テリス。 デリス (delices)

デリスとは

テリス

41 外観 無色から赤色の固体 1. ロテノン rotenone は無臭の化合物で、の一種である。 ・・として広く効果を持つ。 天然にはある種の植物の根や茎に含まれる。 ラットに投与するとの原因となる。 毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。 歴史 [ ] Emmanuel Geoffroy がを旅行していた際に、 Robinia nicou、現在でいう Lonchocarpus nicou の標本から初めて見出した。 この研究は彼の学位論文で扱われるところとなったが、で死去したため爾後1895年に発表された。 その後の研究により、かつてジョフロアがニコウリン nicouline と名づけた物質はロテノンと同一であることが示された。 用途 [ ] 溶液が、として用いられる。 また、粉末もしくは乳液として、望まれない種の魚類(本来の生息地が異なる外来魚など)の管理・除去に使われる。 ロテノンを植物から抽出し、水中に散布することによって魚を捕らえる方法が知られている。 ロテノンを使うと魚が水面に浮かび上がり、容易に捕らえることができる。 根を砕いて使う初歩的な方法であるが、さまざまな原住民によって使われた。 ロテノンは消化器からは吸収されにくいため、このようにして捕らえた魚は食用に供することができる。 一方、魚の場合ではえらから血液中に容易に取り込まれる。 粉末はなどのに寄生するの駆除にも使用される。 作用機序 [ ] 中のを阻害することによって効果を発揮する。 具体的には、中の鉄・硫黄中心からへの電子の移動を妨げる。 これによってから(細胞のエネルギー源)への変換が行われなくなる。 植物での存在 [ ] 熱帯性および亜熱帯性植物、特に Lonchocarpus や Derris の根や茎から抽出される。 ロテノンを含む植物を以下に挙げる。 バルバスコ Barbasco Lonchocarpus urucu - 南アメリカ• Tuba Plant Derris elliptica - 東南アジア、太平洋諸島南西部、根からの抽出物は Derris または Derris root と呼ばれる• Jewel Vine Derris involuta - 東南アジア、太平洋諸島南西部• Derris thyrsiflora - インドのミゾ Mizo 族は柔らかい根を野菜として食用にする• Duboisia - オーストラリアに生育する潅木。 白い塊状の花と液果状の果実をつける。 アボリジニは粉砕した植物体を漁に用いる• Verbascum thapsus 毒性 [ ] WHO は「中程度に危険性がある」 moderately hazardous と分類している。 ヒトや他の哺乳類に対しては中程度の毒性だが、昆虫や魚などの水生生物にとっては猛毒である。 この毒性の違いについては、脂溶性のロテノンはやからは容易に吸収されるのに対し、皮膚や消化器からは吸収されにくいということから説明される。 飲み込むと嘔吐をもよおすため、ヒトでの死亡事例はまれである。 自ら意図して摂取した場合、致命的となりうる。 日光に当てると分解し、通常の条件では6日程度の寿命である。 の国家有機農作物プログラム National Organic Program で非合成物と認められており、有機農法に使えるとされている。 パーキンソン症候群 [ ] 2000年、ラットにロテノンを注射するとの発症の原因となる、と報告された。 試験内容は、組織への浸透性を高める目的でとをロテノンと混合し、5週間にわたってへの注射を続けるというものであった。 この研究は、ロテノンへの被曝がヒトにおけるパーキンソン症候群の原因となることを直接的に示すものではないが、環境中に存在する毒への継続的な接触が発病の可能性を高める、という考え方と矛盾しない。 また、ラットの(ニューロン)およびの初代培養細胞は、酸化的損傷を受ける、あるいはドーパミン作動性ニューロンの死が起こるロテノン量が少ない(10nM以下)ことが示されている。 パーキンソン症候群により死ぬのは、脳ののそれらの神経細胞である。 である MPTP が(ラットではなくヒトなど霊長類で)パーキンソン症候群の原因となることは以前より知られており、これは複合体Iの電子伝達系を阻害し、黒質中ドーパミン作動性ニューロンを殺すことによるものとされている。 この前例により、ロテノンは同様にパーキンソン症候群を引き起こす可能性があると考えられ、研究が行われた。 MPTPとロテノンはともに脂溶性であり、を通過することができる。 参考文献 [ ]• Ambrose, Anthony M. ; Haag, Harvey B. 1936. ASNOM 2008年1月2日. 2008年3月16日閲覧。 Peter Fimrite 2007年10月2日. 2008年4月11日閲覧。 ; Casida, J. 1999. Agric. Food Chem. 47 5 : 2130—2136. World Health Organization. 2007. 2007年12月2日閲覧。 Wood, D. ; Alsahaf, H. ; Streete, P. ; Dargan, P. ; Jones, A. 2005. Crit Care 9 3 : R280—R284. Vitax Safety Data Sheet for Derris dust, revised October 1998. 2007年6月9日, at the.. Resource Guide for Organic and Disease Management. Cornell University. Caboni, P. ; Sherer, T. ; Zhang, N. ; Taylor, G. ; Na, H. ; Greenamyre, J. ; Casida, J. 2004. Chem. Res. Toxicol. 17 11 : 1540—1548. Gao, H. ; Liu, B. ; Hong, J. 2003. The Journal of Neuroscience 23 15 : 6181—6187.

