ルドルフ と いっぱい あっ て な。 ルドルフとイッパイアッテナ 必ず涙する猫達の熱い友情物語

ルドルフとイッパイアッテナ

ルドルフ と いっぱい あっ て な

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年7月)() うっかりに乗ってしまい、からのへ運ばれてしまった飼い猫のルドルフ。 途方に暮れているところで現地のの親分に出会う。 ルドルフが親分に名前を訊ねると、「自分は顔が広いからあちこちで違う名前がつけられている。 おれの名前はいっぱいあってな……。 」との答えが返ってきた。 しかしルドルフは親分の名前が「イッパイアッテナ」であると勘違いしてしまう。 そこから、ルドルフと「イッパイアッテナ」の生活が始まった。 イッパイアッテナはルドルフを岐阜に帰らせる方法を模索しつつ、ルドルフに字の読み書きを教える。 ルドルフは飼い猫ブッチーに出会い岐阜に帰る方法を発見するが、出発する前日にのデビルと喧嘩してイッパイアッテナが重傷を負う。 キャラクター [ ] ルドルフ 主人公の。 小学生のリエちゃんに飼われていたが、魚屋から逃げる途中でトラックに誤って乗り、魚屋の攻撃で気絶して、東京のまで来た。 イッパイアッテナと出会い世話になりながら、リエちゃんの元に帰る方法を模索する。 自分の町の名前を知らず、帰る方法も分からずにいたが、に出場した「」の地元紹介で岐阜市の映像がテレビに流れ、自分がいた場所が岐阜市であると知った。 イッパイアッテナに習い、小学校に忍び込み文字の読み書きを学ぶ。 名前の由来はの。 イッパイアッテナ ルドルフが東京で出会った虎猫。 以前は飼い猫だったが、飼い主の日野さんがアメリカへ引っ越して野良猫になる。 現在はに住みながら様々な人間から餌をもらって生きている。 元の飼い主が面白がって教えたため、の読み書きができる。 飼い猫だった時の呼び名は「タイガー」だが、野良猫になってからは、猫達は「ステトラ」、警察官は「ドロ」、魚屋は「デカ」、学校の室のおばさん・クマ先生は「ボス」、おばあちゃんは「トラ」と様々な名前で呼ばれており、初対面のルドルフに「俺の名前はいっぱいあってな……」と語り「イッパイアッテナ」という名前と勘違いされ、以後ルドルフから呼ばれる。 ブッチー ルドルフやイッパイアッテナと親しく、商店街にある屋の飼い猫で、ルドルフより少し年上である。 デビル 近所の猫たちの間で凶暴な犬として知られている。 イッパイアッテナのことを憎んでおり、イッパイアッテナの肩に咬みついて重傷を負わせる。 クマ先生 本名は 内田先生。 小学校の教師で絵も描いている。 給食のおばさんと話しているところにイッパイアッテナが来たため、イッパイアッテナと親しくなった。 デビルに襲われたイッパイアッテナを獣医に連れて行く。 給食のおばさん 給食の調理員で、二人のうち一人はルドルフのことを「が悪い」という。 おばあさん ルドルフがと間違えたおばあさんで、ルドルフとイッパイアッテナにたびたび餌を与える。 その他 [ ]• あとがきによると、本作は「ルドルフがゴミ捨て場のインクを使い自分で書いたものを、斉藤が肩代わりして出版した」という設定である。 作者の斉藤洋が後に執筆した自伝『童話作家はいかが』によると、本作の舞台は斉藤が育ったの北側区域である。 内で放映されたアニメでは、ルドルフ達がよく行く商店街の名前が『ちよだ通り商店街』とされているが、北小岩と隣接するに『千代田通商店会』が存在する。 続編ので電車で浅草へ行く描写で、「」に乗車していることからもルドルフたちの舞台の最寄駅が京成線の駅であるとうかがえる。 ルドルフが岐阜の話をしたときに出てくる「赤い市電」は、に廃止されたである。 発表当時は名鉄の路面電車は赤色の塗色が主流だった。 ルドルフが自分の故郷を岐阜市と知るきっかけの岐阜商業高校は、作品が出版されたとに、実際に甲子園へ出場している。 演劇脚本としても人気があり、全国の地方劇団で長年演じ続けられている。 書籍 [ ]• ルドルフとイッパイアッテナ(1987年、講談社)• ルドルフとイッパイアッテナ(2016年、講談社文庫)• ルドルフとイッパイアッテナ 映画ノベライズ(2016年、講談社、原作:斉藤洋、脚本:加藤陽一、文:桜木日向) ビデオ作品 [ ]• 劇場アニメ [ ] 同名タイトルの映画が、2016年8月6日に公開され 、観客動員数は120万人 、興行収入は14億6000万円 である。 