アシカ トド セイウチ オットセイ 違い。 トドとセイウチの違いと見分け方は?生息地と食べる餌についても

「アシカ」と「アザラシ」と「セイウチ」の違い・意味と使い方・使い分け

アシカ トド セイウチ オットセイ 違い

アザラシとアシカとオットセイ。 何が違うの? 違いのひとつである「耳」。 アシカ科のアザラシの耳には耳介があります。 これは「じかい」と読み、私たち人間も含み動物の耳のうち、外に飛び出してる部分を指します。 アシカ科の個体を見ると、飛び出しているような小さな耳があることが確認出来ます。 アザラシ科のアザラシには耳介はなく、耳の孔があるだけです。 オットセイはアシカ科であるため、耳介があります。 スポンサードリンク そして「肢」。 アシカ科は後肢を曲げ、折りたたむようにすることが出来ます。 前肢は横に曲がり、四肢で体を支え陸上で歩くことが出来る。 これにより「歩くアザラシ」と呼ばれることもあります。 アザラシ科は前後肢全てそのままなので、体を使って転がるように移動します。 丸くてコロコロしているイメージは、ここからかもしれません。 また、アザラシ科の前肢には5本の鉤爪がありますが、アシカ科とセイウチにはありません。 トドはアシカ科に分類される動物であり、中でも最大級。 とても大きな身体をしています。 この中では、迫力満点で見るだけでも重量感が伝わります。 アザラシはコロっとした体型でお腹で滑るように歩く。 毛質はゴワゴワ感がある。 アシカ、オットセイはスマートで手を使って歩くように進む。 毛質はツルツルし、光沢がある。 セイウチは長くて太い「キバ」が特徴的であり、他のどれとも見分けられる。 トドはアシカ科のため、アシカ・オットセイと同じではあるが大きさの違いから明らか。 このような違いがあります。 まとめ 紹介した動物たちはそれぞれとっても愛らしく可愛い。 水族館でも人気者です。 ショーで見たことのある人も多く、何故か身近な存在のような感覚になります。 それはきっとキャラクターやデザインされた雑貨なども多いからかもしれませんね。 違いがわかった上で動物園や水族館に遊びに行くと、一段と面白くなりますよ。

次の

アザラシとアシカとオットセイの違いや見分け方。トドやセイウチも!

アシカ トド セイウチ オットセイ 違い

トド、セイウチ、アシカなどの違いがチャートに 同館は、ジュゴンやアフリカマナティーに会える、日本で唯一の水族館。 同チャートでは、同館の食肉目イヌ亜目に位置づけられる海生哺乳類のグループ「鰭脚 ききゃく 類」の見分け方を、わかりやすく理解することができる。 フォロワーからは、「わかりやすい」「絵もかわいい」など、好評の声が寄せられている。 同館では、「大人、子ども、雄、雌の違いで外見にも変化がありますので、少し使いづらいかもしれませんが、水族館へ行った際には是非お試し下さい! 鳥羽の鰭脚で作成してますが、大体の水族館で通用するはずっ! 飼育種類数日本一ですからっ! 」とコメントしている。 同館の所在地は、三重県鳥羽市鳥羽3-3-6。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

