てんとう虫てんとう虫いかないでおくれ。 【夢占い】虫の夢や虫を退治する夢の意味は?見たことない虫・ゴキブリ・ウジ虫・芋虫などそれぞれ警告を暗示

てんとう虫のスピリチュアルな意味は幸運のシンボル!

てんとう虫てんとう虫いかないでおくれ

3日前の晩(2017年6月27日)、Tシャツなどの数枚を、自宅の 南ベランダに干しに行った。 外は極わずかに小雨がパラついていた。 でも、時折吹きつける外の風が気持ちよくて、私はしばらく風にあたろうと思った。 私は両腕をベランダの手すりに乗せた。 すると、 私の右から何やら近づいてくるのがわかった。 「なんだろー」と思って、その手すりの上の小さな物体を、よーく見たら、なんと、前回【動物7】でお話した、あの黄色いてんとう虫だった! 「え、まだいたの?」と思った。 きれいな黄色地に、黒い斑点のてんとう虫である。 私は、手を差しのべてみた。 そしたら、そのてんとう虫が、私の手に這い上がって来た。 私は、喜んじゃって、喜んじゃって、室内に連れて行った。 家族に見せて、「見てよ、これ・・・。 昨日のてんとう虫だよ、きっと・・・」と私は言った。 私は家族にこうも言った、家でこのてんとう虫を飼いたいと。 すると、家族が私に、「自然の中で暮らした方が、(てんとう虫にとっては)いいんじゃない?」 とか、「餌だってどうするの?」と言った。 それを言われて、それもそうだ・・・と思い、私は、即あきらめた。 ホント速かった。 昨日からずっと1日中、あの手すりを1匹でずっと歩き回っていたのかもしれない・・・と思ったら、とにかくなんか食べ物をあげようと、思いついた。 まずそれが先だと、そう気づいた。 「何がいい? 何がいい?」と思いを巡らしたら、急に、家に玉キャベツがあるのを思い出した。 「よし、それだ!」と思った。 そうこうしているうちに、私の手の平に乗っていたてんとう虫の背中のかぶとが、「パカッ!」と開きはじめた。 「あ、こりゃ、飛ぶぞ!」と思った。 私は慌てて、ベランダに連れて行き、てんとう虫をプランターに下ろした。 「間に合ったぁー!」と思った。 数秒間、様子を見たが、飛ぶ様子は全くなかった。 その様子を見届けた私は、「それ行けぇー!」と思い、玉キャベツをむしりに、キッチンへと小走りした。 すると、家族が、てんとう虫が食べるのは、あぶら虫だと教えてくれた。 言われてみて、「え? そうだっけ?」と思いつつも、その数秒後、「あ、確かにそうかも・・・」と私はそう思った。 それで、玉キャベツをやめた。 周囲をキョロキョロと見回したが、他になかったので、「あ、じゃ、これでいいや!」と思い、とりあえず無農薬栽培の豆苗の先端をちぎった。 そして私は通りがかりにライトを持って、再びベランダへと急いだ。 ライトでプランターを照らしたら、てんとう虫がプランターの縁を、トコトコと歩いていた。 「あ、いた! いた!」と思った。 ところがその次の瞬間、そのてんとう虫は、突然、縁の内側に入り込んでしまったのだ。 姿が急に見えなくなったので、私はライトを照らし続けながら、覗き込んだ。 「あれぇー、どこだ、どこだぁー!」と思った。 もしかしたら、プランターとプランターのすき間に落ちたのかもしれない・・・とそう思った。 周囲を探した。 それでもてんとう虫は、それっきり姿を見せることはなかった。 プランターを持ち上げたり、移動させたりと、大掛かりなことをしているうちに、てんとう虫を間違って踏みつけたりなんかしたら大変だ。 それに気づき、後を追うのはもう止めよう・・・と思った。 その後、インターネットで調べてわかったのだが、てんとう虫は、太陽に向かって飛び立つので、 太陽神の 天道・・・というところから名前がついたそうだ。 ショックを受けると、死んだふりもするそうだ。 いきなりライトで照らされたから、驚いちゃったのかな・・・。 今回のことを、夢解釈風に当てはめて考えてみた。 まず、 黄色いてんとう虫が、一番最初にやって来た方角は、建物の構造上、 北である。 つまり、には、北側からしか入って来れない。 北は 霊の通り道と言われている。 てんとう虫は、上記の通りで 太陽神の 天道と言われている。 太陽神と言えば、エドガー・ケイシーさんは、過去世の天命で エジプトの 太陽神である ラーの 高級神官だった。 そう、つまりここでの意味の高級神官は、 天の 道である。 天の道、 天道、 てんとう虫というつながりになる・・・ということに、私はふと気づいた。 そして、黄色いてんとう虫の 黄色については、こう理解した、日本では、太陽は 赤色で表現されると。 でも、 欧米では、 太陽は 黄色で表現されることが多い。 エドガー・ケイシーさんはアメリカで生まれ育った。 なので、ケイシーさんは、太陽は黄色いと認識していた可能性が高い。 ちなみに、 古代エジプトの 神官は、 ヒョウの毛皮をまとっていたようである。 このことを象徴しているのが、今回私が出会った 黄色くて、 黒い斑点がある てんとう虫のことだと理解した。 更に言えば、黄色いてんとう虫の 黒い斑点は、太陽の 黒点を暗示していると思われる。 つまり、 活動周期のことである。 太陽の活動が活発になると磁場が乱れ、その結果として黒点の数が増える。 逆に、太陽の活動が弱まると、黒点の数は少なくなる。 今回、私が出会った黄色いてんとう虫の背中には、 黒い斑点がしっかりあった。 つまり、 活動期に入っている・・・という意味である。 これらの事を思うと、この続きは、恐らく、私の睡眠時の夢か何かで、何らかのメッセージがあるかもしれないなぁー・・・と、私はそんな風にも思った。 一連のこの流れに私が気づいたことで、そのてんとう虫の役目は、もう終わったんだと思う。 てんとう虫は、 南ベランダの手すりを私の 右から歩いて来たからだ。 南向きのベランダで、私の右から・・・とは、その右の方位は 西になる。 西は、 太陽が沈む方角である。 太陽が沈むとは、 1日の終わりとか、 静寂や 別離、あるいは 死などを表すからだ。 姿を消しておよそ3日になるが、その黄色いてんとう虫は、未だに現れていない。 やはり、一期一会の出会いだったんだ・・・と、私はそんな風にも思った。 (完).

