妊娠超初期 胸が張らない。 妊娠と胸の変化。張る?張らない?どっちが正しい?

生理前に胸が張らないときに知っておきたいこと

妊娠超初期 胸が張らない

妊娠しなかった周期 私の場合、妊活を始めるとPMS(月経前症候群)が強くなります。 PMSはホルモンバランスが崩れたり、ストレスが強くなることで発症します。 また、性格的に几帳面で完璧主義だと発症しやすいそうです。 妊活中って、やっぱりストレスが強くなりますよね。 細胞レベルの戦い。 目に見えない戦い。 それが自分の体の中で行われているのに、直接的には自分でどうしようもできない。 それでいて、やはり妊活は女性の方に負担もかかります。 妊活はというか、妊娠・出産は女性の身体でしか行えません。 その緊張感がまた、ストレスを強くしているんだと思います。 それで、排卵日1週間後くらい、うまくいけば着床してるかな?っていう期間からずーっと、生理痛がやってくるんです。 そして、検索しまくって、下腹部痛があっても妊娠していた、という投稿を見て、また期待する。 というのを毎月していました。 今も、生理痛が来ても、毎月検索して期待値をあげています。 笑 それがダメなんだと思うので、やめたいなーと思いつつ、やめられない自分がいます。 妊娠した周期 基礎体温をきっちり測った 妊娠した周期は、本気で妊活しようと思い、本を買って勉強し、基礎体温を測ってタイミングを取りました。 それまで測ってなかったんかーい!笑 と言っても、28日から30日で安定しているので、それまでもタイミングがズレることはありませんでした。 基礎体温を測るのに疲れたら、一旦休んでもいいと思います。 できるだけ多くタイミングを取った 排卵日前後はできるだけ多くタイミングを取りました。 それまでは、1日から2日おきがいいという情報だったけど、妊娠率をあげるにはできるだけ多く!と本で読んで、その通りにできるだけ多くタイミングを取りました。 でも、1回で妊娠する人もいるし、絶対的な要因ではないですよね。 冷えに気をつけた 常に靴下を履いたり、家でもダイニングテーブルの下に絨毯をひいたり、寝るときもしっかり布団をかぶったり、と思いつく冷え対策はしました。 食事とかは気をつけていません。 料理が苦手なので、とりあえず温かい物をたべるように、という位でした。 仕事でステップアップの精神的解放 専業主婦をしていたのですが、妊活中ずっと家にいるとダメだと思い、パートに出ることになりました。 そこで、正社員にならないかって言ってもらうことができ、じゃあ今すぐ妊娠しなくてもいっか!と思ったのです。 割りかし本気で、まだ妊娠しなくてもいっかって思ったんです。 妊活は続けるつもりでしたが、正社員になれるタイミングがあれば、一旦休憩しようかと思っていたんです。 これが一番大きかったんじゃないかなと思います。 やっぱり、 精神的な解放感というか、自分1人に妊娠を背負いこんでいた部分があったので、『子供がいなくても別にいいや』って思えた心の変化は、私の中では大きかったと思います。 極論を言えば、夫婦だけの生活だったら街中のマンション買って、週末は飲みに行って、って考えて、2人で稼げば贅沢な暮らしができるやん!