中田 敦彦 古事記。 古事記をわかりやすく簡単に20分で解説【日本の聖書のあらすじを学ぼう】

『鬼滅の刃』ヒノカミ神楽や柱など『古事記』の日本神話との関係を考察!神社についても

中田 敦彦 古事記

『古事記』とはそもそも何なのか? ほとんどの日本人が読んだことがない『古事記』がどんなものなのか?という事からわかりやすく解説しています。 そこから、『古事記』に書かれている日本の神話の話に移るのですが、これがすごく面白い! 天皇陛下の先祖にあたる、日本の最高神・天照大御神(アマテラスオオミカミ)の誕生の場面も「そんな感じの生まれ方なの(笑)」と面白く楽しみながら知ることができますよ。 40分超の動画ですが、気づいたら「え?もう終わり?早く続きが見たい!」と思うはずです! 【補足1】 ちなみに、この天照大御神と天皇陛下との関係について私も記事で書いていますので、補足として読んでみて下さい。 【補足2】 今回の動画でも1番面白い「イザナギ・イザナミの黄泉の国」の話で、「山葡萄や筍を投げた」と言っていますが、正しくは「投げたつる草や櫛が、葡萄や筍になった」です。 細かいところで、あらすじに影響はないんですけどね(笑) 第2話~スサノオ&オオクニヌシ編 漫画「NARUTO(ナルト)」のサスケの術でもお馴染みの「スサノオ」の神話がわかります。 意外と知られていないヤマタノオロチも、実はこのスサノオが退治したんですね。 また、出雲大社に祀られている「オオクニヌシ」は、実は「スサノオ」の子孫だったのです。 この「オオクニヌシ」と「スサノオ」が対面する物語の場面はすごく面白いです! 「ファイヤータイム始めまーす」(笑) 【補足】 スサノオのヤマタノオロチ退治の神話は、実は映画「シン・ゴジラ」にも大きな影響を与えています。 またドラクエ3にも、この神話がそのまま使われていたりします。 そのあたりの話について記事にまとめましたので、気になった人はぜひ読んでみて下さい。 第3話~古代の英雄ヤマトタケル編 最終回は神話の内容というより、『古事記』にまつわる成り立ちや背景などが語られています。 特に、なぜほとんどの日本人が『古事記』を知らないのか?ということについては、思わず「なるほどね~」と唸りました。 そして、今こそ『古事記』を学ぶのが面白いんだな、と思いました。 中田敦彦のYouTube大学では語られていない『古事記』の神話や伝説 この中田敦彦のYouTube大学のシリーズは、初めて『古事記』に触れる人には、わかりやすくて面白いです。 ただ、時間の関係上、ヤマトタケルの伝説以降はほとんど語られていません。 この他にも、2019年に世界遺産登録された「百舌鳥・古市古墳群」の世界最大の墳墓に眠り、「聖帝」と呼ばれた第16代・仁徳天皇の逸話など、面白い話がたくさんあります。 いくつかご紹介するので、動画を見て興味を持った人はぜひ読んでみて下さい。 日本の「お菓子の神様」として神社に祀られ、日本にみかんを持ち込んだ人物でもあります。 中田敦彦のYouTube大学だけじゃない!その他のわかりやすい『古事記』のおすすめ動画 中田敦彦のYouTube大学以外にも、『古事記』をわかりやく知る動画はたくさんありますが、なかでも面白いなと思った動画をご紹介します。 こちらも簡単に解説していますが、見てもらった方が早いです(笑) 『古事記』日本神話のわかりやすい動画1.グレートラックチャンネル Great Luck channel こちらはシリーズものではなく単体の動画で、『古事記』の神話と企業経営を絡めて解説しています。 ちょっと堅い内容に感じますが、すごくわかりやすい語り口調で話されているので、全然難しくはないです。 まったく『古事記』を知らない状態だとピンとこないかもしれませんが、すこし知っていれば「なるほど、そういう見方もできるんだ!」と思います。 『古事記』は「鬼滅の刃」にも影響を与えている! さて、『古事記』についてわかりやすい動画をご紹介してきましたが、動画を見て『古事記』って面白いな、と思った人もいるのではないでしょうか。 『古事記』に書かれている日本神話を知っていると、それを元ネタにしている漫画やアニメ、映画やゲームなど、様々な作品をより深く楽しむことができます。 例えば、人気漫画「鬼滅の刃」は、イザナギ・イザナミが生んだ火の神「カグツチ」に影響を受けていますし、「NARRUTO(ナルト)」は日本神話の神様のオンパレードです。 他にもスマホゲーム「モンスターストライク(モンスト)」にも日本神話の神様をモチーフにしたキャラクターが出てきますし、映画「千と千尋の神隠し」や「もののけ姫」などジブリ作品は全般的に『古事記』の日本神話の要素が含まれています。 このように、様々な作品が『古事記』の影響を受けているわけです。 これをきっかけに、動画だけでは知ることができない『古事記』の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

