余命三年時事日記ミラーサイト。 【余命三年時事日記】余命ブログ“信者”の衝撃発言!と余命プロジェクトチームの「非弁行為」疑惑 : ひとりごと 検証ブログ

余命 羽賀芳和(虚偽告訴罪教唆犯・カルト詐欺師・元共産党員)

余命三年時事日記ミラーサイト

15日中に成立予定との連絡があったので、そろそろアップしようかと思っていたら、朝方一番、あっという間に可決終了。 さすがに自民党の与党経験はハンパではなかったな。 コメントがドカンとはいっているので、とりあえずアップする。 「テロ等準備罪」新設法 可決・成立 NHKニュース 「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法は、15日朝、参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立しました。 これにより、一定の要件を満たすことを条件に、犯罪の実行前の段階で処罰可能な範囲が広がることになります。 「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法は、テロなどの組織犯罪を未然に防ぐため、テロ組織や暴力団などの組織的犯罪集団が、ハイジャックや薬物の密輸入などの重大な犯罪を計画し、メンバーの誰かが資金または物品の手配、関係場所の下見、その他の準備行為を行った場合、計画した全員を処罰するとしています。 法案は、参議院法務委員会での採決を省略して、15日朝に開かれた参議院本会議で審議されました。 横浜市教育委員会外患罪告発資料 外患誘致罪を予告していた事案である。 日本人を貶める確信的犯罪行為として告発することになる。 ななこ 横浜市教育委員会が圧力に屈しました。 「関東大震災(一九二三年)での朝鮮人・中国人虐殺」を「朝鮮人や中国人が殺害される痛ましい事件が起きた」との表現で副読本に記載すると報道されました。 外患誘致罪リスト入りではないでしょうか。 私見では、このような恣意的な取り上げ方は言語道断であり、当時の記録は田山花袋氏による「東京震災記」が現場ルポとして非常に優れており、中には不逞鮮人の動向や日本人自警団に取り締まられ連行される描写もあり、これ以外のものが必要とは思えません。 田山花袋氏による誠実な記録を破壊し、朝鮮人の捏造歴史に加担する動きとして、横浜市教育委員会は外患誘致罪に該当すると考えます。 なお、横浜市立図書館は横浜市教育委員会の管轄であるため、「余命三年時事日記」が全図書館でたった2冊だけしか所蔵されていないという理由もこの教育委員会(横浜市の教育担当すべて)にあると思われます。 さて、本日のメニューは有田君である。 日本の国憎し。 日本人憎しの塊のような人物だがいよいよだな。 ご本人は弁護士だし、国会議員だし、民進党や共産党やしばき隊や男組のような入れ墨部隊もお仲間だから、法律だけでなく実戦でも、かなり抵抗できるだろうが、外患誘致罪は厳しいぞ。 気がついたら周りに誰もいなかったという事態もありうるな。 こちらは日の丸に旭日旗だが、有田君の掲げる旗を一度見てみたいな。 まさか無地で無色ではないだろうな。 ところで、投稿に告発状の書き方について質問があったが、基本的には自由。 簡単な話が、この告発状のスタイルならば、日付、告発人の欄に住所氏名電話番号をいれて捺印すれば完成である。 そのまま警察や検察に持参、あるいは郵送しても有効であるが、とりあえず外患罪事案は個々ではなく大和会に集めて、まとめたいと思っている。 警察や検察の業務に影響を与えるのが本意ではないからだ。 私が知る限り、子供を身籠ってから「実は…」というカミングアウトで初めて自分の正体を明かす手口が横行しています。 こうなってからでは、堕胎や差別などの問題を持ち出され、反対する日本人側の親族も結婚を認めざるを得ない状況に置かれてしまいます。 