次の

スピリチュアルな観点でのてんとう虫の夢や恋愛ついて、2匹・たくさん・死骸を見ることのメッセージ

てんとう虫てんとう虫いかないでおくれ

てんとう虫は、幸運の生き物で最強! このような感じで、幸運のアイテムでは最強です。 この日は、もしかして、建売住宅の予約が入るかなと思ってドキドキしていましたが、残念ながらダメでした。 この時期は、花粉症がすごく、まだ回復しないし、もしかして、本日、息子が資格試験に合格したから、たぶんこれかなと思います。 でも、1か月前に試験をした時は、自己採点では、いい点数だから大丈夫と言ってたので、ほとんど心配していなかったし、これと言って、特に幸運と思った事がありません。 家族が健康に生活する幸せ? 思い当たることは家族健康で、私も一応仕事も順調です。 本当の気持ちは、建売住宅が売れて臨時高額歩合ボーナスが出るのが理想でした。 とりあえず、てんとう虫効果もこれなのかなと思っています。 てんとう虫に頼りすぎも良くないかなと思いました。 まとめ でも、「てんとう虫がとまる」で検索すると、幸運の虫という事で、たくさんアップされています。 以上てんとう虫が体にとまりました。 幸運を運んで来てくれる?今度こそいいこと起こるかな?でした。 最後まで閲覧ありがとうございました。

次の

【ヨーロッパで人気】てんとうむしは幸運を運んでくる縁起物!

