内部 ストレージ から sd カード に 移動 huawei。 スマートフォン「P9lite、内部ストレージについて。」

HuaweiのP20 liteのストレージの空き容量を増やす方法

内部 ストレージ から sd カード に 移動 huawei

Android アンドロイド スマホでは、さまざまなクラウドサービスを利用することができますが、Androidスマホではメジャーな「Google」の クラウドサービスの利用がおすすめです。 クラウドに音楽や写真などの画像を移動させることによって、Androidスマホの内部ストレージの容量を圧迫されることもなくなります。 クラウドサービスは、データのバックアップ先として利用している方も多く、自動的に画像などをクラウド上にバックアップする設定を利用していると思います。 クラウドサービスは複数使用することもできます。 Androidスマホのバックアップがひとつでは不安で、スマホ本体からデータを削除ずることができない方は、クラウドサービスを複数利用することで、安心してスマホのデータを削除することができます。 さまざまな方法で、Android アンドロイド の写真などの画像や音楽などのデータを、外部ストレージであるSDカードやクラウドなどに簡単に移動することができます。 音楽や写真などの画像データについては特に問題はないのですが、割とAndroidスマホの内部ストレージの容量の中では大きな「アプリ」についてはどうでしょう? 例えばアプリの容量が大きいからSDカードに保存した場合に、アプリが正常に動作しない、使えない機能が出てくる、と言った不具合が生じたり、全てのデータをSDカードに移動できない場合もあります。 これを解決するためには、 外部ストレージであるSDカードを内部ストレージ化する、保存先としてSDカードを選択できるようにする方法があります。 Android アンドロイド スマホで、SDカードを内部ストレージ化するための設定として、最後に行うのが Androidスマホとパソコンを接続した状態で行います。 AndroidスマホとパソコンをUSBケーブルで接続します。 この時にAndroidスマホ側のUSBデバッグの許可をONにしましょう。 コマンドプロンプトにコマンドを入力します。 adb shell• sm list-disks• sm partition disk:179,64 private この順番でコマンドを入力します。 2の入力後には、SDカードを指し示す番号が現れます。 3入力後はAndroidスマホの機種によっては再起動される場合もあります。 SDカードを内部ストレージ化する、外部ストレージに戻す場合の設定は簡単ですが、既に大切なデータをSDカードに保存している場合があります。 そのような場合に、SDカードの内部ストレージと外部ストレージを切り替えたい場合は、 SDカードのデータを他デバイスに移動する、という方法を利用できます。 パソコンなどはもちろんですが、まだ内部ストレージの容量にも余裕がある場合には、Androidスマホの内部ストレージにデータの全てを移動するということも可能です。 SDカードに既に大切なデータを保存してしまっていて、消えてしまうのは困る!という場合には、他のデバイスへの一時的な移動を行い、内部ストレージと外部ストレージの切り替えが済んだら、元に戻しましょう。

