サロンパスa 授乳中。 授乳中に湿布は貼っても大丈夫?市販薬の母乳への影響は?

授乳中に湿布は貼っても大丈夫?市販薬の母乳への影響は?

サロンパスa 授乳中

授乳中の湿布は赤ちゃんに影響しない? 授乳中に湿布を使用していいかどうかは、 医者でも見解が分かれるところです。 ただ、湿布は皮膚に貼るものなので、 飲み薬と比べたときに、 薬の成分が血液に入る量が少なく、 大きな問題にはならないので、 湿布の使用を認めている医者が多いようです。 *血液が母乳になります。 しかし、 授乳中に使用すると 赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がある 湿布もあるので注意が必要です。 それでは、 個々の湿布について見ていきましょう。 このよく効くというモーラステープには、 炎症の原因を抑え、 痛みを和らげる作用があります。 よく効くということは、 有効成分が皮膚にしっかり浸透して、 炎症などを抑えているということになります。 皮膚に成分がしっかり浸透するということは、 母乳のもとになる血液にも流れているという ことになりますよね・・ そして、それだけ強い薬なので、 副作用も強くなります。 厚生労働省から 「授乳中、妊娠中に モーラステープ使用すると 胎児に影響が出ることがある」 という発表がありました。 授乳中ではないのですが、 分かりやすい副作用の例をあげると、 妊娠中にモーラステープを使用した 妊婦さんの羊水が少なくなった という報告があります。 万が一のことを考えるなら、 使用を控えましょう。 授乳中にロキソニンテープは影響する? ロキソニンテープは 赤ちゃんに影響するのでしょうか? ロキソニンテープも 湿布の中では吸収が良く、 薬用成分の血中濃度も上がります。 さらに、 薬用成分が母乳へ移行することも 確認されています。 ただ、飲み薬と比べると、 薬用成分の吸収率は 無視できるぐらい悪いのが真実です。 念のため、 薬剤師のママ友に相談したら、 「母乳に移行したとしても、ごくわずか。 無視できる範囲だよ」とのこと。 なので、体中にべたべた貼って、 長期間使用しなければ 授乳中でも心配いらない というのが結論です。 「第1類」「第2類」「第3類」の中で、 妊娠中、授乳中ともに 使用が認められている湿布薬は 「第3類」と表記されているものです。 代表的な商品名でいうと、 サロンパスAeや アンメルツヨコヨコ が該当します。 ちなみに、 「第2類」は、 使用上の注意があったり、 医者の許可がいるもの、 代表的な商品でいうと、 サロンパスEXが該当します。 *注意 サロンパスには、 サロンパスAeとサロンパスEXがあるので、 注意しましょう。 「第1類」は、 基本的に授乳中は使用禁止です。 この「第1類」のに該当する市販の湿布は、 フェイタスZシップ、 ジクロテクトテープ ボルタレンACテープなどです。 もし、「第1分類」「第2分類」の 湿布が手元にあって、 使用していいのか迷っているママは、 辞めておきましょう。 もし、市販の湿布薬を使う場合は、 必ず分類を確認して、「第3類」に 分類されているものを使いましょう。 湿布の安全な使用法は? 比較的安全な湿布を貼るにしても、 なるべく赤ちゃんに影響が 出ないようにしたいですよね。 そのためには、 湿布の貼り方や貼る時期が重要です。 湿布を貼る位置は、 赤ちゃんに触られない場所、 赤ちゃんに舐められない場所 を選びましょう。 また、 湿布を貼った後の手で、 赤ちゃんの目、顔を触らないように 気をつけてくださいね。 ママに貼ってあった湿布が、 寝ているあいだに剥がれてしまって、 赤ちゃんの顔に・・という体験談も 聞いたことがあるので、 寝ているあいだに 湿布が剥がれないように 注意しましょう。 そして、さらに安全性を高めるなら 生まれて間もない新生児期は、 代謝、排泄機能が未熟なため、 湿布を貼るのはなるべくなら 我慢しましょう。 (だいたい生後1ヶ月ぐらいが目安です。 ) スポンサーリンク まとめ 湿布は飲み薬と比べると、 母乳に薬用成分が移行する濃度が かなり低いので、 比較的安全といえます。 きょう紹介した湿布を参考に、 なるべく安全なものを選びましょう。 ただし、 安全な湿布でも、 長期間、大量に使用するのは 避けましょう。 授乳中の腰痛や腕の痛み、 肩こりは多くのママが経験しています。

