妊婦 健康 診断。 川崎市:妊婦健康診査

母性健康管理指導事項連絡カードは働く妊婦さんに必要!費用や休業などについて [ママリ]

妊婦 健康 診断

妊娠~出産から子育て期間において保健指導による身体的な健康のみならず、心の健康を含む出産への援助が必要である。 正しい知識による安全、安心な出産が行えるよう助言する。 福祉機関や教育などとも連携をはかり有効な援助を確立する。 妊娠初期における保健指導 妊娠の届け出 母子保健法15条において、妊娠した者はすみやかに市町村役場に届出をしなければならない。 届出のあった者に 母子健康手帳が交付される。 妊産婦の健康診断 定期健康診断の必要性と方法について。 安全、安心な分娩を行う上で健康診断は必要不可欠である。 交付された健康診査受診表を提出することで14回の診察料が無料になる。 (自治体による) 妊娠初期の日常生活 規則正しい生活と十分な休息をとる。 立ち仕事などのハードな労働を避ける。 妊婦の心理的変化 妊娠期には感受性の亢進、内向性と積極性が顕著になる場合も。 食欲や性欲の変化、嗜好品の変化など。 ホルモンの不均衡による感情の変化。 (外的刺激に対しての敏感な反応、妊娠自覚による喜びや戸惑い、不安など) つわりの予防 妊娠初期には、食欲不振、嗜好品の変化、嘔吐などの50~80%ほどの妊婦に症状として起こる。 酸っぱいもの、スッキリするものなどの食べ物が一般的に好まれる。 匂いの強い食べ物などを避ける。 調理はパートナーと相談して考慮する。 栄養価や時間に関わらず、好きな時間に食べたいだけ食べる。 嘔吐を繰り返す場合、水分不足となることがあるため、水分補給に考慮する。 ベッドわきに、朝起きたときにクラッカーなど簡単に口にできるものを用意すると良い。 流産・切迫流産の予防 切迫流産 安静を指示し、ハードなスケジュールは避ける。 出血の有無を確認するよう指示する。 自然流産 月経痛のような下腹部の痛みと少量の子宮出血がおこる。 長時間の起立、ハードな仕事、冷えなどに注意する。 妊婦の服薬 体調の悪い時は十分に休息を取る。 主治医の元、処方されたものだけを服薬する。 自身での判断での服薬はしてはならない。 妊娠中期における保健指導 妊娠期の食事 食事は刺激の少ない低脂肪の食品を選択する。 少量ずつゆっくり食べる。 カフェイン、アルコールの摂取を自粛する。 カフェインの摂取は子宮内の胎児発育遅延のリスクが高くなる。 胎児性アルコール症候群:摂取したアルコールの影響で発達障害や学習障害を起こす。 タンパク質、鉄分、カルシウムを多く含む食品を摂取するようにする。 塩分の濃い食事は控え、定期的に体重のチェックを行う。 便秘の予防に備えた食事。 妊婦の服装• 夏の冷房、冬場の冷え防止に、足元~腰を暖める服装が良い。 締め付けが少なく楽な衣類• ヒールなどを避け、安定した靴を履く。 腹帯、コルセットなどで腹部を保護する。 妊娠後期における保健指導 姿勢、運動など 腹部突出による腰痛緩和のため、シムス位での就寝、休息をとる。 妊娠中は疲れやすく、腰背部痛が起こりやすい。 十分な睡眠と休息をとる。 一般的な睡眠時間+1~2時間ほどを目安に睡眠をとる。 マタニティエクササイズ 妊娠中の筋肉、呼吸などの機能を改善、肥満の予防などに良い。 有酸素運動を行うことで気分転換をはかり、積極的な分娩への準備を行う。 乳房の手当て• 乳房・乳頭は清潔を保つ。 乳房マッサージ 脇下に近い乳房の付け根からゆっくり内側へマッサージする。 乳房基底部での血液循環を促進する。 乳頭刺激 乳頭・乳輪部を指で1~2分ほどつまむ。 分娩に必要な準備の確認• 出産場所の決定• 産後の生活、支援体制の確認• 里帰り出産を行うかどうか。 心身の準備。 出産後に必要な物品の準備(肌着、おくるみ、オムツ、哺乳瓶、哺乳瓶消毒剤、沐浴用バス、ベビー用ローション など).

