品のプレイが始まると『あつまれどうぶつの森』の再現ということで本編同様にキャラクタークリエイトからスタートする再現作品だが、何も知らされずにコントローラーを握る南無さんは ロード画面で何かを察知した様子。 ロード画面から切り替わり、見慣れた無人島移住パッケージのカウンターが映し出されると笑いながら 「夢を汲んでくれたわけだね」とすべてを察したようだ。 あまりの再現度に南無さんも笑いが止まらないが、じーたまさんが作り上げた再現作品のクオリティの高さには驚かされるという域を超えて、もはや危険なニオイすら感じさせられる。 本来ならばこのカウンターでは名前や誕生日、キャラクターの外見などが設定できるが、これは南無さんのために作られたこの再現作品。 プレイヤーキャラクターは既に決められていた。 性別を選ぶと現れたのは、なんとも テルマエなキャラクター。 南無さんが阿部寛さんが好きという情報をもとに作ったとのことだが、これまた危険なニオイだ。 完成度の高さとヤバい雰囲気が入り混じるカオスな無人島 この再現作品が如何に完成度が高くヤバさに満ち溢れているか知っていただいたところで、動画で確認することができるヤバさ満点の注目ポイントをご紹介しよう。 とてつもなく気合が入っているOP 島での生活初日までをおおよそ再現しているじーたまさんの再現作品。 島の造形や会話、島での行動などできる限りの再現がされているが、中でも注目なのがゲーム開始時に流れる オープニング映像の再現だ。 『あつまれどうぶつの森』のオープニングでは島での魅力を最大限に詰め込んだイメージ映像が流れるのだが、この再現作品ではそのオープニングもしっかり再現されている。 オープニング映像の中でも前半の気合の入り方は素晴らしく、ビーチでくつろいでいる村人や、季節を感じさせる光景を再現。 特に夏のイメージ映像などは セミの動きなど細かい場所まで再現しており、とてつもない気合を感じる。 じーたまさんの声で再現されたBGM 『あつまれどうぶつの森』を再現したこの作品の中でもクセになるポイントが、 じーたまさん自身の声で再現されたBGMだ。 作品の中ではオリジナルを可能な限り再現したBGMが流れているが、一部の効果音などを除き、そのほとんどがじーたまさん自身の声を録音した音源を使用。 このBGMは絶妙に再現度が高く、 音を入れるタイミングを間違えた音声などもそのまま使用されており、これがまた独特の雰囲気を醸し出している。 オープニング映像やプレイ中など、作品の中ではあらゆる場面でじーたまさんによる再現BGMが流れているが、エンディングでもバージョン違いのBGMが用意されていた。 エンディングではオープニングとは違い、 とたけけ風の歌い方でBGMを再現してみたとのことで、細かなこだわりを持って再現を楽しんでいたようだ。 絶妙にヤバいバランスで『あつまれどうぶつの森』を再現したじーたまさんの作品だが、なんと 『Dreams Universe』での作品作りは初めてとのこと。 初めての作品とは思えない気合の入った再現作品をぜひご覧いただきたい。 ゲームを作るゲーム『Dreams Universe』で『あつまれどうぶつの森』を再現した動画、『Switch無い友達に「あつ森」作ってあげた【Dreams Universe】』。 絶妙なバランスで再現された『あつまれどうぶつの森』の様子をご覧になってみてはいかがだろうか。

次の

Switch品薄で遊べない友達のために『あつ森』を完全再現!?

