コブクロ国歌独唱。 MGCでコブクロ小渕健太郎『君が代』独唱も放送事故レベル? 裏声で国歌歌唱を失敗、ネットでは酷評の嵐に

小渕健太郎国歌独唱(国歌斉唱)放送事故の動画は?MGCコブクロ

コブクロ国歌独唱

小渕さんの国歌斉唱(国歌独唱)「君が代」が放送事故と話題に マラソンでの国歌独唱は異例だそうで、小渕さんは神宮外苑のスタート/フィニッシュラインを前に、オープニングセレモニーで国歌を歌いました。 レースには男子31人、女子12人が出場し、各2枠の東京五輪マラソン代表の座を目指して走ります。 スタートは男子が午前8時50分、女子は同9時10分。 発着点(五輪では新国立競技場)を除き、五輪と同じコースで行われました。 この試合でオリンピック出場が決まるということで緊迫感があふれる試合前、 国歌斉唱という大役を務める小渕さんもかなり緊張されたと思います。 国歌斉唱は国歌「君が代」を アカペラで歌うということ、そしてそもそも歌唱が難しい歌だそうです。 そんな小渕さんの国歌斉唱は、出だしのキーが高すぎて大変なことになっていたそうです。 普段はデュオでされているわけですし、おひとりではそれは緊張しますよね…。 ネットの声を集めてみました。 試合とともにさまざまなドラマがあるのですね。 コブクロのプロフィールと経歴 コブクロは、黒田俊介さんと小渕健太郎さんからなる日本の音楽デュオです。 所属レーベルはワーナーミュージック・ジャパン。 所属芸能事務所はミノスケオフィスコブクロで、研音と業務提携しています。 小渕さんは黒田俊介さんとストリートライブ活動を通じて1998年に同デュオを結成。 2001年に「YELL~エール/Bell」でメジャーデビューしています。 ユニット名は2人の名字、小渕( コブチ)と黒田( クロダ)から名づけられました。 コブクロといえば2014年リリースの「今、咲き誇る花たちよ」がNHKソチ冬季五輪・パラリンピック放送のテーマソングに採用されたり、オリンピックと縁があるアーティストですね。 歌手の布袋寅泰さんの見解 歌手でギタリストの布袋寅泰さんがこの件について見解を示したと話題です。 布袋さんは「ネットで小渕くんの国歌独唱について意見されてるのを見て僕も動画を見た」としています。 そして、「確かに理想的な歌唱であったとは言えず、誰よりも本人が一番悔しい思いをしているはずだ」と言っています。 なぜいまという気もしますが、同じミュージシャンとしてどうしてもいいたかったのでしょうね。 続けて「本人は言い訳することは出来ないが、歌い出しの前深々とお辞儀をして、発声の際大切な横隔膜と喉との間の呼吸バランスか崩れ、歌い出しからオクターブが狂い、瞬時に元に戻すことが不自然だと察し、そのままのキーで歌わざるを得ない状況であったと僕は推測する」と歌手目線から分析しています。 「歌いきった後の彼は、泣きたいくらい悔しかったはずだ」 と小渕の心境を察した布袋さん。 「擁護もしない。 しかし否定もしない。 ただ、力ある素晴らしいシンガーの一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」 と言っています。 コブクロファンはむしろ安心? 一連の騒動で突然時の人になってしまった小渕さん。 ファンはどう思っているのかと思うと、意外にもあたたかい声があふれていました。 ただ、コブクロファンからは 「こんなに緊張した小渕さんは初めて見た」 「逆によくあの高いキーで歌い切ったよ。 小渕さんじゃないと歌いきれないよ」 「なんでも完璧にこなす小渕さんの人間らしいところが見られてホッとした」 「人間誰しもミスをするってことだね」 など、小渕を全力で擁護するコメントが多数見られています。 日本陸上競技連盟の公式ツイッターにアップされた歌唱後の小渕のコメント動画では『緊張しすぎました』と話している通り、小渕さんがあそこまで緊張するのはとても珍しいことなんだそうです。 路上ライブからスタートし、数々の大舞台を経験している小渕がここまで緊張していたのはビックリですが、それだけマラソンへの想いが強く、リスペクトを持って、その場に臨んだということだったんですね。 小渕さんは、歌が上手いことはもちろんですが、コブクロの活動を本格化させる前のサラリーマン時代は凄腕の営業マンだったそう。 さらに、絵がとにかく上手で事件現場を目撃した時に犯人そっくりの似顔絵を描いたことで、その似顔絵が証拠となり後日犯人が逮捕されたなんていうエピソードもあるそうです。 なんでもそつなくこなすことができる万能型タイプと言われていました。 だからこそ、今回のアクシデントでむしろホッコリするファンも多かったようです。 まとめ 9月15日に行われたマラソン男女の東京五輪日本代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の試合前の国歌独唱が話題になっていたのでどのようなものだったのかまとめました。 コブクロの小渕健太郎さん、これからも活躍をお祈りしています。 最後までお読みいただきありがとうございました。 関連記事.

