ある 晴れ た 夏 の 朝 感想 文。 【news】アメリカの高校生が原爆の是非を討論!人種やバックグラウンドの違う8人が語る『ある晴れた夏の朝』

『ある晴れた夏の朝 』: バオバブのブログ

ある 晴れ た 夏 の 朝 感想 文

内容紹介 アメリカの8人の高校生が、広島・長崎に落とされた原子爆弾の是非をディベートする。 肯定派、否定派、それぞれのメンバーは、日系アメリカ人のメイ(主人公)をはじめ、アイルランド系、中国系、ユダヤ系、アフリカ系と、そのルーツはさまざまだ。 はたして、どのような議論がくりひろげられるのか。 そして、勝敗の行方は? 出版社からのコメント 反戦をテーマにした児童文学は、ほぼその刊行国の視点で描かれる場合が通例だが、この作品は、日本人作家による、アメリカ側の視点で描かれた物語である。 メインテーマは原爆の是非だが、それぞれの登場人物のおかれた立場から、真珠湾攻撃、日中戦争、ナチズム、アメリカマイノリティなどにも話が及ぶ。 「先の日本で行われた戦争とは、なんだったのか」 日本の若い読者にとっては、対戦国であったアメリカのいまの若者たちの姿を通して、客観的にこのことについて考えることができるだろう。 日本人作家による、YAジャンルのあたらしい試みともいえる作品。 (「BOOK」データベースより) 出自のちがうアメリカの八人の高校生が、広島と長崎に落とされた原爆の是非について語り合う。 日系アメリカ人のメイは、否定派の一人として演壇に立つことになった。 アメリカ在住の著者が若い世代に問いかける、「戦争」の歴史と記憶。 中学生から。 この本は、ものごとは「多角的な意見」を知ることが大切であると学ぶことができます。 立場の違いで、出来事は善にも悪にも解釈は変わるものであることが分かるため「自分を中心にした決めつけ」のような考え方が、いかに相手に通じないかを知ることができます。 原爆投下という最大級に重いテーマを題材に、人間の「判断」と「理由付け」の関係などを考える機会にできます。 以下のような点を「論点」と捉えた感想文を書いてみるのはいかがでしょう? 対立する相手に武力で解決を導こうとする人間の愚かさや不公平を生む結果になる点について 出来事は「理由付け」によって善と悪の方向を「真逆」なものに変えてしまう性質であることを発見できた・・とう感想もよいでしょう。 論理的に考えることの大切さを述べつつ「しかし、論理の方向性にバイアス 心理的偏り が働く場合、論理は簡単にゆがめられてしまう性質である点を発見できた」・・など。 ものごとは多角的かつ客観的に考えることが大切でるため、自国に加担してしまいがちな心理が働かない状態で思考するためには、どのようにすべきか自分のアイデアを解説する。 判断をするためには判断材料が必要であり、国が国民に伝えている情報以上に、国が国民に伝えていない情報にこそ、正しい判断をするために必要な情報が隠されている・・という展開で感想を書くのもよいでしょう。 敢えて知らされていない情報の中にこそ大切な「不都合な真実」が存在する。 ゆえに対立する相手国が国民に公開している情報を入手することも大切なはず・・という展開で「表現の自由の保障の大切さ」を柱にした感想文を書くのもよいでしょう。 21世紀になっても戦争がなくならない事実を踏まえての人間の本性について考察してみる。 例えば、人間と動物を区別する点は何かという問いを掲げたうえで「以前は人間性とは愛情や理性の存在」だと思っていたが「敵と味方に分かれて武器を使い戦うこと」も人間以外にみられない「人間の本性ではないか?」といった、負の側面から人間性について語ってみるのもよいでしょう。 核を抑止力という意味づけで保有する考え方について 戦争の生物学的意義についての自身の意見 人類の進歩と戦争の意義について、最近注目されるようになった「進化心理学」の捉え方から、生物には「遺伝子の拡散」を望む性質があることを述べ、その表れ方の1つが「戦争による侵略」であるという展開をし、そのような「倫理的には受け入れがたい性質の存在」を踏まえたうえで、戦争や核兵器をなくす方策を考えなければならないのが21世紀である・・という展開で感想を述べるのもよいでしょう。 