あつ森 友達を作る

無人島でのスローライフを楽しむことができる大人気ゲーム『あつまれどうぶつの森』の発売から1ヵ月以上が経過した今、4月23日には新たな要素を多く追加するアップデートが行われ、さらなる盛り上がりを見せている。 そんな盛り上がりの一方で『あつまれどうぶつの森』を遊ぶために必要となるNintendo Switchは、昨今の情勢と『あつまれどうぶつの森』需要による影響を受け品薄が激化。 販売サイトでは入荷から数分持たずに品切れが起きるほどになっている。 さて、今回紹介するのはそんな『あつまれどうぶつの森』を遊びたくても遊べない友人のため、驚きの行動を起こした1本の動画だ。 今回紹介するのはじーたまさん投稿の『Switch無い友達に「あつ森」作ってあげた【Dreams Universe】』という動画だ。 この動画は、Nintendo Switchを所持しておらず生放送などで「あつまれどうぶつの森を遊びたい」と漏らしている友人のために、なんと『あつまれどうぶつの森』を再現した自作ゲームを作ってしまったというもの。 友人のためにまさかの行動に出たこの動画。 ギリギリのラインを攻め、最高に気合の入ったハイクオリティ再現作品をプレゼントした驚きの動画をご紹介する。 『Dreams Universe』とは今年2月に発売したPlayStation 4用ゲームで、「自らの思い描くイメージをゲームにできたら」というゲーマーの夢を叶えるツール。 「ゲームの中でゲームを作る」ことができるゲームだ。 『Dreams Universe』ではモデルやアニメーション、ステージなど、あらゆるものを細かく作り込むことが可能。 そのため世界中のあらゆるユーザーが自身のオリジナルのゲームや、じーたまさんのように既存のゲームを自ら再現した作品を公開している。 ヤバめのクオリティで『あつまれどうぶつの森』を再現 ゲームを作るゲームで『あつまれどうぶつの森』を再現したじーたまさん。 ここからは公開された動画から再現された作品の様子を見ていこう。 今回再現作品をプレイするのは品薄の影響により楽しむことができていないじーたまさんの友人、南無さん。 作品のプレイが始まると『あつまれどうぶつの森』の再現ということで本編同様にキャラクタークリエイトからスタートする再現作品だが、何も知らされずにコントローラーを握る南無さんはロード画面で何かを察知した様子。 ロード画面から切り替わり、見慣れた無人島移住パッケージのカウンターが映し出されると笑いながら「夢を汲んでくれたわけだね」とすべてを察したようだ。 あまりの再現度に南無さんも笑いが止まらないが、じーたまさんが作り上げた再現作品のクオリティの高さには驚かされるという域を超えて、もはや危険なニオイすら感じさせられる。 本来ならばこのカウンターでは名前や誕生日、キャラクターの外見などが設定できるが、これは南無さんのために作られたこの再現作品。 プレイヤーキャラクターは既に決められていた。 性別を選ぶと現れたのは、なんともテルマエなキャラクター。 南無さんがさんが好きという情報をもとに作ったとのことだが、これまた危険なニオイだ。 完成度の高さとヤバい雰囲気が入り混じるカオスな無人島 この再現作品が如何に完成度が高くヤバさに満ち溢れているか知っていただいたところで、動画で確認することができるヤバさ満点の注目ポイントをご紹介しよう。 とてつもなく気合が入っているOP 島での生活初日までをおおよそ再現しているじーたまさんの再現作品。 島の造形や会話、島での行動などできる限りの再現がされているが、中でも注目なのがゲーム開始時に流れるオープニング映像の再現だ。 『あつまれどうぶつの森』のオープニングでは島での魅力を最大限に詰め込んだイメージ映像が流れるのだが、この再現作品ではそのオープニングもしっかり再現されている。 オープニング映像の中でも前半の気合の入り方は素晴らしく、ビーチでくつろいでいる村人や、季節を感じさせる光景を再現。 特に夏のイメージ映像などはセミの動きなど細かい場所まで再現しており、とてつもない気合を感じる。 じーたまさんの声で再現されたBGM 『あつまれどうぶつの森』を再現したこの作品の中でもクセになるポイントが、じーたまさん自身の声で再現されたBGMだ。 作品の中ではオリジナルを可能な限り再現したBGMが流れているが、一部の効果音などを除き、そのほとんどがじーたまさん自身の声を録音した音源を使用。 このBGMは絶妙に再現度が高く、音を入れるタイミングを間違えた音声などもそのまま使用されており、これがまた独特の雰囲気を醸し出している。 オープニング映像やプレイ中など、作品の中ではあらゆる場面でじーたまさんによる再現BGMが流れているが、エンディングでもバージョン違いのBGMが用意されていた。 エンディングではオープニングとは違い、とたけけ風の歌い方でBGMを再現してみたとのことで、細かなこだわりを持って再現を楽しんでいたようだ。 絶妙にヤバいバランスで『あつまれどうぶつの森』を再現したじーたまさんの作品だが、なんと『Dreams Universe』での作品作りは初めてとのこと。 初めての作品とは思えない気合の入った再現作品をぜひご覧いただきたい。 ゲームを作るゲーム『Dreams Universe』で『あつまれどうぶつの森』を再現した動画、『Switch無い友達に「あつ森」作ってあげた【Dreams Universe】』。 絶妙なバランスで再現された『あつまれどうぶつの森』の様子をご覧になってみてはいかがだろうか。 まずは住民リセマラからスタート ・パックマンやボンバーマンを完全再現!? 想像を形にできるゲーム『Dreams Universe』の創作作品を楽しむ動画がバラエティ豊かで面白い【投稿者:シモエル】 「友達」をもっと詳しく.

