市川市 循環器内科。 市川市の循環器内科で口コミ評判のある病院とクリニック【お医者さんガイド】23件の該当(1/2)

市川市|おおさか循環器内科 生活習慣病クリニック

市川市 循環器内科

検索 最近の投稿• 2020年7月15日• 2020年7月14日• 2020年7月13日• 2020年7月11日• 2020年7月10日• 2020年7月9日• 2020年7月8日• 2020年7月8日• 2020年7月7日• 2020年7月6日 アクセスカウンター• 44011現在の記事:• 371005総閲覧数:• 173今日の閲覧数:• 624昨日の閲覧数:• 3481先週の閲覧数:• 7083月別閲覧数:• 187349総訪問者数:• 97今日の訪問者数:• 240昨日の訪問者数:• 1470先週の訪問者数:• 2965月別訪問者数:• 196一日あたりの訪問者数:• 3現在オンライン中の人数:• 2018年3月5日カウント開始日:.

次の

かわの内科循環器クリニック(市川市

市川市 循環器内科

循環器内科 循環器科とは、 心臓病 や血管の病気を治療する分野です。 循環器疾患は、 食事、 運動、 飲酒、 喫煙、 肥満などの 生活習慣との関連が深いので 生活習慣改善の指導も行います。 おもな対象疾患は、虚血性心疾患( 狭心症・ 心筋梗塞)、 心臓弁膜症、 不整脈、 拡張型心筋症や 肥大型心筋症、 感染性心内膜炎、 心筋炎、 心膜炎、 心不全などの心臓疾患や、 高血圧症、 大動脈瘤、 静脈血栓症、心臓由来の動脈塞栓( 脳塞栓症)、 肺梗塞などです。 動脈硬化の合併症としておこる病気が少なくないので、 動脈硬化を促進する 糖尿病、 高脂血症や心臓内にできた血の塊( 血栓)で脳動脈がつまる 脳梗塞( 脳塞栓)なども関連疾患として診察・治療されます。 4月から所長が代わりました。 漢方が専門とかで、3割負担で月5〜6000円位薬代が増えてしまいました。 次回拒否すると感情的になり、医師と思えない言葉を放ちます。 漢方薬を飲みたくても、年金生活者には重い負担となるのが独身女性には理解できないようです。 医師に強く勧められれば断れないのが患者です。 看護師達は何も頼りになりません。 以前の穏やかな先生たちが懐かしい。 何十年も通っていた患者達も、今聞くと他の医療機関を探している人が多いらしい。 受付の人達の笑顔でやっと持っている状態です。 何故、新所長をあのような若すぎる人にしたのでしょうか。 腕は良いかも知れませんけれど、疑問に感じます。 院内清潔感• 平日夕方でさほど混んでないのに待ち時間が長かったです。 自分の番になって多い理由わかりました。 まず看護師さんが問診してくれた内容を医師が把握しておらず、先入観だけで、不必要な血液検査の実施。 検査結果から症状に合わせて問題ない値と告げられたのだが、そもそも症状を把握してないのでもう一度こちらから症状説明して、血液検査の値からその症状でこの値なら薬飲んで安静にしてれば大丈夫と言われた。 しかし、薬を書き換えるそぶりなかったので、それぞれ何に効くのか聞いてみると、書き換え忘れで慌てて書き換え。 そんなこんなで2時間。 私を診察した先生だけなのかもしれませんが、そもそも患者の症状だけはしっかり聞いた上で判断して欲しかったです…• 院内清潔感.

