タピオカ ブーム いつから。 タピオカブームは本当に「株価暴落の前兆」なのか

タピオカの謎とその秘密。タピオカミルクティーの歴史と発展

タピオカ ブーム いつから

タピオカ人気が復活した理由について、立教大学 経営学部の有馬賢治教授に回答いただきました。 「台湾食」がブームになる中で改めてタピオカに注目が集まった 今回のタピオカブームは、1992年、2008年に続く3回目のブームになります。 第1次ブームのときには「白いタピオカにココナッツミルクを入れたスイーツ」として流行しました。 第2次ブームのときは、台湾から「快可立 Quickly 」「EasyWay」などのタピオカティーのブランドが日本に上陸し、流行を牽引しました。 今回のタピオカブームは、先に台湾の食べ物、例えば台湾かき氷や小籠包などが流行し、その流れの中で起こったものと見ることができます。 台湾の食事がまず一般に広まり、そこで改めてタピオカミルクティーが取り上げられたというわけです。 「インスタ映え」が意識された結果 再流行したもう一つの理由は、 「インスタ映え」という言葉に代表される「SNSを介したコミュニケーションの力」と考えることができます。 最近では、みんなカメラ付きのスマホを携帯していますし、多くの人が「映える写真を撮りたい」という気持ちを持っています。 このような気持ちになるのは 「承認欲求」の表れと考えることができます。 つまり、映える写真を撮ってみんなにほめてほしい、認めてほしいという心理があるわけです。 台湾のタピオカティーの人気店が渋谷、原宿エリアに出そろい、そこでタピオカミルクティーを持って写真を撮る。 それがSNS上で称賛され、それを見た人が行き、また写真を撮る……という流れができ、流行を勢いづかせたのです。 つまり 今回のタピオカブームは「ミルクティーを買って、写真を撮り、アップロードするまで」のブームということもできるでしょう。 実際、タピオカ入り飲料を販売している店は「映え」を意識した、おしゃれできれいな雰囲気のいい外見、インテリアを備えていますね。 映える写真を撮りたいというニーズに応えているわけです。 今回のタピオカブームについては、 「インスタ映え」を意識する人々が大きく後押しした結果といえるのではないでしょうか。 さらに有馬先生にこれからはやりそうなものについて伺ってみました。 チーズティー すでにプチブームといいますか、あちこちで取り上げられるようになっていますが、「チーズティー」は流行するかもしれません。 チーズティーは、ウーロン茶、台湾茶、紅茶などの上にチーズクリームを載せたものです。 地方の「和ものスイーツ」 2019年は令和元年。 この令和は「万葉集」から取られているということで、改めて万葉集に注目が集まったりしています。 そこで和もの、特に地方にしかない和のスイーツなどは流行するかもしれません。 インバウンドが大きく増加し、その結果として改めて日本人が日本の魅力に気付くといったことも増えていますからね。 いずれにしても、個別に「これが流行する!」と当てるのは難しいことですが 笑 、何がはやるにせよその流行には「インスタ映え」など、SNSが大きな役割を果たすのではないでしょうか。 タピオカブーム復活には、インスタグラムなどSNSが大きな役割を果たしたとのこと。 また、復活に先んじて台湾食の一般化があったようです。 実はタピオカブームというのは、今回で3回目。 第1次タピオカブームは1992年のことですから、大学生読者のみなさんのお父さん、お母さんの世代ならご存じのはずです。 ひょっとしたら、みなさんの子供が大学生になったころにまたタピオカブームが来るかもしれませんね。 イラスト: 文:高橋モータース@dcp.

次の

タピオカブームっていつから?HKT48の古いラジオ番組を聞き返していたら...

タピオカ ブーム いつから

「コーヒーに飽きた人」がターゲット 台湾発のタピオカドリンクを扱うブランドで最も勢いがあるのが、2006年に台湾でスタートした「ゴンチャ」。 現在は16の国と地域で約1400店舗を展開している。 2015年9月に東京・原宿に日本1号店をオープンし、その後約3年間で16店舗にまで増やした。 春水堂と大きく異なるのはカスタマイズの幅広さ。 基本のお茶は「ジャスミン グリーンティー」「ウーロンティー」「阿里山 ウーロンティー」「ブラックティー」の4種類から選び、甘さ、氷の量も4段階から選べる。 また、トッピングはパール(タピオカ)、ミルクフォーム、アロエ、ナタデココ、バジルシード、グラスジェリーの6種類から最大3つまで選べる。 グランドメニューは30種類ほどで、アレンジの組み合わせで2000種類ほどにもなるという。 [画像のクリックで拡大表示] ゴンチャを運営するゴンチャジャパンの葛目良輔社長兼COOも、「タピオカドリンクのブームが続いているのは本格的な中国茶が飲めるからではないか」と分析している。 「シアトル系、サードウェーブとコーヒーブームが続くなか、そのほかの選択肢も欲しいと感じている人は多い」(葛目社長)というのがその理由だ。 また、ターゲットは「コーヒーに飽きている人、もしくはコーヒーが苦手でカフェが好きな人」。 そのため、海外のゴンチャでは取り扱っているコーヒーを、「一般的なカフェと混同されてしまう恐れがある」(葛目社長)として日本では扱っていない。 店舗の雰囲気も重視し、カフェが似合うトレンドスポットなどに出店しているという。 「海外の人気店が日本に進出する場合、1号店オープン時が最も来店客数が多く、店舗数が増えるのに従って集客が落ちていくことが多い」(葛目社長)。 だが、ゴンチャは店舗数が増えても既存店の客数が増加し続けているという。 「まだ需要を満たしきれていない状況。 2020年までに100店舗に増やしたい」と葛目社長は意気込む。