と、テンションもあがりました。 今すぐ妊娠できなくていい、という理由ができた2週間後に妊娠がわかりました。 ちょうど排卵の時期にそんな気持ちの変化がありました。 今すぐできなくてもいいと思っていたけど、心の奥では今すぐでも欲しい気持ちもあったので、妊娠が分かった時は嬉しかったです! 妊娠超初期症状は? あれは着床痛? ちょうど基礎体温で排卵したと思われる日の8日後に、3分くらいの猛烈な腹痛がありました。 思い返せばあれが、着床痛だったのかな? わかりませんが、盲腸かなと思ったくらい痛かったです。 あっ、盲腸にはなったことはないんですが、想像です。 生理痛も下腹部痛もない なーんにも痛くなかったんです。 妊娠しなかった周期は、PMSでお腹が痛くなると、これはもしや妊娠?と思っていたんだけど、 私の場合は、何もないことが予兆だったみたいです。 何もなかったので妊娠している!と自覚があり、妊娠した周期は超フライング検査もせず、安心して待っていることができました。 胸の張りは生理予定日を過ぎてから いつもは生理前に胸が張りますが、生理予定日まで胸が張らず、妊娠がわかったくらいから張ってきました。 初めて買った妊婦グッズがブラジャーだったくらい、とにかく張ってきました。 生理前に張ってこなかったので、妊娠したかな、と思うことができました。 3週の頃にジェットコースターに乗った 今思えば、めっちゃ怖いことしたなーと思うのですが、もう着床している頃にジェットコースターに乗り、ブンブン振り回されました。 それもUSJのハリーポッターとハリウッドドリーム。 けっこう激しいやつです。 結局、安静にしていても出来ない時は出来ないし、少々無茶しても、生命力の強い赤ちゃんなら大丈夫なようです。 今周期に頑張ること 勝手に意気込みを宣言しようと思います。 冷え対策 温かい飲み物を飲み、室内スリッパとレッグウォーマーを買います。 よもぎパッドも買ったけど1回しかできなかったので、またしてみようと思います。 基礎体温を測る 測っていたんだけど、暑くなってきて長男が夜に起きることが多く、うまく測れませんでした。 今回は、長男に飲み物を要求されても、とりあえず検温しようと思います。 夏休みの予定を立てる 夏に海やプールに行く予定を立てて、まあ出来なくてもいいや、っていう状況を作り出そうと思います。 穏やかに過ごしたい! 妊活中はどうしても、不安定になりがち。 精神的に強くなって、穏やかな気持ちで過ごしたいと思います。 毎日、楽しく過ごせるように意識しよう!少々お金使ってもいいや。 「できなかったらどうしよう」はやめよう! 赤ちゃんが出来ても出来なくても、幸せだなって思える自分でいることが、妊活を乗り越えられる秘訣なのかなって思います。 妊娠したってしなくたって、自分はすごい奴だって認めていかなきゃ、やってられないですよね。 自分で認められることが、心の余裕なのだと思います。 できてないけど。 まあいいかなって思った時に妊娠する、治療をやめたらすぐ自然妊娠した、という話は色々な所で聞くし、 いかにストレスを発散したりストレスを軽減できるかが、精神的に乗り越えられるかどうかの勝負なのでしょう。 と、今、自分に言い聞かせています。

