さざめく 漢字。 「笑いさざめく:わらいさざめく」(めが入る熟語)読み

漢字の<音>の語源

さざめく 漢字

>語源の辞書とかは売ってますか? たぶん日本でも数多くの物が売っていると思います。 文字の成り立ちが図説してあるものも有ります。 可能であれば日本人が編集した物よりも漢字の元祖の国の人が書いた物を手に取った方がより良いです。 漢字だけだから見ているだけでも意味が少しずつ解って楽しいです。 または中国人が編集に協力した物。 正確かつ内容が豊富です。 日本語に翻訳されている物もきっと有りますよ。 図書館や大きな本屋なら有ると思います。 東京の神田の内山書店という中国語原本を扱っている店に行けば良いものが手に入ります。 原価が安いですからそんなに高い物では有りません。 住所は:神田神保町すずらん通り。 またはその事務所電話:3294-0671、 FAX:3294-0417で問い合わせてみたらいかがでしょうか。 -------- >「楽」の語源 「楽」の字は、日本で考案された"和字""国字"です。 その基になった字は、無論中国の文字「樂」という字です。 中国での文字分類上は、象形文字になります。 数千年前の甲骨文字では、基になる一本の木の棒が有って、その先が二股になった部分に弦(糸の意)を張った形状の文字です。 その意味するところは、一種のすこぶる単純な古代楽器です。 時代がすこし経って3000年から2800年前くらいの金文文字(青銅器に鋳込まれた文字の意)の時代になると、二股になっている間に「白」という字が加わりました。 その意味は、琴(こと)と瑟(おおごと)という古代楽器を象徴したものです。 真ん中の「白」の意味するところは、調弦器その物です。 2200年位前の秦の始皇帝の文字大改革(篆書体)のときに「樂」の字が確立しました。 左右の「糸」は古代文字の二股に張った弦の部分を表し、「白」は金文文字の調弦器を表し、「木」は甲骨文字の時代の一本の木の棒の基になる部分を表します。 すなわち楽器の台座になる部分です。 ---- (楽)「樂」の中国での意味は以下、発音によって三種有ります。 イ:yue(ユエ)と発音する場合;(全て名詞扱い) a:楽器。 b:音楽。 c:姓に使用。 ロ:le(ルー)と発音する場合;(すべて形容詞扱い) a:快楽。 b:安楽。 c:人を喜ばして楽しいこと。 d:喜んでなにかをするようす。 以上の四つは、楽器やそこから出てくる音楽は人を楽しくさせるというところから来ています。 e:中国北京地方の方言で「笑う」という意味も有ります。 ハ:yao(ヤオ)と発音する場合;(すべて動詞扱い) a:好む、愛好する。 b:演奏者が楽器を用いて快楽にふける。 こちらの二つの意味は、現代中国語では無くなりました。 古文の中に見られるだけです。 論語:『智者樂水,仁者樂山』(智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ)が有名です。 >語源の辞書とかは売ってますか? たぶん日本でも数多くの物が売っていると思います。 文字の成り立ちが図説してあるものも有ります。 可能であれば日本人が編集した物よりも漢字の元祖の国の人が書いた物を手に取った方がより良いです。 漢字だけだから見ているだけでも意味が少しずつ解って楽しいです。 または中国人が編集に協力した物。 正確かつ内容が豊富です。 日本語に翻訳されている物もきっと有りますよ。 図書館や大きな本屋なら有ると思います。 東京の神田の内山書店という中国語... A ベストアンサー 「愛」という字は割と古くから伝えられていたようです。 