大阪 市立 大学 商学部。 大阪市立大学の商学部と神戸大学の経営学部、大阪大学法学部国際...

大阪市立大学/大学トップ|大学受験パスナビ:旺文社

大阪 市立 大学 商学部

商学部生に対してひとこと まずは夢中になれるものを見つけてください。 ただ夢中になるものが見つからない場合は、目の前の課題に情熱的に取り組んでください。 そうしたことを積み重ねていくと、そのうち夢中になるものが見つかるようになるでしょう。 またそうした態度は、それを見ている仲間からの信頼やサポートの獲得につながり、それらはあなた自身をさらなる高みへと引き上げてくれるでしょう。 何ごとにも情熱的に取り組み、周りを巻き込むような強さをもった市大生が数多く生まれることを望んでいます。 私自身、その一助ができればと思っています。 連絡先 TEL:06-6605-2234 FAX:06-6605-2244 Email:ogata bus. osaka-cu. jp 連絡先 TEL:06-6605-2234 FAX:06-6605-2244 Email:ogata bus. osaka-cu. jp 商学部生に対してひとこと 激しく変化する社会情勢に柔軟に賢く対応する能力を獲得できる学生時代です。 あらゆる困難を貴重な体験としてとらえ、分析し、解決策を考えることのできる能力を身につけてください。 そして新しい社会をより住みやすい場所とするのに大いに貢献する人材と なってください。 私の専門である会計・監査は企業の社会への貢献を測定し報告する仕組みです。 会計・監査の専門的能力を獲得して社会に貢献する道も選択の1つです。 大いに学んでください。 連絡先 TEL:06-6605-2224 FAX:06-6645-2244 Email:fqz12151 osaka-cu. jp 商学部生に対してひとこと 「読万巻書、行万里路」(万巻の書物を読み、万里の路を行く)という中国の諺があります。 豊かな人生を送るためには、たくさんの本を読むこと、色々なところを旅することは重要です。 大学時代は、今後の人生に大きな影響を与える時期です。 楽しみつつ、自分を磨いていきましょう。 Where there is a will, there is a way. 連絡先 TEL:06-6605-2238 FAX:06-6605-2238 Email: buzq bus. osaka-cu. jp 連絡先 TEL:06-6605-2238 FAX:06-6605-2238 Email:buzq bus. osaka-cu. jp 商学部生に対してひとこと 大学生活の4年間は、何かを成し遂げようとするとあまりに短くて、何もせずに流されるままではあまりに長い。 勉強でも、サークルでも、卒業時に「私は大学生活でこれを得ました」と胸を張って人に語ることができるように、大学生活を送って欲しい。 そして、ゼミでの出会いを大切にして欲しい。 時間を自分のためだけに潤沢に使えることは、何物にも代え難い、この上ない贅沢であることは、それを失ってから初めて気がつく。 連絡先 TEL:06-6605-2232 FAX:06-6605-2244 Email:mukoyama bus. osaka-cu. jp 連絡先 TEL:06-6605-2232 FAX:06-6605-2244 Email:mukoyama bus. osaka-cu. jp 商学部生に対してひとこと 大阪市立大学商学部、出身です。 大学卒業後、関西大学大学院に進学。 公認会計士試験に合格。 現在、有限責任監査法人トーマツに勤務。 監査法人の業務としては、法定監査とアドバイザリー業務を経験するとともに、監査部門の品質管理とテクニカルセンターを担当しています。 会計・監査のセミナー、研修会の講師等も担当しています。 著作:「監査役のための会計知識と決算書の読み方・分析の仕方(第2版)」(同文舘出版)他多数。 大阪市立大学、商学部では、「会計情報システム論」、「外書購読(英)」、「テーマ・ゼミナール(優良企業の見分け方)」、「プロゼミナール」を担当します。 実務家の公認会計士ですので、会計、監査の実務に関心のある方は、積極的に声をおかけください。 連絡先 TEL:06-6605-2224 FAX:06-6605-2244 Email:yamazoe bus. osaka-cu. jp 連絡先 TEL:06-6605-2224 FAX:06-6605-2244 Email:yamazoe bus. osaka-cu.

次の

大阪市立大学の商学部と神戸大学の経営学部、大阪大学法学部国際...