次の

妊娠初期に胸が張らない!張らなくなる!は異常サイン?その原因とは

妊娠超初期 胸が張らない

妊娠初期に起こる様々な変化 妊娠してからすぐに妊娠の兆候、いわゆる体調や身体の変化が起こる方と、全然普段の生活と変わらずに生活されている方など様々な妊婦さんがいらっしゃいます。 変化に気付きやすい方と言えば、妊活に励んでいる方や、少しの体調の変化にも気付くといったデリケートな体質の方が多く見受けられます。 大体の方は、パートナーとのスキンシップをした後の次の生理が来るまでは何となく気になるといった方もいらっしゃいます。 そんな妊娠初期では、主に【おりものの変化】【熱っぽさ】そして【常にがとれない】【】等、人によってまだまだ沢山の変化があります。 やはり妊娠をすると、赤ちゃんをママのお腹の中だけで育てていくという事もあって、ママの身体には何かしらの変化が起きるのが普通の事です。 ただ、その妊娠の兆候や、身体の変化などは、一人一人違う事が当たり前の事ですから、 他の方の妊娠の兆候を参考程度に聞くのは良いと思いますが、それがそのまま自分の身体に当てはまるとは限らないので、 『他人は他人、自分は自分』 という風に割り切っておく事も大事な事です。 又、妊娠初期ではつわりもありますが、つわりも吐きつわりや食べつわり、などママの体の変化と同じで様々な症状があるので、その時々に応じたケアをしてあげる事が必要です。 関連記事 ・ ・ 妊娠したのに、胸の張らないのは何故? 一般的には妊娠をすると、ママの身体は【黄体ホルモン】が増えてくる影響で、乳腺組織や、母乳が通る乳管が働き出して膨張するようになります。 その結果として、胸が張るような痛みがあったり、バストアップをする事があります。 しかし、黄体ホルモンが他の方よりも少なかったり出産経験があるといった経産婦さん等は、あまり胸が張らないといったデータもあります。 又、日頃からバストマッサージをして、バストの血流を良くしていたり、バストを柔らかく保つような努力をされている方も、意外と胸が張らないという事もあるようです。 更には、妊娠初期のホルモンバランスの崩れや、妊娠初期のつわりなどによるストレス、体調不良等も影響して【胸が張らない】という事もあるので、 周りとあまり比較せずに過ごしていく事も大事です。 又、私の場合では妊娠していない頃の生理の時でも、生理前の胸の張りを感じる事がほとんどありませんでした。 よく友人は「生理前だから胸が張っていて痛くて。 」と嘆いていたり、「生理前だから食欲が止まらない。 」「無性にイライラする」等と言っていましたが、 あまり感情の波も激しくならなければ、胸も張らないといったように、生理に左右されずに生きてきたタイプでしたので、 妊娠初期も同じように胸が張らない状態は自分の中では特別おかしい事だとは感じませんでした。 なので、元々どちらかというと女性ホルモンが少ないタイプなのかもしれないと感じているので、それぞれのホルモンバランスの度合いによっても胸が張る・張らないはあると思います。 そうはいってもやはり妊娠すると、初期症状として胸が張るんだよね!という話を周りは良くしますので、 胸が張らない=赤ちゃんがうまく育っていない。 というマイナスな受け止め方をされてしまう方も中にはいらっしゃいますが、変に心配し過ぎないで、リラックスして、 『こういう事もあるんだな。 』 といった風に、割り切る気持ちも必要です。 関連記事 ・ 妊娠中、胸の張りを経験しなかった〜経験談〜 私は当時、妊活に勤しんでた日々がありましたが、基礎体温を計っていたので、だいたい妊娠の有無は、病院に行かなくても、薄々分かっていました。 そして何度か妊活を実践していた頃によくやく念願の高温期が続き、ドキドキしながら検査薬で検査をしてみると、妊娠していました。 