イラク戦争の際、アメリカは「大量破壊兵器の存在」をでっち上げ戦争をしました。 また、真珠湾攻撃における奇襲も、ルーズベルトが大義名分を作るために、察知していたにも関わらず大勢の兵士を犠牲にしてまで攻撃させてしまったなど「意図的に大義名部をでっち上げて戦うアメリカ」に負けた日本が、なぜか現在大変良好な関係にいる不思議さを織り込み、自身の理由を展開しながら感想を書くのもよいでしょう。 原爆を落とされた日本ではあるが、アメリカを恨んでいる人などほとんどいない事実を前提に、戦争と「大義」などをテーマに感想を書くのもよいでしょう。 また「勝てば官軍」という格言を引き合いに出し、戦争に負けることの意義、勝つことの意義について検討してみるのもよいでしょう。 AI時代を迎える今後を踏まえて、戦争や原爆の今後について自身の意見をかくのもよいでしょう。 ・・・これらの中からいくつか組み合わせ「自分の考え」や「過去の思い出」などとからめて解説してみましょう。 学校などの教育機関が与える課題図書は 「教育的成果」を期待してのものです。 そのため、 教育機関からの読書感想文を書くにあたっては「どのような学びを得ることができたか」を感じ取れる感想文にすることが大切です。 つまり、教育機関が与える課題図書に対する感想文は・・ 読書感想文・用紙と字数のルール その他の詳細 原稿用紙を使用し、縦書きで自筆してください。 原稿用紙の大きさ、字詰に規定はありません。 文字数については下記のとおりです。 改行のための空白か所は字数として数えます。 「ある晴れた夏の朝」を読んで この本のクライマックスには、次のような一文がある。 「一冊の本には人を動かす力があり、人を変える力もある」 私はこの本に出会い、この一文に何か私の人生に大きな影響を与える何かを感じた。 おそらくそれは「書き残す価値」や「伝え残すことの大切さ」について、それが私の人生のテーマなのではないかという、一種の「気づき」を得たのだ。 考えてみれば、遺伝以外の方法で、次の世代に情報を残せるのは人間だけである。 人間は大脳の発達とともに言葉を得、さらに活字という大発明を成し遂げた。 これはまさしく生物界で人間だけができる特権といえるものである。 この偉大さに本書は気づかせてくれたのだ。 本書の内容は、アメリカの8人の高校生が、広島・長崎に落とされた原子爆弾の是非をディベートするというものである。 肯定派、否定派、それぞれのメンバーは、日系アメリカ人のメイ(主人公)をはじめ、アイルランド系、中国系、ユダヤ系、アフリカ系とそのルーツはさまざまだ。 この手の作品の場合、一般に、ほぼその本を書いた著者のいる国の視点で描かれるものだが、この作品は、日本人作家による、アメリカ側の視点で描かれた物語であるところに特徴がある。 私は、この設定に「著者の工夫」の巧みさを感じた。 つまり、アメリカという人種のるつぼのような国を舞台にするれば、さまざまな国の立場から「多角的」かつ、それらの意見を通じ「客観的」にこの問題について捉えることができるからだ。 また、テーマの中心は原爆の是非だが、それぞれの登場人物のおかれた立場から、原爆投下に至るまでの真珠湾攻撃、日中戦争、ナチズム、更には、アメリカマイノリティなどにも話が及んでいたところに「事実を点で捉えるのではなく流れでとらえること」の大切さに気づかされることとなった。 本書を読む前と読んだ後では「先の戦争とはなんだったのか」についての捉え方が複雑になるはずである。 原爆投下が、結果的に戦争の終結を早めたという考え方は、日本人としては受け入れられない考え方であろうが、戦争が続いた場合に仮定される、悲しむことになる「人間の命の数」をトータルで捉えれば、アメリカ人の多数を占める「原爆投下の正当性」にも、真っ向から否定することはできなくなると思う。 ただ、まるで科学実験をする意味のために広島、長崎に原爆を投下した当時のアメリカの考え方は、到底承知できないことには変わりがない。 