すいか カロリー。 スイカバーのカロリーは?ダイエット中は食べ方に注意

スイカの果糖は太る?食べ過ぎても痩せる?正しいのはどっち?

すいか カロリー

妊婦はすいかを食べて良いの? すいかにはシトルリンやカリウムが豊富に含まれているので、妊婦が適量を食べるのは良いですね。 ただし暑いからといって、すいかやスイカバーなどの食べ過ぎには注意して下さい。 すいかには夏バテや疲労回復の効果の他にも、むくみや冷えの改善をしてくれる成分が入っているので、ヨーグルトやサラダなどと一緒に食べるのも良いです。 妊娠初期に訪れるつわりにも食べやすくてよいでしょう。 ちなみにすいかは加熱した方が体への吸収性が良くなり、冷え対策にもなりますのでお勧め。 西瓜の皮を使ったとろとろ煮といったレシピもあるようですので、トライしてみてはいかがでしょうか? また、西瓜は買った直後に食べるよりも、収穫されてから約2~3週間が食べ頃で美味しいです。 妊婦はすいかの種を食べて良いの? 種をそのまま食べる事はあまりお勧めできませんので、ミキサーなどで砕いてジュースやスムージーにしてから摂るようにしましょう。 種には果実に負けず、むくみの改善に働いてくれる成分が沢山入っていますよ。 すいかを始めマンゴーやパイナップルなど、夏の果物には体を冷やす作用がありますので、食べ過ぎには注意して下さい。 また、妊娠中にはビタミンAの過剰摂取を避けるように言われています。 そして不要のビタミンAは体外へ排出されることから、西瓜からのビタミンAの過剰摂取を不安に思う必要はないですよ。 それでは、それ以外の妊娠中に必要なすいかの成分を見ていきましょう。 カリウム 塩分を排出する働きがあります。 妊娠中は塩分の摂り過ぎに注意が必要なので、摂りすぎたかな?と思う時にはすいかを食べると良いですね。 シトルリン シトルリンはむくみや冷えの改善、予防をしてくれる働きがあります。 妊娠中の冷えやむくみにも有効的ですので、気になり始めた時に食べると良いですね。 ビタミンCも赤ちゃんの成長に重要な成分となります。 沢山摂りたいですね。 マンノシターゼ 糖分を分解してくれる酵素。 妊娠中の妊娠糖尿病の予防にも良いですね。 ビタミンC すいかに1番多く含まれている成分です。 赤ちゃんの成長にもママの美肌効果にも期待ができますよ。 また、鉄分の吸収を助ける働きもあるため、貧血予防にも最適です。 妊婦がすいかを食べるとどんな効果があるの? 疲労回復 すいかには、さほども触れたアミノ酸の一種の「シトルリン」という成分が含まれています。 シトルリンは血管を拡張する働きがあり、一酸化窒素を作り出すことで血行促進する作用があります。 筋肉痛や運動機能の向上にも効果があるということが分かっています。 むくみの改善や予防 シトルリンは血行促進する作用があるおかげで、むくみの改善にも有効的。 また、リコピンなどの色素成分も血行促進する働きが見られるため、便乗して効果を発揮できます。 妊婦がすいかを食べる時の3つの注意点 保管方法 スーパーに並んでいるすいかはすでに完熟した状態ですので、冷蔵庫に保管して、なるべく早めに食べるようにしましょう。 時間が経ってしまいそうな時は冷凍庫保管も良いですが、味が落ちてしまいます。 過剰摂取 摂取し過ぎることで水分の摂り過ぎとなって、胃酸が弱まって消化機能に支障が出る要因となります。 同時に腹部を冷やす可能性が考えられます。 腹部が冷えると便が緩めに変化し、お腹をくだすことも考えられますので気を付けましょう。 また、お腹をくだすことが原因で腹部が張ります。 下痢や腹部の冷えと流産の直接的な関係はないですので、不安になる必要はございません。 ただしお腹をくだすと体調不備ということで、結果として身体には良くない問題となります。 肥満 すいかを過食しすぎることが原因で糖質の摂り過ぎになって、これが連日であれば妊娠糖尿病の危険度を上昇させてしまうでしょう。 スイカに加えて一般的な食事を摂っていた際に、カロリーの摂取し過ぎとなり、肥満になるリスクも出てくるのです。 妊娠初期に起こるつわり時は偏食になりがちで、西瓜しか受け付けないとなる場合も。 つい食べ進めてしまうかもしれませんが、体重コントロールや妊娠糖尿病のリスクを考えほどほどにしましょう。 購入の際にご参考になさってくださいね。 丸くて形が綺麗なもの• 色鮮やかな皮の模様• 重力感のある重たいもの カットスイカは種が大きいものを、果肉と皮の色合いがはっきりしているものを選ぶと美味しいですよ。 まとめ すいかなどのウリ科というのは腹部を冷やしますが、適正な量の際はこれといって心配はないです。 しかしながら、暴食することが原因でお腹を下すという事もありますし、糖質の摂りすぎやカロリーの摂り過ぎになることもあり得ます。 ついたくさん食べたくなりますが、西瓜は程良く食べていくようにした方が良いでしょう。 適正な量になるとむくみ改善や塩分の排出、リコピンなどによる抗酸化の機能、これ以外にも栄養摂取を望めますから、採れたての物を食べるという点では、リフレッシュできますので「すいか」は妊婦の時には推奨できる果物です。

