おはぎとぼた餅の違い。 お彼岸のおはぎ,ぼたもちの理由や由来|おはぎとぼたもちの違い等解説

おはぎとぼたもちの違いって? 「夜船」「北窓」は同じ? [暮らしの歳時記] All About

おはぎとぼた餅の違い

お彼岸は日本独自の文化 実は、おはぎとぼたもちは基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです。 では、ぼたもちとおはぎをこう書くとどうでしょう?「 牡丹餅」「 お萩」。 ピンときた方もいらっしゃるかもしれません。 ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。 一方、 おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。 では、何故牡丹の方にだけ餅が付いたのでしょうか?その由来は、「倭漢三才図会」に「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」とあり、牡丹餅がぼたもちになり、萩を丁寧に言っておはぎになったというのが、最も一般的な説です。 よって、 春はぼたもち、 秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。 実は、夏と冬にも別の呼び名があるらしいのです。 最後のページでご紹介していますので、お楽しみに。 お彼岸のおはぎとぼたもちの歴史や由来 しかしなぜお彼岸におはぎをいただくようになったのでしょうか?これは江戸時代にさかのぼります。 この時代に、お彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。 あずきの赤色には、災難が身に降りかからないようにするおまじないの効果があると信じられていて、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。 また仏教では、彼岸は、彼の岸として悟りの境地を言い、苦しみに満ちている此岸と対になる言葉として使われています。 そこで彼岸中は仏道修行に励む訳ですが、日本では祖霊崇拝の慣習を合わさり、 ぼたもちやおはぎを捧げ、先祖を慰め、自分自身の功徳を積んでいました。 だから本当は、自分たちで食べるものではなかったんですね。 「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるように、春の彼岸は農作業が始まる時期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。 よって、春には収穫をもたらす山の神などを迎えるため ぼたもちを、秋には収穫を感謝して おはぎを作ったとも言われています。 では、最大の問題、 こしあんと粒あんの問題はいったい・・・ あんの種類の問題の前に、一つ簡単に問題解決を図ってから。 おはぎとぼたもち、大きさや形に違いはある? 地域によっては、小豆の状態から「半殺し」、「皆殺し(本殺し)」と呼ぶことも 粒あんが ぼたもちで、こしあんが おはぎ、と思っていらっしゃる方が多いのかもしれません。 おはぎが高級っていうイメージからするとそう考えるのが普通かもしれません。 しかし実は、違うのです。 あんの材料である小豆の収穫時期に関係があったのです。 秋のお彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じで、とれたての柔らかい小豆をあんにすることができます。 柔らかい皮も一緒につぶして使うので、つぶあんができます。 春のお彼岸は、冬を越した小豆を使うことになりますが、皮は固くなっています。 当然固くなった皮をそのままに使っては食感が悪くなります。 そこで皮を取り除いた小豆を使い、こしあんができます。 よって春の ぼたもちはこしあんで、秋の おはぎは粒あんだったのです。 しかし、今では保存技術の発達や品種改良により、春でも皮のまま使うことができる小豆が登場してしまい、この理由は意味がなくなってしまったのです。 このように、一年中こしあんだろうと粒あんだろうといただけるようになってしまった今の時代には、どっちがどっちと言ってもあまり意味がないのかもしれません。 しかし、ぼたもちとおはぎの歴史を思い、春のお彼岸にはこしあんのぼたもちを、秋のお彼岸には粒あんのおはぎをいただきながら、季節の風情を感じたいものですね。 また小豆の状態や米粒の形の残り具合によって「半殺し」、「皆殺し(本殺し)」と呼ぶ地域もあるようです。 おはぎとぼたもちには、夏と冬の呼び名があった! 闇にまぎれ、いつ着いたのかわからない おはぎ(名前がたくさんあって呼びにくいので、一般的にはおはぎと呼ぶことにします。 )は、お餅と違い、餅つきをしません。 よって杵でつかないので、 「ペッタン、ペンタン!」と音がしないのです。 具体的には、もち米とお米を混ぜて炊き、すりこぎで半つぶしにします。 ということで、ペッタンペッタン音がしないので、お隣さんなどからするといつついたのか分からない。 夏の夜船。 月を水面に浮かべて波間を行き交う屋形船などを思い起こせばいいのでしょうか。 なんとなく夏と夜船がシックリくるところが不思議です。 冬のおはぎは「 北窓」(読み方:きたまど) 北の窓からは月が見えない では、つづきまして冬バージョンです。 北窓と言われてピンときますか?これも夏バージョンの強引な展開で夜船に持っていっているのと同様に、なかなか難しいです。 おはぎは餅つきと違い、杵でつかないのでペッタンペッタンと音がしない。 だから、いつついたのか分からない、までは同じです。 ここからの変化が違います。 漢字に注目です。 寒い冬に北の窓。 雪がシンシンと降り積もる外を北窓から眺めている状況でも想像してみましょうか。 冬と北窓もイメージが結びつきそうです。 春はぼたもち・秋はおはぎ……季節感と風情のおはぎ このように、えーっ!と思わせるほど強引に展開しておはぎと結び付けているのとはうらはらに、想像は結びつきやすく、とても風情があって、心がホッっとする感じすら受ける季節感です。 昔の人は、おはぎ1つをとっても4つの名前をつけるほど、自然や季節との結びついて、遊び心もありながら風情もあったんだと感心させられます。 忘れてはいけない日本の心を思い出させてくれるようです。 春の「ぼたもち」 夏の「夜船」 秋の「おはぎ」 冬の「北窓」 美しい風情の日本語がこんな身近なおはぎに隠されていたんですね。 【関連記事】•