トド、アシカ、アザラシなどの違いがわからない時に使うチャートが話題に

アシカ トド セイウチ オットセイ 違い

もくじ• アザラシ、オットセイ、アシカ、トド、セイウチの違い! アザラシ 分類 アザラシはアザラシ科アザラシ亜科に属します。 体重 アザラシと言えば動物園でもよく飼育されているゴマフアザラシを思い浮かべる方もいるでしょう。 ゴマフアザラシは体重~100kg強程度なので、アザラシは小さいと思いがちですが、巨大になる種類もいます。 例えばミナミゾウアザラシのオスは、体重2000キロを軽くオーバーする事もしばしばなんです。 生息域 北極圏から南極まで幅広く生息しています。 見た目や特徴の比較 アザラシは他に挙げた4種と違って歩くことが出来ません。 当然起き上がることが出来ず、べたっと寝そべっていて、前足だけで滑ったり転がったりして移動します。 地上ではこんな感じですが、海中ではこの後ろ足で巧みに泳ぐことが出来ます。 後ろ足は海で泳ぐために発達していったのです。 耳たぶはありません。 アシカ科、セイウチと比較• 前足にかぎ爪がある• 歩けない• オットセイと比較• 毛がごわごわ オットセイ スポンサーリンク 分類 オットセイはアシカ科オットセイ亜科に属し、キタオットセイ属とミナミオットセイ属がいます。 体重 キタオットセイの体重はメスが50kg程度、オスが250kg前後ほどです。 生息域 生息域はキタオットセイが北太平洋、ミナミオットセイ属がアフリカとオーストラリアの南岸です。 見た目や特徴の比較 アシカと比較• 毛がふさふさしている• 顔が丸みを帯びている• 耳たぶが大きい• 後ろ足先がそろっている アザラシと比較• 前足にかぎ爪はない• 毛がふさふさ アシカ 分類 アシカはアシカ科アシカ亜科に属します。 体重 カリフォルニアアシカの体重はメスが100kg前後、オスが300kg前後です。 生息域 カリフォルニアアシカ、ガラパゴスアシカ、ニホンアシカ(絶滅したとされている)、オーストラリアアシカ、ニュージーランドアシカがいます。 名前が示すとおり幅広い地域に生息しています。 見た目や特徴の比較 オットセイと比較• 毛が短くてつるりとしている• 顔はすこしとがっている• 耳たぶが小さい• 後ろ足先が不揃い アザラシと比較• 前足にかぎ爪はない トド スポンサーリンク 分類 トドはアシカ科トド属に属します。 体重 体重はメスが約300kg、オスが1000kgとアシカ科のなかでは最大級の大きさを誇ります。 生息域 生息地は北太平洋、オホーツク海、日本海の一部海域などで、他のアシカ科と比べると北に寄っています。 見た目や特徴の比較 耳たぶがあります。 他のアシカ科と比較• 圧倒的に大きい アザラシと比較• 前足にかぎ爪はない セイウチ 分類 セイウチはセイウチ科セイウチ属に属します。 体重 メスは体重300kg前後、オスはなんと1,000kg前後の巨大な体を持ちます。 生息域 生息域は北極圏です。 見た目や特徴の比較 大人になるとオスメス共に巨大な牙をはやします。 この牙は生涯にわたって伸び続けるので大きな牙を持っているほど強く、年を取った個体となります。 耳たぶはありません。 また、体毛はその巨体に比べてごく短く、つるつるとした見た目になっています。 アザラシと比較• 前足にかぎ爪はない 他4種と比較• 圧倒的な大きさ• 牙がある• 髭がもじゃもじゃ まとめると・・・ スポンサーリンク• アザラシは後ろ足を、アシカ科は前足を使って泳ぐ• 一般的なアザラシ<オットセイ<=アシカ<トド<セイウチ• アシカとトド、セイウチは見た目がツルツル、アザラシとオットセイはふさふさ• 耳たぶがあるのはアシカ科、アザラシとセイウチにはない• アザラシは前足に爪がある。 他の4種はない。 牙が大きくよく見えるのはセイウチ 英語では何ていうの?• アザラシ・・・seal• オットセイ・・・fur seal(フサフサのアザラシ)• アシカ・・・sea lion(海のライオン)• セイウチ・・・walrus 猫に似ている・・・? アザラシ、オットセイ、アシカ、トド、セイウチ全てがネコ目(食肉目)に属します。 顔をじっくり見てみれば案外猫に似ているかも…? さいごに いかがでしたでしょうか? 似ているから見分けがつきにくいと思いきや、意外と違いが多くありました。 また、違いがわからなくなったらいつでも確かめにきてくださいね!.

次の