雑学 アプリ。 目指せクイズ王!無料で遊べるオススメのクイズゲームアプリ17選

大人の雑学・一般常識 + 時事問題のアプリ詳細とユーザー評価・レビュー

雑学 アプリ

・クイズとRPGのクオリティーが高い! クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズは、RPGとクイズが合体したアプリゲームです。 プレイヤーは、主人公のウィズとなって一流の魔法使いを目指しクイズクエストを進めていきます。 クイズに答えて正解すると精霊達が具現化して、魔物に攻撃を与えます。 クイズジャンルは、スポーツ・芸能・理系・雑学の4種類。 知識が魔法になる設定なのでクイズで正解するほどクエスト攻略も有利になります。 グラフィックも綺麗で、キャラクターやファンタジー要素のある世界観をしっかりと再現されています。 クイズの選択画面やセリフの吹き出しなどカラフルに作られていて楽しい雰囲気が感じ取れます。 さらに、オンラインで全国のプレイヤーと協力プレイや対戦プレイが可能です。 協力プレイでは、今流行りのレイドシステムで5人1組のチームを結成して討伐へ。 対戦プレイでは、クイズ対戦を楽しめるトーナメント機能が搭載。 RPGゲームをやりながら楽しく雑学が学びたい方は、ぜひプレイしてみて下さい。 2017年夏に配信されたばかりでこれからどんどん人気が出てくると思います。 登場するキャラクターもかわいいく若干の萌要素も含んでいます。 ゲーム開始時には、声優さんたち歌っているゲーム主題歌が流れます。 RPG要素には、クイズに正解すると相手にダメージを与えます、強い敵ほど正解率を上げて撃破していく仕様です。 チームは、自動マッチングシステムやフレンド同士でメンバーを集めて参加する事もできます。 さまざまな出題形式のクイズに制限時間内に答えて全員で正解数の達成を目指します。 テレビのクイズ番組「ネプリーグ」のような時間とのプレッシャーがかかるクイズバトルが味わえます。 ・クイズ研究会が使いそうな、本格的なアプリです 対戦!みんなで早押しクイズは、早押しクイズゲームアプリです。 遊べるモードは、1対1のオンライン対戦と大人数で遊べるオフライン対戦があります。 オンライン対戦モードでは、全国のプレイヤーと1対1とフレンド対戦ができます。 ゲームのルールは、制限時間内に解答して、先に50点先取したプレイヤーの勝利です。 答えるときには、アプリ画面の早押しボタンを押すので、テレビのクイズ大会のような気分を楽しめます。 みんなで対戦モードでは、bluetooth通信を利用して、近くの人と対決できます。 出題者(1人)+解答者(複数人)でゲームを行います。 出題者がゲームを進行して、回答者達が早押しボタンを押して回答していく形になります。 まるでクイズ研究会の為に作られたのではないかと思う程かなり本格的ですね。 1人でもできるので毎日の脳トレにもおすすめです。

次の

メッセージアプリ 世界シェア ランキング

雑学 アプリ

・クイズとRPGのクオリティーが高い! クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズは、RPGとクイズが合体したアプリゲームです。 プレイヤーは、主人公のウィズとなって一流の魔法使いを目指しクイズクエストを進めていきます。 クイズに答えて正解すると精霊達が具現化して、魔物に攻撃を与えます。 クイズジャンルは、スポーツ・芸能・理系・雑学の4種類。 知識が魔法になる設定なのでクイズで正解するほどクエスト攻略も有利になります。 グラフィックも綺麗で、キャラクターやファンタジー要素のある世界観をしっかりと再現されています。 クイズの選択画面やセリフの吹き出しなどカラフルに作られていて楽しい雰囲気が感じ取れます。 さらに、オンラインで全国のプレイヤーと協力プレイや対戦プレイが可能です。 協力プレイでは、今流行りのレイドシステムで5人1組のチームを結成して討伐へ。 対戦プレイでは、クイズ対戦を楽しめるトーナメント機能が搭載。 RPGゲームをやりながら楽しく雑学が学びたい方は、ぜひプレイしてみて下さい。 2017年夏に配信されたばかりでこれからどんどん人気が出てくると思います。 登場するキャラクターもかわいいく若干の萌要素も含んでいます。 ゲーム開始時には、声優さんたち歌っているゲーム主題歌が流れます。 RPG要素には、クイズに正解すると相手にダメージを与えます、強い敵ほど正解率を上げて撃破していく仕様です。 チームは、自動マッチングシステムやフレンド同士でメンバーを集めて参加する事もできます。 さまざまな出題形式のクイズに制限時間内に答えて全員で正解数の達成を目指します。 テレビのクイズ番組「ネプリーグ」のような時間とのプレッシャーがかかるクイズバトルが味わえます。 ・クイズ研究会が使いそうな、本格的なアプリです 対戦!みんなで早押しクイズは、早押しクイズゲームアプリです。 遊べるモードは、1対1のオンライン対戦と大人数で遊べるオフライン対戦があります。 オンライン対戦モードでは、全国のプレイヤーと1対1とフレンド対戦ができます。 ゲームのルールは、制限時間内に解答して、先に50点先取したプレイヤーの勝利です。 答えるときには、アプリ画面の早押しボタンを押すので、テレビのクイズ大会のような気分を楽しめます。 みんなで対戦モードでは、bluetooth通信を利用して、近くの人と対決できます。 出題者(1人)+解答者(複数人)でゲームを行います。 出題者がゲームを進行して、回答者達が早押しボタンを押して回答していく形になります。 まるでクイズ研究会の為に作られたのではないかと思う程かなり本格的ですね。 1人でもできるので毎日の脳トレにもおすすめです。