次の

ぼたもちとおはぎって、なにが違うの?→秋か春か。もともとは小さいか大きいかで萩や牡丹の花に例えた。

おはぎとぼた餅の違い

お彼岸に食べる和菓子といえば お彼岸に食べる和菓子といえば、「おはぎ」と「ぼたもち」。 そっくりな見た目の2つのお菓子ですが、「どう違うの?」と不思議に思ったことはありませんか? 萩の花が咲く秋に食べるのが「おはぎ」。 牡丹の花が咲く春に食べるのが「ぼたもち 牡丹餅 」。 一般的には季節によって名前を呼び分けていて、2つは同じものだといわれています。 でも実は、他にもさまざまな定義があるんですよ。 今回はお彼岸にぜひ手作りしてみてほしい、おはぎ ぼたもち の作り方をご紹介。 「おはぎ」と「ぼたもち」の違いについても詳しく解説します。 おはぎ ぼたもち のレシピ 作り方は意外にシンプルで簡単。 でも、小豆をコトコトと煮るのに時間がかかるあんから手作りするのは大変。 今回は気軽に作れるように市販のあんを使う方法で作ります。 あんで包むものだけでなく、きな粉やごま味も一緒に作ってみましょう。 おすすめのアイテムはこちら 作り方• もち米をといでざるに上げ、15分間ほど水を切ります。 炊飯器に入れ、水を加えて1時間以上浸水させてから、塩を加えて炊きます。 炊き上がったもち米が熱いうちに、ぬらしたすりこ木などで軽くついて、粘りを出します。 軽くすったごま、きな粉にそれぞれ砂糖を加えて混ぜます。 あんを50gずつ丸めます。 30gの餅だねをあんで包みます。 *丸めておいたあんを平たくつぶし、真ん中に餅だねを置くと包みやすい。 60gの餅だねは4個ずつ、ごまときな粉をまぶします。 *4で砂糖と合わせたごまときな粉の容器に餅だねを入れて、転がす。 出来上がり。 緑色のものは、うぐいすきな粉を使っています。 きな粉やごまをまぶした餅だねの中に、あんを入れてもおいしいですよ。 その場合は、餅だね45g・あん15gくらいの割り合いにするのがおすすめです。 「おはぎ・ぼたもち」の詳しいレシピページは。 きれいに仕上げるためのポイント あんの分量は餅だねの1. 7倍に もち米の炊き上がりの分量は、米の状態や炊き方で変わってきます。 必要な個数に合わせて、1個当たりの餅だねの量を調節する場合、あんの分量は餅だねの1. 5~1. 7倍が目安。 あんが多いほうが包みやすいので、初めて作るときには1. 7倍にしてみてください。 大きさをそろえる ごまやきな粉をまぶすものは、あんで包む餅だねの約2倍の分量で作りましょう。 大きさがそろってきれいに見えます。 ラップを使う 餅だねやあんを丸めたり包んだりする作業は、慣れていないと難しく感じるかもしれません。 そんなときにはラップを使う方法がおすすめです。 作り方• 餅だねとあんをそれぞれラップで包んで、丸めます。 ラップを開いてあんを平たくつぶしたら、ラップを外した餅だねをのせます。 ラップごと握るようにして、餅だねをあんで包みます。 ラップを絞って、形を整えます。 おはぎとぼたもちの違い おはぎとぼたもちには、冒頭でご紹介した花を由来とした名前の違いの他にどんなものがあるのでしょう。 粒あんvsこしあん 昔は、秋は粒あん・春はこしあんで作るものといわれていました。 秋に収穫したばかりの小豆は皮がやわらかいので、粒あんで。 春まで保存した小豆は皮が固くなるので、皮を取り除いたこしあんが使われていたのがその理由。 現在は小豆の品種改良が進んで、季節を問わずおいしい粒あんが食べられるようになっています。 俵形vs丸形 おはぎとぼたもちには、俵形のような細長いものとまん丸いものがあります。 一説によると、愛らしい萩の花に似せてほっそりと小ぶりに作るのがおはぎ、大きくて丸い牡丹の花に似せて作るのがぼたもちともいわれていました。 おはぎとぼたもちの違いの正解は…? これまでに挙げた違いをまとめてみましょう。 おはぎ• 秋に作る• 細長くて小ぶり• 粒あんで包む ぼたもち• 春に作る• 丸くて大きい• こしあんで包む では、これが正解なのかというと、今はそうでもないようです。 季節を問わず「おはぎ」で通している老舗の和菓子屋さんや、こしあんで包んだまん丸いものを「おはぎ」として売っているお店も見かけます。 そう考えると、今はもうおはぎとぼたもちの区別はなく、あんも形も好きなように作ればよいのかもしれませんね。 春なら、桜あんを使ってみるのはどうでしょう。 春らしい色味が加わって、一気に華やかな印象になりますね。 丸くて小ぶりなおはぎを詰め合わせに。 あんで包んだものの分量は、1個当たり餅だね20g・あん35g。 きな粉やごまをまぶしたものは、餅だね50gです。 型にはまらない発想で楽しんで 昔ながらの懐かしい味わいの「おはぎ」と「ぼたもち」。 お彼岸には、ぜひ自由な発想で楽しんでみてくださいね。

