フリーランス 生き残り。 フリーランスが生き残るために。仕事が来ない時期を乗り切る方法 (2019年5月23日)

フリーランス、自営業の方の生き残り術 今だからこそやるべき「お金対策」とは

フリーランス 生き残り

フリーランスの厳しい生き残り 始めるのも自由、辞めるも自由 勤めていた会社をやめ、フリーランスの道を選ぶことは大変な決断です。 収入のこと、家族のこと、仕事のやりがい。 あれこれ考えることは尽きないでしょう。 夢や希望に満ち溢れたスタートですが、誰もがいつまでもフリーランスを名乗れるほど甘い世界ではありません。 私は会社員時代にはない「自由」の裏には、常に「廃業」があるのだと感じています。 誰でも簡単に始められ、誰でもあっという間に辞められるのが「フリーランス」という働き方なのです。 映像ディレクターとして起業した私も、決断をする数週間は、さまざまな秤で「会社員」と「フリーランス」を比べて、悩みに悩んでこの道を選びました。 これからは誰のせいにもできません。 経営が傾いても、病気をしても、全て自分の責任です。 フリーランスは言葉だけ聞くと、その名の通り自由で、気楽なイメージがあるかもしれませんが、「生活を維持」するという責任は会社員以上に持っていなければ務まりません。 フリーランスという肩書きを失う恐ろしさ 昔はハードルが高かった株式会社を資本金1円からでも立ち上げることができるようになった時代背景や、正社員として働くことへの疑問から、フリーランスという働き方は注目されています。 フリーランスになる最大の難関は「安定を捨てること」だと私は思います。 多くの人が懸念しているのはフリーランスで失敗した時のことです。 会社が倒産した無職と、自分の事業を潰した無職とでは、大きく意味違うことを肝に銘じなければいけません。 失敗を恐れて挑戦しないことはいけませんが、挑戦すれば失敗も背中合わせだということを意識する必要があります。 常にリスクを背負っているのがフリーランスです。 私は、「明日もフリーランスとして仕事がしたい、ご飯が食べたい、夢を追いかけたい」という一心で日々の仕事にぶつかっています。 それは、「フリーランス」という肩書きを失うのが怖いからです。 好きなことで起業して、大きな夢を持ち、不安に打ち勝って始めた仕事です。 この肩書きを失ったとき、どうやって立ち直ったらよいのか、今の私には想像ができません。 だからこそ、毎日人一倍の努力を重ねなければならないのだと思っています。 もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。 それほどまでにシェアを広げているNo. 1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。 すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。 あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。 明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。 一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。 アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。 最近話題になっている 「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。 専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。 また、日本の会計ソフトでは初となる、 「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応! 取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、 年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。 使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。 無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます! 当サイトをご覧頂きありがとうございます。 えふまが!編集長の「まるお(丸尾)」です。 デジタルハリウッドでWEBデザインとコーディングを学んだのちフリーランスWebデザイナーとして活動しています。 えふまが!は私個人が運営しているWEBメディアです。 ここではフリーランス(個人事業主)や自営業・副業・起業・在宅ワークというものをもっと身近に感じてもらうことをコンセプトとして発信しています。 もう独立して仕事を始めている人や「これから独立してフリーランスになろうかな?」と思われている方、「まだ何も決めてないけど興味は持っている。 」という方にも何かしらの出会いやインスピレーションを与えられるようなサイト作りを目指します。

次の

人見知りで営業ベタな地域フリーランスの生き残り戦略

フリーランス 生き残り

コンテンツ• プロフィール まずは簡単なプロフィールを。 もうすぐ30半ばで、最近趣味らしい趣味がないので、プライベートは専ら育児してます。 新しいモノ好きで、新しいモノにチャレンジしてるときはワクワクします。 オラワクワクすっぞ! プログラムも多少できますが、メインはいわゆる上流(この言葉は嫌いですが)の要件定義や設計を得意分野としています。 フリーランスになった経緯 新卒でSIのITベンダーに入り、小売や物流のシステムに携わってきました。 その後、社内SEにキャリアチェンジし、昨年末にサラリーマンエンジニアからフリーランスエンジニアに転身しました。 と、簡単にフリーランスになったと書きましたが、転職以上にフリーランスになるには悩みました。 その時の期待や不安なども書いていこうと思います。 同じ思いの方の参考になれば幸いです。 フリーランスになった目的 フリーランスとなると決めた理由はいくつかあるのですが、一番はスキルの幅を広げたいと思ったからです。 しっかりした経歴書を書いてみると分かるのですが、プログラマーではないエンジニアは魅力的な能力や経歴を出すのが難しいです。 特に私は、フルスクラッチシステムやニッチな業種システムを担当していたので、自分のつぶしが効かない経歴に危機感を持ち、自分で経歴を作ろうと思いたちフリーランスになることにしました。 改めて… まだフリーランスになってから数ヶ月ですが、現状フリーランスになって良かったと思っています。 それは、目的に書いた経歴作りができるお仕事を選択できたからです。 自分で仕事を選べるのがフリーランスの最大の魅力だと感じています。 数カ月後同じようにフリーランスになってよかった!と言えているかは未知ですが、最初に書いた通り、フリーランスエンジニアとして生き残り、食らいついていきます! 今後、フリーランスになってみてのギャップやネガティブなものが発生した場合、包み隠さずお伝えしていこうと思いますので、よろしければお付き合いください。