事実、私はここ3年で嫌がる日本人ファミリーが在日一族との結婚を押し切られたパターンを3組見ています。 年頃の娘さんや息子さんを持つ親は、交際相手の素性を調査会社でも使って調べる位でないと、合法的に財産の半分を朝鮮人に持っていかれてしまいますよ? いや、売国奴 朝日新聞植村のような国賊に身を落としてしまうかも知れませんし、尼崎事件の二の舞になるかも知れませんので、警告しておきます。 (日本人より) .....ソネットの削除については、余命への通知が複数の在日組織からの削除要請とあって、普通この手の削除要請には依頼者が明示されるのに、最初から隠蔽しているという不思議な対応であった。 そして明示がないまま、突如の遮断である。 このあたりは過去ログ「余命ブログ削除の裏側」に記述してある。 5月5日も8月10日も、余命ブログの終了は運営費の問題であった。 アフィブログではないからブログからは1円も収入はない。 現余命のバックアップだけでの運営では限界がある。 ましてやボランティア活動をいくつも抱える年金爺である。 放置が最良の策だったのである。 結局遮断して大事になってからの放置作戦は証文の出し遅れだった。 風邪をこじらせて肺炎になってから、大量に風邪薬を投与しても手遅れだよな。 まあ、結果が出たら一冊書こう。 』、それが一番じゃないんですか?皆さん!それが、保守じゃないんですか!? 保守とは、保守とはその国の歴史を守り、伝統を守り、そして受け継いでいくことである。 その中で色々と医療の裏側も厭という程見てきました。 一言でいえば今の医療に人としての倫理観などかけらも期待できない状態です。 まず大阪の私立病院経営者の国籍を問いたいと思います。 たとえ3代4代に成ろうとも密入国の子孫はあくまで密入国者で日本人に成りすまそうとも日本人ではありません。 この人とたちの価値観はすべてが金、金、金、でしか無いのです。 国の医療費の増大がいわれて久しいですが、診療報酬の誤魔化しはあたり前に行われているのが現状です。 今一度医療のすべてを洗いなおしてほしいと思います。 たー 余命プロジェクトチームの皆様、ブログ読者の皆様お疲れ様です。 集団ストーカーの件でお世話になった【たー】です。 皆さんは【パピーミル】というのをご存知でしょうか? パピーミルとは利益優先で犬猫を繁殖させている悪徳ブリーダーの事です。 その大半はもちろん在日だと言われています。 シアトル一人保守 初めての投稿です。 店員の方が、「これ、今、日本で話題になってますよね!」と言ってくれました。 さらに、つい最近、店舗を覗いてみると…なんと、ハンドブックが、一冊でありますが、話題の新書コーナー?に目立つように立てかけて展示されていました。 店長、グッドジョブ(笑) しかし、ここは、似非日本人がとても多いです。 在住日本人の5割近くが在庫?と思われるくらい多いです。 オレゴンでは、ソース屋の在庫が日本商工会議所の重鎮になったり、シアトルでラーメン屋を出展したりしています。 厚顔無恥、なりすましキモイ!しかし、絶対に負けません。 「欲しがりません勝つまでは!」 粛々と、連日の官邸メール、FBにおいて、保守系友人に、余命ブログ及び官邸メールの拡散に勤しんでおります。 美しい国日本を取り戻すため、微力ながら、尽力をいたす所存です。 押忍! .....いろいろと段取りをしている。 米国は夏には動くつもりである。 無理はしないように願いたい。 武士道 大和 初めてコメント差し上げます。 いつも御ブログを読ませていただいております。 御ブログと出会って日本の未来に希望を抱けるようになりました。 日本精神再興を願う、男とのみ申し上げます。 あとは自民党関連団体の一種のような物に所属しております。 また、憲法案の脇に解説や日本の国体や悠久の歴史などを端的に表した図を併記しており、大変分かりやすい。