次の

授乳中はサロンパスを使っちゃダメ?母乳や赤ちゃんへの影響と4つの注意点

サロンパスa 授乳中

スポンサードリンク よく授乳中はサロンパスを使ってはいけないと言われます。 しかし産後は、肩こりや首凝り、腕の凝り、腱鞘炎、腰痛などに悩まされるもの。 サロンパスは痛みを和らげるのに重宝しますね。 妊婦さんが使っては、本当にダメなのでしょうか? 疑問だったので、サロンパスの説明書をチェックしました。 すると意外なことが判明! この記事では• 製薬会社は「授乳中のサロンパスがNG」とは言っていない• サロンパスが授乳中NGといわれる理由• 授乳中にサロンパスを使う時の4つの注意点(敏感肌、赤ちゃんの肌に付けないようにする、赤ちゃんの顔に近付けない、赤ちゃんの手の届くところに置かない) こうしたことについて紹介していきます。 では、いきましょう。 授乳中、サロンパスNGの根拠がない サロンパスを使うと、肩こりや首凝り、腰痛といった産後の悩みを和らげることができます。 それなのに使えないなんて辛すぎる! そこで、サロンパス商品に添付されている説明書をチェックしました。 説明書には使用上の注意やNG事項が書かれています。 そこに、授乳中の女性に関する注意書きがあるでしょうか? 以下にまとめてみました。 (参考元:) サロンパスは、貼付薬、塗るタイプ、スプレータイプ、冷感・温感など、いろんな種類があります。 どのタイプも、授乳中の女性に対する注意書きはありませんでした。 薬は効果、副作用、成分、使用方法などについて国の厳しいチェックをクリアして、許可されているもの。 つまり使用方法を守れば安全と立証されているものなのです。 だから、説明書に書かれていないなら注意する必要なし! 薬のことが一番よく分かっている製薬会社が注意喚起していないのだから、NGの根拠はありません。 結論を言うと、授乳中でもサロンパス(表に紹介したもの)は使ってOKです。 ただし、筆者が商品の説明書を確認したのは2018年3月。 成分や使用方法について変更されることがあるので、使用するときは必ず説明書を確認してくださいね。 サロンパスが授乳中NGといわれる理由 説明書に注意書きがないのに、どうしてサロンパスが授乳中の使用をNGと言われるのでしょう? その理由は、サロンパスに含まれる一部の成分が、妊婦NGまたは要注意成分だから。 しかし第2類医薬品のサロンパスEX、サロンパスEX温感、サロンシップインドメタシンEXは「妊婦は使用前に医師・薬剤師・登録販売者に相談すること」となっています。 これは「インドメタシン」という成分が原因。 また、第2類医薬品のエアーサロンパスDXは、「フェルビナク」という成分が含まれていて、「妊婦や妊娠している可能性のある女性は使用禁止」です。 どちらも、妊婦や胎児にどのような影響を与えるのか不明(安全性が確認されていない)と、説明書に書かれているのです。 『胎児に対する影響が不安な成分を、授乳中に使って赤ちゃんは大丈夫なのか?』 こんな不安から、授乳中はサロンパスNGという話があります。 しかし女性の体の中にいる胎児と、生まれている赤ちゃんは全く別! どのサロンパスも「授乳中に関する注意書きが説明書にない」ので、授乳中でも使うことが可能です。 それでもどうしても心配で使うのが怖い! そんな人は商品を持って産婦人科医に確認しましょう。 