消化 の 良い 野菜。 野菜に消化酵素はどれぐらい入っている?効率的に摂取する方法は?

胃に優しい食べ物・飲み物!「消化の良い食べ物・悪い食べ物」まとめ一覧リスト

消化 の 良い 野菜

【何を食べたらいい?】胃にやさしい食べ物を選ぶときの3つのポイント• 消化が早い• タンパク質やビタミンなどの栄養素を含む• 食物繊維や脂肪が少ない 弱った胃には、栄養があり消化の早い食材がおすすめです。 油っぽいもの、生クリームやバターなどの乳脂肪分が多いもの、ごぼうやれんこんなどのかたく筋のあるもの、極端に甘いものなどは、胃に負担をかけがちなので控えましょう。 さらに、調理の際は、以下4つの注意点にも気をつけることが大切です。 具材はできるだけ細かく刻む• 味付けは薄めにして香辛料などは控える• 油はできるだけ使わない• 生のままよりも煮る・蒸す・ゆでるなどの加熱調理をする これらに気をつけることも大切です。 【食材例】胃にやさしい食べ物、控えた方がいいもの 胃の調子が悪いときにおすすめの食べ物 キャベツ、大根、白菜、ほうれん草、にんじん、小松菜、カブ、豆腐、鶏むね肉、ささみ、白身魚、鮭、うどんなど 胃の調子が悪いときに控えた方がよい食べ物 ごぼう、れんこん、オクラ、さつまいも、きのこ類、ハム、ソーセージ、赤身魚、海藻類、大豆など 消化によく体も温まる「生姜と野菜のコンソメスープ」のレシピ キャベツ、にんじん、カブなどの消化によい野菜に、体が温まる生姜もプラスした栄養満点のスープ。 すべての材料を保存容器に入れて冷凍しておけば、食べるときは容器ごと電子レンジ加熱するだけでOK。 材料(2人分)• 生姜すりおろし…1片分(小さじ1弱)• 顆粒コンソメ…小さじ2弱• 水…300〜400ml 作り方• キャベツ、にんじん、カブをそれぞれ細切りにし、生姜はすりおろす。 鍋に分量の水を沸かして顆粒コンソメを溶かし、残り全ての材料を入れて中火で材料に火が通るまで加熱する。 *材料を冷凍ストックしたい場合は 【冷凍方法】(Mサイズの冷凍用保存容器2つ分)• キャベツ、にんじん、カブをそれぞれ細切りに。 生姜はすりおろす。 Mサイズの冷凍用保存容器2つにそれぞれ、野菜と生姜、分量の水と顆粒コンソメを入れたら軽く混ぜ、ふたをして冷凍する。 冷凍庫で2〜3週間程度保存可能。 【解凍方法】 保存容器のふたをずらして600Wの電子レンジで4〜5分加熱。 中身の様子を見ながら野菜がしんなりするまで温める。 鍋で調理する場合は凍ったまま鍋に入れ、弱火で6〜7分加熱する。 ビタミンやたんぱく質も補える「鮭の照り焼き・ほうれん草添え」 たんぱく質やビタミンがバランスよく含まれ、胃にやさしい食べ物でもある鮭。 おかゆやうどんではなく、おかずも食べたいというときに便利なレシピです。 脂が多いサーモンではなく、鮭を選びましょう。 鮭を選ぶ際も、脂身の少ないものを選びましょう。 材料(2人分)• 鮭の切り身…2切れ• 醤油…大さじ1• 砂糖…大さじ1• みりん…大さじ2 作り方• ほうれん草は食べやすい大きさに切る。 ポリ袋などにすべての材料を入れて手で揉んでなじませる。 *材料を冷凍ストックしたい場合は 【冷凍方法】(Mサイズの冷凍用密閉保存袋1袋分)• ほうれん草を食べやすい大きさに切る。 Mサイズの冷凍用保存袋にすべての材料を入れ、手で軽く揉んでなじませる。 空気を抜きながら閉じ、冷凍する。 冷凍庫で2〜3週間。 【解凍方法】(調理) 解凍するときは、凍ったままフライパンで加熱調理(弱火)。 消化によくツルっと食べやすい「野菜とサラダチキンのあっさりうどん」 消化がよく胃にやさしい食べ物の定番、うどん。 白菜や大根、鶏肉を合わせて栄養を補います。 市販のゆでうどんを冷凍ストックする場合は、下ゆでせずにそのまま冷凍してOKです。 材料(2人分)• うどん(市販のゆでうどん)…2玉• 白菜…約2枚• 大根…約80g• …お好みの量• めんつゆ…約100ml• 水…300〜350ml(めんつゆ3倍濃縮の場合) 作り方• 白菜と大根、ほうれん草を食べやすい大きさに切る。 鍋に分量の水とめんつゆを入れて煮立たせ、大根と白菜を入れて中火でしんなりするまで加熱する。 うどんとほうれん草を入れて弱火〜中火で3分ほど、野菜に火が通るまで加熱する。 最後に、切れてる! サラダチキンも加えてひと煮立ちさせ、チキンが温まったら完成。 *材料を冷凍ストックしたい場合は 【冷凍方法】(Lサイズの冷凍用密封保存袋1袋分)• 白菜と大根、ほうれん草を食べやすい大きさに切り、水気をしっかりと切る。 残りも同様に包み、Lサイズの冷凍用密封保存袋に入れ、密封して冷凍。 保存期間は、冷凍で約2〜3週間。 【解凍方法】(調理) めんつゆと水を入れて煮立たせた鍋に、凍ったままのうどんと野菜を入れて弱火で3〜4分加熱調理。 最後に、切れてる! サラダチキンも加えてひと煮立ちさせ、チキンが温まったら完成。