声の出演 [ ]• ルドルフ -• イッパイアッテナ -• クマ先生 -• ミーシャ -• ルドルフの弟 -• リエちゃん -• ブッチー -• デビル -• ダンプトラックの運転手 -• 日野さん -• 隣のうちの猫 -• ギブ、テイク便の運転手 -• 布団干しのおばさん -• トラックの運転手 -• おばあさん -• 自転車のおじさん- 斉藤洋 スタッフ [ ]• 原作 - 「ルドルフとイッパイアッテナ」「」(斉藤洋作、杉浦範茂絵、講談社刊)• 監督 - 、榊原幹典• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• 製作 - 、、鈴木伸育、、垰義孝、沢桂一、藪下維也、永井聖士、中村美香、、熊谷宜和、吉川英作、坂本健• ゼネラルプロデューサー -• エグゼクティブプロデューサー - 門屋大輔• 企画・プロデュース - 岩佐直樹• プロデューサー - 坂美佐子、伊藤卓哉、星野恵• アニメーションプロデューサー - 小林雅士• プロダクションマネージャー - 富永賢太郎、新山健• CGスーパーバイザー - 森泉仁智• アートディレクター - 丸山竜郎• キャラクターデザイン - 阿波パトリック徹• シーケンススーパーバイザー - 友岡卓司• アニメーションディレクター - 池田礼奈• エフェクトスーパーバイザー - 河村公治• セット&プロップ スーパーバイザー - 那須基仁• キャラクタースーパーバイザー - 石井哲也• レイアウト スーパーバイザー - 須藤秀希• ライティングスーパーバイザー - 堀井龍哉• 音響監督 -• 配給 -• 制作プロダクション - 、、• 企画・製作幹事 -• 製作 - (日本テレビ放送網、東宝、、OLM、、、、、PPM、、、、、、、、、、) キャッチコピー [ ]• 「 人間は、知らない。 ボクらのヒミツ。 「 ぼくらはそれでも前を向く。 」 ミュージカル [ ] 7月7日〜11日ににて(上演時はいずみたく記念ミュージカル劇団フォーリーズ)が親と子どものミュージカル「ルドルフとイッパイアッテナ〜ともだちがいるさ〜」として初演。 作曲家の最期の企画作品としてミュージカル化。 現在までに500ステージを超える上演を続ける。 スタッフ [ ]• 脚本 - 高村美智子(初演時)• 演出 - 山本隆則(初演時)• 作詞 -• 音楽 - 近藤浩章 人形劇 [ ] 3月20日に亀戸文化センター3Fホールでが、同名タイトルを出使い形式の人形劇として初演する。 青、赤、黄、黄緑、深緑に塗られた箱が様々な形に変化する舞台セットで、フリューガボーン、トロンボーン、フルート、メロディオン、パイプフォン、リコーダーなどのさまざまな楽器を演奏して効果音として使用する。 出演者 [ ]• ルドルフ - 水野沙織• イッパイアッテナ - 山根禄里• ブッチー - 川野芽久美• デビル - 田村竜生• クマ先生 - 山根起己 スタッフ [ ]• 原作 - 「ルドルフとイッパイアッテナ」(作、絵、刊)• 演出 - - (2013年4月27日アーカイブ分)(人形芝居燕屋)• 脚本 - くすのき燕/(表現教育研究所)• 人形美術 - 松本真知子• 音楽 - TATSUKI• 照明 - 渡辺賢二 シリーズ作品 [ ]• 脚注 [ ]• 斉藤洋『童話作家はいかが』(講談社)p. 2015年7月31日. 2015年7月31日閲覧。 2015年8月2日閲覧。 映画ナタリー 2016年3月7日. 2016年3月7日閲覧。 、T-SITEニュース、2016年11月11日 00:00配信。 、VAP。 - 2017年4月13日閲覧。 『 2017年3月下旬号』p. Yahoo! 2018年5月7日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年5月24日. 2016年5月24日閲覧。 映画ナタリー. 2016年6月15日. 2016年6月15日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - プレイリスト この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

