副島萌生アナ。 NHK杉浦友紀アナがかわいい!気になるカップや身長は?結婚してる?

赤木野々花、池田伸子、副島萌生……NHK女子アナ“隠れた実力派”3人の魅力(デイリー新潮)

副島萌生アナ

Content• NJKを見ていて、 「副島萌生アナって誰?めちゃくちゃかわいい!」 「副島萌生アナの画像がもっと見たい!」 「副島萌生アナって結婚してるの?」 といったことが気になって検索する人が増えています! それもそのはず。 こんな美人な女子アナ見たら気になっちゃいますよね。 副島萌生アナは2015年NHK入局の女子アナです。 2018年から杉浦アナの後任として休日のNHKスポーツニュースである「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」を担当していて「副島萌生アナが美人すぎる!」と話題になっています。 目鼻立ちのしっかりとした美人顔で、高校時代にNHK杯全国高校放送コンテストで優秀な成績を収めるなどアナウンス力にも定評があります。 2015年の入局ながら、わずか3年足らずで東京放送局に異動になったことでも注目を集めていますね。 そこでこのページではそんな副島萌生アナについて、管理人が厳選したかわいい画像とともに、副島萌生アナの気になるカップや身長などについて紹介します! 副島萌生アナのプロフィールは? 名前:副島 萌生(そえじま めい) 生年月日:1991年12月28日 血液型:不明 身長:164cm カップ:Dカップ 出身:青森県弘前市 入局:2015年(NHK) 学歴:慶応義塾大学 最近、ほんとに副島萌生アナの人気が上がってきましたよね。 2018年に東京アナウンス室に異動し、全国区となったため、人気が急上昇しています。 美人なのは言うまでもないんですが、スタジオから出たりしたときの表情が本当に豊かで魅力的なんですよね。 特にネット上ではうつむいた姿が最高!と評判ですね。 うーん確かに素晴らしい! 東京アナウンス室に異動する前までも大分放送局や名古屋放送局時代に地元で熱烈なファンがいたそうですよ。 顔は目鼻立ちがしっかりとした綺麗系の美人で、スタイル抜群です。 結構、和風な顔立ちでもありますよね。 絶対着物が似合いそうです。 笑顔が素敵ですね。 そして身長は推定ですが164cmで平均よりは高い方です。 気になるカップはDカップといわれています。 いやーほんとスタイルいいですね! 現在担当しているサタデースポーツ、サンデースポーツは元々スタイル抜群の杉浦アナのイメージが強かったですが、杉浦アナに負けず劣らずすばらしいスタイルです。 将来的に副島萌生アナも杉浦アナのようにNHKのエースアナに成長する可能性は十分あると思いますよ。 好きな食べ物は、焼き肉とフルーツ。 特技はクラシックバレエ、ストリートダンス、書道です。 バレエはなんとなくわかりますけど、ストリートダンスなんてやるんですね、意外です。 副島萌生アナの経歴は? 副島萌生アナは青森県弘前市の出身です。 青森美人ですね。 高校は地元の青森県立弘前高等学校です。 青森県内では有数の進学校ですよね。 高校時代にはNHK杯全国高校放送コンテストのアナウンス部門にて「優良」に選出され、2009年春の第81回選抜高等学校野球大会の開会式・閉会式の司会を務めるなど、すばらしい経歴を持っています。 いまもそのアナウンス力には定評がありますよね。 そして大学から上京して、慶應義塾大学に進学しています。 大学時代はテレビ朝日アスクに通うなどアナウンサーとしての実力を磨いていきます。 その後2015年にNHKに入局します。 同期は庭木櫻子アナ、橋詰彩季アナ、森下絵理香アナです。 NHK入局後の初任地は大分放送局です。 その後2017年4月に名古屋放送局に異動になります。 そしてわずか一年で東京アナウンス室に異動となります。 それだけ反響がすごかったんでしょうね。 このスピードでの東京アナウンス室異動はNHKでも異例の人事ですよ。 東京アナウンス室異動後は主に全国放送のスポーツなどを担当していますね。 スタイル抜群で笑顔がとてもかわいい副島萌生アナは将来的にNHKのエースアナになることは間違いないでしょう。 今後の活躍に期待してます! 最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が気に入ったらぜひシェアしていただけるとうれしいです。

次の

NHK杉浦友紀アナがかわいい!気になるカップや身長は?結婚してる?

