地図記号 果樹園。 小学生向け 地図記号テスト|ちびむすドリル【小学生】

意味不明!覚えにくすぎる「地図記号」、どうしてこうなった!?|スタディサプリ中学講座

地図記号 果樹園

なかなか良いところに気付きましたね。 ちょっと難しい話になりますが、 地図記号はそれが表す領域(場所)の広がりや形から、大きく3タイプに分けることができます。 点的記号は、主に何かの施設を表すのに使われますが、その施設の面積の大小にかかわらず、点的な存在であるかのように表現されます。 線的記号は、線状に伸びたものを表すのに使われますが、道路のように実際に物体が存在し、またいくらか幅があるものも線的に表現します。 また同時に、都道府県境界のように実体は無いものも表現の対象になります。 で、問題の「果樹園」の記号は面的記号の仲間になりますが、この面的記号は果樹が植えられた畑であったり、あるいは水田であったり、同質的な利用がされた土地がある程度の面的な広がりをもって存在する場所(領域)に対して使われます。 そして、たとえば果樹園が、地図上である程度広い範囲にわたって存在する場合には記号が複数規則正しく並んだような形で表現されますし、記号を複数描けないような狭い畑の場合は、記号が一つだけ描かれたり、あるいは省略されてしまって地図上ではそこに果樹畑があるかどうかわからないようになってしまいます。 点的記号で、たとえば学校などは地図上でもある程度の広がりをもっていますが、「文」の記号が敷地内に複数並んで描かれたりはしないですね。 学校などの記号の場合には、あくまで施設(その敷地全体は付属物)であるということを表すのに対して、畑などの記号の場合にはその場所では土地がどんな被覆(使われ方)であるのかを表すという違いがあります。 少々遠回りになりましたが、ご質問に戻りますと、 一般に「果樹園」というと果樹がいっぱい(複数)ある場所をイメージはしますが、 地図(学校で習う地形図)の場合には少し違います。 上に書いたように土地の被覆(使われ方)がどうかということが問題ですので、極端なことを言うと、テニスコート程度の土地に大きな柿の木が一本だけあるような状態でも「果樹園」の記号を使って表わされることはあります。 逆に、同じくテニスコート程度の土地にブルーベリーの木が10本・20本と植わっている場合でも果樹園記号は一つで表されるでしょうし、 その土地の面積がもっともっと広くなれば記号の数を増やして表現することになります。 正確な理解のためには、地図を持って現地へ行って見るのが一番だとは思いますが・・・・・上記説明が少しでも理解の助けになれば幸いです。

次の

地図記号 一覧【読み方と意味付き】|小学生・中学生の社会・地理学習|受験・試験対策

地図記号 果樹園

なかなか良いところに気付きましたね。 ちょっと難しい話になりますが、 地図記号はそれが表す領域(場所)の広がりや形から、大きく3タイプに分けることができます。 点的記号は、主に何かの施設を表すのに使われますが、その施設の面積の大小にかかわらず、点的な存在であるかのように表現されます。 線的記号は、線状に伸びたものを表すのに使われますが、道路のように実際に物体が存在し、またいくらか幅があるものも線的に表現します。 また同時に、都道府県境界のように実体は無いものも表現の対象になります。 で、問題の「果樹園」の記号は面的記号の仲間になりますが、この面的記号は果樹が植えられた畑であったり、あるいは水田であったり、同質的な利用がされた土地がある程度の面的な広がりをもって存在する場所(領域)に対して使われます。 そして、たとえば果樹園が、地図上である程度広い範囲にわたって存在する場合には記号が複数規則正しく並んだような形で表現されますし、記号を複数描けないような狭い畑の場合は、記号が一つだけ描かれたり、あるいは省略されてしまって地図上ではそこに果樹畑があるかどうかわからないようになってしまいます。 点的記号で、たとえば学校などは地図上でもある程度の広がりをもっていますが、「文」の記号が敷地内に複数並んで描かれたりはしないですね。 学校などの記号の場合には、あくまで施設(その敷地全体は付属物)であるということを表すのに対して、畑などの記号の場合にはその場所では土地がどんな被覆(使われ方)であるのかを表すという違いがあります。 少々遠回りになりましたが、ご質問に戻りますと、 一般に「果樹園」というと果樹がいっぱい(複数)ある場所をイメージはしますが、 地図(学校で習う地形図)の場合には少し違います。 上に書いたように土地の被覆(使われ方)がどうかということが問題ですので、極端なことを言うと、テニスコート程度の土地に大きな柿の木が一本だけあるような状態でも「果樹園」の記号を使って表わされることはあります。 逆に、同じくテニスコート程度の土地にブルーベリーの木が10本・20本と植わっている場合でも果樹園記号は一つで表されるでしょうし、 その土地の面積がもっともっと広くなれば記号の数を増やして表現することになります。 正確な理解のためには、地図を持って現地へ行って見るのが一番だとは思いますが・・・・・上記説明が少しでも理解の助けになれば幸いです。

