大豆 の 栽培。 大豆の栽培は暦に合わせた作業が重要! 栽培方法の完全マニュアル

大豆の高能率・高品質収穫作業に役立つ摘心技術・狭畦栽培技術のご紹介|クボタ営農ナビ|農業経営に役立つ情報満載!

大豆 の 栽培

初回公開日:2020年3月30日 月曜日 画像をクリックすると起動します! このマニュアルは、ユーザーが大豆の栽培条件と減収要因との関連について簡易に診断し、多くの技術情報のなかから必要な対策技術へのアクセスを可能としています。 スマートフォンなどにより、WEBサイト上で下記の技術マニュアルと連動させて使用していただけます。 また、このマニュアルを入り口として、大豆の安定栽培に向けた技術情報をさらに蓄積することも目指しています。 なお、本成果は、農林水産省委託プロジェクト研究「収益力向上のための研究開発 多収阻害要因の診断法および対策技術の開発 」により得られたものです。 診断に基づく大豆栽培支援改善技術導入支援マニュアルの一環として作成されたマニュアルです。 画像をクリックするとpdfファイルのダウンロードが始まります。 表 紙 タイトル 概 要 営農排水改良ラインナップ技術新世代機「カット・シリーズ」 本資料では、生産者がトラクターに装着して簡単に使える営農排水改良のラインナップ技術「カット・シリーズ」の工法の特徴や利用条件などを紹介しています。 本技術は水田転換畑や畑地における畑作物生産に効果的な、営農で対応できる排水改良技術です。 さらに一般的な堆肥などの有機質資材については資材ごとのページで特徴を確認できます。 ダイズ黒根腐病のリスク診断・対策マニュアル 圃場の栽培履歴、圃場環境および栽培条件とダイズ黒根腐病との関係性について概説し、大豆作付予定の圃場におけるダイズ黒根腐病のリスク診断およびその対策について紹介します。 マメシンクイガ対策マニュアル マメシンクイガは、ダイズの莢の中で子実を食害する害虫で、比較的冷涼な地域では多収阻害要因の一つとされています。 そこで、マメシンクイガに対する対策の選択から実施の流れを、考え方の根拠を示しつつマニュアルとして紹介します。 ダイズカメムシ類対策マニュアル 代表的なダイズカメムシ類の生態やその被害を概説するとともに、LEDやフェロモントラップを用いた簡易調査法や対策技術について紹介します。 大豆栽培における難防除雑草の防除 近年、外来雑草を中心とした難防除雑草の大豆畑への侵入が問題化しています。 これら難防除雑草の侵入・まん延により大豆の収穫を放棄せざるえない生産現場もあり、また、まん延後の防除では非常に多くの労力とコストを費やすこととなります。 そこで生産現場で取り組める新規選択性除草剤を組み入れた総合的防除体系技術を紹介します。 下記はこのマニュアルに関わる技術マニュアルや情報のサイトなどです。 画像又はURLをクリックするとサイトが開きます。 