大阪 市立 大学 商学部

企業経営のこと、会計に関すること、株や証券に関すること、マーケティング(商品の企画)に関することなど、 とにかく将来社会に出るときに、知っておくと役立つことをたくさん学ぶことができます。 「将来、社長になりたい」「将来、商品を企画してみたい」「株など投資のことが知りたい」、このような思いを抱いている人には、是非ともオススメしたい学科です。 「将来やりたいことがわからない」という人にもオススメです。 何故なら、将来かならず、絶対使える知識が身につきます。 悩んでいるそこのアナタに言いたいことは、ぜひ商学部を検討してみると良いですよ!ということです。 国公立大学で、幅広い科目の知識がないと合格が厳しいので7点としています。 大学入試のセンター試験では、最低7割は得点がないと厳しいのです。 偏差値で関西の大学と比較してみると、 京大>阪大>神戸大>市大・府大・関関同立というイメージが正しいと思います。 関西の有名私立大学と同程度の偏差値レベルではあるものの、どの科目も万遍なく得点できるよう受験勉強をする必要があります。 たとえ苦手科目があっても、決して諦めることなく、克服する努力をすることが合格への秘訣です。 得意科目を伸ばすことも大切ですが、入学試験を受ける際には「センター試験」と「二次試験」合わせて、全科目の知識が必要になります。 試験の配点も全科目のバランスを重視したものとなっているので、とにかく苦手科目を作らないことが大切です。 特に、国語・数学・英語のどれかが苦手な人は、早いうちから苦手を克服できるよう対策しておく必要があります。 雰囲気 8点 (落ち着いている)• 立地 10点 (大阪市内、駅近)• 図書館 7点 (私立の大学と比べると小規模)• 校内環境 6点 (学食やカフェなどは私立に比べると劣る)• 授業内容 9点 面白い授業多い。 単位も取りやすいので留年率も低い) これら全体を総合考慮して8点だと考えています。 公立大学なので、私立大学に行くよりもはるかに学費は安いです。 たとえ休学したとしても、休学中の授業料は無料なので、留学にも挑戦しやすいと思います。 大阪市立大学では「入学金免除」制度や「学費一部負担免除」など、学費をサポートする制度も整っています。 私の友人も実際に恩恵を受けています。 とにかく、学費に関しては学生想いの大学です。 大阪市立大学の学生は安定志向なのです。 具体的には、メガバンクや地銀、損保や生保、証券会社に就職する学生が、全体の3,4割です。 金融系以外では、商社やメーカーが多いです。 国内最大手自動車メーカーに進んでいる学生が毎年1人はいます。 大手メーカー企業に就職する学生も多いです。 就職活動では、企業の面接官の好感度が高いように感じました。 関西の企業では、「市大出身」を高く評価してくれる企業が複数あります。 先輩方の働きぶりもあり、後輩である私達が就職活動もし易いという、良い循環があるのです。 私が仲の良い先輩方は、関西電力、京都銀行、デンソー、トーマツ、三菱電機、大阪府、三井住友銀行に就職しています。 具体的には、「企業経営のこと」「会計に関すること」「株や証券に関すること」「マーケティング(商品の企画)に関すること」が学べます。 大阪市立大学商学部では「英語」の勉強にも力を入れています。 取得できる関連資格• また、ファイナンシャルプランナーなど金融に関する資格を取得する者もいます。 商学部は他学部と比べると必修科目も少ないので、より自由に学習内容を決めることができます。 そのため、自主性が無い学生だと「なんとなく目についた授業を適当に受けてみる」ということにもなりかねません。 1,2回生のうちに幅広い分野の授業を受けてみることです。 3,4回生では、自分が特に興味のある分野の授業をメインに受講してみると良いでしょう。 より深く学べる意味のある大学生活になると思います。 関関同立の「商学部」や「経営学部」を受験する方が多いです。 私自身は「関西大学の商学部」を受けていました。 基本的に私立大学の入学試験が先に実施されるので、大阪市立大学をチャレンジする前に受けてみるとよいと思います。 大阪市立大学の受験前に、自分の実力を確かめることができますし、入試慣れもできると思います。 入学試験を体験しておくことで、私自身は入試の雰囲気を掴むことができ、本命の大阪市立大学の入試を落ち着いて受験することができました。 合格に向かってしっかりと頑張ってください。 大阪市立大学商学部では、仲間とともに、今まで学ぶことができなかった分野の勉強をたくさんできます。 海外授業など、面白い授業もたくさんあります。 本当に良い大学です。 事前に大学研究をしておくと、受験勉強において大きなモチベーションとなります。 受験は本当に苦しくて、シンドイと思います。 ですが、諦めずに頑張れば充実したキャンパスライフを送れます。 大学から資料を取り寄せて、資料を熟読しながら勉強すると、やる気が途切れません! 大阪市立大学に資料請求してみよう! 納得のいく進路選択をするためにも「自分は何のためにその大学に行くのか?」しっかり考える必要があります。 まず必要となるのは「大学の情報」です。 大学配布の資料や願書には、重要な情報が満載ですから、 気になる大学の資料を取り寄せることからはじめてみましょう。 \キャンペーン期間は図書カードが貰える /.