次の

妊娠中の健康診断は受ける?〜必ず避けるべき検査項目と注意点〜

妊婦 健康 診断

毎年、案内通知が来るたびに、面倒に思う人も少なくない健康診断。 人事・労務の担当者としては、社員全員にきちんと受診させたいところです。 社員全員にしっかりと受診してもらうためにも、まずは担当者の側から健康診断への理解を深めていき、確実に受診してもらうための対策について考えましょう。 企業は、なぜ健康診断を実施しなければならないのか? 健康診断の実施は、法律上、会社の義務です。 会社は人を雇って利益を上げている反面、使用者である責任を負っています。 その「使用者責任」の一環として、従業員の健康や身体の安全を管理する義務があるのです。 健康を損なってしまった従業員を、そのまま過酷な業務に就かせたり、長時間働かせたりして、その結果、事故を起こしたり病気で働けなくなってしまった場合、安全配慮義務を守らなかったとして、会社は厳しく追及されることとなります。 社員の健康状態を把握して管理することは、他ならぬ会社自身を守るためでもあります。 健康診断とは何なのか、改めて考えてみましょう 会社が実施する健康診断には、以下の表のように「一般健康診断」と「特殊健康診断」があります。 いずれも労働安全衛生法やじん肺法に根拠がある、法律上の健康診断です。 雇入れ時の健康診断 入社時に実施される健康診断の対象者 会社は、「常時使用する労働者」を雇い入れるときは、「医師による健康診断を行わなければならない」と定められています。 ここでいう「常時使用する労働者」については、必ずしも正社員に限られず、一定の条件を満たしたパートやアルバイトでも該当する場合がありますので注意が必要です。 例外:入社時に健康診断を受ける必要がない場合 「ただし、医師による健康診断を受けた後、3ヶ月を経過しない者を雇い入れる場合において、その者が当該健康診断の結果を証明する書面を提出したときは、当該健康診断の項目に相当する項目については、この限りでない。 」との例外があります。 雇入れ時からさかのぼって3ヶ月以内に、その労働者が上記の項目について健康診断を受けていれば、その結果を書面で提出してもらうことで雇入れ時の健康診断に代えることができます。 年1回の実施が義務付けられた定期健康診断について 定期健康診断についても、対象者や項目は法律によって定められています。 定期健康診断の対象者 雇入れ時と同じで、「常時使用する労働者」になります。 パートでもアルバイトでも、上記の条件を満たしている場合には健康診断を実施する必要があります。 実施時期・場所 定期健康診断の場合は、1年以内ごとに1回、定期的に実施するものとされています。 一般的には協会けんぽからお知らせが届いて、申請書などを送って指定の医療機関・日時に社員が受診しに行く、という流れでしょう。 受診のスケジュールが合わないなどの都合で、各労働者が自分で選んだ医療機関で受診することもできますが、その場合は結果を会社に書面で提出させる必要があります。 会社の報告・保管義務/人事がやるべきこと 常時50人以上の労働者を使用している会社であれば、健康診断の結果を労働基準監督署へ報告する義務があります。 また、健康診断の結果については、健康診断個人票を作成のうえ、5年間保管しておく義務があります。 健康診断の費用負担とその間の賃金の取扱い 受診時の費用負担は? 定期健康診断の費用について、行政通達によれば「健康診断の費用については法で事業者に健康診断の実施の義務を課している以上、当然会社が負担すべきものである」と解釈されています。 ですから、健康診断の実施にかかる費用は会社が負担することになります。 また、ここでいう費用には、労働者が健診の医療機関へ移動する交通費も含まれると考えられています。 受診するのに半日かかった。 この時間は有休扱いにしてもよい? 定期健康診断は通常の業務とは関係なく受けるものですから、その間は労働していないと考えられます。 よって、その間の賃金について払わない、あるいは有給休暇扱いとすることは違法ではありません。 ただし、労働者全員に健診をもれなく受診してもらうためには、健診に参加しやすい環境を整えることも大切です。 であるならば、就業時間内に受診してもらうなどの措置をとるほうが望ましいと言えるでしょう。 健康診断を実施しなかったら… 会社には、従業員に健康診断を受けさせる義務があります。 これは法律上の義務ですから、もし実施しなければ、法律違反として労基署の指導を受けたり、刑事罰が科せられたりするおそれがあります(50万円以下の罰金)。 また、健康診断を受けることは、労働者自身の権利ではなく義務でもあります。 労働者の場合は受診しなかったとしても罰則の対象にはなりませんが、だからといって受診しなくてもよいわけではありません。 