デレクジーカー ラジオ。 カトチエさんがハガキのコーナーを聴いて泣いた話

ほかデレクジーカーまとめ【オードリー オールナイトニッポン デレクジーカーについても】

デレクジーカー ラジオ

デレクジーカーの気になるツイート デレクジーカーさん強すぎ~ってかスタッフさんデレクジーカーさん大好きだな SixTONESANN — 豆 1266758463469715456 えっなんなの、デレクジーカーさんやばくない!?準レギュラーやん!笑 SixTONESANN — 一葉? 1266757709296095232 デレクジーカーさんオードリーの方でも聞いたからすごい職人だと勝手に思っています笑 SixTONESANN — Lii 1266758085428666368 減るもんじゃないしおっぱい見せてくれよ、そのおっぱいをおかずにオナニーした俺の精液は減るんだから、むしろ損してるのはこっちだ(RN デレクジーカー) — エロリズム論bot2 1265768722326683649 デレクジーカーさん素晴らしいな SixTONESANN — ソイミルク 1266758760682319873 デレクジーカーさん強(笑) SixTONESANN — き い 1266757247889100802 デレクジーカーさん毎回強いなぁ笑 SixTONESANN — りちゃこ 1266757220567408640 デレクジーカーさん前も読まれたことあるよね…? SixTONESANN — 碧 漓 1266757247561920513 デレクジーカーさんきょものジングル並にいつもいるよすごい SixTONESANN — みこ 1266757221179748352 おっデレクジーカーさん!! SixTONESANN — あお 1266757221938954242 デレクジーカーさんだ! SixTONESANN — メテオ 1266757219871100928 デレクジーカーさんや SixTONESANN —? 馨って読めない?? かおる 1266757219678162945 お!デレクジーカーさん! SixTONESANN — ぽぷ? 1266757216180158465 デレクジーカーさん。 SixTONESANN — きこまる 1266757217245491205 デレクジーカーさんといいバスケットカウントさんといいリスナーさんめちゃめちゃ出てくるね — 碧チャン? 1266757249197735936 デレクジーカーさんだ? 1266757223910223872 デレクジーカーさんおもろいwww SixTONESANN — あちゃ?? 1266757238107959296 デレクジーカーさんと友達な気がしてきた — つなまよ 1266757240750354434 デレクジーカーさんおもしろいwww SixTONESANN — るう 1266757244562968576 デレクジーカーさんだよ!!北斗!こーち!! SixTONESANN — くるみるく 1266757245804572672 あ!デレクジーカーさん! SixTONESANN — ち ゃ こ 1266757237772414976 デレクジーカーさん、すごww何気に毎回楽しみ。 SixTONESANN — chiiiiii 1266757231644561408 デレクジーカーさんまじで常連やね?? SixTONESANN —? e m i? 1266757224010936326 デレクジーカーさんめちゃ出る SixTONESANN — 粒コーン 1266758532696702977 また!デレクジーカーさん!笑えっまじ何通メール送ってるの!?凄いなぁめっちゃ採用されるやん SixTONESANN — 一葉? 1266758524031229952 デレクジーカーさんめっちゃおもろいwwwww SixTONESANN — ピコ 1266758510265548801 ハガキ職人さん? やっぱり面白い? デレクジーカーさん? SixTONESANN — みゆう 1266758502048952320 デレクジーカーさんオードリーさんのANNにもしょっちゅう登場してる方だしもう面白さがレベチだよね凄すぎる — 瀞 1266758473405984768 デレクジーカーさん凄いなー SixTONESANN — ハル 1266758468125339648 デレクジーカーさん絶対おるwww SixTONESANN — ふうか? 1266758469140410371 デレクジーカーさん強すぎ~ってかスタッフさんデレクジーカーさん大好きだな SixTONESANN — 豆 1266758463469715456 デレクジーカーさんとギンギンしてんじゃねーよさんと逆立ちでブランコさんは絶対ファン増える笑笑笑笑笑笑 SixTONESANN — ゆいか 1266758458595962880 デレクジーカーとぎんぎんしてんじゃねーよめっちゃ読まれるじゃん! SixTONESANN — 根っからのあざとい担当 1266758459845865473 デレクジーカーさん、めっちゃ読まれる!なんかすごい! SixTONESANN — ふまたん 1266758449842360322 デレクジーカーさんすごいな SixTONESANN — トリ 1266758451209752576 SixTONESANNデレクジーカーさんって前も読まれてたよね!センス良すぎて笑 — ユリ? 1266758432448626688 デレクジーカーさん常連さんだね? ! SixTONESANN — 葵 1266758421761556480 デレクジーカーさんまじつええ — まんじゅう?? たくさん名前呼ばれてる? コードレス残念ぎんぎんしてんじゃねーよさんもよく聞くRNきょもからのぎんきょも認定羨ましい? SixTONESANN — あやとと 1266758373325721605 デレクジーカーさん SixTONESANN — あたす 1266758373841596418.