次の

【余命三年時事日記】余命ブログ“信者”の衝撃発言!と余命プロジェクトチームの「非弁行為」疑惑 : ひとりごと 検証ブログ

余命三年時事日記ミラーサイト

Posted by ブクログ 2017年05月03日 面白く読ませていただきました。 ま、少しばかり偏向しいるるような気がしないでもないですが、現代日本が抱える問題の成り立ちや経緯を知るのには非常に素晴らしい本 情報 だと思います。 私たち日本人が戦後思い込まされ洗脳されて来た世界における日本の歴史や存在を正しく見直す時期が来ていると感じる今、先達の実 体験からくる言葉やこれまでの不当な方策や暗躍する外敵の存在など、そういった情報を正確に知るということの大切さをひしひしと感じています。 昨今の激動する世界情勢を正しく理解して、日本が日本人が今どう行動して行くべきなのか?その一歩として日本の近代史を知る事は非常に重要な事だと感じて来ました。 いい本に出会いましたので著者の他の著作も読んで見ようと思います。 Posted by ブクログ 2016年01月27日 現在57歳のわたしが大学生だったころ、 海岸に1人で行ってはいけない……連れて行かれるから、という警告が誰からともなく発せられ、どこに連れ去られるのかははっきりしないまま、1人で海岸に行くことが怖くなったものだった。 あれが北朝鮮の拉致事件を警告するものだったことがずいぶん後になってわかり、戦慄させ られた。 初めて余命ブログを閲覧したとき、あの警告を耳にしたときと同じ感じを受けた。 ブログでは好戦的な印象を受けることもあったが、本を読むと、日本の政治状況が淡々と語られていると感じた。 明晰な政治評論の書といえるのではないだろうか。 まっとうな政治評論家が低級なネトウヨ扱いされる今の日本の状況は異常だと思わざるをえない。 なぜそうなったかは、『余命三年時事日記』をきちんと読めばわかるはずである。 本では、隠蔽されてきた日本の歴史が白日の下に晒されている。 これは愛する日本を奪還するためのまぎれもない抵抗運動なのだ。 言論や表現の自由がなくなってしまったことは、日本から純文学作家が出なくなってしまったことからも明らかである。 日本人作家とも思えない壊れたような文章で洞察を感じさせない小説を書く、純文学作家もどきが大量生産されていく。 日本文化が最も繊細な部分から破壊されていっている。 純文学作家がいなくなった国なんて、他にあるだろうか。 Posted by ブクログ 2019年04月04日 評価が難しい本。 桜井誠の「大嫌韓時代」と趣旨は同じだが、より理性的でデータに基づいている(ように見られる)。 著者の初代「余命」氏は、プロフィールを読むと中国人と韓国人のハーフではないかと思われるが、日本への愛国心が強く、日本国内で権利を主張する在日韓国人を糾弾している。 もともとブログで、極東政治情 勢などの問題点を書いていたところ読者が集まり、内容もセンシティブなのでブログは誰かに遮断され、書籍化されたと書いてあった。 余命氏は、70歳くらいでガンで余命3年と宣告されたそうで、2015年に亡くなったとある。 本書では少し前の民主党政権時代までカバーされている。 裏情報と思われるネタも多く、どういった情報ソースを持っているのか不明である。 おそらく警察か自衛隊あたりだろうか。 いつどういう法改正が誰の発案で実現されたか、されなかったか、ということも詳しく書いてあり、ついてい行くのが少々しんどいが、何とか読める。 いろいろ日本に言いがかりをつけてくる韓国政府の思惑、要求されるままに外国人に参政権を与えようとする政治家、住民登録カードにより生活保護の不正請求が出来なくなることなど、本当であれば知っておいて損はない。

