ワーゲンバス。 ワーゲンバスが電気で走る! フォルクスワーゲン T1を邦貨約756万円でEV化できるという誘惑

2022年に生産開始 フォルクスワーゲン 新型ワーゲンバス T7 ID Buzz 2018 画像・動画情報

ワーゲンバス

フォルクスワーゲンのコンセプトモデル「e-Bulli」。 Volkswagen• フォルクスワーゲンが、ワーゲンバスのバッテリー駆動バージョンを発表した。 e-Bulliと呼ばれ、懐かしいルックスとモダンなテクノロジーが完璧に融合している。 1966年式のバスの2倍のトルクと馬力、時速130kmという最高速度、そして200kmの航続距離。 さらに、e-Bulliは細心の注意を払って復元されていて、レザーシート、ウッドパネル、LEDライトなどを備えている。 これは単なるコンセプトモデルではない。 ヨーロッパのワーゲンファンは、約770万円の追加費用でバスをEVにすることができる。 フォルクスワーゲン(VW)はを持っているが、それでも同社の歴史の中で最も人気の高いモデルを電気自動車化する誘惑に抗えなかった。 その1つが、1960年代の有名なタイプ2(ワーゲンバス)で、VWはこのモデルを「」という完全に電気化された新しい姿で発表した。 e-Bulliは、新世代のEVとノスタルジアを誘発するバスを組み合わせたもので、同社はコンバージョンキットを提供する。 e-Bulliを開発するにあたってフォルクスワーゲンは、電気モーターとおしゃれな部品を使ってビンテージ車を改良することに特化したチューニング会社、と協力した。 eClassicsは1966年式のワーゲンバスのエンジンをVWの最新電動パワートレインに換装した。 さらに、内装には革張のシートと新しい技術が採用され、外装にはLEDヘッドライトにツートンカラーの塗装が施されている。 VWは計画だが、そのベースとなっているオリジナルのミッドセンチュリーのバスと同じだけの魅力や特徴を持つことはなさそうだ。 つまり、e-Bulliは両方を併せ持つ最高の車ということになる。 幸い、同じように感じているヨーロッパ在住のVWファンは、自分のバスをeClassicsでコンバートすることができる。 フルコンバージョンの価格は約770万円で、には他のオプションもある。 コンバージョンは安くはないが、現時点では、優れたEVがこの価格より安くなることは。 レトロで未来的なe-Bulliの詳細を見てみよう。

次の

[ワーゲンバス]車中泊生活を送っているワーゲンバスキャンピングカーの内装を公開いたします!

ワーゲンバス

クリックできる目次• バンくんの種類 フォルクスワーゲンType2:通称「ワーゲンバス」 1978年製で、キャンパー WESTFALIA(ウェストフェリア)という、内装がキャンピングカー使用のワーゲンバスです。 ワーゲンバスキャンピングカーの内装を大公開!! 全体像 ベッド 後ろのスペースはシングルサイズの布団がちょうど置ける広さとなっています。 布団の下にはマットレスも敷いているため、寝心地は抜群です。 家で布団で寝るのとなんら変わりはありません。 照明・スピーカー 照明とスピーカーは写真のように天井からぶら下げています。 照明はColemanの「 LED マルチパネルランタン」を使用しています。 リンク 火力も十分で、ガスも1ヶ月程度は持つのでガス代は月1600円程度です。 折りたたむと、平べったくコンパクトになり、収納性も高く重宝しています。 クローゼット 服は全てベッド上のクローゼットに収納しています。 1週間分の衣類だけを積み込み、1週間ごとにコインランドリーで洗濯をするサイクルで回しています。 収納 ベッド横の棚には生活用品や、車の修理用品を積んでいます。 ベッドの下にも収納スペースがあり、アウトドア用品などを収納しています。 限られた空間ですが、収納スペースは意外と豊富なんです。 撮影機材 GoProやドローン等の撮影機材は小物入れにまとめて保管しています。 電源 電源はsuaokiの「 ポータブル電源 PS5B」を使用しており、電力は全てこのポータブル電源を使用しています。 大容量でたっぷり使えて、合計5つの充電ポートを備えているのでとても使い勝手が良く最もオススメする製品です。 詳しくは下記の記事で紹介していますので参考にしてください。 カーテン 車中泊で快適に過ごすために「 カーテン」はとても重要な要素です。 外から車内を覗かれるのを防ぐだけでなく、日光を遮ることで車内の温度上昇を防ぐ効果もあります。 このような薄い生地1枚でも断熱効果が大きく、車内温度を一定に保つ大きな効果を発揮してくれます。 カーテンレールが付属していたので、自分でカーテンを作成して使用しています。 窓には網戸がついていて、窓を開けても虫が入って来ることはありません。 北海道の夏だと、窓を開けてカーテンをするだけで快適に過ごすことができます。 ワーゲンバスキャンピングカーという狭い空間で暮らして感じること 最も感じるのが、広い部屋に住んでいようが、狭い家に住んでいようが「 幸福度」は大きく変わらないということです。 僕は家で生活していてもソファーでやベッドで寝ている時間が大半です。 なので結局家だろうが、車内だろうがやることは大き変わらないのです。 車で生活をしていると「疲れないの?」、「寝れないでしょ?」と言われることが良くあるのですが、全くそんなことはありません。 ベッドもシングルサイズ以上あるため、普通の布団で寝るのとなんら変わりはないのです。 むしろ全てのものが手の届く範囲にあり、「 非常に便利な自分の空間」として居心地の良いものになっています。 どこに旅をしても自分の居心地の良い空間で寝ることができるのはむしろ快適だとさえ感じている程です。 多くの人が広い家に住みたい感じることもわかりますが、「 果たして本当にそうなのかな?」と感じています。 まとめ 以上、今回は僕がバンライフを送っている車内の内装を公開いたしました! キャンピングカーの中って意外と見たことがなくて興味がありませんか? 僕も他人のキャンピングカーを見るときはワクワクします。 なので今回は僕のバンの内装を紹介いたしました。 バンライフや車中泊に挑戦しようと考えている人は、是非今回の記事を参考にして、必要なアイテムを選んで快適な生活を送ってください!.