次の

かが屋のオールナイトニッポンZERO 〜誰も傷つけない笑いに対するかが屋のアンチテーゼ 2月15日放送〜

デレクジーカー ラジオ

がプチ炎上しています。 2月15日に放送された史上2度目のZEROでその事件は起こりました。 肯定派のツイートも否定派のツイートもラジオ愛がすごいな— デレクカー DerekJeker 前回放送時には冒頭から賀屋さんが瀕死の状態に陥り、加賀さんが一人で泣きながら放送するというリスナードッキリコントを仕掛けていました。 もちろん、コントなのでその後しばらくして賀屋さんはヘラヘラと出演していましたが、コント好きならしくて、オール茶番で人気を博したアルピーのを思い出させるような内容でした。 そんな、前回の反省などをこの日はオープニングで話し、 賀「前回はオレ、タイトルコール言えなかったからね」 しばらくわちゃわちゃし、 加「の!!」 と加賀さんが一人でタイトルコールを叫び、賀屋さんも「くりぃむさんのオールナイトじゃないんだから」とツッコミます。 この日は「バレンタインの悲喜こもごも」という地方で車を運転している時に流れる昼間のFMラジオのようなテーマでメールを募集。 有名から面白エピソードが次々と送られてきます。 そしてでも別の有名たちがそのエピソードに対して「いい話だな」「タイムフリーでもう一回聴かないと」というようなツイートをし、それを番組内でも紹介。 なんともアットホームで優しい時間が土曜の深夜3時に流れていました。 ヤベぇ、、、ポロポロ涙が… それにしてもいい話だなあ。 ラジオの生放送でプロポーズっステキ! このゾーン、タイムフリーで聴き返さなくっちゃ!— 父は公務員 myDadIsServant このあたりで違和感を感じ始めた人も多いでしょう。 いつも聴いているの皆さんってこんなにバレンタインのベタな面白エピソードを揃いもそろって持ってるんか? そしてそのエピソードに対して、で別のさんたちがこんなに反応するっておかしくない? 特定の人しかツイート紹介されてないけど。 そしてみんな同じようなツイートをしているな。。 いま前半の終わり間際ですけど、明確に「ん?」ってなる部分が多いですね。 職人の名前を他の職人がに挙げることなんて普通ないし、あったとしても 「論より証拠の大ライスさん」 なんて長ったらしく書くわけないもん。 — 本・SDB本通販受付中 staygoldsanku その疑惑はリスナー(偽)がラジオ内でプロポーズをしたいという企画で確信に変わっていきました。 電話口でプロポーズをした男性は見事、その場で成功。 の二人が「おめでとう!」と声をかけると 男「ありがとうございます。 うれしいです。 ラジコのタイムフリーで何度も聴き返したいです」 女「私もうれしいです。 ラジコのタイムフリー機能を使って必ず聴き返します」 と、二人はまるでAIロボットのような受け答えをしていました。 のRN「プロポーズしたい」です。 電話はマジで緊張しました。 ちゃんと生で電話しました。 童貞も事前でOK出しました。 番組開始の数時間前に収録したのネタばらし音源が挟まれます。 そのツイートの内容を「ラジコのタイムフリーで聴き返さなくっちゃ」とさせたり、プロポーズが成功した偽リスナーに「ラジコのタイムフリーで何度も聴き返します」と発言させたりすることでリスナーにタイムフリー機能、エリアフリー機能の存在を刷り込ませます。 バレンタインデーの悲喜こもごもなどというおよそ令和の芸人の深夜ラジオでは考えられない優しいテーマで暖かい番組を作り上げていました。 レギュラー獲得のために完全にダークサイドに落ちたに対して、上では非難の声が多数上がっています。 わだいののオールナイト聞い た。 ネタバレした後だからわざとら しいのは分かるけどリアタイした人 は気づいていたのか?普段の生活に 嫌気がさした人たちが深夜ラジオと いう穴に集まって平等に楽しむもの だという思いが踏みにじられたよう な感じがして燃えたんだろうね。 — サハラ saharasasanqua 今のann0の布陣がめちゃくちゃ強いからと、飛び道具に手を出してしまったと作家に失望。 ひたすら冗長だった。 オープニング、フリー、コーナーに真正面からぶつかるタイルで挑んでほしかった。 実力はあると思うので。 