次の

おはぎとぼたもちの違いとは?

おはぎとぼた餅の違い

どちらもお彼岸のころにお店に出回る「あんこ」と「もち米」をつかった和菓子です。 地域によっても違いはありますが、 季節により「ぼた餅」、「おはぎ」と呼び名がかわります。 ぼた餅は漢字表記で 「牡丹餅」と書きます。 あんこの粒を春に咲くボタンの花に見立ててこう呼びます。 春のお彼岸のころに食べます。 おはぎは漢字表記で 「御萩」と書きます。 あんこの粒を秋に咲くハギの花に見立ててこう呼びます。 秋のお彼岸のころに食べます。 どちらも、季節により呼びかたが違いますが、 最近では季節による呼びわけはうすらいできています。 もともと、「食べるため」につくった和菓子というよりかは、ご先祖様の「供養のため」につくっていたものです。 ぼた餅 もち米をむして、米のかたちがわずかに残るていどについて丸めたものの外側にアンコをまぶしたもの。 「粒あん」と「こしあん」とがあるが、アンコの材料である小豆が実る時期が秋であり、冬をこした小豆を春になってあんこにするときには、小豆の皮がかたくなっているため、 昔は小豆の皮を取り除いてつくる「こしあん」をぼた餅にはつかっていました。 また、 ぼたもちは「牡丹餅」と表記するくらいですので、ボタンの花をかたどった大きな丸い形をしています。 おはぎ 作りかたはぼた餅と同じです。 現在では「粒あん」「こしあん」がありますが、小豆が実る時期の秋につくるぼた餅には、 収穫したてのやわらかい小豆の粒の食感が楽しめる「粒あん」をつかっていました。 また、 おはぎはハギの花をかたどった小ぶりで長めに丸めた形状をしています。 ぼた餅とおはぎの違い ぼた餅とおはぎには前述のような違いがありますが、最近ではその違いもあいまいになってきています。 つ くっているお店によったり、地域によったりしてその呼び名がかわることがあります。 もち米をおもにつかっているものを「ぼた餅」• うるち米をおもにつかっているものを「おはぎ」• あずきのアンをつかったものを「ぼた餅」• きな粉をつかったものを「おはぎ」• 餅の状態になるまでついたものを「ぼた餅」• 米粒が残るていどについたものを「おはぎ」 というように違いがあったりします。 しかし、これも地域やお店によって違いがあり、場所によっては、真逆である場合もあります。 ようするに、 ぼた餅とおはぎには、特に違いがないということです。 ちなみに、もち米の米粒が残るていどについた餅を「半殺し」と表現し、完全に餅の状態になったものを「皆殺し」と表現することから、ぼたもち・おはぎを「半殺し」と呼ぶ地域もあります。 ぼた餅とおはぎの別の季節での呼びかた 春をぼた餅、秋をおはぎと呼ぶなら、夏と冬はどう呼ぶのでしょうか?• 夏は「夜船(よふね)」と呼びます。 米粒が残るていどの餅をつくるときには、普通の餅をつくるのとは違い「ぺったんぺったん」と音をだしてつく必要がありません。 音をださずにつくことができるので「となりに住む人ですら、いつついたのかわからない」ところから「つき知らず」となります。 ここから言葉遊びをして「つき知らず」から「着き知らず」となり、夜は暗くていつ船着き場に船がついたかわからないため「夜船」と呼ぶようになりました。 冬は「北窓(きたまど)」と呼びます。 「夜船」と同様「つき知らず」の言葉遊びで「月知らず」となり、北側の窓からはお月様が見ることができないことから「北窓」となりました。

次の