感想文を書いてみよう⑨~ルドルフとイッパイアッテナ~

ルドルフ と いっぱい あっ て な

どんもっす。 皆さん、不朽の名作である「ルドルフとイッパイアッテナ」という小説をご存知でしょうか? この作品自体は今から29年前の1987年に刊行されたものであり、私が小学校時代に初めて最後まで読んだ小説です。 黒猫のルドルフが見知らぬ街にやってきて、人間の文字の読み書きができる野良猫のイッパイアッテナに出会い…という、涙あり感動ありの猫達の熱い友情物語です。 ぜひとも小学生に読んでほしい作品です。 何故この小説に言及しているかと言いますと、面白そうな本ないかな?と書店内を物色していたら、 ・ルドルフとイッパイアッテナ ・ルドルフ ともだち ひとりだち(続編) の両本の文庫本が平積みに…。 へー、今頃文庫本がでたんだ~とか思いながら、帯をよくよく読んでみると、なんと映画化の文字が👇 おおーーーー!! ルドルフが動いてしゃべっている! めっちゃ可愛い! めっちゃ感動です。 それにしても、なぜ今頃映画化? なに、なに? 今年、猫年だっけ? そういえば、「」も今年映画化されてたよね? やっぱり今年猫年? それとも空前絶後の猫ブーム? と半分興奮、半分混乱しながらも文庫本を衝動買いしてしまいました。 ハードカバー持ってるのに。 名作中の名作なので、映画化されるのは全然不思議ではないですし大変嬉しいことなのですが、なぜ今なんでしょうかね? 30周年は来年ですし…。 続編の「ルドルフ ともだち ひとりだち」と合わせて、簡単なあらすじと名場面をご紹介したいと思います。 「ルドルフとイッパイアッテナ」「ルドルフ ともだち ひとりだち」のあらすじ とある家の飼い猫であった黒猫のルドルフは運送用のトラックに誤って乗ってしまい、全然見知らぬ街へやってきてしまいます。 そこの野良猫であるイッパイアッテナと出会い、元の街へ戻る為に色んな事を教えてもらいます(人間の文字など)。 その後、イッパイアッテナは、野良猫を目の敵にしている飼い犬デビルの卑怯な手により大けがを負ってしまいます。 ルドルフは、同じく新しい街で知り合ったお調子者のブッチーと仕返しに向かい、見事に果たします(あくまで相手をこらしめるレベルです)。 その後、新しい仲間を加えながら楽しくやっていくのですが、ついに黒猫ルドルフが元の街に帰る日がやってきます。 ルドルフはイッパイアッテナに教えてもらったことを活かしながら、元の街へ無事に戻ってくるのですが、そこでルドルフを待ち受けていたものは… こうあらすじを書いているだけで、涙がでてきそうになります。 続いて、猫達の名シーンを一部紹介。 「そんなにほしけりゃ、くれてやるよ。 いやだっていったって、力ずくで持っていく気だろ」 (ルドルフ イッパイアッテナに初めて会った時に、口にくわえていたししゃもを置いていけと言われたあとのセリフ) 自然界の弱肉強食を一言で言い表したルドルフのセリフ。 社会で生き抜いていく難しさも教えてくれます。 「口ほどにもねえやろうだぜ」 (ルドルフ イッパイアッテナの喧嘩時のセリフを真似して) この直後、ルドルフはイッパイアッテナにビンタされます。 余りにも汚く、決して真似してはいけない言葉を使ったからです。 この時から、ルドルフは色んな事をイッパイアッテナに教わりだします。 ちなみに、全文は 「口ほどにもねえやろうだぜ。 二度とこのへんをうろついてみろ。 こんどは両耳ちょんぎって、みてえなツラにしてやるから、そう思え!」 品がなさすぎる…。 「そういうのを、知識にたいするぼうとく、っていうんだ。 それにな、絶望はおろか者の答えともいうぞ」 (イッパイアッテナ 元の街に帰るのをあきらめかけたルドルフに対して言ったセリフ) そう、そうなんですよ。 絶望は愚か者の答え、なんですよ。 ほんと、イッパイアッテナは良いことを言います。 絶望している暇なんかあったら、少しでも可能性を探せ、と。 あきらめたら、そこで試合終了ですよ。 「でも、あいつらみたいに、自分だけよけりゃそれでいい、なんて考えちゃいなかった」 (イッパイアッテナ ルドルフから、なぜ飼い猫や飼い犬を恨むのかと聞かれて) 以前は飼い猫だったイッパイアッテナ。 飼い猫から野良猫になってしまったことで、周りの猫や犬たちから疎外され、嫌な面を何度も見てしまいます。 そんな辛い過去があったから、迷い猫であったルドルフの面倒を見てくれたんですね。 人間社会にも大量にいる、「自分だけ良ければそれでいい人達」。 ホント、この作品を読んでもらいたい。 「やった。 ねこのだ」 (ブッチー ルドルフと一緒に、飼い犬デビルへの仕返しが成功した後に) ルドルフとブッチーは飼い犬であるデビルへ、見事仕返しを果たします。 デビルはであり、普通に考えて、腕力ではルドルフもブッチーも到底歯が立ちません。 しかし、二人は怖気づくことなく、罠を仕掛けることにより、仕返しを成功させます。 下手したら、自分たちもやられてしまうのに…。 猫達の友情には本当に泣かされます。 「それに、お前たちは自由だしな」 (デビル ルドルフ達、野良猫を見てつい口に出たセリフ) そう、デビルがイッパイアッテナ達野良猫を目の敵にしていたのは、彼らが自由を持っていたからなんですね。 この辺は、何とも言えませんが、犬や猫を飼うことについて考えさせられます。 ことによっては、人間のエゴになってしまいます。 「ぼくの名まえは…、ぼくの名まえは、いっぱいあってな」 (ルドルフ 名前を聞かれて) ルドルフが、イッパイアッテナの真似をして、名前を名乗るシーン。 シーンの緊張感と相まって、本当に涙があふれてきます。 「どっちにしても、ねこは乗り物がただだから、気楽でいいや」 (ルドルフ イッパイアッテナと話した後のモノローグ) 全てはここに集約しているような気がしますね。 そう、猫達は自由なんです。 自由奔放にふるまえるから、あれだけ魅力あふれるんでしょう。 そんな猫達の友情物語。 読んでない方はぜひとも読んでみてください。 絶対に感動します。 あ、そうそう。 私は実は猫については全然詳しくありません。 知ってる猫種は、、くらいです。 んでは、今日はこの辺で。