「愛染明王」は弘法大師が伝えたといわれていますね。 「愛染明王」の「愛」は性愛のことで、この明王様はそういった行為を否定しなかったことから、遊女などの信仰を集めたそうです。 sakai. zaq. wikipedia. wikipedia. 一人目(女の子)は、画数を気にせず名付けましたが、念のため書類提出前に姓名判断で調べたら 小~中吉位の画数だったので、すんなり決まりました。 (名字の画数が最悪なので、総画で凶以外ならいいかと。。 ) 出産予定の第2子(男の子)の名前は、夫と義父と共通の1字を使い名付けたいと思っています。 候補は何個か挙がっているのですが、その1字と自分の気に入った字を合わせると、 数種類の姓名判断で見ましたが、ことごとく凶になってしまいます。 名字が2通りに読めてしまうので、間違わずに呼んでもらえる名前にしたいという思いが1番強いです。 さすがに凶と知ってつけるのは、勇気がいります。 同じ経験をされた方、画数が良い名前、凶でも自分が気に入った名前どちらをとりましたか? みなさんは、どの辺りまで姓名判断にこだわりましたか? こんな質問してすみません、行き詰って、もやもやしているので、アドバイスお願いします。 A ベストアンサー 苗字がよくないのか変な名前しか出てこず、私も散々悩みました。 そのとき色々なサイトを見て気がついたのですが、同じ名前でもサイトによって評価が全然違うんですよ。 子供の名前を呼ぶたびに『あの呼び名が良かった』では逆に子供に対しても可愛そう。 一生懸命考え親の想いを込めてこそ、本当にその子の為になるのではないでしょうか。 一つの判断材用として姓名判断を信じるもよし。 それに勝る愛情を込めて命名するもよし。 まれに「えっ?」という名前もあるようなので(笑) A ベストアンサー 花音でかのんは確かに実在する著名人でもいらっしゃいますが、 やはりギリシャ語やキリスト教のカノンを連想するので避けたいですね。 日本人ですし。 ただ、カワイイ響きというだけで名前を作ると、子供は将来がっかりしますし、 ペットみたいな理由になってしまいます。 やはり名前そのものに由来を持たせないと。 大人になったころに由来が無いのはショックなもんです。 私は『当時有名だった野球選手の名前』でしたが、両親ともに野球に興味がなく、 親戚のおばさんが適当にいった名前が、『音的によかったから』と聞いてショックでした。 しかも数年後2軍オチ!おいこら!って感じです。 さて、話がそれましたが…。 音と関連する漢字のほうが、やはり良いでしょうね。 由来として、意味も成立しますし。 最近は音や楽器が名前のゆらいになっている子供が多いようで、 私は自分が小学生の頃から考えていた名前を娘につけたのにも関わらず、 『琴』という漢字が昨今大ブレイクしているのに申請だしてから気がつきました… それにしても、おんなじ漢字をじーっとみていると、 あれ、この文字なんか間違ってる気がする!と思うのは私だけでしょうかね。 花音でかのんは確かに実在する著名人でもいらっしゃいますが、 やはりギリシャ語やキリスト教のカノンを連想するので避けたいですね。 日本人ですし。 ただ、カワイイ響きというだけで名前を作ると、子供は将来がっかりしますし、 ペットみたいな理由になってしまいます。 やはり名前そのものに由来を持たせないと。 大人になったころに由来が無いのはショックなもんです。 私は『当時有名だった野球選手の名前』でしたが、両親ともに野球に興味がなく、 親戚のおばさんが適当にいった名前が、『音的によかったか...

