「収める」「納める」「修める」「治める」の漢字の使い分けは?意味も

受納する。 また年度内の仕事が終わりであることを意味する「仕事納め」という言葉のように、「物事の終わり」を意味する使い方もあります。

Next

収める/納める(おさめる)の意味

単に知識を学ぶことも、同じく「習得」と呼ばれますが、「修得」には「身体に染みついている」というニュアンスがあります。

Next

【治める】と【収める】と【納める】と【修める】の意味の違いと使い方の例文

容器の中に物を入れることを意味する「収容」(読み方:しゅうよう)や物を集めることを意味する「収集」(読み方:しゅうしゅう)という言葉から分かるように、「収める」とは、場所は場所でも、特に「一箇所に集める」という意味合いを持った言葉です。 厳密に使い分けたい場合は、「収束」や「治安」などの熟語に置き換えて考えたり、落ち着かせるの意味が強い場合に「収める」、正しくするの意味が強い場合に「治める」と使い分けるとよい。 納品や納税など、それぞれの品物や税金など、これらの単語にも含まれる納めるという漢字は、引き渡すという意味を持つため、納めることは渡すことであると理解することができます。

「収める」「納める」「修める」「治める」の漢字の使い分けは?意味も

例文1も、6000文字がある範囲を指し示す言葉として機能しているので、「収める」という言葉を使って表現されています。 文治政治にだけ治の字が使われていて、武断政治には使われてはいません。 手に入れるということは、自身でコントロールできるようにするという意味が含まれるため、様々な事柄に対して使用することが可能です。

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

このように、終了させることを意味して「納める」という言葉を使って表現することができます。

Next

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

The king governs the country. つまり、国を鎮めておくことこそが、「治める」ということですので、「鎮める」は「治める」の言い換え表現であると言えます。 税金を支払うことは国民の義務の1つで、支払わなければならないお金です。

Next

「収める」「納める」「治める」「修める」

アルトワは、フィリップ・ダルザスに嫁したエリザベート・ド・ヴェルマンドワが結婚に際して持参金としてフランドルにもたらした領地だった。 統治する。

Next