表 紙 タイトル 概 要 潅水支援システムを活用した乾燥ストレスの評価方法 このコンテンツは生産者による転換畑の大豆の灌水適期の判断を支援するものです。 生産者は水ストレス係数を目安として潅水の必要性を判断することができます。 水ストレス係数は日単位でリアルタイムに推定されます。 また、9日先までの予測値も閲覧できます。 推定には圃場の位置、土壌パラメータ、出芽日、条間隔の情報が必要です。 水田転作時の圃場排水性を評価できる 土壌水分計を用いた指標 水田転作時の圃場排水性について、3つのタイミングの体積含水率を解析することで定量的に評価できます。 これにより、同一地域内の複数の圃場排水性を直接比較することが可能となります。 ダイズの病害虫診断のページ ダイズに発生する病害虫の診断を補助するためのページです。 害虫や病原菌の写真、それらによる被害や発病の写真等を関係者から提供してもらい掲載しています。 害虫や病原菌の名前からの診断とダイズの生育時期や被害部位からの診断の二通りの方法を掲載しています。 真空播種機による転作ダイズのスリット成形播種 ・これまでの問題点と技術の特長 ・こんな生産者 場所 にお勧め ・どんな播種技術か ・播種作業の実際 播種機の性能を引き出すために ・生育の特徴 ・地下水位制御との組み合わせ ・播種機の入手について 大豆用新規茎葉処理除草剤 フルチアセットメチル乳剤の雑草種別効果と初期薬害 フルチアセットメチル乳剤は大豆を適用作物として、2018年2月に農薬登録されました。 本剤の除草効果は草種によって異なり、効果の高い雑草と効果の低い雑草があります。 ほとんどの大豆品種で本剤のかかった葉に初期薬害が生じます。 そのため、有効な雑草種や初期薬害の特徴を理解した上で本剤を利用する必要があります。 難防除雑草に対しては、本剤を組み込んだ防除体系の組み立てが必要です。 警戒[雑草]情報パンフレットシリーズ 「大豆栽培における難防除雑草の防除」マニュアルにも掲載されている「警戒[雑草]情報パンフレットシリーズ」の紹介サイトです。 帰化アサガオ類まん延防止技術マニュアル : 大豆畑における帰化アサガオ類の防除技術 このマニュアルは2012年12月時点の農薬登録に基づいて作成しています。 帰化アサガオ類の発生に困っている生産者のうち、フルチアセットメチル乳剤 アタックショット乳剤 が入手できない地域ではこちらの情報をご参照ください。 侵入防止技術については、下のマニュアルをご参照ください。 帰化アサガオ類まん延防止技術マニュアル : 帰化アサガオ類の地域全体へのまん延を防止するためのほ場周辺管理技術 帰化アサガオ類の地域全体への蔓延を防止するための圃場周辺管理技術マニュアルです。 「大豆栽培における難防除雑草の防除」マニュアルの補足資料としてご活用ください。 2011年11月に改訂版ver2を掲載しました。

