ダイソン 充電 されない。 ダイソンコードレス掃除機のバッテリー寿命,長持ちのコツ!電池交換の目安と交換方法は?

ダイソンコードレス掃除機が赤く点滅して動かない時の原因と対応策

ダイソン 充電 されない

我が家のダイソンDC62コードレス掃除機のバッテリーを交換しました。 使用できる時間が短くなってきたダイソンはバッテリー交換で劇的に復活する可能性大です。 我が家のダイソン君は約4年前に購入し毎日使用。 子供達が遊んだ後の床はお菓子のカス、粘土の細かい残骸、よくわからないクズなど、そこを歩いたら足の裏がザラザラすること間違いなしの状態になります。 その度にダイソン君が登場するので、我が家では1日数回使用するヘビーローテーション。 以前より妻から「最近バッテリーの持ちが悪くなってきた気がする」と聞かされていたので、そろそろバッテリーが終了に近づいてきたかなと思っていました。 最近になってとうとう「5分持たない!」というストレスフルな状態になってしまいました。 経験者ならわかると思いますが、掃除途中でバッテリー切れになるストレスはかなりです。 手に持っているダイソンのノズルまで伸びた長いパイプを膝で折りたくなります。 2018-10-08 10:16 なんとウチのは「強モード」になっていました。 いつしたんだろう・・・? 「なんだ、これが原因やん!」 通常モードに戻して解決したと思い、あらためて充電。 やっぱり、5分持たない・・・。 見事に撃沈されました。 どうもちゃんと充電されていないようです。 充電器に本体を接続するとバッテリーのLEDが青く点灯するのですが、数分で消えてしまいます。 何度トライしても同じですぐ消えてしまいます。 普段、充電器に接続したらLEDの点灯状態なんて確認せずにその場を離れているので、この症状に気が付きませんでした。 どうもバッテリーが充電を受け付けていないようです。 結局バッテリーが原因だと判断しました。 純正品か互換品か バッテリーを交換するにあたり、新しいバッテリーを購入するのですがここで「純正バッテリー」か「互換品」どちらを買うのかの二択があります。 純正品 価格:8,640円(税、送料込み) 安心を優先するなら純正バッテリーですね。 ただし金額は互換品に比べて高めです。 2018年10月現在、カスタマーサービスに連絡して購入するしか純正品を買う方法はありません。 (ダイソン公式) 購入にあたり製品登録が必要です。 オンラインで登録できるし、電話ならバッテリー購入時に同時登録可能です。 (ダイソン公式) 互換品 価格:4,000円~6,000円 互換品の一番のメリットは 価格の安さです。 しかも容量が純正よりも大きいものなど選択肢が豊富です。 ただし、品質にはバラつきがあると思われるのでレビューなどを読んで慎重に選ばないと 安物買いの銭失いになるかもしれません。 純正品以外を使って故障したら保証対象外になり、実費修理になります。 保証期間(2年間)がまだ残っているのなら、純正品を使う方が良さそうです。 容量の大きい互換品を購入 私の場合、4年使用したので保証期間は終わっています。 迷わずコスパが高い互換品にしました。 購入したのはこちら 既に販売していないため新しいリンク先に飛びます。 大容量3000mAhです。 電圧が同じなら容量が大きければ大きい程、使用時間が長くなります。 左が純正品、右が互換品です。 当たり前ですが見た目はほぼ同じです。 色や表面処理に若干違いがありますが、気にならないレベルです。 誰かに裏面を見られたら完全にバレちゃいます。 プライド高い人は純正品を買いましょう。 純正品のスペックは「電圧21. 6V、容量2100mAh」です。 「Made in Malaysia」マレーシア製でした。 購入した互換品は「電圧21. 6V、容量3000mAh」です。 こちらは「Made in China」中国製でした。 容量が純正品の約1. 5倍です。 理論上、使用時間が1. 5倍になる計算になります。 品質は気になりますけどね。 交換手順 バッテリーはネジ2本で本体に固定されています。 1つはクリアビン(ダストカップ)を外したバッテリー付け根部分。 もう1つはグリップ部。 これら2本のネジをプラスドライバーで外し、バッテリーを下に引き抜きます。 逆の手順で新しいバッテリーを取り付けます。 ネジの締めすぎ注意です。 外装のプラスチックは強化プラスチックでは無いようなので、締め付け過ぎるとプラスチックが負けてネジ山が馬鹿になるか割れてしまいます。 動作確認 充電も使用も問題無くできました。 5分もかからず簡単に交換できて、ストレスから解放されるのでバッテリー交換はおススメです。 気になる使用時間ですが、まだバッテリーが切れるまで使用していませんので不明です。 とにかく5分くらいで切れるようなことは無くなりました。 30分くらい使用できるようになってたらいいな。 あとは耐久性ですね。 せめて2年は耐えてほしいところです。 —追記 2020年1月6日— この記事で交換したバッテリーですが、Amazonより「安全上の懸念があるから使用中止してくれ!」という旨の連絡をもらい、2019年11月末に廃棄してしまいました。 おそらくリコールに該当する事案が数件発生したのでしょう。 やっぱり「中華製だから…」と偏見を持っちゃいます。 交換して約1年、私は何の問題もなく使えてましたけどね。 購入代金が返金されたので、新しいバッテリーを購入しました。 また懲りずに中華製買ってしまいました。 大容量の魅力に負けてリスクとっちゃいました。 不安な方は純正を使用したほうが良さそうです。