そして、炎上して話題になれば「え、そんなに酷かったの?」と色んなリスナーが聴いてみようとなります。 凡庸な内容より、炎上した放送が好きなのです。 これでタイムフリーで聴く人が増えますね。 しかも、このヤラセラジオの上手いところは、番組開始の午前3時から4時まではヤラセラジオを行い、4時からの30分間は過去のからの答え合わせ。 次の30分でネタばらし後のの反応を聴くことができます。 土曜日のZEROは開始1時間で一部地域が、1時間30分ででの放送が終了します。 そのため、プレミアム会員に限りますが、ネットしている地域を探してフルで聴かせるようにと誘導しているのです。 あえて続きが気になるような終わり方で。 姑息な手ですが、僕も北海道のラジオ局からタイムフリーで聴いてしまいました。。 そして、ミステリードラマのようにすべてが分かった状態でもう一度頭から聴きたいと思う心理も分かります。 思う壺です。 炎上まとめ ネタバレ注意! 実際この放送を聴いて傷ついているリスナーは多いと思います。 多分ですが、有名リスナーと結託しちゃったところが良くなかったのかなと。 結果的に本来同じ立場であるはずのリスナーにを設けることになってしまったことでショックを受けてしまった人もいるのではないでしょうか。 オードリー若林さんは「それどういうこと?世界中の人に傷つかないか聞いてほしい。 言うのであれば比較的人が傷つきづらい笑いにしてほしい(ニュアンス)」と言っていました。 正直それは極端すぎるだろと思いましたが、そんな笑いなんて存在しないよと言いたいのでしょうか。 この日の放送でも加賀さんが「そんな言葉が生まれること自体がおかしい」「傷つく、傷つかないの前に面白いがないと」と言っています。 加賀「人を傷つけない笑いは本来世に出るべきではない言葉なんですよ!」 — きゅるきゅる kyurukyuruk 「人を傷つけない笑い」なのか、「自分が傷つかない笑い」なのか、そこには雲泥の差があるよね…結局いろんな人 メールを送ったリスナー が傷つき、そしての二人もズタボロに傷ついてんじゃんか〜。 — natsu oooojisoso 世間ののイメージは「人を傷つけないオシャレでセンスの良い」といったところでしょうか。 の決勝で見せたプロポーズをするために、カフェで彼女を待っている男の哀愁漂うコント。 例えば同じような状況を経験した人がこのコントを見た時、その当時を思い出して悲しい気持ちになる可能性は大いにあると思います。 極端でめんどくさい若林理論ならこの時点で人を傷つけないの部分は破綻です。 先週若さんが「誰も傷つかないお笑いってなんだよ!比較的傷つく人が少なそう、くらいにしとけよ!なんで分かるんだよ!」と吠えてたの聴いて、根本変わってないことに一安心してました。 — かちょーほさ PH4w2 つまり、なにが言いたいのかというと、、、この放送は人を傷つけないというレッテルを勝手に張られていた優等生のある種のアンチテーゼなのではないかと思いました。 オレ達はそんなものは目指していない、自分たちが面白いと思うものをやるだけだ!と。 もちろん、僕が勝手に思ってるだけなのでの二人がどう思っているのかは知らないですけど。 ついでに言うと、数字ばかりを追って番組の内容を知ろうとしない上層部へスタッフの皮肉と反抗でもあったのかもしれません。 仕込みをするなら、それこそリスナー全員を巻き込んでやったら、みんなで楽しめた気がするなあ。 そんな流れになっているのかなと思ってしまいました。 これでレギュラーになったら「あの時の成果が出た」「ヤラセラジオ万歳」でヒールになり、リスナーの反抗材料になるし、なれなかったら「ヤラセまでしてレギュラーなれないのかよ」とまた単発で吠えることができます。 え、これどっちにしてもおいしいじゃん。 やり方は確かにもっとうまい方法はあったかもしれません(あえて炎上させるにしても)。 が、今回の放送はとスタッフの勇気ある主張と抵抗として僕は解釈しました。 ラジオはテレビでは見れない素の姿が垣間見えるメディアだと思っているので、ダークサイドが4月以降も聴けるかどうか・・僕は楽しみにしています。 後枠ダービーでも2位に予想してますし! あ、でも最後のプロポーズはちょっと意味わからんでした。。