副島萌生アナ

Contents• twitter. com NHKのスポーツをメインにアナウンサーを務めている副島さん。 プロフィールはこちらです。 2017年4月に名古屋放送局へ移動し、その1年後に現在所属している東京アナウンス室に配属されています。 その時に一緒にキャスターを務めたのが、報道局記者でもある大越健介氏でした。 この方は東大野球部時代にエースで、東京6大学リーグで通算8勝を挙げた…いわゆるスポーツマン! 何故この方のお話になるの?と思った方、この 野球繋がりが副島さんが抜群された理由なんです。 実は副島さんも高校時代に、 春の選抜高校野球大会で開会式閉会式どちらも、司会を務めた過去があったのです。 naver. jp 「超絶!激わざ」に出演時の少しぽっちゃりとした副島さんです。 胸が明らかに大きい!とカップが気になる方のために調べてみたところ、 Dカップとの情報がありました。 アナウンサーで胸が大きい方となると、高橋真麻さんしか浮かばないのは私だけでしょうか!笑 目鼻口やスタイルも抜群でDカップだなんて… 文句無しの完璧なスタイルですね。 com 副島さんのスタイルの良さがわかったところで、家族について気になりませんか? どうやら 豪邸でお金持ちとの噂もあるようです。 結論からいうと、実家がお金持ちとの噂は確かにあるようですが、豪邸という情報についてはありませんでした。 ただ副島さんの趣味は• クラシックバレエ• ピアノ と幼少期に習い事をされていて 裕福なイメージがつきますよね。 習い事も小額なお金で始めることはできません。 それに慶応義塾大学に通われているため、進学に多額なお金が必要なのでお金持ちとの印象も持たれがちです。 副島さんは姉と兄がいるそうで、もしお姉さんとお兄さんも大学に進学されているのであれば… 3人分の進学費用が必要となります。 そーいった面から考えると、 お金持ちで裕福な家庭で育ったのではないかと思います。 ちなみに家族構成は、 両親と祖母に姉と兄の6人だそうです。 きっとお姉さんとお兄さんも、頭脳明晰な方でしょう。 jp 人気の女子アナで、女子アナもどんどん結婚されていってる現在。 副島萌生さんにも結婚をしていて旦那さんがいるのかと注目されています。 とある1枚の写真があり、 「え?結婚してるの?」と思った写真がこちらです。 info この距離感と惚れてしまうこの笑顔! 横の男性は誰なのよ!と思ってしまった方、副島さんの 同僚でもある南波雅俊さんでした。 普通に仲の良さを感じるツーショットなので、勘違いしてしまいそうですね。 ということで 結婚はされていないということになります。 お付き合いをしている方がいるのかについても、調べてみました。 livedoor. jp 容姿端麗で美人な副島さんに彼氏はいるのでしょうか? スタイルもよくこれだけ 「可愛い!」と話題の副島さんならいてもおかしくないですよね。 しかし、彼氏に繋がるようなスクープや情報は、一切ありませんでした。 ただスポーツをメインとしたアナウンサーを務めていますので、 スポーツ選手と繋がる機会が多いです。 現在はアナウンサーのほとんどの方が、スポーツ選手とご結婚されたりお付き合いをされていますよね。 気になる身長は163cmで、おそらくカップはDカップだろうと思われます。 実家が豪邸という噂は定かにはなりませんでしたが、裕福な家庭ということは間違いないです。

次の

副島萌生アナ(NHK)の胸のカップ画像がかわいい!超絶な美人の美脚と身長は?結婚した彼氏!?