次の

ダイソンコードレス掃除機が赤く点滅して動かない時の原因と対応策

ダイソン 充電 されない

人気商品の思わぬトラブル ワイヤレス掃除機でも確かな吸引力を誇り、人気となっているダイソンの掃除機。 数ある掃除機メーカーの中でも人気を獲得しているダイソンですが、ワイヤレス掃除機ではたまに充電できないということがありますよね。 充電しながら掃除機を使用することはできませんから、そうなってしまうと文字通り掃除機が使用できなくなるため困ってしまいます。 ということで今回の記事ではダイソンの掃除機が充電できないという際における原因は一体何なのか、どのような対処法があるのかも交えて紹介していきます! ダイソンの掃除機が充電できない場合の原因 ダイソンの掃除機が充電できない場合、その原因には以下のようなものが考えられます。 バッテリーの経年劣化• コンセントに充電器がきちんと差し込まれていない• 何かしらの部品が故障している それぞれ紹介していきます。 これは掃除機の使用方法にもよりますが、バッテリーの寿命が大体2年間程度で使い物にならなくなってしまうことが多いからです。 意外にもそれほどバッテリーが長持ちしないということには驚いた方もいるのではないでしょうか。 バッテリーの交換費用は機種により前後しますが8,000円から12,000円程度するものもあります。 ダイソンのワイヤレス掃除機を使用していると必ずバッテリー問題が付きまとうので、このことを踏まえたうえでダイソンのワイヤレス掃除機を購入するか決めた方がいいかもしれませんね。 そんなことあるはずが…と思う方もいるかもしれませんが、コンセントに充電器を差しっぱなしにしている場合は日が経つごとに差し込みが甘くなってくることが考えられます。 充電器がコンセントにきちんと差し込まれているかどうかはあまり気にしないという方もいるかと思いますので、充電できない際には一度ご確認ください。 バッテリーの使用期間が2年未満で、なおかつ充電器がコンセントにきちんと差し込まれているのであれば、後はどこかしらに不良部分があると予想できますからね。 上記までの原因に当てはまらない場合には充電器か本体かいずれかが故障していると考えましょう。 ダイソンの掃除機が充電できない場合の自分でできる解決法 ダイソンの掃除機が充電できない場合に自分でどうにか解決したいという方は以下で紹介する方法をお試しください。 上記でも紹介したように、コンセントから抜けかかっているというのは、ダイソンの掃除機が充電できないという際に結構ある原因になります。 充電器はいつもコンセントに差しっぱなしにしているという方も多いと思いますが、そういった方が掃除機の充電ができなくなった際にはきちんと差し込まれているか確認しましょう。 私的には、正規品以外のバッテリーを使用すると保証対象外となる可能性がありますので、あまりおすすめはしませんが、原因がバッテリーであると断言できる場合には行ってみてはいかがでしょうか。 参考元: ダイソンの掃除機が充電できない原因がバッテリーにあるかを確認する ダイソンの掃除機が充電できない原因の中でも最も多いバッテリーの劣化。 ですが、そういったケースが多いとはいえ、自分が使用しているダイソンの掃除機が充電できないというケースもそれに当てはまるかどうかは中々判断できませんよね。 そこでダイソンの掃除機が充電できない原因がバッテリーなのかどうかの確認方法について紹介していきます。 というのも、例えばダイソン掃除機の機種の一つであるV6はスイッチを押してから赤く点滅するのが32回続いた場合、バッテリーに不具合があることを示しています。 このようにダイソンの掃除機はランプの点滅等により、充電できないことの原因がどこにあるのかを示してくれているものがあります。 