市販薬は使わず、産婦人科医で安心して使える湿布を処方してもらうのがベストですよ。 市販薬ではサロンパスの他にロキソニンテープがあります。 こちらに関しては以下の記事で解説していますのでご参考にしてください。 授乳中にサロンパスを使う時の4つの注意点 上記のことから授乳中でも市販されているサロンパスを使えますが、次の4つの注意点を守ってください。 産後は肌が敏感になっている可能性あり どのサロンパスでも、肌が敏感な人は使わない方がいいでしょう。 実際に筆者が塗るタイプのサロンパスを使ったところ、皮膚が真っ赤になるだけでなく、我慢できないくらいヒリヒリ痛み、使えませんでした。 産後はホルモンバランスが崩れたり、睡眠不足だったり、母乳を出すことで体が一時的に栄養失調になっていたりして、肌が荒れたり敏感になっていることも! サロンパスを使う時は、必ず試してみましょう。 ほんの少しだけ使い、大丈夫だったら本格的に使うようにするのがおすすめです。 赤ちゃんの肌に触れないよう注意すること サロンパスの中でも、エアーサロンパスのようなスプレータイプや、塗るタイプは特に注意してください。 赤ちゃんの肌はとても皮膚が薄くてデリケート。 体を守る力がとても弱く、強い刺激を受けると炎症を起こします。 なにかの拍子に赤ちゃんの肌にサロンパスが付くと大変! 必ず赤ちゃんから離れて使うようにしましょう。 赤ちゃんの顔にサロンパスが近付けないこと 腱鞘炎や肩こりで、腕・肩・首などにサロンパスを貼ることがありますよね。 しかし、その箇所に貼って大丈夫でしょうか? 授乳のために抱っこしたり、ゲップのために立て抱きしたりした時、赤ちゃんの顔はどこにありますか? 腕や肩、首に赤ちゃんの顔は触れませんか? 大人でも湿布に顔を近付けると、鼻や目に刺激を感じて顔を背けたくなりますよね。 赤ちゃんだって感じます。 サロンパスを貼るタイミングや場所をよく考えて使うようにしましょう。 赤ちゃんの手の届く所に置かないこと 赤ちゃんは、なんにでも興味を示して掴もうとするし、手にしたものを口へ運ぶもの。 湿布が赤ちゃんの手の届くところにあったらどうなるでしょう? 掴んで口に入れてしまったり、顔に被ってしまったり! しゃぶって口の粘膜から成分を吸収してしまったり、最悪の場合は喉に詰まらせて窒息したりする危険も! サロンパスに限らず、赤ちゃんの周囲には絶対に薬を置かないようにしましょう。 確実なのは、薬を全て高い棚やフタ付きの箱にしまうこと。 これは、赤ちゃんに限りません。 子どもが危険性を理解できる年齢に成長するまで必要な配慮です。 まとめ サロンパスは、一部が妊婦NG(要注意)になっています。 しかし、商品の説明書には授乳中の女性に対する注意書きはありません。 よって授乳中は、サロンパスを使っても問題ありません。 どうしても心配な方は、医師に相談したり、産婦人科で安全な湿布を処方するのがベストです。 ただし、肌が敏感な人は使い方を注意したり、赤ちゃんの肌に付かないようにしたり、赤ちゃんの顔に湿布を近付けない、赤ちゃんの手の届くところに置かない、という4点は気を付けましょう。 授乳中だからといって過剰に不安になって、使える薬を我慢する必要なし! 説明書をチェックしたり、薬剤師や医師に相談したりして、上手に体をケアしていきましょう。