副島萌生アナ

だが、この5人の影に隠れた実力派のバイプレイヤー的女子アナがNHKにはまだまだたくさん存在するのだ。 そこで今回は隠れた実力派の中から3人をピックアップ、その人となりや魅力を紹介しようと思う。 まず1人目は赤木野々花アナだ。 彼女は岡山県出身で90年8月8日生まれの29歳である。 慶応義塾大学の総合政策学部を卒業後、13年4月に入局すると、徳島放送局に赴任した。 そこで「とくしまニュース845」などのニュース番組や県内のニュース・中継リポートを精力的にこなしている。 さらに15年春には大阪放送局へと異動、そこでも夕方のニュースワイド「ニュースほっと関西」をメインで担当するなど、一貫して報道畑での活躍が目立っている。 17年4月からは東京アナウンス室に配属され、「NHKニュースおはよう日本」の平日の前半パートのキャスターに就任(近江友里恵アナと隔週で担当)。 しかし、この番組は1年で降板してしまったため、お茶の間にあまり浸透しなかった。 だが、そんな赤木アナの魅力はニュース/報道番組よりも他の演者とやりとりをするバラエティ番組で発揮される。 今年3月17日からMCを担当している「うたコン」(火曜19:57〜20:42)ではもう一人の司会者・谷原章介(47)と軽妙なやり取りを毎回展開し、評判になっているという。 初登場の回から、谷原と息がピッタリと合っていたのには驚かされた。 コロナ禍で谷原のみリモート出演で、冒頭に2人声を合わせる番組タイトルコールでなかなか息が合わない……というハプニングもあったが、それも笑いに変えたのもお見事だった。 彼女の面白さが最も発揮されるのは、「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」(木曜19:57)だろう。 赤木アナは東京への異動直後からこの番組を担当、メインMCを務めるフリーアナウンサー・古舘伊知郎(65)の進行を補佐するサブMCという役割を担っているのだが……。 その中で、たまに調子に乗ってアドリブをやり過ぎてしまうことが多々あるのだ。 ここからが彼女の見どころである。 話の本筋から脱線しかかったと思ったら、すかさず軌道修正を図るべく、話に割って入る瞬間を見定める。 そのボケの赤木アナの渾身のツッコミを面白がる古舘(というか、ツッコまれたがっている感じがアリアリとしている)という構図が、この番組をより盛り上げる形となっているのだ。 古舘にツッコミをする際、赤木アナは出演者の脱線トークを一切聞いていない時がある。 結果、古舘を筆頭とする他の出演者たちからクレームの嵐が飛び交うハメになるのである。 そうかと思ったら、自ら振った話題で出演者が白熱したトークを展開しているのに「とりとめのない話はこの辺にして……」というような身も蓋もない遮り方……もとい、ボケっぷりで、他の出演者全員から総ツッコミを食らってしまうことも微笑ましかったりするのだ。 続いて2人目は池田伸子アナである。 86年に新潟県で生まれた34歳。 お茶の水女子大学生活科学部を卒業後、09年4月に入局した(余談だが、同期入局の佐々木彩アナ[33]はお茶の水女子大学生活科学部からの仲である)。 初任地は熊本放送局で、なんと着任してすぐにNHK熊本放送局の地上デジタル放送推進大使という大役を担った。 また、11年3月の東日本大震災の後には盛岡放送局に応援として派遣され、災害情報を中心にローカルニュースを担当していたこともある。 その後、12年4月に名古屋放送局へと異動、ニュースのほか、東海・北陸地方向けの音楽番組「Uta-Tube」(2012〜16)の初代MCなどを担当することに。 そしてこの名古屋時代の14年4月からは千原ジュニア(46)とともに「超絶 凄ワザ!」(2014〜18)というドキュメントバラエティの司会を担当、全国放送の番組だったため、知名度が一気に広がることとなった。 16年4月に東京アナウンス室に配属となったが、この番組は継続して担当するほど(17年3月まで担当していたが、5月から番組自体が月1回放送に変更されたため、このタイミングで降板している)、愛着が深かったようだ。 