次の

消化の良い・悪い食べ物一覧!胃腸にいいもの・消化時間がかかる食事とは

消化 の 良い 野菜

消化管の活動機能が低下して、働きが鈍くなってしまう ということにつながるため、 「消化が悪いもの」を食べるということは、自分の消化管に対して、 許容範囲以上に負担を増やしているということに繋がるのです。 【消化が良いもの】 ・消化時間が早いもの ・胃腸への負担が少ないもの ・食べたものが早く体で消化・体に栄養が吸収されるもの 【消化が悪いもの】 ・消化に時間がかかるもの ・胃腸への負担が大きいもの ・食べたものが長く体にとどまり、排泄までの時間も長いもの 消化によい食べ物 消化が早く胃に負担がかかりにくいものが「消化に良い食べ物」です。 血糖値を急激に上昇させ 満腹感を得やすいですが、その分すぐに空腹も感じやすいものです。 消化に良い食事4つの条件• 胃にとどまる時間が短い• 胃腸を荒らさない 消化に負担が少ない• 柔らかくて温かい料理• 小分けにしてよく噛んで食べる 消化に良い食事の調理法 食材を細かく切って柔らかく煮たスープやおかゆが一番です。 野菜も、生野菜ではなく火を通したほうが胃腸に負担が少なくなります。 濃い味付けにせず薄味にするのがポイントです。 消化に悪い食べ物 消化が悪い食べ物は、 ・食物繊維が豊富 ・脂肪分が多いもの ・ 硬めのもの ・ 体を冷やすもの などの特徴がある食べ物が多いため、胃に負担をかけやすいというデメリットがありますが、 腹持ちが良いというメリットもあります。 消化に良い・消化に悪い食品 消化に良い・悪いという視点から食べ物を分けると次のようになります。 消化に良い 消化に悪い 主な意味 消化が早く体の負担が少ない 消化が遅く体に長くとどまる 血糖値 急激に上昇 緩やかに上昇 食品に含まれる 食物繊維 少ない 多い 体感 すぐに空腹を感じやすい 腹持ちが良い 穀物類• 煮込みうどん• 食パン• 菓子パン• 中華麺• パスタ• コーンフレーク 魚介類• 白身魚 たら・かれい• はんぺん• 鍋料理• うなぎなどの脂の多い魚• イカ・タコ• 貝類 牡蠣以外• 塩辛 肉類• ヒレ肉• 赤身肉• 鶏ささみ• とり皮なしの肉• ハム・ソーセージなどの加工品• 脂の多い肉 ロース・バラ• 焼き肉 モツ・ホルモン• 豚カツ 卵類• 半熟卵• 卵とじ• 茶わん蒸し• 卵豆腐• 固ゆで卵• 目玉焼き• 生卵 大豆製品• 高野豆腐• ひきわり納豆• がんもどき• 油揚げ いも類• じゃがいも• 長いも• こんにゃく• しらたき 野菜その他• 青菜類 ほうれん草• かぼちゃ• 玉ねぎ• キャベツ• にんじん• オクラ• たけのこ• ごぼう• れんこん• セロリ• きのこ類• 海藻類 わかめなど 果物• バナナ• りんご• パイナップル• キウイ• スイカ• ドライフルーツ その他• ヨーグルト• スポーツ飲料• 揚げ物・塩分が多いもの・味の濃いもの全般• アルコール・香辛料などの刺激物 一部参考:-胃腸の調子が悪い時の食事- 食物繊維には2種類ある 食物繊維は、 ヒトの消化酵素では消化されず、便として全て排出されるものなので、 「消化に良い・悪い」 という観点とはまた別になりますが、• たんぱく質• 炭水化物• ビタミン• ミネラル の五大栄養素に次ぐ「第六の栄養素」とされていて体に必要な栄養です。 食物繊維は、植物 イモなどの野菜・豆類・果物・海藻 に多く含まれていて、 肉類には含まれていないものです。 果物は 約20~40分• 野菜は 約1~2時間• 炭水化物 ごはんなど は 約4~8時間• タンパク質 お肉など は 約6〜24時間 かかります。 お肉を食べると胃がもたれるのは、通常約3〜5時間の消化活動ですむところ、 3倍以上の時間がかかるからです。 それだけ消化するのに体 消化機能 への負担が大きいということです。 関連 水の温度と消化の関係 普段何気なく水分補給をしている「水」の温度。 実はこれも 温度によって体への負担が変わってきます。 温かい水は、体をリラックスさせる効果が強く胃腸への負担も少ないため、普段の水分補給に最適です。 便秘解消には食物繊維をたっぷり摂る 便秘の状態によって個人差はありますが、基本的には 水溶性・不溶性の2つの食物繊維をバランスよく・たっぷり摂る必要があります。 「胃が働きやすい食物」=体に負担をかけずに、胃内の滞留時間が短く消化の良いもの を朝食に摂ることで、自然な便意が起こります。 朝食におかゆやフルーツ、生野菜サラダが良いとされるのは、そのためです。 便秘気味の人は、お肉や炭水化物ばかり食べていないか食生活を見直してみましょう。 関連 胃腸が弱っている時と消化の関係 病み上がりなど、胃腸の働きが弱っているときは、 「消化の悪いもの」=消化に負担のかかる油の多い料理・味付けが辛い、甘い、濃いなどの料理は避けたほうが良いです。 やわらかく煮たうどん、おかゆなどの炭水化物は、すぐに体のエネルギーになるので最適です。 関連 柔らかいもの&温かい料理 胃腸への負担を減らし、働きを高めるには、温かくて柔らかい料理が最適です。 野菜は生野菜ではなく、温かいスープや温野菜にして食べたほうが体に優しいですね。 消化に負担のかかる食材を使わない お肉も、脂肪分が多いと消化に負担がかかるため、 たとえば、うどんの具材などは ささみ・半熟卵 にするなど、早く消化できるものがおすすめです。 小分けによく噛んで食べる お腹にどれだけの食べ物を入れるかもポイントです。 一度にたくさんの食べ物が胃に入ろうと負担が大きくなってしまうので、 消化をよくするためにも 少しずつよく噛んでゆっくり食べることが大事です。 消化の良い・悪い食べ物一覧!胃腸にいいもの・消化時間まとめ 一言で「消化に良い」「消化に悪い」といってもそれぞれメリットデメリットがあります。 人間の内臓は思っている以上に働きモノで、毎日食べ物を消化吸収する労力に、摂取したエネルギーの70%も費やされていると言われています。 見えないからと、自分の内臓をいたわることをおろそかにせず、たまにはゆっくり休めてあげることも大切です。 体に優しい食生活を見なおして、みなさんも胃腸に負担のかけない食生活を意識してみませんか。