次の

霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)

デレクジーカー ラジオ

・の0(ZERO) 2015年7月3日 朝井「先週のオードリーさんのを聴いて、加藤さんが泣いたっていう噂を聞いたんですよ」 加藤「ははは(笑)話が早いし、台本に組み込まれてるのがおかしい」 朝井「(泣いた)意味がわかんない」 加藤「私が共通のディレクターである芳樹さんに伝えただけなんですよ。 単に「泣いちゃいました」って」 朝井「それは一瞬で共有されました」 加藤「LINEもやってないくせに(笑)」 朝井「LINEもやってないくせに直接伝達。 口で伝えられましたけれども。 だって、意味がわかんない」 加藤「逆に聞くけど、泣かなかった?」 朝井「泣くタイミングがマジでなかった」 加藤「ハガキのコーナーですよ」 朝井「そこ、一番泣かないもん。 あの番組の中で」 加藤「いやいや、めのほうが泣かないでしょうよ」 朝井「めは曲で泣ける時がある」 加藤「めは確かに曲で泣けるね。 そうだね、そうだね」 朝井「それか、春日さんのフリーの直前の奥田さんと若林さんが聞く気全然ないところが一番泣けるよ」 加藤「そうだね、そうだね(笑)。 テーブルの下で漫画読もうとしてるところは泣けるよね」 朝井「ハガキのコーナーのどこで泣かれたのか」 加藤「これ、ほんとに私は、単に結構あるあるだと思って芳樹さんに「私も泣いちゃいました」みたいな感じで伝えたのよ」 朝井「あ、「私も」だったんだ」 加藤「そう、「私も」的なニュアンスを込めて、放送で、なんか泣いちゃいましたよ、うっかり、みたいな感じでLINEを送ったんですけど。 ハガキのコーナーにデレクカーさんがネタハガキをお送りしてて、それが番組批判的な形をとってたの」 朝井「ネタね」 加藤「そう。 ネタだよ、もちろん。 オードリーのは低俗だと。 そういう感じのネタになってて、だから、クレーマーを装ったハガキ」 朝井「複雑な高度なネタですよね」 加藤「そうそう。 そこで『 パーソナリティとスタッフとリスナーだけが盛り上がり』っていう文面が出てきて」 朝井「うんうん、あったね。 私はサーッて聴きましたよ、そこ」 加藤「若林さんが読まれてたじゃないですか。 春日さんがそれを聴きながら「 十分じゃねぇか」っておっしゃったじゃないですか」 朝井「そうだね。 十分、ナイスツッコミだなと思いましたよ」 加藤「私、ちょっとね、そこでまずグッときたの」 朝井「はい、おかしいと思いまーす」 加藤「(笑)手挙げて言わないでください。 あ、そうだよな、パーソナリティとスタッフとリスナーが盛り上がり、で、確かにそれで十分だなって。 それがラジオの相思相愛の形だなって思ったの」 朝井「うん、うん、そうだね。 そういうツッコミだもんね」 加藤「そうでしょ? で、その後、そのハガキは一旦読み終えてから、さらに若林さんが「ここの『 パーソナリティとスタッフとリスナーだけが盛り上がり』っていうくだり面白いね」って、また読んだの。 おんなじところを。 