次の

わかりやすい古事記の動画なら中田敦彦のYouTube大学!他のおすすめ動画も

中田 敦彦 古事記

『古事記』とはそもそも何なのか? ほとんどの日本人が読んだことがない『古事記』がどんなものなのか?という事からわかりやすく解説しています。 そこから、『古事記』に書かれている日本の神話の話に移るのですが、これがすごく面白い! 天皇陛下の先祖にあたる、日本の最高神・天照大御神(アマテラスオオミカミ)の誕生の場面も「そんな感じの生まれ方なの(笑)」と面白く楽しみながら知ることができますよ。 40分超の動画ですが、気づいたら「え?もう終わり?早く続きが見たい!」と思うはずです! 【補足1】 ちなみに、この天照大御神と天皇陛下との関係について私も記事で書いていますので、補足として読んでみて下さい。 【補足2】 今回の動画でも1番面白い「イザナギ・イザナミの黄泉の国」の話で、「山葡萄や筍を投げた」と言っていますが、正しくは「投げたつる草や櫛が、葡萄や筍になった」です。 細かいところで、あらすじに影響はないんですけどね(笑) 第2話~スサノオ&オオクニヌシ編 漫画「NARUTO(ナルト)」のサスケの術でもお馴染みの「スサノオ」の神話がわかります。 意外と知られていないヤマタノオロチも、実はこのスサノオが退治したんですね。 また、出雲大社に祀られている「オオクニヌシ」は、実は「スサノオ」の子孫だったのです。 この「オオクニヌシ」と「スサノオ」が対面する物語の場面はすごく面白いです! 「ファイヤータイム始めまーす」(笑) 【補足】 スサノオのヤマタノオロチ退治の神話は、実は映画「シン・ゴジラ」にも大きな影響を与えています。 またドラクエ3にも、この神話がそのまま使われていたりします。 そのあたりの話について記事にまとめましたので、気になった人はぜひ読んでみて下さい。 第3話~古代の英雄ヤマトタケル編 最終回は神話の内容というより、『古事記』にまつわる成り立ちや背景などが語られています。 特に、なぜほとんどの日本人が『古事記』を知らないのか?ということについては、思わず「なるほどね~」と唸りました。 そして、今こそ『古事記』を学ぶのが面白いんだな、と思いました。 中田敦彦のYouTube大学では語られていない『古事記』の神話や伝説 この中田敦彦のYouTube大学のシリーズは、初めて『古事記』に触れる人には、わかりやすくて面白いです。 ただ、時間の関係上、ヤマトタケルの伝説以降はほとんど語られていません。 この他にも、2019年に世界遺産登録された「百舌鳥・古市古墳群」の世界最大の墳墓に眠り、「聖帝」と呼ばれた第16代・仁徳天皇の逸話など、面白い話がたくさんあります。 いくつかご紹介するので、動画を見て興味を持った人はぜひ読んでみて下さい。 日本の「お菓子の神様」として神社に祀られ、日本にみかんを持ち込んだ人物でもあります。 中田敦彦のYouTube大学だけじゃない!その他のわかりやすい『古事記』のおすすめ動画 中田敦彦のYouTube大学以外にも、『古事記』をわかりやく知る動画はたくさんありますが、なかでも面白いなと思った動画をご紹介します。 こちらも簡単に解説していますが、見てもらった方が早いです(笑) 『古事記』日本神話のわかりやすい動画1.グレートラックチャンネル Great Luck channel こちらはシリーズものではなく単体の動画で、『古事記』の神話と企業経営を絡めて解説しています。 ちょっと堅い内容に感じますが、すごくわかりやすい語り口調で話されているので、全然難しくはないです。 まったく『古事記』を知らない状態だとピンとこないかもしれませんが、すこし知っていれば「なるほど、そういう見方もできるんだ!」と思います。 『古事記』は「鬼滅の刃」にも影響を与えている! さて、『古事記』についてわかりやすい動画をご紹介してきましたが、動画を見て『古事記』って面白いな、と思った人もいるのではないでしょうか。 『古事記』に書かれている日本神話を知っていると、それを元ネタにしている漫画やアニメ、映画やゲームなど、様々な作品をより深く楽しむことができます。 例えば、人気漫画「鬼滅の刃」は、イザナギ・イザナミが生んだ火の神「カグツチ」に影響を受けていますし、「NARRUTO(ナルト)」は日本神話の神様のオンパレードです。 他にもスマホゲーム「モンスターストライク(モンスト)」にも日本神話の神様をモチーフにしたキャラクターが出てきますし、映画「千と千尋の神隠し」や「もののけ姫」などジブリ作品は全般的に『古事記』の日本神話の要素が含まれています。 このように、様々な作品が『古事記』の影響を受けているわけです。 これをきっかけに、動画だけでは知ることができない『古事記』の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