次の

Switch品薄で遊べない友達のために『あつ森』を完全再現!?

あつ森 友達を作る

3月20日に発売が迫ったニンテンドースイッチ対応ソフト『 あつまれ どうぶつの森』では、多人数でゲームを楽しめるマルチプレイが用意されています。 既に子供との無人島生活を夢見る親御さんや、友達同士での釣り大会などに胸を膨らませている方も多いでしょう。 ここで気になるのが、マルチプレイの仕様です。 マルチプレイには何台の本体やソフトが必要なのか? どんな種類のマルチプレイモードがあるのか? 「Nintendo Switch Onlie」への加入は必要なのか? など、本記事ではそれらマルチプレイ周りの内容をまとめて解説します。 まずは、 最大8人でお互いの島を行き来して遊べる「通信プレイ」について。 人数分のニンテンドースイッチ本体とソフトが必要な「通信プレイ」では、一緒に遊んでいるプレイヤーが自由に島を散策できます。 既存シリーズでのマルチプレイ経験がある方は、それらと同じモードをお考え下さい。 「通信プレイ」は、ニンテンドースイッチを持ち寄って遊ぶ「ローカル通信」と、インターネットを経由して離れたプレイヤーと遊べる「インターネット通信」から選択できます。 「ローカル通信」でプレイする場合、インターネット環境や「Nintendo Switch Onlie」への加入は必要無し。 共に暮らす家族とのプレイや、友達と直接集まってのプレイを考えている方は、こちらがおすすめです(例:家族3人でプレイする場合は、ニンテンドースイッチ本体とソフトが3つずつ必要)。 一方の「インターネット通信」では、インターネット環境や「Nintendo Switch Onlie」への加入こそ必要なものの、直接集まらずに「通信プレイ」を楽しめます。 ニンテンドースイッチのフレンド同士はもちろん、一時的に発行したパスワードを使ってフレンド以外ともプレイ可能。 ボイスチャットなどを用いて直接集まらずにプレイする場合や、離れて暮らす家族とのプレイを考えている方は、こちらがおすすめです。 また、SNSとパスワードを活用して初対面のプレイヤーと遊んだり、動画配信などで参加型企画を実施予定の方もこちらを選択する必要があります。 必要なニンテンドースイッチ本体とソフトが1つずつと、お財布に優しいのも嬉しいポイント。 インターネット環境や「Nintendo Switch Onlie」への加入も必要ありません。 人数分のコントロールを必要としますが、Joy-Conの横持ち(1本)にも対応していますので、ニンテンドースイッチ本体付属のJoy-Conだけでも2人プレイが可能。 3人~4人でプレイする場合も、Joy-Conの単品購入だけで済みます。 「パーティモード」は1つの画面で全員が遊ぶため、プレイ方法も少し変化。 呼び出したプレイヤーが「リーダー」、それ以外は「フォロワー」として、「リーダー」に付き添う形でプレイします。 なお、「リーダー」「フォロワー」の役割はいつでも交代可能。 また、「フォロワー」が入手した生物などは、後ほど「リサイクルBOX」に届けられます。 「プレイ方法が少し変わっても、安くマルチプレイを楽しめるなら良い」、「1人ではそこまでプレイしないものの、パートナーや子供に誘われたら一緒に遊びたい」「プレイ方法が少し変わるのは残念だけど、普段から家族と同じ島を共有して楽しみたい!」などの方は、こちらがおすすめです。 《茶っプリン》.

次の