特に国家間の戦争にまつわる歴史認識は、双方の「思惑」つまりは「政治政策的方向づけ」の違いにより、国は国民に対し、政策を正当化するための「都合のよい情報」しか流さない点に問題があるのだと思う。 これは物事は理由付けを変えることで良くも悪くも捉えることができる性質のものだからである。 そうであれば「後だしジャンケン」のように、歴史の理由付けはできてしまうわけであるから、客観視するためには「理由付け」や「意味づけ」に対して、さまざまな視点から考察する必要があり、また、伝えられている情報だけを判断材料にするのではなく、むしろ「意図的に伝えられていない情報」についていも「それはなぜなのか」という視点で考察することが必要になる。 これは、例えば、最近になり日本と韓国の関係が戦後最悪といえる状況にまで冷え込んでしまったが、これも互いの国民の認識している、相手国との歴史の認識や意義に違いがあるからに他ならない。 日韓関係の悪化も「判断材料の偏り」が最大の原因なのだと私は思う。 本書を読んで私は、ものごとの論点に対しては「多角的な意見」や「意図的に伝えられていない情報」の存在を知ったうえで、自分の考えを導き出すことの大切さに気づくことになった。 それは、本書が初めにも述べた通り、アメリカという多民族の国を舞台に、さまざまな立場からの意見を知ったうえで、一つの論点に対し自分の考えを導き出す「著者の工夫」にヒントを得たからである。 何かの判断をするためには、その前提として「判断材料の正しさ」が必要となるわけだが、その「思考の基礎」というべき判断材料としての「情報」に偏りがあったのでは、当然ながら正しい判断などできないはずである。 また、本書の感想文を書くにあたり、人間の判断について、とても的を射た名言を発見できたことも嬉しかった。 その名言とは、コロンビア大学の元学長のハーバード・E・ホークスの次の言葉である。 「この世の悩みの大半は、判断の根拠となる知識が十分でないのに、あえて判断を下そうとしていることから生じる」 なんという素晴らしい言葉であろうか!読書の副次的な効果とでも言えるかもしれないが、この夏、私は冒頭で紹介した言葉とともに、自分の考え方の基礎になる2つの名言に出会えたことに感謝したい。 そして、自分も本書の著者のように、価値ある文章を残せる人間になりたいと思うようになった。 (1980文字) ・ものごとは多角的に考えることが大切 ・判断をするためには判断材料が必要 ・敢えて知らされていない情報のなかに大切な不都合な真実が存在する ・出来事は「理由付け」によって善悪の方向を変えてしまう 2019中学生用のその他の課題図書 「星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚」(小峰書店) 著者:小前亮・著 本体価格:1,600円 ページ数:280ページ ISBN978-4-338-08162-7 内容紹介 行方知れずの父を探すため、少年は伊能隊と共に旅をする。 没後200年を迎えた伊能忠敬の足跡を少年の視点で描く歴史読み物。 伊能忠敬の生い立ちや、時代背景、当時の風俗、測量技術の進化など、解説ページも充実。 内容(「BOOK」データベースより) 数をかぞえながら、一歩ずつ歩くことで、たどりつける場所がある。 いかにして日本地図は誕生したのか!? 伊能忠敬の足跡とその時代がよくわかる、充実の解説ページ付き! 「サイド・トラック:走るのニガテなぼくのランニング日記」(評論社) 著者:ダイアナ・ハーモン・アシャー・作 武富博子・訳 本体価格:1,600円 ページ数:352ページ ISBN978-4-566-02459-5 内容紹介 ジョセフは中学一年生。 ADD 注意欠陥障害 があり、集中しなくてはいけないときに気が散ってしまう。 そんなジョセフが、陸上競技クラブに入ることになってしまい、クロスカントリーに挑戦する。 大キライな運動。 だけど、最後までやりぬくだけでいい、歩いてもいい、と監督に励まされ、なんとか続けるうちに……読後感さわやかな、楽しい物語。 関連記事&おすすめの記事•