次の

ルドルフとイッパイアッテナ : 作品情報

ルドルフ と いっぱい あっ て な

解説 1987年の刊行以来、多くの子どもたちに親しまれてきた名作児童文学「ルドルフとイッパイアッテナ」をフル3DCGアニメーションで映画化。 大好きな飼い主と離ればなれになってしまった黒猫ルドルフは、長距離トラックの中に迷い込んで大都会・東京にたどり着く。 そこでルドルフは大きなボス猫イッパイアッテナと出会い、一緒にノラ猫として暮らしはじめる。 ところが、イッパイアッテナには思いがけない秘密があった。 世間知らずで好奇心旺盛なルドルフの声を井上真央、街を牛耳る巨漢のトラ猫イッパイアッテナの声を鈴木亮平がそれぞれ担当した。 「ポケットモンスター」シリーズの湯山邦彦と「スシニンジャ」の榊原幹典が共同監督。 2016年製作/89分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 猫好きだと言うのを公言して憚られない世の中。 (元々憚られる世の中だった?) 「野良」と付けられる動物が今では猫しか対象がない。 平野ノラ「しもしもー」 ノラジョーンズ「どんどんあーん」 おるやん、人やろそれ。 そもそも、どんどんあーんて何や。 その「野良」の世界は猫にしかない日本。 野良猫から飼い始めた白猫が妊娠して、出産が上手くいかず胎内で死んでしまった子猫を取り出す為に、無け無しの貯金を崩して手術をしてもらった事もありました。 そんな自分からすると、今作の猫たちは何故か可愛くない。 ボディバランスの問題でしょうか、頭がデカ過ぎる。 あ、そうか。 頭がデカい=知能が豊富=文字を覚える おー、忖度した解釈。 文字を教え始めたイッパイアッテナの飼主、アメリカで成功して帰ってくる。 そんだけ頭良いんだよと、好都合なプロットを組み立てる。 イッパイアッテナを面倒見る商店街の人たちや小学校の先生たち。 たしかに昔はこんな光景よく見た気もするが、この時世野良猫ほど不衛生な生き物はないから接触を避ける人が殆ど。 これは昭和の話なんでしょうかね? とまあ、ここまで気を遣わせるアニメは久しぶりでした。 やっぱりホントの声優を使って欲しかったなあ。 度々セゴドンがチラつくのはノイズ。 八島さんは上手でした。 流石舞台役者。 ネタバレ! クリックして本文を読む 息子と映画を見ようとジャケットからセレクト。 絵本も読んだことがないので、前情報なしに鑑賞。 子供から大人まで楽しめる映画でした! 絶望は愚か者の答え!次は絵本読んでみます。 心配かけまいと怪我の理由は何も言わずに送り出すイッパイアッテナ。 漸く自分の家に帰るとそこには新しい飼い猫が。 その子猫の名前はなんとルドルフ。 子猫から「ご主人りえちゃんは2匹は飼いたいと言ったけど、ダメだと言われた」エピソードを聞いて身を引くルドルフ。 何故イッパイアッテナは捨てられたんだ、どこかに預けるとか、他の飼主を探してやれよとは思いましたが、総合的にいい映画でした!• 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の