あいの うた ドラマ。 ドラマ感想文(あいのうた)

あいのうた ドラマの感想(菅野美穂)

あいの うた ドラマ

解説 [ ]• CHARAが主演の配給・映画「」主題歌。 このシングルで、映画内の架空のバンド、YEN TOWN BANDが実際にデビューした。 このシングルで、CHARAは自身初の1位獲得を果たしている(2016年現在、ソロ名義での同チャート1位は未達成)。 発売から22年後の2018年には、柔軟剤「」CMソングに起用された。 CHARA名義の作品で現在の所、収録されているアルバムは『』、『JEWEL』 セルフカバー 、『』に収録されている。 また、最大のヒット曲である『やさしい気持ち』と共に自身のコンサート等で頻繁に披露されている程である。 系ドラマ、(第1話)の挿入曲として使用された。 収録曲 [ ] 全作曲・編曲:• Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜 (作詞: , , 小林武史)• Mama's alright (作詞: 小林武史, , ) カバー [ ] CD・音源化 [ ]• - ベストアルバム『』ボーナストラックとして収録。 プロデューサーの小林武史がメンバー(当時)のため、事実上の。 また、タイトルは『 あいのうた 〜Swalowtail Butterfly〜』となり、本題と副題が入れ替わったものとなった。 - カバーアルバム『』に収録。 - カバーアルバム『』に収録。 2007年 - オムニバスカバーアルバム『SOUND OF KULA』に収録。 2007年 - キャラクターソングミニアルバム『』に収録。 - カバーアルバム『』に収録。 - ミニアルバム『』に収録。 2010年 - カバーアルバム『』に収録。 2010年 - アルバム『ミツケテ』に収録。 - カバーミニアルバム『DISCOVERY』に収録。 2013年 - アルバム『』初回限定版に収録。 - カバーアルバム『WOMAN2 〜Love Song Covers〜』に収録。 2014年 - カバーアルバム『』に収録。 - アルバム『』 ファンクラブ・『Spitzbergen』会員限定盤 特典ディスク に収録。 - アニメ『』キャラクターソングシングル「ユキ カバーソングシングル」に収録。 非音源化・ライブでのカバー [ ]• - - 自身のラジオ番組『』の1コーナー「歌え! aiko」にて歌唱。 - ライブ『雨女の逆襲』で歌唱。 - ライブ「LAWSON presents 豊崎愛生 コンサート2018 『AT living』」 2018年11月25日公演分 にて歌唱。 脚注 [ ] [].

次の

あいのうた

あいの うた ドラマ

『 あなたに逢えてよかった』(あらすじ) 片岡(玉置浩二)は秀子(岸田今日子)から入院を勧められたが、クリスマスが近いことから子どもたちと一緒にいられる在宅での治療を希望。 片岡の気持ちを察した洋子 菅野美穂)は、彼とともに頭を下げて秀子に頼み込む。 やがて片岡と洋子、子どもたちはそれぞれクリスマスパーティの準備を始める。 片岡は子供たちへのプレゼントをそろえ子供たちはパーティーでやるマジックの特訓を開始。 洋子は房子(和久井映見)と料理に取り掛かる。 そして洋子は生まれて初めてのクリスマスパーティーを愛する人たちと存分に楽しむ。 (感想です) 《初めてのクリスマス》 クリスマスが終わったら、出て行ってくれと、片岡は洋子に言った。 それを切り替えして、洋子は、片岡の心を見透かし、「私は、ここに居たいと答えた。 」 それを房子に報告し、二人は、片岡にとっての最後のクリスマスとなることを思い、一瞬言葉に詰まる。 「今だけね」と、抱き合って涙に暮れる。 笑いながら日を過ごすには、心の重荷が大きすぎます。 クリスマスパーティー当日。 子供達も、父親を喜ばすため練習したマジックを披露。 亜希の番になり、涙をこらえながらの熱演。 もう、画面が歪んでいました。 父は、子の為にプレゼントを選び、子は、サンタにプレゼントはいらないから、お父さんをずっと言えに居させてくださいと、祈る。 親子の感情がぶつかり合う。 片岡への洋子のプレゼントは、アロハシャツ。 それぞれの願いが、春より先に、見たい姿。 洋子はそっと家を抜け出し、近くの教会へ。 むしょうに母と話がしたくなった。 きっと母は愛することを知らなかったに違いないと思え、「私を生んでくれてありがとう」と母を許せた。 心配した片岡が捜しに来た。 「私はどこへも行かないよ。 」 ありがとう優二さん。 あなたに教えてもらいました。 この世界はなんて素敵なんだろう。 その後の話は 柳沼は、モモコの気持ちにやっと気付いた。 これから付き合うらしい。 飯塚は、房子に告白するも、はぐらかされ、年をとったときに、気が変わるかもしれないと言われた。 優二は、期限付きの命だったが、春になり、奇跡かもしれないが、まだ洋子の側で笑顔を見せていた。 途中で台詞が聞こえないくらい、泣いていましたが、この終わり方、本当の『あいのうた』でした。

次の

あいのうた DVD

あいの うた ドラマ

あいのうたのあらすじ・作品解説 あいのうたは、2005年10月12日から同年12月14日まで日本テレビで放送されたドラマで、全10話放送された。 主題歌は玉置浩二の「プレゼント」である。 脚本は、NHKの朝の連続テレビドラマ「ちゅらさん」等数々のドラマで知られる岡田惠和である。 この作品は、菅野美穂演じる不幸を絵に描いたような人生を歩んできた性格ブスの松田洋子が、愛妻を亡くしたものの子どもたちと幸せに暮らす玉置浩二演じる片岡優二に出会い、片岡やその子どもたちと一緒に暮すことで心の温かさを取り戻していくハートフルラブストーリーである。 片岡の子どもは3人で、長男の片岡大を佐藤和也、長女の片岡亜希を山内菜々(現・日向ななみ)、次男の片岡隼を渡邉奏人が演じている。 2006年3月24日にはDVD-BOX、DVDが発売され、特典映像などが封入された。 DVD単巻も同時に発売され、Vol. 1からVol. 4まである。 そしてドラマのシナリオや脚本家岡田惠和の書き下ろしエッセイが収録された書籍も発売されている。 あいのうたの評価 総合評価 4. 00 4. 00 1件.

次の