次の

タピオカブームは何回目?日本に広まった歴史と人気の理由を徹底考察!

タピオカ ブーム いつから

Contents• タピオカドリンクの人気はいつから? タピオカは1980年代に台湾で誕生し、最初に日本にやってきたのは92年頃です。 90年代は ティラミス、ナタデココ、パンナコッタなど海外からの次々と新しいスイーツが現れてはブームになりやがて消えていくというのを繰り返していた時代です。 当時の タピオカは カエルの卵チックな外見をいじられてはいたものの、他のスイーツに比べ 華やかさに欠けたせいか大流行には至りませんでした。 タピオカ詰まった。 カエルの卵みたい(笑) — たいちゅ taityu2525 それから 20年以上経った今、 タピオカは空前の大ブームを迎えています。 近所のタピオカミルクティー屋さん、いつも列ができてる。 こんな寒い日によく飲みたくなるなーと思って並んでる人たちを見るとみーんな16〜20歳くらいなんだよね。 みんなテイクアウトして歩きながら飲んでる。 若い子は寒さに強いんだなー。 — まやちう nchyma89 第一次ブームが90年代とすると、第二次ブームを牽引する世代は当時を知らずに「 全く新しい飲み物!」ととらえている可能性もありますよね。 タピオカドリンクの人気はなぜ?理由はこの3つ! 今回の タピオカドリンクブームの理由として、• 台湾ブーム• SNSの普及• お手軽 の3つが考えられます。 それぞれ解説していきますね。 まず1つ目の 台湾ブームですが、ここ10年で 台湾旅行する人の数は右肩上がりになり、 海外旅行先の人気ランキングでは ハワイを抜いて台湾がトップに立っています。 台湾はアジア諸国の中で 親日国として知られ、 東日本大震災の際には台湾から250億円もの義援金が届いたニュースは記憶に新しいですね。 日本人にとっても 台湾は親しみを感じられ、 旅行や食文化への興味につながったというわけです。 2つ目は インスタグラムなどのSNSの普及です。 おそらくこれが最大の理由です。 台湾旅行した時に タピオカドリンクの写真を SNSに投稿し、それが話題を呼んでブームになります。 タピオカの黒いつぶつぶが飲み物から透けて見える様子が インスタ映えするということで、みんなこぞって写真を撮っては載せているのです。 タピオカドリンク専門店は客が写真を撮りたくなるような、 インスタ映えを意識したデザインや店内の内装にも工夫を凝らしていますよね。 テイクアウトして歩きながら飲めるし値段も500円~と手頃で、店ごとの飲み比べなどしようという際も タピオカドリンクは続けやすいですよね。 タピオカはモチモチしていて腹もちがよく、おやつや食事代わりにもなる上に 他のスイーツより カロリーも低めで罪悪感がありません。 タピオカドリンクがブームになっているのは、今の時代の風潮にぴったり合っていたからと言えますね。 専門店では主に ドリンクベース、甘さ、氷の量、トッピングを選んで好みにカスタマイズできるようになっています。 と言っても初めての場合、あまりに種類が多いとどれを選んだらいいかわからなくなりますよね。 人間、選択肢が多過ぎると合理的な判断を失うっていいますからね。 そこでここでは ベースになるドリンクについて、これを頼んでおけば間違いないという 基本の味をご紹介していきます。 黒糖ミルクティー タピオカドリンク専門店なら必ずある 定番の味、黒糖ミルクティーです。 こくのある黒糖の甘みとミルクのまろやかさ、お茶の風味の相性は鉄板です。 ストレートティー ストレートティーは 甘い物が苦手という場合でもさっぱりと飲めます。 個人的には ブラックティーが好きですが、ピーチティー、アップルティー、ストロベリーティーなど フレーバーティーもオススメです。 抹茶ミルク 日本人に馴染みのある味です。 抹茶の苦みをミルクがマイルドにしてくれます。 ウーロンミルクティー 砂糖とミルクが入ったウーロン茶はなじみが無いかもしれませんがこれがイケます。 普通のミルクティーより 中国茶の風味と渋みが強いのが特徴です。 ココナッツミルク 根強い人気を誇る初期のタピオカブームの王道 ココナッツミルク味です。

次の