てんとう虫てんとう虫いかないでおくれ

緑の葉に映える、鮮やかな赤。 昆虫だったら野鳥にみつからないように草木に紛れるべきところ、てんとう虫ったら保護色どころかもっとも目立つ補色! 動きもゆっくりで人の目にもかわいいので、ついつまんでみたくなりますね。 ところが、てんとう虫は足を縮めてポトリと地面に落ち、なんと死んだふり。 さらに、つまんだ指にはなにやら、黄色くて臭〜い汁がついているではありませんか!! これは、危険を感じたてんとう虫の足の関節から出る液体。 有毒のアルカロイドを含んでいて、強い苦味もあります。 てんとう虫を食べようとした鳥は、あまりのまずさに吐き出して「死ぬかと思った。 二度と食いたくない!! つまりてんとう虫は「そのまっずい虫はココにいま〜す!」とアピールすることで、自分が食べられないようにしているというのです。 甲虫なのにソフトな体、素手でつまめるくらいのんびりした動き、すべてが「じゃあ食べてみれば?」という自信からきているらしいのです。 アメリカの記録では、ムクドリの親がヒナのために3年間に運んだ昆虫約1万6500匹のうち、てんとう虫はたったの2匹だったという報告も。 ジョロウグモなどは、巣にかかっているのがてんとう虫だとわかったとたん急いで逃げだしてしまうのだとか…。 実際に噛み潰してみたという生物学者・盛口満先生によると「15分くらい唾を吐き出し続ける結果となった」というくらい強烈な苦味のようです。 それでクロボシツツハムシのように、てんとう虫そっくりの模様(体型は多少細長いのですが)で保身する虫まで。 ただし、てんとう虫ももちろん無敵というわけにはいかず、幼虫のときヤドリコバチやハエなどに卵を産み付けられ寄生されたりするそうです。 益虫として活躍中!ところで幼虫ってどんな姿? バラの小枝や草花の茎に群がるアブラムシ(アリマキ)は、ガーデナーにとって悩みの種ですね。 そこへ、エサを求めて何匹ものてんとう虫が見参! 鋭いアゴを突き立てて、アブラムシの体の中身を吸い尽くしてしまいます。 葉や茎の上には、食べ残されたアブラムシの皮だけが、点々と…。 肉食のてんとう虫は、農作物を荒らす虫を食べてくれる益虫としても知られています。 近年では「生きた農薬」として無農薬栽培に貢献しているそうです。 春と秋のエサ場では、オスとメスが運命の出会いと交尾を展開。 一週間ほどすると、メスはエサ場の木の枝や茎、葉の裏などに30〜40個の卵をまとめて産み付けます。 卵は3〜4日で孵化し、毛むくじゃらの幼虫が出てきて、だんだん黒く変化します。 しばらく待って体が乾いたら、いよいよエサを求めて出発です。 てんとう虫は、親も子も同じものを食べて暮らします。 産卵場所を選んでくれたママのおかげで、ちょっと歩けばエサ(アブラムシ)が! 幼虫は小さいくせに鋭いアゴをもっていて、自分と同じくらいの大きさのアブラムシに食いつき、(ママと同じように)体の中身を吸いとります。 しかもお尻に吸盤がついていて、葉の裏や端っこまでアブラムシを逃さず追跡。 もしエサが足りなければ、一緒に生まれたきょうだいだろうが、まだ孵っていない仲間の卵だろうが容赦なく食べてしまいます。 脱皮を繰り返しながらだんだん大きくなり、やがてサナギを経て成虫に。 「害虫」のてんとう虫には毛がはえています てんとう虫の羽といえば「赤地に黒のホシ(斑紋)」。 7つあれば「ナナホシテントウ」、28個あれば「ニジュウヤホシテントウ」と、ホシの数で命名されたりしていますね。 ところが「ナミテントウ」は、赤地のほかにも黒地に赤い紋が2つ・4つ・たくさん等々、さまざまな柄が。 両親ばかりか祖父母の模様も影響しているといいます。 さらに、北へ行くほど赤地、南へ行くほど黒地が増えるのだとか。 「ナミ=普通の」と呼ばれ、昔の和名は「てんとうむし」。 そこらでよく見かけるてんとう虫を、日本人はとにかくひとまとめにしてそう呼んだのかもしれませんね。 じつはてんとう虫は、みんな肉食系ではありません。 なんと日本だけでも約180種類ものてんとう虫がいるといい、虫を食べるもの・コケを食べるもの・植物を食べるものにざっくり分けられます。 なかでも草食のニジュウヤホシテントウなどは、集団でナスやジャガイモの葉をもりもり食べるため、害虫として扱われます。 といっても、外見はそんなに違わないような? 害虫と見破る方法はあるのでしょうか。 もっともわかりやすいのは、ニジュウヤホシテントウの翅は肉食のてんとう虫のようにツヤツヤしていないこと。 表面にこまかいうぶ毛が生えているからなのです。 畑で見かけたときは確かめてみてくださいね。 呼び名の由来は神聖な「神さまの虫」! 漢字で書くと「天道虫」。 天道は太陽を指し、上へ上へとのぼっていく性質をあらわしているといわれています。 さらにはこんな説も。 「16世紀の後半、キリスト教の布教にやってきた宣教師が神のことを『テントウ』と呼び、神の虫の意味でこの虫にテントウムシと名付けたのが始まり」。 じつは英語の呼び名「レディバード」「レディバグ」の「レディ」は聖母マリアのことを指しています。 また、フランス語やドイツ語の呼び名も「聖母の虫」という意味をもっているそうです。 欧米では神さまの虫だったのですね。 世界レベルの幸運にあやかって、てんとう虫のアイテムを身につけてみるのはいかがでしょう? 本物がとまってくれるのを楽しみに待ちながら。 <参考> 『テントウムシ』佐藤有恒(あかね書房) 『テントウムシの島めぐり』盛口満(地人書館).

次の