よって、ダイソンの掃除機が充電できない原因がバッテリーなのかどうか確かめたい場合には説明書等に記載されているバッテリーに問題がある場合に表示されるサインをまず確認することをおすすめします。 ダイソンの掃除機が充電しても使えない場合 ダイソンの掃除機をいくら充電しても使えない場合の原因及び対処法とは一体何なのか。 おそらく悩んでいる方が多いであろうこちらの点について、紹介していきます。 というのも、しっかりと満タン充電しているにも関わらず勝手に電源が切れる、もしくはすぐに電源が切れるという症状はバッテリーが劣化している際の症状としてよく報告されているのです。 この場合における対処法はずばり、バッテリーを交換することです。 流石にバッテリー関連の場合は自分でどうこうできる問題ではありませんからね。 バッテリーは純正品はもちろん純正品以外のものも販売していますので、メーカーなりメーカー以外などで購入し、交換しましょう。 掃除機にゴミが詰まっていることで上手く機能できず、熱が籠りすぎていることで充電はあるのに、電源が落ちるという事象も確認されています。 この原因における特徴は掃除機からシュー、シューといった音が聴こえてくることです。 掃除機の吸い込み口は特にゴミが詰まりやすいので、こういった音が聴こえてきた場合には掃除機の吸い込み口にゴミが詰まっていないか確認しましょう。 確認後にゴミが詰まっているようであれば、そのゴミを取り除くことで正常に掃除機が動き出すはずです。 参考元: どうしてもダイソンの掃除機が充電できない場合 上記で紹介したダイソンの掃除機が充電できない場合の対処法を試してもそれでもできなかった場合には以下で紹介する方法をお試しください。 上記でも紹介したようにバッテリーの価格は8,000円から12,000円程度してしまう場合もありますが、再度ダイソンの掃除機を使用するためには仕方ないと言えます。 バッテリー代が高いよ、という方はこの機会に別の掃除機に買い替えてもいいかもしれませんね。 これらは自分ではどうすることもできませんので、 メーカーに修理に出すようにしましょう。 メーカー修理にはケースバイケースですが15,000円程の修理費用がかかることもありますので、こちらには注意です。 ダイソンのお客様相談室にて、症状を伝えると大体の見積もりを教えてくれると思いますので、その費用を見てから修理かもしくは買い替えるかを検討してもいいかもしれません。 もちろん、間違った使用方法等を行っていない場合に限りますが、高いバッテリー費用、それに修理費用が浮く可能性があるということは嬉しいですよね。 修理費用だけでなくバッテリー交換費用もそれなりにしますので、保証期間内であれば修理、そうでなければ買い替えという判断基準を持ってみてはいかがでしょうか。 参考元: まとめ ダイソンの掃除機が充電できない場合に考えられる原因の中でも、特にバッテリーの経年劣化により充電できないというケースは多いので注意しましょう。 ちなみにバッテリーの寿命が2年といってもいきなり100から0というわけではなく、充電率が100から70そして50と段々下がってくるため、必ずバッテリーが劣化してきたというのは感じます。 ただでさえ高いダイソンの掃除機の保証期間を上手く使いたいのであれば0になった際にメーカーに問い合わせるのではなく充電率が大体50くらいの時。 つまり購入したばかりの頃よりも半分くらいの時間で充電がなくなるという際にメーカーに相談してみてください。 そうすれば、バッテリーが劣化して使い物にならなくなったという際に、保証期間外になっていたということを防げます。

次の

ダイソンの掃除機が充電できない場合は何が原因?対処方法について解説!