次の

中学地理について質問します。

地図記号 果樹園

「」を参照 日本の地図記号はが定めている。 平成以降では(平成9年)に「」、(平成14年)に「」「」、(平成18年)に「」「」、(平成31年)に「」が新たに追加された。 (平成28年)には外国人観光客の増加やを見据え、従来の地図記号とは別に、郵便局・交番・神社・病院・温泉・銀行など15種の外国人向け地図記号を定めている。 国土地理院の地図記号のほか、民間の地図会社や出版社の発行する地図では独自の地図記号を定めている場合がある。 2にが追加され、日本の地図記号が採用された。 ただし、未だUnicodeに含まれてない地図記号も多い。 日本の地図記号の一覧 [ ] 国土地理院の地図記号 [ ] 地図記号 名称 意味・由来 Unicode 実例 市役所 市役所との区役所をあらわす。 漢字の「」の古い字体を図案化。 は記号で表示せず、名称で表示する。 裁判の内容を告知した立て札を図案化。 - 税務署をあらわす。 そろばんの玉を図案化。 - 森林管理署 森林管理署(支署や森林管理事務所を含む)をあらわす。 漢字の「木」を図案化。 - 気象台や測候所をあらわす。 風速計を図案化。 - 消防署(消防士が常駐する支所、出張所や分遣所を含む)をあらわす。 火消しの道具「」を図案化。 - 保健所をあらわす。 「病院」の記号をもとに区別のため形を変えている。 - 警察署をあらわす。 、、道府県、は「官公署」の記号などであらわす。 交差させた警棒(六尺棒)を図案化。 漢字の「文」を図案化。 - 高等学校をあらわす。 漢字の「文」を図案化し、添字で区別。 - 短期大学をあらわす。 漢字の「文」を図案化し、添字で区別。 - 高等専門学校をあらわす。 漢字の「文」を図案化し、添字で区別。 - 公的機関(国、都道府県、市区町村)やなどが開設する病院をあらわす。 個人病院や医院、診療所は含まない。 旧日本陸軍衛生隊の印を図案化。 神道教会や神道教団の建物は含まない。 を図案化。 記号は「」(まんじ)を利用。 、、は記号で表示せず、名称で表示する。 博物館や美術館などの建物を図案化。 - 公立図書館をあらわす。 開いた本を図案化。 - に基づく機関(の方面総監部、師団司令部、の地方総監部、の航空総隊、航空方面隊)をあらわす。 、などは「官公署」の記号などであらわす。 旗を図案化。 機械のを図案化。 発電機の歯車と電気回路を図案化。 建物と杖を図案化。 - 三角点がある場所をあらわす。 を行うときの三角網の一部を図案化。 - 水準点がある場所をあらわす。 水準点の標石を上から見た形を図案化。 - 電子基準点がある場所をあらわす。 「三角点」の記号と「電波塔」の記号をあわせたもの。 - 高塔 、、送電線の、、、その他高くそびえている工作物をあらわす。 4本の脚があるタワーを上から見た形を図案化。 - 記念碑 記念碑(やを含む)をあらわす。 の形と影を図案化。 - 過去に起きた、、災害、などの自然災害の情報を伝える石碑やモニュメントをあらわす。 石碑の形と影、石碑に刻まれた文字を図案化。 - 煙突をあらわす。 