次の

授乳中の湿布は母乳に影響する!?腰痛・肩こり・腱鞘炎への対処法

サロンパスa 授乳中

母乳に影響のある痛み止め成分 腰痛に限らず、肩こり・筋肉痛etc・・・ 育児は体を酷使するので、あちこち痛くなりますよね。 抱っこや授乳で手首が痛くなった、というママは 「腱鞘炎」かもしれません。 セルフチェックをしてみましょう。 じゃあ、市販の湿布薬は母乳に影響はないのか? 実は、 成分によっては影響あります! ・ジクロフェナク ・インドメタシン これら 痛み止めの成分は、 血液を巡り 痛みを緩和させてくれます。 通常なら「痛み止め成分の吸収性の良さから、痛みを緩和する」という良い影響も、妊婦さんまた授乳中の方には影響が出る可能性も否定できません。 ただ湿布薬の場合は、飲み薬に比べて血液に入る薬の量が少ないことから使用を認めるお医者さんもいらっしゃいます。 湿布薬によっては配合薬が違うため、自己判断ではなく薬剤師または医師の助言のもとの使用をお勧めしますよ。 微量ながら 母乳にも移行するので、赤ちゃんに影響はないとは言い切れません。 たくさん貼れば成分の血中濃度も高くなります。 心配な思いを抱えるなら止めておいたほうが良いでしょう。 授乳中は口にするものも気をつけないといけません。 栄養バランスの良い食事は母乳に大切ですが、あまり気を張るのもストレスの元です。 手軽に簡単なジュースで栄養補給をしませんか? 奇跡のフルーツ「サジー」はトマトの20倍以上の抗酸化力があります。 もっと詳しくはこちら。 厚生労働省から妊婦さんまた 胎児への影響が報告されているため、妊娠中また産後の授乳期は禁止という発表が出されています。 ご注意くださいね。 アルコールも血液から母乳に移行します。 注意して市販の湿布薬を選ばなければなりません。 この第1類医療品の湿布薬は、 妊婦さんはもちろん授乳中のママも使用は止めた方が良いです。 第3類の薬品に比べたらよく効きますし、授乳での影響は少ないと判断され授乳中でも大丈夫と使用許可する先生もいます。 しかし心配を抱えるのなら止めておきましょう。 例えば前述した注意したい成分の一つ 「ジクロフェナク」 この第2類医薬品で販売されている 「ボルタレン」「ジクロテクト」といった商品名のテープやゲルはジクロフェナクトが有効成分の鎮痛剤です。 使用上には注意してくださいね。 第3類医薬品のものなら 授乳中でも使ってもほぼ大丈夫! とはいえ、 アレルギーや肌の荒れやかぶれなど別の問題もあるので100%大丈夫とは言いきれません。 第3類医薬品の湿布薬には ・アンメルツヨコヨコ ・サロンパスA ・腰痛パテックス ・パテックスうすピタシップ というような商品があります。 必ず使用する際には、取扱説明書をよく読んで使いましょう。 スポンサーリンク 授乳中は湿布薬・塗布薬の使う場所に注意! 授乳中に赤ちゃんに影響ある成分の湿布薬を貼ってしまった!! といっても2~3枚を使用したからといって、急な赤ちゃんの体調不良に陥る原因となることは稀でしょう。 長期的な使用・大量に使用した場合に、心配なようなら医師に相談した方が安心です。 また授乳中に湿布薬や鎮痛剤を使用する場合には、使用する場所の配慮が必要です! 赤ちゃんが口にする場所はもちろん、赤ちゃんが触ったりするような場所には使用しないようにしましょう。 産後の肩こりや腱鞘炎といった痛みがある時は特に注意が必要ですね。 「首周り」「肩」「乳房周辺」 といった部位は授乳や抱っこといった日常のお世話で、赤ちゃんが簡単に触れてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。 さらに無理して動けなくなってはいけません。 薬品を使うべきところは使いましょう! 第1医薬品や第2医薬品のものでも、医師によっては推奨します。 しかし安全性は100%ではありません。 最終的に大事なお子さんを守れるのはママや家族です。 使用にはご注意してくださいね。 2人目が欲しいけど・・・ 旦那が疲れ果てていてそんな元気も無い。

次の