次の

『ある晴れた夏の朝』(小手鞠るい)の感想(43レビュー)

ある 晴れ た 夏 の 朝 感想 文

小手鞠るい アメリカの高校に通う15歳のメイは、先輩たちから、夏休みにおこなわれる公開討論会への参加を求められる。 テーマは、広島・長崎に落とされた原子爆弾の是非について。 肯定派、否定派、それぞれのメンバーは、日系人のメイのほか、アイルランド系、中国系、ユダヤ系、アフリカ系と、そのルーツはさまざまだ。 メイは、逡巡しながらも、このイベントに参加することを決める。 そして、それは、彼女の人生を変える大きなできごとになるのだった。 この本を書いたきっかけについてお聞かせください。 小手鞠さんは広島のおとなりの岡山のご出身ですが、日ごろから関心をお持ちのテーマだったのでしょうか。 きっかけはずばり、編集者からのご提案です。 純粋でみずみずしいラブストーリー『きみの声を聞かせて』を書き上げた直後のご提案だったので、その落差にびっくりしました。 が、ちょうどそのころ、大人向けの文芸作品『星ちりばめたる旗』の連載と、『炎の来歴』の書き下ろしを進めていて、この2作にはどちらも、原爆が色濃く影を落としていたこともあり、まさに以心伝心! と即決でお引き受けいたしました。 広島が、私の出身地岡山の隣県である、ということも少しは関係していますが、それを超えて日ごろから、原爆や戦争には深い関心を抱いています。 それは私がアメリカという、今も戦争をしている国に住んでいることとも関係しています。 8人の高校生のキャラクターはどのように決められたのでしょう。 討論会という形式で書いてほしい、というのも、編集者からの強い希望でした。 アメリカの高校生8人、ということと、それぞれの出自、性格などについては、編集者と何度も意見交換をして固めていきました。 本作においては、この設定が非常に重要な柱だったと思います。 また、日本人が原爆をどうとらえているのか、ではなく、アメリカ人がどうとらえているか。 これが本作の要です。 原爆を落とされた側の悲劇を描いた作品は、優れたものがすでに数多くあります。 しかし、落とした側から描いた日本語の作品は本書が初ではないでしょうか。 はい、はっきり異なる、といつも肌で感じています。 アメリカでは、戦争に反対する人は大勢いても、軍隊と軍人を否定的にとらえる人はほとんどいません。 アメリカでは軍隊は職業であり、国への奉仕である、と考えられています。 軍人とは、人々から尊敬される存在なのです。 それと同様に、原爆そのものを否定する人はいても、広島と長崎への原爆投下は「戦争に勝つために必要な戦略であった」と考えている人が多い。 つまり、悲劇は悲劇として認めるが、戦争中の戦略としては正しかった、と考えるアメリカ人が多い。 私は落とされた側に立つ日本人著者ですから、ここにぐさりとメスを入れたかったのです。 私もこの記事を読みました。 