次の

古事記~中田敦彦のYouTube大学~

中田 敦彦 古事記

こんにちは、今日は中田敦彦さんのYouTube大学「エクストリーム日本史〜古事記編」について語りたいと思います。 中田敦彦さんといえば、オリエンタルラジオとしての活動や、PERFECT HUMANなど、特徴のある芸風でおなじみの方ですが、近年YouTubeに力を入れられています。 運営するYouTube大学では、誰もが一度は耳にしたことのある歴史上の人物や、時代の流れをコミカルに、わかりやすく解説・授業しています。 僕自身は、学生時代日本史や世界史の流れが覚えられず苦労した経験があり、 大人になってからあらためて見ると、非常に勉強になります。 現役の中学・高校生はもちろん、20代以降の社会人にも非常におすすめのチャンネルです。 なぜ、エクストリーム日本史〜古事記編をオススメするのか 今回、中田敦彦さんのYouTube大学、エクストリーム日本史〜古事記編をおすすめするのですが、まずその理由についてお話したいと思います。 僕自身、30代になるまで日本の歴史、特に文化・宗教観について全くと言っていいほど無知・無関心の人生を送ってきました。 それがふとしたきっかけが契機となり、全国津々浦々、さまざまな神社・仏閣を訪れるようになりました。 契機となった経験は その中で、特に神社においては古事記のストーリーは欠かせないものです。 さまざまな神社をめぐる中で、馴染みの神様、御祭神を知っていくのですが、どんな神様なのか、ということは自ら知ろうとしなければ、理解するのがむずかしい状況です。 たとえば、天照大御神は太陽神ということは知っていても、どんな神様なのか、どんな流れの中にあるのか、須佐之男尊とは、誰なのか、大国主命とは、古事記を知らなければ理解できないはずです。 どの宗教にも言えることですが、一体どんな神様なのか、ということは神話の中に書いてあります。 そして、その神話は脈々と現代に伝えられているのが通常です。 しかし、動画の中でも触れられていますが、日本では戦後、古事記や神話についての教育がGHQによって除外されています。 自分たちの国の神話を国民が知らない、それが今の日本です。 日本には古くからさまざまな文化・宗教が伝わっています。 そのいずれも歴史あるものですが、 これだけ生活に密接に根付いている(初詣・七五三・八百万の神)神道、神社の歴史、 そのルーツである古事記について日本人が無知であることは、危機的な状況だと僕は考えています。 八百万の神、自然への畏敬の念、国への想いを持つのであれば、古事記に学ぶことは非常に意味のあることだと考えています。 その導入として、中田敦彦さんのYouTube大学・エクストリーム日本史〜古事記は非常におすすめです。 【超大作】日本の神話「古事記」が面白い〜第1話〜日本の成り立ちを知っていますか? もし、中田敦彦さんのYouTube大学 エクストリーム日本史〜古事記で日本の神様に興味を持たれた方は、ぜひこちらも手にとってください。 日本の主要な神さまの特徴、代表する神社、メッセージがわかりやすくまとまっています。 一人でも多くの方が、日本の歴史、現在の日本のルーツとなる思想に興味を持ってくださることを切に願います。 この記事が、あなたのお役に立てれば幸いです。 という方は まずは、無料の簡易診断をお試しください。 スピリチュアル・自分生きビジネス・ソウルカラーコーチングの3種類を用意しています。 人生の流れ、エネルギーに関心のある方 【無料診断】Dragon Soul Coaching 驚くほど人生の流れが良くなる5つの魔法 2. 