次の

‎「雑学・常識問題9000問」をApp Storeで

雑学 アプリ

メッセージアプリ とは? スマートフォンに搭載できるSNSアプリ(ソーシャルメディア・アプリケーション)の一つで、文字や写真などの メッセージ や 音声・ビデオ通話 利用できるサービス。 英語では、 Messaging App メッセージング・アップ という。 B2C事業 一般ユーザーは、一般機能を無料で利用できる。 スタンプや付加機能は 追加代金が必要なアプリもある。 B2B事業 では、メッセージアプリ は どのように収益を得ているのだろうか? メッセージアプリ は、一般ユーザーに メッセージを届け、認知度をあげたり収益を伸ばしたい、企業や事業主へ有料B2Bサービスを提供している。 ダウンロード数 DL数 : Google Play や Apple Store からダウンロードされた回数• 登録者数: 会員登録数 ダウンロード数や登録者数は、実はあまり意味がない数値だ。 スマホアプリは気軽にダウンロードしてできるがゆえに、そのまま1度も利用しない場合も多々あるからだ。 また、登録数は、他のウェブサービスでは有効かもしれない。 例えば、Eコマースサイトなどは Eメールやカタログを送ることができる。 しかし メッセージアプリは、実際にアプリを使ってもらわないと意味がない。 さらには、登録者数インターネット広告に収益を過剰に頼っているため、 アプリに実施にアクセスしてもらわないと収益がゼロ円なのだ。 アクティブユーザー とは? 注目すべき指針は、こちらだ。 アクティブユーザー数• 月間アクティブユーザー Monthly Active Users; MAU• デイリーアクティブユーザー Daily Active Users; DAU アクティブユーザーとは、 ある一定期間に 1回以上アプリにアクセスしたユーザーのこと。 (マーケティング用語では、「1セッションが発生」ともいう) メッセージアプリの場合、年間や四半期間、週間で測ることは少ない。 より細かく見たい場合は、デイリー・アクティブ・ユーザー 略称 DAU: ディー・エイ・ユー)でも良いが、 一般的に、メッセンジャーアプリの場合は、月間アクティブユーザー 略称: MAU: エム・エイ・ユー が重要だ。 メッセージアプリ 世界シェア トップ5 2019年 出典: SimilarWeb 日本国内は、ダントツ LINE 日本で最も普及しているメッセージアプリは、LINE。 国内MAU 月間アクティブユーザー は、 8,200万人で、世界でも 2億人ちょっとである。 (2019年12月現在 しかし、日本国外で LINEが普及しているのは、タイ・台湾で、その他の国では、その他のアプリが台頭している。 世界シェアトップは、WhatsApp ワッツアップ 参考: statista. com 世界1位: WhatsApp アメリカ 世界で最もアクティブユーザーを抱えているメッセージアプリは、WhatsApp である。 MAU 月間アクティブユーザー は、16億人。 Yahoo! の元社員 2人によって、WhatsApp は 2009年にサービスを開始した。 WhatsApp は 2014年に facebook Mark Zuckerburg に 買収され、子会社となっている。 世界2位: Facebook Messenger アメリカ 2位は、facebook が提供する、「Messenger メッセンジャー 」と言うメッセージアプリ。 MAU は 12億人。 重複して使っているユーザーがいるので、単純に足し算することはできないが、世界第一位、第二位のメッセンジャーアプリは、facebook傘下の2つのアプリなのだ。 さすが gafa の名前を連ねているだけある。 世界3位: WeChat 中国 世界 3位は、中国で圧倒的なシェアを誇る「WeChat ウィーチャット 」。 MAU は 11億3,300万人にものぼる。 中国・深センのテンセントと言う会社が提供している。 中国では、今もウェイシンと読んでいるようだが、2012年に世界市場へ進出した際、WeChat と言う名前に一旦リブランディングしている。 その他 4位は、WeChatを提供するテンセントが提供する、QQ。 WeChatと比較して、付加的サービスが多く、パソコンなどでも多く利用されているのが特徴のようだ。 5位は、Snapchat。 文字よりも動画でのコミュニケーションに一役買っているメッセージアプリだ。 若年層に圧倒的に利用されており、友だちやグループ間だけでなく、親と子供のコミュニケーション促進にも大きな役割を買っているようだ。 2017年 日本ではほぼ忘れ去られた存在になっているが・・・ まとめ: 2020年以降は、B2B事業が鍵を握る メッセージアプリのユーザー数ベースでのシェア争いは、ほぼ決着はついた。 今後、収益の戦いとなる。 開発やセキュリティ強化はお金が必要だ。 長期目線で考えると、世界シェアの番狂わせや勝敗のカギを握るのは、B2B事業とローカライズだ。 たとえば Snapchat は、課題が山積だと思われる。 B2B目線であまり戦略を練りきれておらず、企業や個人にお任せ状態だ。 B2Cでユーザーが使っても流行が去れば、アクティブ率が下がることともある。 何よりマネタイズできなければ生き残れない。 日本市場での失敗は、ローカライズがあまりできていなかったことが挙げられる。 以前は、Skype も Telegram もあった。 Viber も一部の国で、国内シェアを残しつつも、世界レベルでは苦戦している。 5年以上生き残るのが難しいと言われるIT業界。

次の