次の

AndroidでSDカードを内部ストレージ化してアプリを移動する方法! スマホの外部ストレージをフォーマットしよう

内部 ストレージ から sd カード に 移動 huawei

スマホの使用に伴い、スマホ本体のストレージ容量が足りなくなる可能性があります。 その結果、アプリの動作がカクカクして、メールの受信もできなくなります。 その状況を解決するために、スマホ本体の内部ストレージから写真や動画などのデータをSDカードに移動することは一つの方法です。 スマホの内部ストレージからデータをSDカードに移動したい時、スマホに搭載される設定機能を利用してください。 androidスマホのおすすめ記事: アンドロイド設定でデータを本体からSDカードに移動 ステップ1. Androidスマホのホーム画面で「設定」アイコンをタップして表示された項目の中に「ストレージ」をタップします。 ステップ2. 「ストレージ」の画面で「SDカードへデータ転送」を選択します。 こうやって、スマホは自動的に本体のストレージに保存されている画像、動画、音楽の各々の項目数と占有している容量を計算して画面で表示します。 SDカード上の空き容量も同時に表示されます。 ステップ3. SDカードで十分な空き容量があることを確認してください。 その後、画像、動画、音楽三種類のデータから転送したいタイプのチェックを入れ、「転送」をタップします。 転送が完了するまでお待ちください。 ステップ4. 転送が完了したら、「SDカードへデータ転送」を再びタップすると、現在スマホ本体のデータ容量が計算されます。 結果から見ると、先ほどチェックを入れた項目がほとんど内部ストレージに残らなくなり、SDカードの空き容量も減りました。 注意:スマホ本体がいつも十分な容量を持つことを確保するために、データをSDカードに転送する必要があるかどうかを時々確認してください。 ファイル管理アプリを利用してデータをSDカードに移動 上記の方法はAndroid 5. 0以降のバージョンで使いできますが、Android4. 4以前のバージョンはSDカードへの書き込み制限があるので、その方法を使用できません。 こういう場合、「File Commander」、「ESファイルエクスプローラー」などのアプリを使用してSDカードへの書き込み制限を回避することができます。 下記は「File Commander(ファイルコマンダー)」を使用してデータを本体の内部ストレージからSDカードに移動する手順を紹介します。 ステップ1. 無料でスマホに「File Commander」アプリをダウンロードして、アプリを開きます。 ステップ2. 「内部ストレージ」と「SDカード」がホーム画面で表示されます。 「内部ストレージ」という項目を選択します。 移動したいファイル或いはフォルダを見つけてそれを長押しして選択し、画面の頂部の (切り取り)または (コピー)をタップします。 一般的に、カメラアプリで撮影した画像と動画は「DCIM」フォルダに保存されます。 ネットからダウンロードした画像は主に「Download」フォルダで見つけることができます。 ステップ3. 画面の左上をタップして、メニューから「SDカード」を選択します。 ファイル移動先のフォルダを選択し、右上のアイコンをタップしてデータを貼り付けます。 こうすれば、移動が完了します。 データを移動した後、ファイルの保存場所を忘れてファイルを探したい場合、アプリの検索機能を通じてファイルの名前で検索することができます。 もし、名前も忘れた場合はアプリホーム画面にある「写真」、「ミュージック」、「ビデオ」、「ダウンロード」四つのタイプのボタンを通じて手動でファイルを探してください。 それぞれのボタンをタップすると、保存されている対応フォルダがリストで表示されます。 このアプリを使用してデータを内部ストレージからSDカードに移動できるほか、逆に、データをSDカードからスマホ本体の内部ストレージに移動することも可能です。 ちなみに、Android 5. 0以降のスマホの場合、スマホ自体の「設定」機能を利用する以外、「アストロファイルマネージャー」、「Yahoo! ファイルマネージャー」などのアプリを使用することもデータを本体の内部ストレージからSDカードに移動できます。 おまけ:Android向けのデータ転送ソフト データが多くなりすぎてからデータを管理するより、日頃からデータを管理したほうがいいかもしれません。 「 」を使えば、Androidの内部ストレージとSDカードのデータをすべて管理することができます。 「FonePaw Dotrans」なら、便利にAndroidからデータをPCやその他のiPhone・Androidに転送して容量を節約できます。 要らない写真やファイルを削除したりすることもできます。 例えば、「FonePaw Dotrans」は、Androidの中の動画を一括管理することができます。 これらの動画ファイルを追加・PCや他のAndroidデバイスへ転送・削除することは、ほとんど2ステップで可能です。 ステップ1. AndroidとPCを接続します。 ステップ2. 転送や削除も、エクスポートや削除のボタンをクリックするのみ。 「FonePaw Dotrans」を使って、アプリと合わせ技でAndroid内部のデータを管理するのもいい選択肢かと思います。 ぜひ下のダウンロードボタンから試用してみてください。

次の

HUAWEI NOVA liteのSD内部ストレージ化について。SDカードを内部...