戦争というのは、それがおこなわれていた当時と、そして、終わったあとの語られ方によって、異なった姿を持つものなんだということがよくわかりました。 戦争とは「戦争の記憶」であり「戦争の物語」でもあるのだ、ということですね。 私たち大人の使命は、未来をになう子どもたちに、戦争の記憶と物語を語り継いでいくことなんだ、ということを改めて痛感しました。 戦争には、正しい記憶、正しい語られ方というものは実は存在しません。 しかし、多くの優れた物語があれば、子どもたちはそこから自分自身の戦争観を形成していけるでしょう。 だからこそ、戦争の物語というのは、これからもどんどん書かれるべきなんだと思いました。 この2冊の関係性のようなものがあったら教えてください。 『炎の来歴』の主人公は、生まれた直後から14歳まで、太平洋戦争と共に生きてきました。 空からアメリカ軍機に攻撃されて、田んぼの中を逃げ回った経験を持っています。 そのような少年が大人になってから、ひとりのアメリカ人女性と知り合い、手紙の交換を始めます。 このアメリカ人女性は平和運動家で、日本への原爆投下に深い関心を抱いています。 ふたりを結びつけたのは「ヒロシマ・ナガサキ」。 まさに『ある晴れた夏の朝』と呼応しているような作品です。 この2作は、姉妹編と言っていいかと思います。 『ある晴れた夏の朝』を読んだ若者たちが、大人になってから『炎の来歴』を読んでくれたら、こんなにうれしいことはありません。 もちろんその逆もすごくうれしいですが。 世界は、今も昔も平和ではありません。 日本も例外ではありません。 今の日本は決して、平和国家ではないのです。 もしも平和だと思っている人がいたら、それは大きな間違いです。 アメリカ軍の飛行機は他国に爆撃を加えるために、どこから飛び立っているのか。 戦争は過去のできごとではなく、現在のできごとなのです。 そして、みなさんの生きる未来そのものでもあります。 日本は決して平和ではない。 平和だと思い込まされているだけなのです。 あなたにそう思い込ませているものとはなんなのか。 『ある晴れた夏の朝』に、その答えを書きました。 【著者プロフィール】 小手鞠るい 1956年岡山県生まれ。 1993年『おとぎ話』が海燕新人文学賞を受賞。 さらに2005年『欲しいのは、あなただけ』(新潮文庫)で島清恋愛文学賞、原作を手がけた絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(講談社)でボローニャ国際児童図書賞(09年)受賞。 1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。 主な作品に、『エンキョリレンアイ』『望月青果店』『思春期』『アップルソング』『優しいライオン やなせたかし先生からの贈り物』『星ちりばめたる旗』『きみの声を聞かせて』など。