次の

デリス タルト&カフェ|店舗検索|株式会社 フジオフードシステム

テリス

マメ科(APG分類:マメ科)のつる性低木で、一見フジに似ている。 ミャンマー(ビルマ)、タイ、ベトナム、マレー半島、インドネシア、ニューギニア島などに分布する。 枝は軟毛が密生し、横にはう。 葉は奇数羽状複葉で長さ18~38センチメートル、小葉は倒または倒披針 ひしん 形で、先は急にとがり、9~13個からなる。 淡紅色の花は、長さ約1. 8センチメートルで、大きな総状花序(長さ18~25センチメートル)をつくる。 東南アジアでは古くから魚をとる目的で、根、茎、葉をつき砕いて河川や池に流したり、矢毒の一成分として用いてきた(これをトバtoeba, tubaと称する)。 トバに用いる植物の種類は多いが、もっとも主要とされるのが本種である。 また、トバは害虫に対する忌避剤、接触毒として農薬にも用いられるが、その濃度は人畜や植物に薬害を生じない程度のものである。 デリスに含まれるロテノンという成分は、ごく微量で魚に猛毒を現す。 ロテノンは台湾で同様の目的に使用するドクフジ Millettia pachycarpa Benth. ( M. taiwaniana Hayata)の根から初めて取り出されたものである。 マレー半島ではマラケンシス種 P. malaccensis Benth. Adema( D. malaccensis Prain)を、インドではナガミノシイノキカズラ(フェルジネア種) D. ferruginea Benthamをデリスと同様に用いる。 [長沢元夫].