次の

タイプII(フォルクスワーゲン)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ワーゲンバス

日本では"ワーゲンバス"などの名で親しまれてきたフォルクスワーゲンのタイプ2(ちなみにタイプ1はビートルだ)正式名称はトランスポーター。 商用車やキャンピングカーなど、様々な用途に使われてきたタイプ2の60年以上にわたる長い歴史を振り返る。 ヒントは簡易運搬車 今から13年前の2001年に、フォルクスワーゲンは自社の歴史の再現を試みている。 冬のデトロイト・オートショーで、タイプ2の後継モデルとしてマイクロバス・コンセプトを発表したのだ。 プラズマテレビを搭載し、フロアに半透明のゴム素材を敷くなど未来的なインテリアに対し、どこか懐かしい雰囲気のエクステリアを組み合わせるなど、新旧の要素を絶妙に取り込んでいた。 メカニカルのベースはタイプ2の第5世代、フロントエンジンのT5だったが、空冷特有のカラカラというサウンドをともなうリアエンジン仕様のタイプ2を思い起させるようなコンセプトカーだった。 実はこのコンセプトカーがデザインされたのは、これよりさらに10年ほど前のことだった。 カリフォルニアにあるVWのデザインスタジオで、チャールズ・エルウッドがビートル・コンセプト(コンセプト1)と共に手がけていたのだ。 売上と利益が落ち込み、北米で人員削減も行われる中、VWは世界の目をその苦境からそらして自社の歴史へと向けさせたのである。 このことが象徴するように、タイプ2がたどってきた道のりは単純なものではなかった。 VWの創造者フェルディナント・ポルシェは、第二次世界大戦前から国民車のバンを造ることを検討していたが、実際に現実のものとなったのは戦後のことだった。 その立役者となったのが、イギリス陸軍電気機械技術兵団のアイヴァン・ハースト少佐である。 1945年8月にニーダーザクセン州のKraft durch Freude(K. F:歓喜力行団、現ヴォルフスブルク)市にやってきたハーストには、ビートルの生産再開という使命が課せられていた。 実際のところ彼の行動力は目覚ましく、空襲で壊滅状態にあった工場の生産ラインを再建したハーストの努力は今でも語り草になっているほどだ。 1946年にイギリス軍が撤退し、同時にフォークリフトさえ持ち帰ってしまった。 そこでハーストは工場内で使う目的で、荷台の付いたプラトンワーゲン(つぶれた車の意)という簡易運搬車を考案する。 ビートルのラダーフレームと車軸を用いたもので、それは1994年まで使われ続けたあのフラットフォーの上に、屋根のない運転席を設けたようなものだった。 ある時、オランダの輸入業者ベン・ポンがこのプラトンワーゲンを目にした。 彼はオランダにある足こぎの運搬車とよく似ていると思い、自分にも1台造ってもらえないかと頼んだ。 豊かな想像力でアイデアをさらに膨らませたポンは、1947年4月、ルーズリーフに、あるスケッチを描く。 パンのような形、キャブフォワードの運転席、リアエンジンで積載量750kg。 それは、まさにその後タイプ2となる車そのものだった。 だが、このバンを作る仕事に取りかかるために必要な資材を集めるのには、さらに1年を要した。 ついに1948年、ハーストはこの車の開発をアルフレッド・ヘズナーに任せた。 ヘズナーとは、軽量の空冷エンジンで知られるフェノメンという会社で働いていた人物である。 ちなみに、同じ頃にダイムラー・ベンツの伝説的エンジニア、ルドルフ・ウーレンハウトがハーストからの採用オファーを受けている。 だが結局ウーレンハウトは「私はメルセデスマンです。 会社はきっと復活します」と言って仕事を辞退した。

次の