次の

2019年中学校:青少年読書感想文全国コンクール

ある 晴れ た 夏 の 朝 感想 文

小手鞠るい アメリカの高校に通う15歳のメイは、先輩たちから、夏休みにおこなわれる公開討論会への参加を求められる。 テーマは、広島・長崎に落とされた原子爆弾の是非について。 肯定派、否定派、それぞれのメンバーは、日系人のメイのほか、アイルランド系、中国系、ユダヤ系、アフリカ系と、そのルーツはさまざまだ。 メイは、逡巡しながらも、このイベントに参加することを決める。 そして、それは、彼女の人生を変える大きなできごとになるのだった。 この本を書いたきっかけについてお聞かせください。 小手鞠さんは広島のおとなりの岡山のご出身ですが、日ごろから関心をお持ちのテーマだったのでしょうか。 きっかけはずばり、編集者からのご提案です。 純粋でみずみずしいラブストーリー『きみの声を聞かせて』を書き上げた直後のご提案だったので、その落差にびっくりしました。 が、ちょうどそのころ、大人向けの文芸作品『星ちりばめたる旗』の連載と、『炎の来歴』の書き下ろしを進めていて、この2作にはどちらも、原爆が色濃く影を落としていたこともあり、まさに以心伝心! と即決でお引き受けいたしました。 広島が、私の出身地岡山の隣県である、ということも少しは関係していますが、それを超えて日ごろから、原爆や戦争には深い関心を抱いています。 それは私がアメリカという、今も戦争をしている国に住んでいることとも関係しています。 8人の高校生のキャラクターはどのように決められたのでしょう。 討論会という形式で書いてほしい、というのも、編集者からの強い希望でした。 アメリカの高校生8人、ということと、それぞれの出自、性格などについては、編集者と何度も意見交換をして固めていきました。 本作においては、この設定が非常に重要な柱だったと思います。 また、日本人が原爆をどうとらえているのか、ではなく、アメリカ人がどうとらえているか。 これが本作の要です。 原爆を落とされた側の悲劇を描いた作品は、優れたものがすでに数多くあります。 しかし、落とした側から描いた日本語の作品は本書が初ではないでしょうか。 はい、はっきり異なる、といつも肌で感じています。 アメリカでは、戦争に反対する人は大勢いても、軍隊と軍人を否定的にとらえる人はほとんどいません。 アメリカでは軍隊は職業であり、国への奉仕である、と考えられています。 軍人とは、人々から尊敬される存在なのです。 それと同様に、原爆そのものを否定する人はいても、広島と長崎への原爆投下は「戦争に勝つために必要な戦略であった」と考えている人が多い。 つまり、悲劇は悲劇として認めるが、戦争中の戦略としては正しかった、と考えるアメリカ人が多い。 私は落とされた側に立つ日本人著者ですから、ここにぐさりとメスを入れたかったのです。 私もこの記事を読みました。 戦争というのは、それがおこなわれていた当時と、そして、終わったあとの語られ方によって、異なった姿を持つものなんだということがよくわかりました。 戦争とは「戦争の記憶」であり「戦争の物語」でもあるのだ、ということですね。 私たち大人の使命は、未来をになう子どもたちに、戦争の記憶と物語を語り継いでいくことなんだ、ということを改めて痛感しました。 戦争には、正しい記憶、正しい語られ方というものは実は存在しません。 しかし、多くの優れた物語があれば、子どもたちはそこから自分自身の戦争観を形成していけるでしょう。 だからこそ、戦争の物語というのは、これからもどんどん書かれるべきなんだと思いました。 この2冊の関係性のようなものがあったら教えてください。 『炎の来歴』の主人公は、生まれた直後から14歳まで、太平洋戦争と共に生きてきました。 空からアメリカ軍機に攻撃されて、田んぼの中を逃げ回った経験を持っています。 そのような少年が大人になってから、ひとりのアメリカ人女性と知り合い、手紙の交換を始めます。 このアメリカ人女性は平和運動家で、日本への原爆投下に深い関心を抱いています。 ふたりを結びつけたのは「ヒロシマ・ナガサキ」。 まさに『ある晴れた夏の朝』と呼応しているような作品です。 この2作は、姉妹編と言っていいかと思います。 『ある晴れた夏の朝』を読んだ若者たちが、大人になってから『炎の来歴』を読んでくれたら、こんなにうれしいことはありません。 もちろんその逆もすごくうれしいですが。 世界は、今も昔も平和ではありません。 日本も例外ではありません。 今の日本は決して、平和国家ではないのです。 もしも平和だと思っている人がいたら、それは大きな間違いです。 アメリカ軍の飛行機は他国に爆撃を加えるために、どこから飛び立っているのか。 戦争は過去のできごとではなく、現在のできごとなのです。 そして、みなさんの生きる未来そのものでもあります。 日本は決して平和ではない。 平和だと思い込まされているだけなのです。 あなたにそう思い込ませているものとはなんなのか。 『ある晴れた夏の朝』に、その答えを書きました。 【著者プロフィール】 小手鞠るい 1956年岡山県生まれ。 1993年『おとぎ話』が海燕新人文学賞を受賞。 さらに2005年『欲しいのは、あなただけ』(新潮文庫)で島清恋愛文学賞、原作を手がけた絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(講談社)でボローニャ国際児童図書賞(09年)受賞。 1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。 主な作品に、『エンキョリレンアイ』『望月青果店』『思春期』『アップルソング』『優しいライオン やなせたかし先生からの贈り物』『星ちりばめたる旗』『きみの声を聞かせて』など。

次の