次の

すいかの糖質・カロリーは?1/8・1/4カットでは?

すいか カロリー

ウォーターメロンとも呼ばれるスイカは、その90%が水分、10%が糖分という、大変みずみずしい食べ物ですが、もちろんその中には様々な成分が含まれています。 注目されている成分がリコピン、カリウム、シトルリンと三つあり、もちろんこの他にもたくさんのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。 主な成分を紹介していきましょう。 リコピン 赤玉スイカに含まれる、赤い色素です。 活性酸素が増えすぎると、動脈硬化やガンなどを引き起こすことになりますが、この活性酸素を抑制してくれるのが、リコピンです。 トマトの1. 5倍の量を含みます。 カリウム ミネラルの一つで、体の中のいらない塩分を尿の中へ出す働きを持ちます。 シトルリン 最近注目されはじめた成分で、アミノ酸の一つに挙げられます。 他の果実にはほとんど見られない成分で、スイカにはこれが含まれています。 体内の老廃物や、有害物質などを体外に出してくれる利尿作用があります。 シスペイン この成分はビタミンCが酸化するのや、壊れてしまうのを止める働きがあります。 シミ・ソバカスにも効果があります。 イノシトール ビタミンB群でもあるイノシトールには、動脈硬化を防ぐ他に、甲脂肪肝ビタミンと呼ばれるように、肝臓に脂肪がつかないようにする働きもあります。 マンノシターゼ ダイエットで注目されている成分で、糖質分解酵素です。 デトックスという言葉を知らない人はもういないでしょう。 体の中に溜まった有害物質を体外に出すことですね。 こうした有害物質を血液の中から濾過したり、体の外に排泄する働きをしているのが肝臓です。 この肝臓が弱ってくると、代謝も落ちますし、老廃物などが体にたまって、だるくなったり疲れを感じたりします。 スイカに含まれるグルタチオンという成分が、こうしたデトックスの働きをしてくれる肝臓の働きを強くしてくれるように作用することが分かっています。 スイカを食べると肝臓も元気になり、疲れ知らずに、ついでに老廃物もじゃんじゃん体外に出してくれるのです。 スイカは腎機能も高めてくれるカリウム、シトルリンという成分も含まれていますので、肝臓だけではなく、腎臓にもとてもよい食べ物だと言えます。 主にスイカを食べると言ったら夏ですよね。 夏バテしやすく、食欲も落ちがちな季節ですので、こんなときこそスイカを食べましょう!.

次の

スイカのカロリーは高い?一玉食べると太る?