次の

大阪市立大学商学部・大学院経営学研究科

大阪 市立 大学 商学部

企業経営のこと、会計に関すること、株や証券に関すること、マーケティング(商品の企画)に関することなど、 とにかく将来社会に出るときに、知っておくと役立つことをたくさん学ぶことができます。 「将来、社長になりたい」「将来、商品を企画してみたい」「株など投資のことが知りたい」、このような思いを抱いている人には、是非ともオススメしたい学科です。 「将来やりたいことがわからない」という人にもオススメです。 何故なら、将来かならず、絶対使える知識が身につきます。 悩んでいるそこのアナタに言いたいことは、ぜひ商学部を検討してみると良いですよ!ということです。 国公立大学で、幅広い科目の知識がないと合格が厳しいので7点としています。 大学入試のセンター試験では、最低7割は得点がないと厳しいのです。 偏差値で関西の大学と比較してみると、 京大>阪大>神戸大>市大・府大・関関同立というイメージが正しいと思います。 関西の有名私立大学と同程度の偏差値レベルではあるものの、どの科目も万遍なく得点できるよう受験勉強をする必要があります。 たとえ苦手科目があっても、決して諦めることなく、克服する努力をすることが合格への秘訣です。 得意科目を伸ばすことも大切ですが、入学試験を受ける際には「センター試験」と「二次試験」合わせて、全科目の知識が必要になります。 試験の配点も全科目のバランスを重視したものとなっているので、とにかく苦手科目を作らないことが大切です。 特に、国語・数学・英語のどれかが苦手な人は、早いうちから苦手を克服できるよう対策しておく必要があります。 雰囲気 8点 (落ち着いている)• 立地 10点 (大阪市内、駅近)• 図書館 7点 (私立の大学と比べると小規模)• 校内環境 6点 (学食やカフェなどは私立に比べると劣る)• 授業内容 9点 面白い授業多い。 単位も取りやすいので留年率も低い) これら全体を総合考慮して8点だと考えています。 公立大学なので、私立大学に行くよりもはるかに学費は安いです。 たとえ休学したとしても、休学中の授業料は無料なので、留学にも挑戦しやすいと思います。 大阪市立大学では「入学金免除」制度や「学費一部負担免除」など、学費をサポートする制度も整っています。 私の友人も実際に恩恵を受けています。 とにかく、学費に関しては学生想いの大学です。 大阪市立大学の学生は安定志向なのです。 具体的には、メガバンクや地銀、損保や生保、証券会社に就職する学生が、全体の3,4割です。 金融系以外では、商社やメーカーが多いです。 国内最大手自動車メーカーに進んでいる学生が毎年1人はいます。 大手メーカー企業に就職する学生も多いです。 就職活動では、企業の面接官の好感度が高いように感じました。 関西の企業では、「市大出身」を高く評価してくれる企業が複数あります。 先輩方の働きぶりもあり、後輩である私達が就職活動もし易いという、良い循環があるのです。 私が仲の良い先輩方は、関西電力、京都銀行、デンソー、トーマツ、三菱電機、大阪府、三井住友銀行に就職しています。 具体的には、「企業経営のこと」「会計に関すること」「株や証券に関すること」「マーケティング(商品の企画)に関すること」が学べます。 大阪市立大学商学部では「英語」の勉強にも力を入れています。 取得できる関連資格• また、ファイナンシャルプランナーなど金融に関する資格を取得する者もいます。 商学部は他学部と比べると必修科目も少ないので、より自由に学習内容を決めることができます。 そのため、自主性が無い学生だと「なんとなく目についた授業を適当に受けてみる」ということにもなりかねません。 1,2回生のうちに幅広い分野の授業を受けてみることです。 3,4回生では、自分が特に興味のある分野の授業をメインに受講してみると良いでしょう。 より深く学べる意味のある大学生活になると思います。 関関同立の「商学部」や「経営学部」を受験する方が多いです。 私自身は「関西大学の商学部」を受けていました。 基本的に私立大学の入学試験が先に実施されるので、大阪市立大学をチャレンジする前に受けてみるとよいと思います。 大阪市立大学の受験前に、自分の実力を確かめることができますし、入試慣れもできると思います。 入学試験を体験しておくことで、私自身は入試の雰囲気を掴むことができ、本命の大阪市立大学の入試を落ち着いて受験することができました。 合格に向かってしっかりと頑張ってください。 大阪市立大学商学部では、仲間とともに、今まで学ぶことができなかった分野の勉強をたくさんできます。 海外授業など、面白い授業もたくさんあります。 本当に良い大学です。 事前に大学研究をしておくと、受験勉強において大きなモチベーションとなります。 受験は本当に苦しくて、シンドイと思います。 ですが、諦めずに頑張れば充実したキャンパスライフを送れます。 大学から資料を取り寄せて、資料を熟読しながら勉強すると、やる気が途切れません! 大阪市立大学に資料請求してみよう! 納得のいく進路選択をするためにも「自分は何のためにその大学に行くのか?」しっかり考える必要があります。 まず必要となるのは「大学の情報」です。 大学配布の資料や願書には、重要な情報が満載ですから、 気になる大学の資料を取り寄せることからはじめてみましょう。 \キャンペーン期間は図書カードが貰える /.

次の