独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方 【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ 3. 人生の目的、オーラやソウルカラーに興味がある方 【無料診断】魂のカラーを読み解き、本来の自分へ Soul Color Coaching• という方は まずは、無料の簡易診断をお試しください。 スピリチュアル・自分生きビジネス・ソウルカラーコーチングの3種類を用意しています。 人生の流れ、エネルギーに関心のある方 【無料診断】Dragon Soul Coaching 驚くほど人生の流れが良くなる5つの魔法 2. 独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方 【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ 3. 人生の目的、オーラやソウルカラーに興味がある方 【無料診断】魂のカラーを読み解き、本来の自分へ Soul Color Coaching 個人起業家・経営者向け、ビジネス・生き方支援を行う ライフコーチ・コンサルタント ソウルメッセンジャー ライトワーカーのための自分生きビジネスの専門家 潜在意識・成功法則について、18歳より研究を始め、 自己啓発・成功法則を学び始める。 2017年、コーチングを学び始め、70日で売上319万円を達成する。 その後、いかにクライアントを成功へ導けるかを研究する。 目の前のクライアントに役に立つことで、自然と集客ができる信頼をベースとしたセッションを行う。 対面・オンラインでの信頼構築を得意とし、紹介・口コミ、ブログ・メルマガ等を複合的に活用しながら、クライアントに支持を得る。 クライアントは、30〜50代まで自分らしい生き方で、世の中に貢献することを目指す個人起業家・経営者が中心。 感性を大事にすることから、女性クライアントも多い。 相談内容は、在り方、マインド、起業、パートナーシップ、経済まで幅広く対応。 幼少期から他者と違う自分、 自分とは何か、問い続ける生き方をしてきた。 感性と直観を信じ、真実は何か、を追い求めてきた。 大学卒業後、東京で売上高NO. 1のリフォーム会社に就職。 2年後には、年間売上3200万円を達成し、新人賞受賞。 レッドカーペットを歩くも、「自分の人生は使命を全うし、社会に貢献するためにあるはずだ」 と感じ、退職。 同業他社に転職し、1年足らずで、全面改装工事にも携わるが、 自分の道ではないと、次第に違和感が大きくなり、退社。 半年間の休養を経て、ITベンチャーへ入社。 月間アポイント獲得数100件以上、個人事業主向けセールスにて 過去最高記録の売上を記録する。 2017年、自分らしい生き方をすることで、他者に貢献することを コンセプトに、パーソナルコーチング・コンサルティングを開始。 サポート開始から1年2ヶ月で17名の継続クライアントを支援。 3年間で累計売上1500万円を突破する。 累計300セッション以上のセッションを提供。 多くのクライアントが、自分らしい生き方を通して50〜100万円以上の 収入アップに成功し、プライベートの充実を実現。 物心両面の豊かさを受け取っている。 プライベートでは、音楽と自然を愛し、インスピレーションを受け取っている。 素晴らしいエネルギーを受け取り、循環させることをライフワークとする。 すべてはエネルギーであることを理解し、ライトワーカー広めることを自らの役割と定めている。 近年では、本質を癒やすヒーリング音楽にも精通する。 猫・犬など動物が好き。

次の