そしたら春日さんがまた「 それを目指してんだよ」って言って、別に二人は流れてまた話になったんだけど、さらりと言ったのが、あ、ほんとそうだなと思って」 朝井「ふふふふふふふ(笑)」 加藤「それを目指してるし。 ……えーっ? なんかね、みんながすごい笑ってて、全然共感してもらえてない」 朝井「すごい、あなたは笑われています」 加藤「でも、この番組のリスナーであるの皆さんの中にはいらっしゃると思うよ」 朝井「泣いた人が?」 加藤「うん」 朝井「いないよ」 加藤「いるよ!だって、結局、お腹すいて泣くっていうの、西 加奈子ちゃんだってそうだったんだもん」 朝井「それはクレイ枠ですけど、しょうがないですけど。 デレクカーさんは笑わせようと思って、泣けたみたいに言われちゃってさ、大変だよ、今たぶん」 加藤「いやいや違う、ほんとに面白いネタだったし、笑ってないとかじゃないの。 ただ、春日さんがさらっとね。 あ、そうだよな、共通認識だなと思って」 朝井「言えば言うほど、デレクカーさんは今、顔が真っ赤で、今、もう大変ですよ」 加藤「もうやめますよ。 でも、だから、私も泣きましたよみたいな感じで芳樹さんに送っちゃったの、LINEを」 リアルタイムで聴いていた時には、泣きはしないまでも、まさにカトチエさんが言った部分で「おっ」と思った。 けれど、こうして番組で取り上げなければ、それはそのまま過ぎて、いつか忘れてしまった感情だったかもしれなかった。 カトチエさん以外の誰にも響いていなかったことがとても不思議だったけれど、「おっ」と思った気持ちをカトチエさんが言葉にしてくれたことがとてもうれしかった。 そして、この書き起こしが時々誰かの目に触れていることもとてもうれしい。 (2020. 27追記) オードリーの 2015年6月27日 ハガキのコーナー「オードリーと行くバスツアーのお誘い」 若林:ラジオネーム、デレクカー「何かを批判することで自分が正義の味方にでもなったつもりでいるヒーロー気取りのバカからへ」 この番組は、下品極まりない下ネタが多く、聴いていて不愉快な気分になる。 特に番組の最後にやる、知性のかけらもないくだらない下ネタコーナーは最悪だ(春日:笑)。 あんなコーナーは、死んでもやめてください(春日:笑)。 幼稚な下ネタでパーソナリティとスタッフとリスナーだけが盛り上がり(春日:十分じゃねぇかよ笑)、健全な青少年の育成を妨げる最低の番組だと思います。 我々サラリーマンが不祥事を起こしたら処分されるように、ディレクターの宗岡氏はADに降格すべきです(春日:笑)。 こんな番組のバスツアーなんて絶対行きません。 春日:結構聴いてくれてるね(笑)。 若林:これ面白いね。 「パーソナリティとスタッフとリスナーだけが盛り上がり」(笑)。 春日:そういうことなんだよ。 すごい、それを目指してるんだよ、こっちは。 ハハハハ 若林:それ以上のものはないもんね(笑)。 春日:聴いてくんねぇと盛り上がれねぇし。 若林:あと誰を喜ばせばいいんだよっていう(笑)。 春日:一番すばらしいですよ。 これだけ独立させて上げるのもなあ、と思い、追記という形にしました。 (2020. 4追記) imadokiyuuka.

次の