ダイソン 充電 されない

ダイソン掃除機を購入したのは一昨年の夏 先日、嫁さんから・・・ ダイソンの掃除機が調子が悪いというより、使い物にならないと苦情を言われる。 フル充電にも関わらず、すぐに止まってしまうというのです。 それが・・・何回も! 私が元々ゼネコンの現場監督で、家の中の調子の悪いものは自分で直してしまうので、 家の中では管理人の立場のようですかね? 言われれば、ドアホンやシャワーホースの交換なども自分でやってしまいます。 どれどれ? 試しにやってみると・・・ 確かに、電源を入れて10秒ほどで止まってしまいます。 言われたように・・・何回も! これじゃ、イライラするわな! 掃除したいから、電源入れてるのに・・・前ぶれも無くピタっと止まる! オイオイ、おちょくってるのか? 温厚な?嫁さんも・・・これじゃ、怒る訳ですわ。 (笑) このダイソン掃除機はネットで買ったので、購入時期を調べてみると・・・ 2018年の8月の購入だったので、すでにメーカー保証も期限切れなのね? ダイソン掃除機の故障の原因は? 故障の原因でまず考えられるのは、バッテリーの寿命ですが・・・ そんなに早く、使い物にならなくなってしまうものなんでしょうかね? 調べてみると、約1200回の充電が可能のようですが・・・ 毎日使用する場合で2年前後、毎日使用しないのであれば4年持つ場合もあるらしい。 ウチの嫁さんは保育士なので朝早く出勤して帰りは遅く・・・ 毎日は掃除機を 使用するわけではないので、使用頻度からいえば少ないほう。 購入からまだ2年弱だし、もう少しバッテリーは持ちそうな気もしてきました。 そうなると、他の原因ですが・・・ ネットではダイソンの掃除機で同じような症状で困っている方は多いようで・・・ フィルターが詰まるとモーターを保護する安全装置が働いて止まることがあるみたい! 写真でいう赤丸の部分ですね。 このフィルターは、1ヶ月に1回はお手入れが必要らしいんですが? 嫁さんに確認すると・・・ 使用してきた間、このフィルターの存在も気づかなかったようです。 あららっ・・・ そうなると・・・原因はこれか? ダイソン掃除機のフィルター掃除 まずは、フィルター掃除の前に・・・ 普段はクリアビンに溜まったゴミを下部の蓋をパカッと開けて、 ゴミを捨てているだけのようですが・・・ クリアビンを外して・・・ 中に詰まっているゴミを出します。 細かい粉のような埃が出てきました。 そして、本題のフィルターを引き抜きます・・・ このフィルターは水洗いでOKのようなので・・・ 手でモミモミしながらキレイになるまで洗います。 今回は購入してから初めて取り出しましたが、何回も洗っていると劣化してくるので、 その時はフィルターだけでも売っていますね。 で購入 互換品で1本あたり1,200円ほどです。 洗ったフィルターは24時間自然乾燥させれば、取り付けてOK! まとめ 洗ったフィルターを自然乾燥で 24時間以上経過したので取り付けてみました。 電源を入れると・・・ 途中で電源が・・・止まりません! おっ!止まりませんよ! 普通にストレスなく使えるようになりました。 今回、ダイソンの掃除機がフル充電にも関わらず途中で電源切れるのは・・・ フィルターが原因でした。 ただ、今後はバッテリーの寿命が近付いています。 今後のために、バッテリーの価格を調べてみました。 ウチの場合の機種ですが、純正バッテリーだと・・・8,800円(税込) 互換であれば・・・.

次の