次の

プテリスの育て方|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

テリス

41 外観 無色から赤色の固体 1. ロテノン rotenone は無臭の化合物で、の一種である。 ・・として広く効果を持つ。 天然にはある種の植物の根や茎に含まれる。 ラットに投与するとの原因となる。 毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。 歴史 [ ] Emmanuel Geoffroy がを旅行していた際に、 Robinia nicou、現在でいう Lonchocarpus nicou の標本から初めて見出した。 この研究は彼の学位論文で扱われるところとなったが、で死去したため爾後1895年に発表された。 その後の研究により、かつてジョフロアがニコウリン nicouline と名づけた物質はロテノンと同一であることが示された。 用途 [ ] 溶液が、として用いられる。 また、粉末もしくは乳液として、望まれない種の魚類(本来の生息地が異なる外来魚など)の管理・除去に使われる。 ロテノンを植物から抽出し、水中に散布することによって魚を捕らえる方法が知られている。 ロテノンを使うと魚が水面に浮かび上がり、容易に捕らえることができる。 根を砕いて使う初歩的な方法であるが、さまざまな原住民によって使われた。 ロテノンは消化器からは吸収されにくいため、このようにして捕らえた魚は食用に供することができる。 一方、魚の場合ではえらから血液中に容易に取り込まれる。 粉末はなどのに寄生するの駆除にも使用される。 作用機序 [ ] 中のを阻害することによって効果を発揮する。 具体的には、中の鉄・硫黄中心からへの電子の移動を妨げる。 これによってから(細胞のエネルギー源)への変換が行われなくなる。 植物での存在 [ ] 熱帯性および亜熱帯性植物、特に Lonchocarpus や Derris の根や茎から抽出される。 ロテノンを含む植物を以下に挙げる。 バルバスコ Barbasco Lonchocarpus urucu - 南アメリカ• Tuba Plant Derris elliptica - 東南アジア、太平洋諸島南西部、根からの抽出物は Derris または Derris root と呼ばれる• Jewel Vine Derris involuta - 東南アジア、太平洋諸島南西部• Derris thyrsiflora - インドのミゾ Mizo 族は柔らかい根を野菜として食用にする• Duboisia - オーストラリアに生育する潅木。 白い塊状の花と液果状の果実をつける。 アボリジニは粉砕した植物体を漁に用いる• Verbascum thapsus 毒性 [ ] WHO は「中程度に危険性がある」 moderately hazardous と分類している。 ヒトや他の哺乳類に対しては中程度の毒性だが、昆虫や魚などの水生生物にとっては猛毒である。 この毒性の違いについては、脂溶性のロテノンはやからは容易に吸収されるのに対し、皮膚や消化器からは吸収されにくいということから説明される。 飲み込むと嘔吐をもよおすため、ヒトでの死亡事例はまれである。 自ら意図して摂取した場合、致命的となりうる。 日光に当てると分解し、通常の条件では6日程度の寿命である。 の国家有機農作物プログラム National Organic Program で非合成物と認められており、有機農法に使えるとされている。 パーキンソン症候群 [ ] 2000年、ラットにロテノンを注射するとの発症の原因となる、と報告された。 試験内容は、組織への浸透性を高める目的でとをロテノンと混合し、5週間にわたってへの注射を続けるというものであった。 この研究は、ロテノンへの被曝がヒトにおけるパーキンソン症候群の原因となることを直接的に示すものではないが、環境中に存在する毒への継続的な接触が発病の可能性を高める、という考え方と矛盾しない。 また、ラットの(ニューロン)およびの初代培養細胞は、酸化的損傷を受ける、あるいはドーパミン作動性ニューロンの死が起こるロテノン量が少ない(10nM以下)ことが示されている。 パーキンソン症候群により死ぬのは、脳ののそれらの神経細胞である。 である MPTP が(ラットではなくヒトなど霊長類で)パーキンソン症候群の原因となることは以前より知られており、これは複合体Iの電子伝達系を阻害し、黒質中ドーパミン作動性ニューロンを殺すことによるものとされている。 この前例により、ロテノンは同様にパーキンソン症候群を引き起こす可能性があると考えられ、研究が行われた。 MPTPとロテノンはともに脂溶性であり、を通過することができる。 参考文献 [ ]• Ambrose, Anthony M. ; Haag, Harvey B. 1936. ASNOM 2008年1月2日. 2008年3月16日閲覧。 Peter Fimrite 2007年10月2日. 2008年4月11日閲覧。 ; Casida, J. 1999. Agric. Food Chem. 47 5 : 2130—2136. World Health Organization. 2007. 2007年12月2日閲覧。 Wood, D. ; Alsahaf, H. ; Streete, P. ; Dargan, P. ; Jones, A. 2005. Crit Care 9 3 : R280—R284. Vitax Safety Data Sheet for Derris dust, revised October 1998. 2007年6月9日, at the.. Resource Guide for Organic and Disease Management. Cornell University. Caboni, P. ; Sherer, T. ; Zhang, N. ; Taylor, G. ; Na, H. ; Greenamyre, J. ; Casida, J. 2004. Chem. Res. Toxicol. 17 11 : 1540—1548. Gao, H. ; Liu, B. ; Hong, J. 2003. The Journal of Neuroscience 23 15 : 6181—6187.

次の