メガネ スーツ ガッツ ポーズ。 [フリー写真] 笑顔でガッツポーズするサラリーマン男性でアハ体験

スーツ姿の日本人ガッツポーズの男性 写真素材 [ 1390804 ]

メガネ スーツ ガッツ ポーズ

数年前から日本でも人気が出ている『SUP(サップ……STAND UP PADDLE BOARDの略)』。 サーフボードのような大きな板の上に立ち、パドルを使って移動するアクティビティーで、全身運動になり、体幹が鍛えられると評判です。 そんなSUPで行なうヨガが、この頃話題になっています。 今回、ティップ. クロスTOKYO池袋にて、SUPヨガ体験会があったので、早速取材してきました。 ハワイが発祥と言われているSUPヨガは、流行りもの好きなハリウッドセレブなどにも愛好家が多く、日本でもジムや海などでレッスンができる場所が増えてきています。 SUPヨガに使われているボードはサーフボードよりも大きく浮力も強いため、海以外にも川や湖などでも楽しむことができます。 陸上よりも不安定な水上のボードの上で行なうSUPヨガは、ボードの上でバランスを取ろうとすることでインナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝も向上するとか。 また、大自然の中で行なうことで心身ともにリラックスができ、ポジティブになる効果も期待できるそう。 取材はプールで行なわれました。 ウェアはリーボックのSUP専用水着。 さあ!ボードの上に乗って浮かんでみよう 今回は海ではなく、室内プールを利用したレッスン。 プール内に、いくつもボードが浮かべられた状態なので、ウェアのまま各自ボードの場所に移動します。 ボードは鎖で繋がれているため、流されてしまうような心配はないので、プールで行なうSUPヨガは初心者向きかもしれません。 最初にヨガボードに乗る時に、ボードごとひっくり返らないようにするところが、一番コツが必要でした。 ボードが安定するように、なるべく中央に手を置いて一気にボードの上に乗るように心がければ、あとは想像していたよりもボードに乗ってからはふらつきもなく、ヨガマットの上で行なうヨガとあまり違和感はなかったです。

次の

中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト フリー素材集

メガネ スーツ ガッツ ポーズ

人物イラスト3 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト イラストの周りは透過処理済みなので、様々な背景に重ねてご利用頂けます。 素材はダウンロードしてご利用下さい。 パソコンの方は、右クリックから「名前を付けて画像を保存」して下さい。 スマートフォンやタブレットの方は、ロングタップから「イメージを保存」して下さい。 デバイスにより画像の保存方法や文言が異なるかもしれませんが、操作としては基本的な画像の保存方法となります。 商用でも無料でご利用頂けます。 クレジット表記も必要ございません。 利用しやすい規約となっておりますので、Web媒体でも紙媒体でもお気軽にご利用下さい。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト1「笑顔」です。 スポンサーリンク イラストは、Adobe Illustrator CC で作成しました。 画像は拡大するとぼやけますが、縮小は問題ございません。 画像編集ソフトで使用したいサイズに変更してご利用下さい。 もちろん加工してご利用頂いても構いません。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト2「こちらへどうぞ」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト3「固定電話での会話」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト4「携帯電話での会話」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト5「ヒント」「わかった」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト6「オーケー」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト7「小さくガッツポーズ」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト8「大きくガッツポーズ」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト9「疑問」「ハテナ」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト10「驚き」「びっくり」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト11「困った」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト12「不安」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト13「怒った」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト14「指示棒」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト15「名刺」です。 中年男性(スーツ)のシンプルな人物イラスト16「パソコン」です。 人物イラストと合わせて利用しやすい「四角い吹き出し(左側に配置)」です。 人物イラストと合わせて利用しやすい「四角い吹き出し(右側に配置)」です。 人物イラストと合わせて利用しやすい「丸い吹き出し(左側に配置)」です。 人物イラストと合わせて利用しやすい「丸い吹き出し(右側に配置)」です。 人物イラストと合わせて利用しやすい「雲の吹き出し(左側に配置)」です。 人物イラストと合わせて利用しやすい「雲の吹き出し(右側に配置)」です。 人物イラストと合わせて利用しやすい「ホワイトボード」です。 当サイトのフリー素材がお役に立ちましたら幸いです。

次の

メガネ女子好きの男性は62.0%

メガネ スーツ ガッツ ポーズ

数年前から日本でも人気が出ている『SUP(サップ……STAND UP PADDLE BOARDの略)』。 サーフボードのような大きな板の上に立ち、パドルを使って移動するアクティビティーで、全身運動になり、体幹が鍛えられると評判です。 そんなSUPで行なうヨガが、この頃話題になっています。 今回、ティップ. クロスTOKYO池袋にて、SUPヨガ体験会があったので、早速取材してきました。 ハワイが発祥と言われているSUPヨガは、流行りもの好きなハリウッドセレブなどにも愛好家が多く、日本でもジムや海などでレッスンができる場所が増えてきています。 SUPヨガに使われているボードはサーフボードよりも大きく浮力も強いため、海以外にも川や湖などでも楽しむことができます。 陸上よりも不安定な水上のボードの上で行なうSUPヨガは、ボードの上でバランスを取ろうとすることでインナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝も向上するとか。 また、大自然の中で行なうことで心身ともにリラックスができ、ポジティブになる効果も期待できるそう。 取材はプールで行なわれました。 ウェアはリーボックのSUP専用水着。 さあ!ボードの上に乗って浮かんでみよう 今回は海ではなく、室内プールを利用したレッスン。 プール内に、いくつもボードが浮かべられた状態なので、ウェアのまま各自ボードの場所に移動します。 ボードは鎖で繋がれているため、流されてしまうような心配はないので、プールで行なうSUPヨガは初心者向きかもしれません。 最初にヨガボードに乗る時に、ボードごとひっくり返らないようにするところが、一番コツが必要でした。 ボードが安定するように、なるべく中央に手を置いて一気にボードの上に乗るように心がければ、あとは想像していたよりもボードに乗ってからはふらつきもなく、ヨガマットの上で行なうヨガとあまり違和感はなかったです。

次の