受診を拒む労働者に対して人事がどう対応すべきか? 就業規則を整えて周知を 健康診断の受診は、労働者に課せられた義務でもありますが、そのような意識を持った方はあまりいないのではないでしょうか。 何かと理由をつけて受診を拒否し続ける労働者に対しては、放置しておくのではなく、義務である旨を伝えて何回か根気よく働きかけるべきでしょう。 たとえば就業規則に「健康診断を受診しなければならない」旨を定め、これを周知しておくと、それを根拠として「受診するように」と働きかけることができます。 また、場合によってはその規定に違反したとして、比較的軽微な懲戒処分に処すことも検討できるでしょう。 実際にそこまでやるかは会社の判断次第ですが、一定の効果はあろうかと考えられます。 企業の取り組み~ローソンの例 コンビニエンスチェーン大手のローソンは、2011年度の健康診断受診率が83%程度にとどまったことを受けて、全社的に健康診断の受診を推し進めるべく、2013年度からある取り組みを始めました。 それは、「健康診断を受けない社員は、ボーナスを15%カット。 その社員の直属の上司もボーナスを10%カットする。 」というものです。 ボーナスカットに至るまでに何度か通知をして、それでも受診しなかった場合に最終手段として賞与を減額する、というこの措置。 ここまでやるかは賛否があるかもしれませんが、会社として法令遵守をする・社員の健康を守る、という姿勢を強く打ち出したものといえそうです。 以下では、順を追って解説します。 なお、健診結果は当然ながら個人情報ですので、その管理や保存には細心の注意を払いましょう。 「適切な措置」とは、ポストを変えたり、労働時間を短くしたり、出張の回数を減らしたりするなどの措置が考えられます。 業種やその労働者の健康状態に照らして、医師などと連携しながら進めていきましょう。 健康な状態をキープできるよう、医師や保健師、衛生管理者の保健指導・受診勧奨を実施することが、企業の努力義務とされています。 社内に産業医がいない場合の対処法 産業医の選任が法律上求められているのは、「常時 50 人以上の労働者を使用する事業場」です。 この規模の事業場においては、産業医を選任して、労働者の健康管理などを行わせなければならないこととなっています。 しかし、50人未満の中小規模の事業場であれば、産業医の選任は「望ましい」ものの、必ずしも必須ではありません。 そういった場合は、地域産業保健センターや産業保健推進センターに相談するのも一案です。 認定産業医の活用について有益なアドバイスが得られるかもしれません。 健康診断を「受けっぱなし」のリスク 健康診断を受けさせただけでおしまいにしていると、後であらゆるリスクが生じる可能性があります。 例えば、健診で「要精密調査」とされている労働者に長時間労働を強いて、結果的に体調を崩してしまった、というケースではどうでしょうか。 まず、過重労働が原因で仕事に来られなくなったということで、会社としては労災を申請することになるでしょう。 長時間労働を強いた事業場として労基署から厳しく追及され、労働時間の見直しなどの行政指導を受ける可能性もあります。 また、民事的なリスクについては、労働者本人から損害賠償を求められるケースもあります。 そして何より、その労働者が働けなくなってしまった分、会社の業績が落ちるリスクがあるかもしれませんし、代替要因を補充するための手間やコストもかかります。 対外的にも、コンプライアンスがしっかりしていない会社であるとして、社会的な評判を落としてしまうかもしれません。 このように、行政のリスク・民事のリスク・人事上のリスク・社会的リスクなど、様々なリスクを抱えることになってしまいます。 健康診断といえども、受けっぱなしで放置していると、万が一のときにこういった様々なリスクがあるのです。 社員の健康管理にかかる負担は「将来への投資」 健康は自己管理が原則です。 特に、転職を繰り返している中途採用者であれば、会社側が一括して管理することはできませんから、個人レベルで意識を持って健康を心がけることが必要になってきます。 前述したとおり、健康診断にかかる費用については、健診の実施が会社に課せられた法律上の義務であることから、当然に会社が負担すべきものとされています。 その理由は、法律的に解釈すれば「使用者責任があるから」ということになりますが、社員の健康管理をしっかり行うことによって、会社にとってもメリットがあるのです。 メンタルヘルスチェックが義務付けられるなどの昨今の時流を見れば、社員のメンタルを含むヘルスケア全般について、会社には高い意識が求められているといえるでしょう。 その今だからこそ、社員の健康管理を「将来への投資」としてとらえ、今後の企業活動に役立てていきませんか。