次の

フリーランス、自営業の方の生き残り術 今だからこそやるべき「お金対策」とは

フリーランス 生き残り

今回は、戦略とフリーランスでの働き方についてです。 この記事でわかること ・戦わない戦略の 「協調戦略」 とは? ・戦略フレーム 3C の視点で生き残っていくために ・フリーランスの働き方へのヒント こんな疑問に答える内容を書きました。 記事の前半では、大手のバリューチェーンや業務プロセスに入り込む 「協調戦略」 をご紹介します。 後半では、フリーランスへの働き方への応用を書いています。 ぜひ記事を最後まで読んでいただき、仕事やキャリアへの参考にしてみてください。 戦略とは何か いきなりですが、戦略とは何でしょうか? 私の一言の定義は、 戦略とは 「目的を達成するためのやること・やらないことの方針」 です。 目的達成のために、自分たちが持っているリソース配分の指針です。 戦略の上位には目的がきます。 戦略とは目的を達成するためにあり、必ずしも相手と戦う必要はありません。 真正面から戦わずして目的が果たされるのであれば、リソースを無駄に投入しなくて済みます。 では、戦わないためには、どうすればいいでしょうか? 戦わない戦略 相手と真正面から戦わない戦略には、2つの考え方があります。 戦わない戦略 ・無効化戦略 ・協調戦略 1つは 無効化戦略です。 相手の強みを無効化したり、場合によっては弱みに転換させることです。 相手が持っている経営や事業資源がむしろ足かせになるように仕掛ける戦略です。 2つ目は 協調戦略です。 相手のバリューチェーンや業務プロセスに、自分たちが入り込むことです。 大手企業のバリューチェーンの一部を代替したり、新しく自分たちがバリューパートを追加することにより、 自分たちが相手にとって必要不可欠な存在になる共生の戦略です。 ではここからは、協調戦略からフリーランスでの働き方へのヒントを見ていきます。 フリーランスへのヒント 私は2018年に前職の Google を辞め、フリーランスとして独立をしました。 2020年現在の仕事は、いくつかのベンチャー企業の経営や事業支援をしています。 内容は企業やその時々の状況によって多岐にわたります。 独立してなんとか1年以上はフリーランスを続けられているものの、フリーランスの自分がこれからも生き残っていくためには、先ほどの協調戦略にはヒントがあります。 それは、相手企業のバリューチェーンや業務プロセスに入り込み、どの部分で他にはできない価値を提供できるかです。 具体的には、以下があります。 これが実現できている限りは、フリーランスであっても生き残っていけます。 では、共生する場所をどうやって見極めればよいでしょうか? 共生する場所の見極め 私は次の3つの視点で、自分が入り込めるかどうかを見ています。 共生する場所の見極め ・重要度 ・時間軸 ・比較優位 2つ目の時間軸とは緊急性です。 重要かつ緊急度の高いこと、または重要だが急ぎではないものの2つがあります。 後者の 「重要だが急ぎではない」 は、ベンチャー企業のような環境では手つかずになっていることがあります。 そこを自分のような立場の人間が拾いに行きます。 比較優位を常に考える 3つ目の比較優位の補足です。 重要な問題解決であっても、本当に自分がやるべきかは比較優位で判断をします。 他のメンバーが自分よりもうまく対応できるなら、自分がやる必要性は低くなります。 自分が生き残るためには、いかに事業や業務プロセスの中に入り込み、不可欠な存在になれるかだからです。 そのためには、他の人ではできない価値を提供し続けることです。 ベンチャー企業では環境の変化が早いです。 比較優位を常に考える ・自分はどこで共生するか ・プロセスのどこで不可欠な存在になり価値を提供できるか ・一時的ではなく長くやっていけるか もう1つ、いつも意識していることは戦略フレームの 3C Customer, Company, Competitor で見ます。 戦略フレームの 3C から見極める方法 具体的には、次のような視点です。 3C から見極める方法 ・ Customer: その会社の社内外の状況と環境理解 ・ Company: 自分の特徴理解と、今いる環境での強み・弱みの把握 ・ Competitor: 自分以外のメンバーを競合と見立て、自分との比較優位の見極め 3C から協調戦略をどうやっていくか、つまりフリーランスとして生き残っていく目的のために、自分が持つリソースをどこでどれくらい、どうやって使っていくかです。 まとめ 今回は、戦わない戦略とフリーランスの働き方についてでした。 最後に今回の記事のまとめです。 相手と真正面から戦わない戦略には、2つの考え方がある。 ・ 無効化戦略:相手の強みを無効化したり、弱みに転換させる ・ 協調戦略:相手のバリューチェーンや業務プロセスに入り込み、相手にとって必要不可欠な存在になる 共生 協調戦略にはフリーランスの自分がこれからも生き残っていくためのヒントがある。 相手企業のバリューチェーンや業務プロセスに入り込み、他にはできない価値を提供する。 本当に自分がやるべきかは比較優位で判断をする。 自分が生き残るために他の人ではできない価値を提供し続ける。 常に 「自分はどこで共生するか」 「プロセスのどこで不可欠な存在になり価値を提供できるか」 「一時的ではなく長くやっていけるか」 を考える。 戦略フレーム 3C から見極める方法 ・ Customer: その会社の社内外の状況と環境理解 ・ Company: 自分の特徴理解と、今いる環境での強み・弱みの把握 ・ Competitor: 自分以外のメンバーを競合と見立て、自分との比較優位の見極め.

次の