その時はとても喜んでいましたが、今一妊娠の兆候はありませんでした。 高温期が続いているにも関わらず、微熱っぽさも無く、むしろ毛布をかけてないと夏場でも寝られない程寒く、胸の張りも全く見られませんでした。 その後にだんだんとつわりも酷くなり、胸の張りを気にする余裕すら無くなりました。 振り返れば当時、私は最初の妊娠時に双子を授かり、その時はその事で頭がいっぱいいっぱいになっており、 神経質になっているなと、自分でも思う程、妊娠初期の頃は悩んでいました。 初めての妊娠で右も左も分からない状態での双子妊娠、しかも主人は朝から晩までの仕事、両親は遠方にいて出産後も育児に協力してもらう事は出来ない。 等と先の事ばかり考え過ぎて、精神的に自分を追い込んでいた面もあったので、その事から黄体ホルモンがなかなか増加せず、 胸が張らない原因でもあったのかな?と感じています。 しかしそれから妊娠中期に入り、胸の張りを感じる事無く過ぎ、妊娠後期になっても胸の張りを感じずに出産に至りましたので、これは体質的な問題なのかな? とも最終的には感じました。 小胸の方は出産後に一気に張るケースも 私自身がそうだったのですが、一人目の妊娠の時は本当に胸の張りも無いし、バストアップも無くて、 『こんな小さいおっぱいで、授乳出来るのか?』 と、不安に思った事もありました。 普段だとAカップあるのか無いのか?といったぐらいの小ささで、妊娠中もAカップ止まりでした。 そのせいか乳輪も乳首も小さく、赤ちゃんの授乳育児に対しての不安は出産後の入院中も消えませんでした。 しかし、赤ちゃんに何度か授乳練習をしているとだんだんと胸も張ってきて、出産した3週間後ぐらいには3カップぐらいはバストアップをして、 乳頭保護器 ニップル等 も付けなくても乳首に吸いついてくれるようになりました。 なので、身体の変化は妊娠中も出産後も個人差がある事なので、そこまで心配されなくても良いです。 又、最近では色々な情報が簡単に見れるので、 『この時は、こうなるんだ!』 と、洗脳され過ぎてしまう事もあるので、一つの情報だけに偏らず、ある程度、第三者的な立場で経験談を聞く事も大切な事だと感じます。 妊娠において女性の胸と子宮はセットという風に考えられている方も多いと思いますし、それは決して間違ってはなくその通りですが、 だからといって妊娠初期に胸が張らない事が原因で子宮の中で育っている赤ちゃんがちゃんと育たない!という考え方はまた話が全然別だと感じます。 なので、健診時に医師からちゃんと赤ちゃんは成長していると言われていれば、まず問題はないものです。 私自身、妊娠初期から胸が張る事が本当に無く、その当時も深く気にする事もありませんでしたが、今になってみて言える事は胸が張らない事によって、 出産後に何かマイナスの事が起きる訳ではありませんでした。 むしろ胸が張る痛みを味わう事無くいつも道りの生活を過ごせた事に感謝していますし、ブラジャーも妊娠中に買い替える事なく、過ごせてお得だったな。 とプラスに感じています。 関連記事 ・ 妊娠初期の身体はデリケート 妊娠初期の身体は赤ちゃんがどんどん変化していくとてもデリケートな時期ですから、その体調の変化についていけない事も多くあります。 「」 こちらの本書は、そんな妊娠初期の悩みや気になる事などが書いてますので是非、参考にしてみて下さい。 初めての妊娠ですと自分の身体の変化に対して敏感になりやすいですが、様々な変化は、 【赤ちゃんが一生懸命生きている証】 でもありますので、どうか前向きに過ごして行ってください。 関連ページ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