煙突の形と影、立ち上る煙を図案化。 - テレビ、ラジオ、無線通信などの送受信を目的とする電波塔をあらわす。 アンテナと電波(波の形)を図案化。 - ・ガス井 現在採取中の油井・ガス井をあらわす。 井戸を上から見た形を図案化。 - 灯台(灯標および航空灯台を含む)をあらわす。 灯台を上から見た形と四方八方に光が出ている様子を図案化。 トンネルの出入り口を図案化。 - 発電を目的に設置された風車をあらわす。 風力発電用風車を図案化。 - かつてがあったところで、現在も天守閣、櫓、石垣などがあるところをあらわす。 築城時のの形を図案化。 火口と火口から立ち上る煙を図案化。 - に基づく温泉やをあらわす。 泉源の湯壷と湯煙を図案化。 交差させたを図案化。 - 石材を採掘している場所をあらわす。 石切り場の景観と崖の様子を図案化。 - 重要港 に基づくをあらわす。 船の碇を図案化し、白抜きの丸と横線の数で区別。 - 地方港 港湾法に基づく、避難港(荒天時に小型船舶が避難する港湾)および56条港湾(都道府県知事が水域を公告した港湾)をあらわす。 船の碇を図案化し、白抜きの丸と横線の数で区別。 船の碇を図案化。 - 、、、、などを栽培している水田をあらわす。 稲を刈り取ったあと(稲株)を図案化。 - 、、、、などを栽培している土地をあらわす。 植物の二葉を図案化。 - 、、、、、などを栽培している土地をあらわす。 りんごやなしなどの果実を図案化。 - を栽培している土地をあらわす。 桑の木を図案化。 - を栽培している土地をあらわす。 茶の実の断面を図案化。 - その他の樹木畑 、、、やなどを栽培している土地をあらわす。 樹木畑を上から見た形を図案化。 - 広葉樹林 がすき間なく生えている場所をあらわす。 広葉樹を図案化。 - やなどのがすき間なく生えている場所をあらわす。 針葉樹を図案化。 - ハイマツ地 高山で樹高の低いなどがすき間なく生えている場所をあらわす。 ハイマツを図案化。 - がすき間なく生えている場所をあらわす。 竹の生えている様子と影を図案化。 - 笹地 またはがすき間なく生えている場所をあらわす。 「竹林」の記号と似るが、影が図案化されていない。 - ヤシ科樹林 科植物(、、など)、大型の(など)、大型の熱帯植物(、など)が生えている場所をあらわす。 ヤシの木を図案化。 - 利用されず荒れたままの土地、雑草が生えた土地、、などで水草が点々と生えている場所をあらわす。 雑草が生えている様子を図案化。 - 墓地をあらわす。 墓を図案化。 船を上から見た形を図案化し、横線で「その他の旅客船」の記号と区別。 - 渡船(その他の旅客船) 河川、湖、海で、定期的に人や車両などを運ぶ船のうち、自動車などの運搬をしないなどの発着地点をあらわす。 船を上から見た形を図案化。 - 都道府県庁 都道府県庁をあらわす。 20万分の1地勢図などで使用。 1万分の1地形図で使用。 両替商が秤に使ったを図案化。 20万分の1地勢図などで使用。 を上から見た形を図案化。 昭和35年図式より使用されない。 交差させたを図案化。

次の