すいか カロリー

スイカのカロリーと糖質 さっそく、スイカのカロリーと糖質について見ていきましょう。 スイカ1切れとカットスイカ5個あたりのカロリー・糖質について、以下に記載しました。 スイカ カロリー 糖質 1切れ 可食部215g 80kcal 19. 9g 3cm角のカット5個 可食部 160g 59kcal 14. 7g スイカには赤いスイカと黄色いスイカがありますが、カロリーと糖質に関してはどちらも、同じ値です。 これだけ見てもカロリー・糖質が高いのか低いのかあまりわからないので、他の食材とも比較していきましょう。 スイカのカロリーと糖質を他の果物と比較 続いて、スイカと他の果物のカロリーと糖質を比較していきましょう。 どれも100gあたりのカロリーと糖質について示し、カロリーが高い順に並べてみました。 100gあたり カロリー 糖質 アボカド 187kcal 0. 9g バナナ 86kcal 21. 4g マンゴー 64kcal 15. 6g 柿 60kcal 14. 3g さくらんぼ 60kcal 14. 0g ぶどう 59kcal 15. 2g りんご 57kcal 14. 1g キウイ 53kcal 11. 0g パイナップル 51 kcal 11. 9g ブルーベリー 49 kcal 9. 6g オレンジ 46kcal 10. 8g みかん 45kcal 11. 2g なし 43kcal 10. 4g メロン 42kcal 9. 8g もも 40kcal 8. 9g グレープフルーツ 38kcal 9. 0g すいか 37kcal 9. 2g いちご 34kcal 7. 6g 18種類の果物のカロリーと糖質を記載しましたが、スイカは、カロリーに関しては2番目に、糖質に関しては3番目に低い値となっています。 そのため、減量中の方や体型維持に努めている方に適した果物であると言えますね。 運動をすることは、カロリーを消費するだけでなく筋肉量がアップして基礎代謝を上げることにもつながります。 スイカを食べても大丈夫?太らない?スイカのメリット スイカを食べても太らないかというと、答えはYESです! すでにご紹介した通り、スイカは果物の中でもカロリーや糖質がかなり低い方で、太る心配なく食べることができます。 さらに、スイカには以下のようなメリットがあります。 シトルリンが痩せやすい体づくりに役立つ• リコピンで代謝アップ• カリウムがむくみ解消に役立つ それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。 アミノ酸ということは、タンパク質を構成する成分ですね。 体の中のシトルリン量が増えると、アルギニンが増加し、一酸化窒素濃度が上がります。 一酸化窒素には血管拡張作用があり、血流量が増加することによってカロリー消費しやすい体となれるんです。 また、これに伴って、痩せやすい体づくりには欠かせない成長ホルモンの分泌が促されたり、カロリーを多く消費する筋肉が効率よくつくられたりすることが期待できます。 トマトに多く含まれていることがよく知られていますが実は、スイカにも含まれているんです。 活性酸素は本来、細菌やウイルスなどから体を守るために必要となる物質ですが、多く発生しすぎることで体をサビつかせ、体のめぐりを悪化させてしまいます。 カリウムには、塩分の排泄を促す働きがあり、これがむくみ解消に役立つのです。 むくみは、体内の塩分が過剰になって体が水分を溜め込みやすくなるために起こります。 そのため、体の塩分量が多い状態だと、水を飲んだだけで太ってしまうことが考えられるのです。 食事での塩分摂取が多い方は特に、スイカでカリウムを摂取するのがよいでしょう。 スイカのメリット 太りたくない!スイカを食べても太らない3つの方法 スイカを食べる際には、太らない工夫をして食べることでさらに、スイカのメリットが得られやすくなります。 そこで太りたくない人のために、スイカを食べても太らない方法を3つご紹介していきます。 間食に用いる• 温かい飲み物と一緒に摂取する• 食べすぎに注意 それぞれの方法ついて、詳しく見ていきましょう。 減量や体型維持を意識している最中は余分なカロリー・糖質摂取を抑えるためにも、極力間食をしない方がよいのでは?と考える方も多いかと思います。 ただし、どうしても空腹感が我慢できないときや夜ご飯が遅くなってしまいそうなときには、食事で食べ過ぎることを防ぐために少量、満足感が得られる食品を食べるのがよいのです。 スイカを用いることで、砂糖や油をたっぷりと含んでいるスナック菓子やチョコレート菓子を用いるよりはずっと、体を引き締めることに適した間食とすることができます。 体温が下がると、代謝が低下して痩せにくい体となってしまうのです。 そのため、スイカを食べる際には温かい飲み物を用意して、体温を下げないように工夫するのがよいでしょう。 お水を沸かしただけの白湯でもよいですが、おすすめは生姜湯! 生姜にはジンゲロールやショウガオールという成分が血行促進によい成分が含まれているんです。 ジンゲロールは血液循環をよくして手指や足先などの末端分まで血液を行き届かせてくれますし、ショウガオールは内臓の温度を上げて、体内から血のめぐりをよくする働きをします。 糖質摂取を増やさないためにも、砂糖は入れないようにしてくださいね。 いくら代謝アップやむくみ解消、痩せやすい体づくりに役立つ栄養素が含まれているからといっても、食べ過ぎてしまってはカロリー・糖質摂取過多となって痩せられません。 また、スイカを食べすぎることでお腹が冷えて下痢を引き起こす恐れもあります。 【スイカのカロリー】スイカは太る!?りんごやグレープフルーツとカロリー糖質を比較のまとめ 今回は、スイカのカロリーと糖質について、また他の果物との比較やスイカを食べることで得られるメリット、太らない食べ方などについてご紹介してきました。 スイカはカロリーや糖質が非常に低い食品であるため、食べることで太ってしまう心配はないでしょう。 また、痩せやすい体づくりに役立つシトルリンや代謝アップが期待できるリコピン、むくみを解消させる働きのあるカリウムなどの栄養素もしっかりと含まれていることが分かりましたね。 減量中や体型維持に努めている最中にも甘いものが食べたい方はぜひ、今回ご紹介した太らない方法を参考に、スイカを食べてみてくださいね。

次の