次の

妊娠中に会社の健康診断を受ける必要はありますか?

妊婦 健康 診断

妊婦健診とは、した方が受けることを推奨されている健康診断のことです。 日本の妊婦健診は非常に綿密に行われており、その結果として出産の経過や出産後の赤ちゃんの成長、お母さんの体調が非常に良好な傾向にあるといわれています。 今回は妊婦健診の目的や重要性について、昭和大学医学部産婦人科学講座准教授の松岡隆先生にお話頂きました。 妊婦健診とは。 その概要について 妊婦健診は、妊婦さんが安心して生活を送り、健康な赤ちゃんを産むために欠かせない健康診査です。 妊婦さん全員が受けることが望ましいとされています。 「健診」とはそもそも、健康な方が「健康」であることを確認するために行われる検査のことを指します。 そのため、健診では基本的には何も起きません。 つまり健診は、「正常」の推移を確認する検査なのです。 もしもそこで異常があった場合は、紹介されて適切な病院へ行くことになります。 妊婦健診の目的 妊婦健診の目的は、定期的に健診を受けることでお母さんの健康状態と赤ちゃんの発育状態を常にチェックし、安心・安全に期間を過ごしていただくことです。 また、もし健診でお母さんや赤ちゃんに異常が見つかった場合でも、早期に適切な対応を取ることができます。 特に、、などの病気は赤ちゃんの発育にもお母さんの健康にも悪影響を及ぼすため、注意深くチェックする必要があります。 妊婦健診を受けなかった場合はこれらの異常に気付くことが遅れてしまうか、気づかないまま出産まで進んでしまうことがあるため、必ず受けることが推奨されています。 「健診」と呼ばれるとおり、健康な方を対象にしているのが妊婦健診です。 つまり妊娠は基本的に正常な過程です。 妊婦健診は、その妊娠経過が正常な過程から逸脱していないかを確認する目的で行われます。 ただし、「正常」であることを証明するのは、異常を発見するのと比較して非常に難しいのが特徴です。 また、妊婦健診では、正常の妊娠経過の確認とともに、胎児が元気に育っているかどうかも確認します。 正常であることを確認しに行く検査ならば、妊婦健診を受けても受けなくても同じではないかという疑問を持たれる方もいるでしょう。 しかし、未受診妊婦、つまり妊婦健診を定期的に受けていない妊婦さんは、お産の結果が悪いというデータが出ています。 このような事態を防ぐためにも、妊娠の途中で逸脱してしまった妊婦さんを見つけるためにも、妊婦健診は意味があると考えています。 ですから、やはり妊婦健診は意味があるといえるでしょう。 だからこそ、公的に費用が補助されているのです。 こう考えてみると、妊婦健診を受けない手はないといえます。 妊婦健診の費用 都道府県や病院の規模によって異なります。 市役所で届け出をすることで、母子手帳とともに支給される補助券が使える場合もあります。 なお、基本的に妊婦健診は健康保険適応外であり、全額自己負担となりますが、地域によっては妊婦健診を公費補助で受けられる受診券や、保健師による相談や情報提供を受けることができるところも存在します。 妊婦健診の回数と頻度 妊婦健診は少なくとも11週末までに3回程度、12~23週末までは4週ごと、24~35週末までは2週ごと、それ以降の40週末までは1週ごとに行われることが望ましいとされています。 妊婦健診を受けられる場所は、大学病院から産婦人科専門クリニック、助産所まで多岐にわたります。 少数派ですが、ご自宅で出産をされる方もいらっしゃいます。

次の