次の

「笑いさざめく:わらいさざめく」(めが入る熟語)読み

さざめく 漢字

>語源の辞書とかは売ってますか? たぶん日本でも数多くの物が売っていると思います。 文字の成り立ちが図説してあるものも有ります。 可能であれば日本人が編集した物よりも漢字の元祖の国の人が書いた物を手に取った方がより良いです。 漢字だけだから見ているだけでも意味が少しずつ解って楽しいです。 または中国人が編集に協力した物。 正確かつ内容が豊富です。 日本語に翻訳されている物もきっと有りますよ。 図書館や大きな本屋なら有ると思います。 東京の神田の内山書店という中国語原本を扱っている店に行けば良いものが手に入ります。 原価が安いですからそんなに高い物では有りません。 住所は:神田神保町すずらん通り。 またはその事務所電話:3294-0671、 FAX:3294-0417で問い合わせてみたらいかがでしょうか。 -------- >「楽」の語源 「楽」の字は、日本で考案された"和字""国字"です。 その基になった字は、無論中国の文字「樂」という字です。 中国での文字分類上は、象形文字になります。 数千年前の甲骨文字では、基になる一本の木の棒が有って、その先が二股になった部分に弦(糸の意)を張った形状の文字です。 その意味するところは、一種のすこぶる単純な古代楽器です。 時代がすこし経って3000年から2800年前くらいの金文文字(青銅器に鋳込まれた文字の意)の時代になると、二股になっている間に「白」という字が加わりました。 その意味は、琴(こと)と瑟(おおごと)という古代楽器を象徴したものです。 真ん中の「白」の意味するところは、調弦器その物です。 2200年位前の秦の始皇帝の文字大改革(篆書体)のときに「樂」の字が確立しました。 左右の「糸」は古代文字の二股に張った弦の部分を表し、「白」は金文文字の調弦器を表し、「木」は甲骨文字の時代の一本の木の棒の基になる部分を表します。 すなわち楽器の台座になる部分です。 ---- (楽)「樂」の中国での意味は以下、発音によって三種有ります。 イ:yue(ユエ)と発音する場合;(全て名詞扱い) a:楽器。 b:音楽。 c:姓に使用。 ロ:le(ルー)と発音する場合;(すべて形容詞扱い) a:快楽。 b:安楽。 c:人を喜ばして楽しいこと。 d:喜んでなにかをするようす。 以上の四つは、楽器やそこから出てくる音楽は人を楽しくさせるというところから来ています。 e:中国北京地方の方言で「笑う」という意味も有ります。 ハ:yao(ヤオ)と発音する場合;(すべて動詞扱い) a:好む、愛好する。 b:演奏者が楽器を用いて快楽にふける。 こちらの二つの意味は、現代中国語では無くなりました。 古文の中に見られるだけです。 論語:『智者樂水,仁者樂山』(智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ)が有名です。 >語源の辞書とかは売ってますか? たぶん日本でも数多くの物が売っていると思います。 文字の成り立ちが図説してあるものも有ります。 可能であれば日本人が編集した物よりも漢字の元祖の国の人が書いた物を手に取った方がより良いです。 漢字だけだから見ているだけでも意味が少しずつ解って楽しいです。 または中国人が編集に協力した物。 正確かつ内容が豊富です。 日本語に翻訳されている物もきっと有りますよ。 図書館や大きな本屋なら有ると思います。 東京の神田の内山書店という中国語... A ベストアンサー 「愛」という字は割と古くから伝えられていたようです。 「愛染明王」は弘法大師が伝えたといわれていますね。 「愛染明王」の「愛」は性愛のことで、この明王様はそういった行為を否定しなかったことから、遊女などの信仰を集めたそうです。 sakai. zaq. wikipedia. wikipedia. 一人目(女の子)は、画数を気にせず名付けましたが、念のため書類提出前に姓名判断で調べたら 小~中吉位の画数だったので、すんなり決まりました。 (名字の画数が最悪なので、総画で凶以外ならいいかと。。 ) 出産予定の第2子(男の子)の名前は、夫と義父と共通の1字を使い名付けたいと思っています。 候補は何個か挙がっているのですが、その1字と自分の気に入った字を合わせると、 数種類の姓名判断で見ましたが、ことごとく凶になってしまいます。 名字が2通りに読めてしまうので、間違わずに呼んでもらえる名前にしたいという思いが1番強いです。 さすがに凶と知ってつけるのは、勇気がいります。 同じ経験をされた方、画数が良い名前、凶でも自分が気に入った名前どちらをとりましたか? みなさんは、どの辺りまで姓名判断にこだわりましたか? こんな質問してすみません、行き詰って、もやもやしているので、アドバイスお願いします。 A ベストアンサー 苗字がよくないのか変な名前しか出てこず、私も散々悩みました。 そのとき色々なサイトを見て気がついたのですが、同じ名前でもサイトによって評価が全然違うんですよ。 子供の名前を呼ぶたびに『あの呼び名が良かった』では逆に子供に対しても可愛そう。 一生懸命考え親の想いを込めてこそ、本当にその子の為になるのではないでしょうか。 一つの判断材用として姓名判断を信じるもよし。 それに勝る愛情を込めて命名するもよし。 まれに「えっ?」という名前もあるようなので(笑) A ベストアンサー 花音でかのんは確かに実在する著名人でもいらっしゃいますが、 やはりギリシャ語やキリスト教のカノンを連想するので避けたいですね。 日本人ですし。 ただ、カワイイ響きというだけで名前を作ると、子供は将来がっかりしますし、 ペットみたいな理由になってしまいます。 やはり名前そのものに由来を持たせないと。 大人になったころに由来が無いのはショックなもんです。 私は『当時有名だった野球選手の名前』でしたが、両親ともに野球に興味がなく、 親戚のおばさんが適当にいった名前が、『音的によかったから』と聞いてショックでした。 しかも数年後2軍オチ!おいこら!って感じです。 さて、話がそれましたが…。 音と関連する漢字のほうが、やはり良いでしょうね。 由来として、意味も成立しますし。 最近は音や楽器が名前のゆらいになっている子供が多いようで、 私は自分が小学生の頃から考えていた名前を娘につけたのにも関わらず、 『琴』という漢字が昨今大ブレイクしているのに申請だしてから気がつきました… それにしても、おんなじ漢字をじーっとみていると、 あれ、この文字なんか間違ってる気がする!と思うのは私だけでしょうかね。 花音でかのんは確かに実在する著名人でもいらっしゃいますが、 やはりギリシャ語やキリスト教のカノンを連想するので避けたいですね。 日本人ですし。 ただ、カワイイ響きというだけで名前を作ると、子供は将来がっかりしますし、 ペットみたいな理由になってしまいます。 やはり名前そのものに由来を持たせないと。 大人になったころに由来が無いのはショックなもんです。 私は『当時有名だった野球選手の名前』でしたが、両親ともに野球に興味がなく、 親戚のおばさんが適当にいった名前が、『音的によかったか...