次の

余命三年時事日記

余命三年時事日記ミラーサイト

お知らせ 万事順調に進んでいる。 昨日、刑事告発4件の事案を処理した。 1件1500pにも及ぶ証拠資料付きである。 手の内を見せてもつまらないので更新を控えているが、そろそろいいかなという感じでのご報告である。 現在、訴訟済みが3件、そのうち最大の神原元弁護士裁判が1月31日にはじまる。 訴額は7億2000万円である。 その他は直前になってからお知らせする。 誰かが言っておりましたな。 「ふるえて待て」と。 どんどんはじまりますよ。 ~省略~ そこで当面の対策であるが、裁判所の説明通りに、答弁書を作成して送付していただきたい。 争うという意思が確認できれば第一回公判に出廷の必要はない。 その間に以下の対応を予定している。 重要なので赤字で記す。 イ、現在、提訴されている全員をもって逆提訴する。 これは反訴ではない。 ロ、資格者は自動的に原告となる。 訴訟手続きや費用の負担はゼロである。 参加したくない方は申し出ていただきたい。 ハ、1件あたり原告一人の訴額を1000万円とする。 金竜介の場合は1億2000万円。 佐々木亮弁護士と北周士の場合は、現状では2億6000万円となる。 訴訟人数が増えれば自動的に訴額も増える。 100人提訴すれば10億円ということになる。 まあ、たいしたことはない。 ニ、被告対象は提訴している本人および代理人と所属弁護士会である。 ホ、提訴の理由は「国が国民に等しく保障している権利の行使(懲戒請求)が違法であるか?合法であるか?」という単純なものである。 ヘ、とりあえず、提訴されている方たちが対象だが、みなさんすべて選定代理人になることができるので、申し出ていただきたい。 選定代理人に人数の制限はないので、たぶん希望通りになると思う。 ト、「やまと」では5万円のふりこみは基金として別途に扱っている。 今後は「懲戒請求被害者の会」というようなかたちにしたいと考えている。 なお、現状では、訴訟費用5万円のふりこみのあるなしにかかわらず全員でひた押しの対応となる。 取らぬ狸の皮算用だが、全面勝訴して基金配分の取り合いになるといいね。 まあ、その時はその時でみんなで話し合えばいいだろう。 チ、資格要件だが、もちろん960人の会会員であることは必須である。 その他については960人の会の会報でお知らせする。 まずはお知らせまで。 余命三年時事日記が公開停止になった。 発信者情報開示請求訴訟で権利侵害コンテンツの流通を媒介していることにつきエックスサーバ社が悪意になったのが理由らしい。 さすが小倉先生だね。 — 高橋雄一郎 kamatatylaw 不当懲戒請求した人で毎日不安な気持ちを抱え余命三年時事日記だけが心の支えだった人も多いだろう。 余命が尽きた今、もう強がりはやめておとなしく軍門に下った方がいいのではないか。 — 高橋雄一郎 kamatatylaw 「 大 悲 報 」 余命ブログ遂に閉鎖。 信者に希望を持たせて一気に絶望に叩き落とす。 — ジャポニスタン japonistan 😂 ミラーサイトがまだあるそうです。 — 南海 xxNankaixx 余命のようなネトウヨ爺さんのコピペブログを真に受けて実際に大量懲戒請求までやってしまう人達がいるって恐ろしいですね。 そのコピペブログを本にして出版して稼いでる青林堂のような出版社も恐ろしいです。 差別扇動が金になる怖い世の中になってきたと思います。 — サト(アベ政治を許さない) sato859 発信者情報開示請求訴訟がらみでサーバー会社の判断で停止しているらしい。 — 友次郎 Yujiro01 事実は不明と付け加えます。 — 友次郎 Yujiro01 60を超えたタクシー運転手らしいので、心配ですね — SingularityTs SingularityTs うん、皆をあおったまま死んでもらっては困る。 しっかりと反省して罰金刑を受けてから死んでほしい。 — sada Kojima1969Sada せめて、サイト閉鎖のお知らせとかそういうのをサイトに貼るぐらいはしてほしかったね。。 これじゃトンズラじゃないか。 — cldiner stildiner さらには、被害を受けた弁護士が「余命ブログ」に対しても賠償請求する動きを見せている中、中での 「突然の出来事」となったね。 ネット上では、 「はったりをかますだけかまして、トンズラしたのでは?」などの声も上がっているけど、が出ていることを考えると、 「ブログ自体はまだ残っているものの、何らかの原因や処理によって閲覧不能になっている」ことが考えられる。 また現時点では、ミラーサイトは残されており、 ブログ主がどういった状況になっているのかは不明な状況だ。 (サーバー側が強制的に閲覧不可にさせている可能性も?) なので、しばらく様子を見ておくのが良さそうだ。 ただ、どちらにしても、 信用するに足らないあまりに胡散臭すぎるブログだし、 こんな得体の知れない怪しげな人物の扇動に簡単に引っかかってしまう人がこんなに大勢いることに、もう少し危機感を持った方がいいのかもしれないね。

次の