19年4月からは「NHKニュース7」の土・日・祝日のサブキャスターとして活躍しているが、平日を担当している上原光紀アナ(29)が華やかな印象が強いため、あまり目立っていない。 そのアナウンス能力もかなりの高スペックで、一音一音を大字に発している感じだ。 さらに、その声のトーンが少し低めなせいか、知性が溢れ出ている。 ただ、である。 熊本放送局時代の12年2月には「政令指定都市移行記念 第1回熊本城マラソン2012」に出場、さらに名古屋放送局時代の16年3月には「名古屋ウィメンズマラソン」にも出場し、ともにフルマラソン完走を果たしたほとだ。 実は筆者はまだ彼女が名古屋放送局にいるころ、普段では東海・北陸地方でしか見ることの出来ない「Uta-Tube」を見たことがある(確か「紅白歌合戦」のPR番組として放送され、出場するSKE48の特集回だった)。 そこで初めて池田アナを知ったのだが、その時は、とにかく明るくてテンションが高い人という印象だった。 あとで知ったのだが、番組公式ツイッターでこう呟こうとしたこともあったという(システム上のトラブル発生で、結局、呟けなかった内容である)。 「森山直太朗さんと真心ブラザーズのみなさんの生ライブが見られます。 待ってるぜ!」 日本舞踊を特技とする池田アナから、まさかのロケンロールなひとことであった。 見た目の落ち着いた印象とのギャップも彼女の魅力の一つだろう。 最後にご紹介するのは、現在「サタデースポーツ」(土曜・21:50)と「サンデースポーツ2020」(日曜・21:50)を担当している副島萌生アナだ。 彼女は91年12月28日生まれで、現在28歳である。 生まれは青森県で、慶応義塾大学を卒業後の15年4月に入局、初任地は大分放送局だった。 そこで早くもスポーツ番組と関わることとなる。 続く本大会でも連日のように暑いスタンドから丁寧なアルプスリポートを送ってくれている。 また、16年の11月下旬から12月上旬まで、代理出演ながら「NHKニュースおはよう日本」のスポーツコーナーを任されてもいるのである。 その後、17年4月に名古屋放送局へと異動することに。 東海3県で放送される「NHKニュースおはよう東海」のキャスターや、先の池田伸子アナから引き継いだ「超絶 凄ワザ!」などを担当していた。 そしてわずか1年の名古屋勤務で東京アナウンス室への配属となったのだ。 この入局4年目での東京アナウンス室勤務は、現在「ニュースウオッチ9」のメインキャスターを務める和久田麻由子アナと同じ、異例の人事と言われる。 彼女に対するNHKの期待の大きさが分かろうというものだ。 さらにアナウンス能力も抜群である。 少し高めのハイトーンボイスがはつらつとしていて絶妙に耳に心地よい。 それもそのハズで、副島アナは高校時代に放送部に所属し、高校2年時に「第55回NHK杯全国高校放送コンテスト・アナウンス部門」に出場を果たし、優良賞に輝いているのだ。 こうした実績が評価されたのだろう。 09年3月には第81回選抜高校野球大会の開会式と閉会式の司会という大役を任されている。 つまり学生時代からすでにアナウンサーとしての下地ができていたということなのだ。 と、ここまで書いてきたが、副島アナの最大の見どころは「サタデースポーツ」での最後の挨拶の場面だろう。 翌日の「サンデースポーツ2020」の予告をしながら「明日もご覧ください」と言って頭を下げるのだが、その際に普通に前にお辞儀するのではなく、やや身体を左前に傾け、カメラ目線で挨拶するのである。 以上が今、注目して欲しい、まだいる実力派のNHK女子アナウンサー3人である。 最後に、この中から将来的にNHKのエース女子アナになれそうな人材を1人選ぶとなると、やはり一番若い副島アナだろうか。 来年に東京オリンピックが開催されるかは分からないが、その中継や関連番組で大活躍を見せれば、1つの上のステージに駆け上がるに違いない。 上杉純也 週刊新潮WEB取材班編集 2020年6月28日 掲載.

次の