次の

コブクロの小渕健太郎・国歌斉唱・国歌独唱が話題

コブクロ国歌独唱

15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」で「君が代」を独唱したコブクロの小渕健太郎(42)の歌声が反響を呼ぶ中、日本陸上競技連盟(JAAF)が公式ツイッター上で公開している歌唱後のコメント映像の再生回数が7万8900回(17日午後4時時点)を超えている。 マラソンが好きで、2012年に大阪マラソンでフルマラソンに初挑戦し、3時間47分45秒を記録した小渕。 スタート地点で、男子のレースのスタート直前に国歌を独唱した。 黒いスーツ、黒いネクタイ姿で頭を90度下げて深々と一礼。 右手を胸に当て、歌い始めると、歌い出しからやや声が上ずったようになり、そのままファルセットのような超高音の声色で歌い切った。 路上ライブからスタートし、抜群の歌唱力で国民的人気デュオとなり、数々の大舞台を経験しているコブクロ。 いつもとは違う歌声に、ネット上では小渕関連の言葉が急上昇ワードでトレンド入りするほど反響を呼んだ。 JAAFの公式ツイッターには歌唱後の小渕の25秒の動画がアップされた。 「今日は素晴らしい場に呼んでいただきまして、ありがとうございました。 選手の皆さん全員がベストを尽くせることを願って歌いました。 頑張って下さい」と笑顔でメッセージを送っている。 この動画投稿には「これほど場数踏んでても、ここまで緊張するものなんですね」「声が裏返ってしまったのかな??ファルセットで歌う国歌も素敵でした!」と緊張した姿に驚く声も。 さらに「私達コブファミは小渕さんの声を知っています。 いつもは緊張なんかしないのに、今朝はMAXの緊張感が伝わってきました。 声が裏返ってしまったとブログの更新も有り難うございます」「限界に挑戦する姿がかっこよすぎます」「胸熱くなりました」などと熱いメッセージも寄せられている。 なお、NHKの中継では、小渕の歌唱後、冨坂和男アナウンサーが「雰囲気が変わってきますね」と振ると、有森裕子さんが「こちらまでドンドン緊張してきますね」とコメントしていた。

次の

コブクロの小渕健太郎の国歌独唱なんでそこまでたたかれてる...

コブクロ国歌独唱

9月15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ」で、音楽デュオ、コブクロの小渕健太郎(42)が独唱した「君が代」が波紋を広げ続けている。 声が裏返っちゃったような超高音で歌う様子がネット上に拡散されたのだ。 何度も大舞台を経験してきたプロだが、そんなことが起きるのか。 しかし、ネットでは「笑っていけない」などとタイトル付けされて拡散されたのだ。 これにモノ申したのがギタリストの布袋寅泰(57)。 自身のインスタグラムで「一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」と擁護した。 これまでも国歌独唱でさまざまな歌手が批判にさらされてきた。 ある音楽関係者は「君が代は音域が広くて、実はとても難しい曲。 入り口を歌いやすいキーで入ってしまうと、後で高くなってしまい『あれ? 歌えないっ』となりがちです」とその難しさを語る。 プロのシンガーはどうみているのか。 実際、最後まで歌い切っていたし…。 国を背負って戦う尋常じゃない緊張感にいるアスリートを前に、特別な気持ちが生まれたんじゃないか。 いろいろな意見があると思うが、気にすることなく、歌い切ったことを誇りに、これからも活躍してほしい」とエール。

次の