内部 ストレージ から sd カード に 移動 huawei

Android:各種データをSDカードに移すメリット Androidの内部ストレージにあるデータをSDカードに移すことで、大きく3つのメリットが得られます。 メリット1:内部ストレージの容量を増やすことができる SDカードを使う最大のメリットは、内部ストレージを圧迫しなくても済むことです。 というのも、内部ストレージが一杯になるといくつかのデメリットが発生します。 内部ストレージにはOS android を動かす為のシステムがあります。 しかし、内部ストレージの容量が満杯だとスマホの動きが遅くなり、下手をすれば再起動ループに陥ることもあります。 このことから、スマホを快適に動かすにはある程度の空き容量が必要になります。 メリット2:バックアップを作ることができる 友達と一緒に行った旅行の思い出や、彼女と撮った写真など、スマホには消したくない大切なデータがあると思います。 スマホの内部ストレージに大切なデータを保管しておくと、スマホが壊れてしまった時に写真や動画が消えてしまう恐れがあります。 そんな時、SDカードにデータを残しておくと、データを失わずに済みます。 メリット3:他の端末に繋げることができる SDカードはスマホ以外にも、デジタルカメラ、タブレット、パソコンなどでも使用されています。 スマホ本体から取り出し、他の端末に繋げることでデータの移動をスムーズに行えます。 大前提!SDカードが認識されているかをまずは確認 データ移動の方法を紹介する前に、Androidのストレージを確認しましょう。 外部ストレージが認識されていない場合、SDカードにデータを移動させることはできません。 内部ストレージをタップすると、ストレージ内のデータが種類別に分けられ、どのデータが幅を取っているのは分かりやすくなっています。 今回は「 写真と動画」を例に、データをSDカードに移動させます。 端末:SONY Xperia SO-4J• OS:Android 8. 0 SDカードへのデータ移行に使うのは「 ファイル管理」と呼ばれるアプリです。 このアプリはAndroidであれば標準で搭載されているのがほとんどかと思います。 アプリを開いて左上にあるメニューアイコンを開くと、このように画像・動画・音声が分類され表示されます。 動画をタップすると、動画を保存しているフォルダが表示されます。 ここから目的のデータを探します。 目的のデータを見つけたらファイルを長押しします。 すると選択画面へと切り替わります。 この際、他のデータに触れると、複数のデータを一括で移動することができます。 移動させたいデータを指定したら、右上のメニューアイコンをタップ、表示された項目にある移動をタップします。 すると、今度は移動先を決定する画面に切り替わります。 左上のメニューバーに触れると、SDカードが移動先として表示されるのでタップして下さい。 あとはSDカードのどこに画像・動画ファイルを移動させるか決めて、移動をタップします。 これでSDカードへの移動は完了です。 写真データの移動方法も同じです。 ちなみに内部ストレージのフォルダを移動することはできません。 その代わり、内部ストレージのフォルダをコピーして貼り付けることは可能です。 Android:写真や動画がSDカードに移動できない原因 SDカードに写真や動画を移動させようとして、エラーが出ることもあります。 その時の原因として、以下のことが考えられます。 SDカードがスマホ用ではない SDカードは規格さえ合えば、どんな端末でも使うことができます。 しかし、SDカードの中には、スマホで使用することを想定しないSDカードもあります。 そんな時はSDカードの中身をフォーマットして、スマホ用に調整します。 その際にSDカードのデータが消去されます。 例えば、パソコンにデータを入れてから、スマホに移動させようとすると消去されるため注意が必要です。 耐用年数は短い 公式のメーカーはSDカードの使用年数は5年から10年と発表しています。 しかし、それは丁寧に扱った場合で、ユーザーの使い方次第では2年から3年で保存したデータが消失したり、SDカード自体を認識できなくなります。 SDカードは短期保存用記録メディアと割り切って使ったほうが良いのかもしれません。 SDカードが破損している 上述の通り、SDカードには耐用年数があります。 それを過ぎると、スマホがSDカードを認識しなくなる恐れがあります。 古いSDカードはいざという時に使えなくなるリスクがあるため、利用するのは控えたほうが良いです。 移動するデータ量がSDカードの容量を超えている 最もあり得る可能性が、SDカードの残量が少ない場合です。 その時はSDカード内のデータを整理するか、新しいSDカードを用意しましょう。 移動するデータ量が大きい SDカードに移そうとするデータが、一度に大量だと失敗する原因になります。 何回かに分けて移動すると成功します。 Androidの不具合 上にある三つが原因でない場合、考えられるのはAndroidの不具合です。 端末を再起動したり、システムアップデートを確認してみてください。 それでもダメなら、お近くのケータイショップに持ち込んでみましょう。

次の