次の

もやしは消化に悪い?消化時間は?消化を良くする方法やレシピも解説

消化 の 良い 野菜

消化に良い食材とは? 消化に良い食べ物とは、胃に負担がかからない、消化に時間がかからない、消化する時間が短いものです。 逆に消化に悪いものは、消化に時間がかかるものです。 食物繊維が多い、脂肪分が多い、固いものは消化に時間がかかります。 消化に悪いものは、体に悪いものということではなく、健康な時には食べても大丈夫です。 脂質も身体にとって必要なものですし、食物繊維が豊富なものは腹もちが良くなり、便通の手助けなどをしてくれます。 しかし、体調が悪い時、胃腸が弱っている時など、消化に時間のかかるもの、いわゆる消化に悪い食べ物を食べると、胃腸に負担がかかり、さらに具合が悪くなってしまう場合があります。 また、胃腸が弱っている時は、胃酸の分泌を促す食べ物も控えた方がよいと言われています。 (こしょうや唐辛子などの香辛料、まんじゅうなど甘味の強いもの、漬物や塩辛などの塩気の多いもの、酢の物、柑橘類など酸味の強いもの、アルコール、コーヒーなどの嗜好品です) スポンサードリンク 消化を助けるアミラーゼ 小松菜には、アミラーゼという消化酵素が含まれています。 アミラーゼは人が体内に持っている消化酵素で、唾液や膵臓などに含まれており、でんぷんや糖などを分解する働きをすると言われています。 食べ物にアミラーゼが含まれていると、消化に使う体の負担を助けてくれるというわけです。 小松菜の他に消化に良い野菜では、大根、かぶ、キャベツなども、アミラーゼを含んでいます。 またキャベツには、キャベジン(別名ビタミンU)という傷ついた胃粘膜の修復をする働きがあります。 まとめ 野菜の中でも消化が悪いと言われるものは、ゴボウ、タケノコ、ふき、とうもろこし、わらび、ぜんまい、ニラなどです。 きのこ類も、食物繊維が多いため消化が悪いと言われています。

次の