次の

「笑いさざめく:わらいさざめく」(めが入る熟語)読み

さざめく 漢字

「さざめく」の音変化。 「ざんざめく」ともいう。 ひどく浮き浮きと騒ぎ立てる。 にぎやかに騒ぐ。 「ささめく」「さざめく」「ざざめく」・・ 似た言葉がありますが、どう違うのでしょう? 「さんざめく」は「さざめく」の雅語。 「さざめく」の元は「ささめく」です。 古語「ささめく」 「ささ」は擬声語。 「めく」は接尾語。 ひそひそと話す。 ささやく。 古語「ざざめく」 「ざざ」は擬声語。 騒がしい音を立てる。 がやがやする。 ざわざわする。 「ささめく」は古くは2つの意味を持っていました。 「さざめく」 古くは「ざざめく」 にぎやかに声を立てて騒ぐ。 現代では、「ささめく」と「さざめく」は別個のものとして辞書に載っています。 「さんざめく」は音を表す言葉でしたが、 現在は音に限らずいろいろな所で使われています。 私もキラキラしているイメージが浮かびます。 詩や俳句などでは、 「さんざめく」は「光」「歌」などに、 「ささめく」は「風」「葉」「声」などにかかることが多いようです。 Webから「さんざめく」を拾ってみました。 〇森山直太朗 「さくら」 さくら さくら いざ舞い上がれ 永遠にさんざめく光を浴びて 〇夏川りみ 「満天の星」 さんざめく天河 星晴りてぃ流り船 かぬしゃまぬ笛む音 〇谷村新司 「昴」 さんざめく名も無き星たちよ せめて鮮やかに その身を終われよ 〇米津玄師 「春雷」 嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって・・ 他にも、 「海」「波」「潮騒」「海岸」 「せせらぎ」「麦」「初夏」「祭」 「歌」「声」「笑い」「街」「日々」 などがさんざめいていました。 もはや「さんざめく」は意味が広がっていると言っていいかもしれません。 古語「ささらぐ」 さらさらと音を立てて水が流れる。 古語「ささめごと」(私語) ひそひそ話。 ないしょ話。 特に、男女間の恋の語らいをいう。 「ささめごと」って、きれいな言葉ですね。 漢字にすると「私語」ですが、 現在の「私語」は「しご」 意味は、 1、ひそかに話すこと。 ささやくこと。 2、公の場であるにもかかわらず、 自分たちだけでひそひそと勝手な話をすること。

次の