次の

市川市の循環器内科/循環器科の病院・クリニック(千葉県) 39件 【病院なび】

市川市 循環器内科

経歴[Click]• 最終学歴:北里大学医学部医療系大学院博士課程 【専門医・認定医】 医学博士学位 取得 日本内科学会認定内科認定医 取得 日本循環器学会認定循環器専門医 取得 アメリカ心臓病協会認定ACLSヘルスプロバイダー 取得 【所属学会】 日本内科学会 正会員 日本循環器学会 正会員 日本心臓病学会 正会員 日本心不全学会 正会員 【勤務歴】 北里大学病院 内科研修 足利赤十字病院 一般内科 清水厚生病院 循環器内科 北里大学医学部 助教 北里大学北里研究所メディカルセンター病院 循環器内科 医長 【主な発表】 日本赤十字学会総会、日本内科学会総会、日本循環器学会、日本心臓病学会、 ISHR イタリア 、心筋代謝研究会、心筋生検研究会、急性心不全フォーラム など。 血圧が高いといわれたのですが、放置しておいても大丈夫ですか?[click]• 「血圧が高い」と言われても、自覚症状もないためになかなか受診されない患者様は実は多くおられます。 液体である血液を体のすみずみに送るためのポンプが心臓であり、送るためのホースが動脈です。 ホースの中でどのくらいの水圧がかかっているかを表したのが、いわゆる「血圧」です。 「血圧が高い」ということは、肥満などにより1回の心拍動で送り出さなければならない血液量が増えてしまっていたり、動脈が硬くなったり詰まり気味になってしまっているということを意味しているのです。 また血液自体がドロドロになってしまうような高脂血症や糖尿病でも高血圧は起こりやすくなります。 高い圧を出さなければならないポンプ(心臓)は当然早く痛んでしまいます。 また心不全の原因になり、高い圧を受けた血管も早く傷みます。 傷んだホース(動脈)に高い圧が加われば、亀裂が入って血が漏れてしまいます。 その亀裂が脳で起これば脳出血(脳卒中)となるのです。 以上のことからも高血圧は放置しておかずに、早めに専門医の受診を受けられることをお勧めします。 メタボリックシンドロームって?[click]• 日本人の3大死因は、がん・脳卒中・心臓病です。 その内、心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を引き起こす原因は、「動脈硬化」です。 「動脈硬化」を引き起こす危険因子としては、コレステロールが知られていますが、最近の研究で肥満(特に内臓のまわりに脂肪が蓄積した内臓肥満)が様々な生活習慣病を引き起こし、「動脈硬化」の要因であることがわかってきました。 内臓に脂肪が蓄積し、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすい状態が、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」です。 これらの病気はお互いが密接に関係して発生しています。 数多く合併するほど「動脈硬化」を進行させ、心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患を起こしやすくなります。 ご自身が、「メタボリックシンドローム」なのか、その予備軍なのかを早期に把握することが非常に大切です。 禁煙治療とはなんですか?[click]• 禁煙治療はこれまで、保険適用外の自費診療であったため、禁煙しようと思っていてもなかなか実現できないという方が大多数でした。 現在では、ニコチン依存についてのスクリーニングテストの結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断された場合、保険適用の治療が可能となりました。 治療方法は、ニコチン置換療法といってタバコを吸ってニコチンを体内に入れる代わりに、ニコチンを皮膚から吸収する事が出来るパッチを体に貼ってニコチンが体に入るのと同じ作用になるようにします。 最初はニコチンの量も多いものを貼ってだんだんとニコチンの量が少なくなっても禁断症状が出ないようにしていき、最後にはパッチを貼らないでも過ごせるようになります。 タバコを吸いたくなるのは、ニコチン中毒の場合がほとんどですが、ストレスや精神的なところに依る場合もあります。 「やめたいのにやめれない」「どうしていいかわからない」などお悩みの方はまずは、お気軽にご相談下さい。 地域皆様のQOL(生活の質)の向上を担えるような、頼れるホームドクターを目指しております。 総合的な初期診療(プライマリケア)から適切な処置を行い、重症の患者様の場合、近隣の連携病院や専門医療機関へのご紹介を行います。 次のような症状の患者様はお気軽にご相談ください。 患者様の症状には動脈硬化による心筋梗塞や、普段の生活の中から不安的要素が生じ、それが精神的な症状に表れるなど幅広くございます。 その為、循環器科では問診による診断や検査を行い、循環器による疾患、症状の有無について患者様に分かりやすくご説明し納得していただいた上で治療、診察を進めていくよう取り組んでおります。 次のような症状はお気軽にご相談ください。 生活習慣病は無症状な事が多く、また病気が進むと様々な合併症を引き起こします。 特に心臓病、脳卒中、大動脈の病気、腎臓病などの重篤な病気のリスクが高まります。 治療については生活習慣やライフスタイルを変える事から始めますが、食事の取り方、内容、運動の種類や量、嗜好品(たばこやお酒)、睡眠時間、ストレス管理に至るまで、幅広く考えていく事で効果的に進める事が出来ます。 当院では、生活習慣の見直しやアドバイス(食事療法や栄養指導)をはじめ個々の患者様にとって適切な診断と治療、管理を行います。 太ってしまう原因を検査して突き止めた上で、適切な治療を行います。 気になる症状が見られたら、早めに受診して原因を見極めるようにしましょう。 しかし、ただ単に眠れないことが不眠症の症状とは言えません。 院長からひと言.

次の