生理予定日頃の胸の張り…なくなる場合、妊娠の可能性は

妊娠超初期 胸が張らない

妊娠中の座り方と骨盤の関係 妊娠中にしてはいけない座り方がある理由は、 骨盤が歪んでしまう原因になってしまう かもしれないからです。 骨盤が歪んでしまうと、骨盤周りの筋力の低下に よって骨盤が広がり、子宮が下がってきます。 便秘や腰痛、切迫早産や難産など さまざまな影響を及ぼす可能性があります。 楽な姿勢だと思っていても実はその座り方、 体に負担をかけているかもしれません。 やってはいけない座り方は横座りと、 正座を崩した形の八の字座りです。 横座りは、左右のどちらかに重心が傾いて しまうことにより、背骨がS字に曲がって 骨盤も歪んでしまいます。 八の字座りは、骨盤が広がって子宮が 下がってくる原因となってしまいます。 では、椅子に座る場合はどうでしょう。 浅めに座って背もたれに寄り掛かる姿勢を 仙骨座りといいます。 この座り方は、お腹と骨盤を圧迫してしまいます。 骨盤が歪みやすくなるだけではなく、赤ちゃんにも 負担をかけるのでやめましょう。 私が、普段から最もやってしまう座り方が足を 組む姿勢です。 多くの人が癖になってしまって いるのではないでしょうか。 これも、骨盤が歪んでずれてしまう座り方なので 意識してやめるようにしましょう。 妊娠中の正しい座り方 妊娠初期に正しい座り方を意識していないと、 妊娠後期に腰痛や恥骨痛に悩まされたり、 骨盤の歪みに繋がります。 床に座る場合は、何も敷かず直接座るなどせずに 必ず、座布団やクッションなどを敷きましょう。 一番良いとされている座り方はあぐらです。 股関節が柔らかくなり、安産に繋がるとも 言われています。 脚を開くことで子宮も圧迫されません。 背中を丸めずに背筋を伸ばし、膝は外側に 向けるようにしましょう。 腰を反らし過ぎるのも良くありません。 妊娠中に正座は良いの?という疑問を持って いる人も多いのではないでしょうか。 正座は、骨盤や背骨が正しい位置にくるので 長時間でなければ大丈夫です。 椅子に座る場合は、深めに座って背もたれに 寄り掛かりましょう。 背筋を伸ばして、 腰に負担をかけないことが大切です。 私もそうですが、デスクワークをしていると 長時間椅子に座っていることが多くなりますよね。 その際、時間が経つと無意識に前かがみになって きてしまいます。 そうすると、背骨が曲がったり お腹が圧迫されてしまうので十分気を 付けましょう。 休む=座るではない! 長時間の立ち仕事は妊婦さんの体に負担を かけます。 しかし、長時間座りっぱなし なのも注意してください。 デスクワークをしている妊婦さんなら、足の 浮腫みに悩まされる人も多いのではない でしょうか。 長時間座ったままだと、血管が 圧迫されてしまい足の浮腫みやしびれの 原因になります。 私も、足を組んでいるわけでもなくただ 普通に座っているだけなのに、だんだんと 足がしびれてくるという経験をしたことが あります。 妊娠中のデスクワークのしすぎは、 ふくらはぎと足首が同じ太さになるまで 浮腫んでしまいました。 座っているから体も休まっているという 考えは、大間違いです。 1時間に1回は 足腰を伸ばすようにすると良いでしょう。 血流を良くするために、座ったままでも 足を動かしたり、太ももをマッサージしたり するのも効果的です。 座ったままでふくらはぎなどをマッサージ するのは、お腹を圧迫してしまうので やめてくださいね。 楽な座り方が出来る対策 自宅で過ごすときは座布団やクッションが ありますが、まだお仕事を続けている妊婦さんも 多いはずです。 職場などで長時間座っていなければならない 妊婦さんには、携帯クッションがおすすめです。 持ち歩くのが大変そう・・・という人には、 タオルを何枚か持ち歩きそれをクッションの かわりにお尻の下に敷いたり、背もたれと 腰の間に挟めると楽な姿勢で過ごせます。 これらは、働いている妊婦さんだけではなく バスや電車などの移動時間にも活用できるので 使用してみてください。 自宅で過ごすときも、低反発のクッションや ビーズクッションなどを背もたれに置いて 座ると、楽な姿勢でいられます。 私も、妊娠を機会にネットでビーズクッション を購入しました。 小さめの物は自宅でのデスク ワークのときにとても活躍してくれています。 最近では、大きめのビーズクッションも そんなに高値ではありません。 体の形に合わせて 変形するので、体に負担をかけることなく座って いられます。 みなさんもネットで探してみたら いかがでしょう。 座り方ひとつで安産に繋がる 今回紹介した、妊娠初期の座り方。 妊娠後期になると、お腹も出てきて 座り方も気を付けるようになります。 しかし、妊娠初期から気を付けることで 骨盤の歪みを防ぐことができ、妊娠中の便秘や 恥骨痛の改善になります。 そして何よりも、出産のときに骨盤が上手に 広がってくれて安産にも繋がるのです。 自分に合った楽な座り方を見つけて快適な マタニティーライフを過ごしてくださいね。 関連記事 ・ ・ ・.

次の