次の

診断に基づく栽培改善技術導入支援マニュアル(有機質資材の施用効果データベースが追加されました)

大豆 の 栽培

主要な穀物である五穀のひとつに含まれる大豆は、「大いなる豆」の意味からその名前が付けられとされています。 良質のタンパク質を多く含み、「畑の肉」ともいわれるほどに栄養価が高く、日本の食卓に欠かせない健康食材です。 驚くことに、日本の大豆は300種類以上もあるといわれ、大きさでは大、中、小、皮の色では黄(白)色、緑色、黒色、褐色、斑(まだら)色など、たくさんの種類があります。 また、煮豆、豆腐、納豆、味噌、醤油、豆乳、テンペ、もやしや、植物油の原料になるなど、用途に合わせた地域特有のさまざまな品種が栽培されています。 大豆用の品種で早どりした枝豆は、枝豆用の品種よりも味が濃いので、ぜひ多めに栽培して、初秋の美味しい枝豆も味わってみてください。 大豆は枝豆? 枝豆は、大豆を未熟なうちに収穫したもので、やわらかく、莢や中の実が緑色をしています。 枝豆を収穫しないで完熟したものが大豆で、莢は枯れ、中の実はかたく、黄色をしています。 大豆の育て方 大豆の栽培を成功させるポイントは、大豆用の品種を使用して、適期に種をまき、条件のよい時期に生育を合わせることです。 また、大豆はあらゆる作物の中で窒素吸収量が最も多く、窒素成分が多いと葉ばかりが茂って実がつかないので、肥料成分が少ない畑を選びましょう。 枝豆の育て方はこちらにまとめています。 土壌酸度 6. 0~7. 連作障害 あり。 2年以上あける。 育てやすい品種 鶴の子大豆、エンレイ、あやこがね、めぐろ王、玉大黒(黒大豆)など。 元肥 苦土石灰を入れ、元肥は入れない。 種まき時期 6月下旬~7月中旬。 種まき方法 畝幅:90cm。 黒マルチ:あり(なくても良い)。 株間:2列、30~40cm間隔で3粒ずつ。 栽培中の管理 鳥・虫害対策:防虫ネットでトンネルした方が安心。 仕立て:2~3本。 追肥:しない。 摘心:本葉が5~6枚(背丈が30cmくらい)になった頃。 水やり:開花期の7~8月にかけて、土の表面が白く乾いていたら。 収穫 葉が落ちて株全体が茶色く枯れ、莢をふるとカラカラと音がするようになったら。 乾燥 株をいくつか束ねて軒下などの風通しのよいところに吊るし、2週間ほど乾燥させる。 脱穀 防虫ネットなどに包んで棒で叩いて豆を莢から出すか、手で一つ一つ莢から豆をとりだす。 保存 1kgくらいずつに小分けして、通気性のよい紙袋(クラフト袋)などに入れて密封し、湿気の少ない冷暗所などで保存する。 病害虫 病気:白絹病、立枯病、べと病、わい化病、紫斑病、モザイク病など。 害虫:アブラムシ、ダイズサヤムシガ、カメムシ類、マメコガネなど。 栽培のポイント• 残肥の少ない場所を選び、肥料は入れない。 防虫ネットでトンネルして鳥・虫害を防ぐ。 開花する頃に土壌を乾燥させない。 事前に確認してください。 大豆は種まき適期の幅が狭く、品種や地域によって異なるので、事前に確認しておくとうまくいきます。 育てやすい品種 鶴の子大豆、エンレイ、あやこがね、めぐろ王、玉大黒(黒大豆)など。 畑の準備 大豆は連作を嫌うので、大豆(枝豆)を含むマメ科の野菜を2年は育ててない場所を選びます。 また、窒素成分の多い畑では、葉ばかりが茂って実がつかないので、残肥の少ない場所を選びます。 酸性にはやや弱いので、種まきの1週間前までに苦土石灰をまいてよく耕し、畝を立てて黒マルチを張っておきます。 黒マルチは、雑草の抑制や、保湿や地温を上げる効果に期待できます。 種まき 大豆は種まき時期を守り、条件のよい時期に生育を合わせることが大切です。 準備した畝に、2列、30~40cm間隔で、一カ所に3粒、人差し指の1関節分くらい(2~3cm)の深さにくぼみをつけ、種をまいて土を被せます。 水分が多いと種が腐るので、水やりの必要はありません。 鳥・虫害対策 大豆は鳩の好物で、発芽直後に地上に出た芽を鳩に食べられます。 また、実がつき始める頃のカメムシによる被害も深刻で、カメムシに莢を吸汁されると、莢の生長が止まって落下してしまいます。 鳥害や虫害を防除をしなくては、満足できる収穫は望めません。 そこで、まとめて対策するために、種まき直後に防虫ネットでトンネルします。 発芽直後の鳥害対策になり、カメムシなどの害虫の心配もなくなります。 栽培後半は窮屈になりますが、収穫が終わるまでトンネルしておくと安心です。 摘心 本葉が5~6枚(背丈が30cmくらい)になった頃、主枝の先端を指やハサミで摘み取ります。 この作業を摘心(ピンチ)といって、主茎の伸びが止まり、脇芽の発生が促され、倒れにくくなるのと、莢のつきが良くなり、空莢も少なくなります。 水やり 大豆は根を浅く張るため、乾燥に弱く、水を大量に必要とする開花期に水切れすると、実があまりつかなくなり、小粒にもなります。 開花期の7~8月にかけて、晴天が続いて土の表面が白く乾いていたら、朝か夕方に水をたっぷりやりましょう。 収穫 葉が落ちて株全体が茶色く枯れ、莢をふるとカラカラと音がするようになったら、株元を切り取るか、引き抜いて収穫します。 とり遅れると、莢がはじけて実が落ちてしまい、雨にあたるとふやけてしまうので、とり遅れないように注意しましょう。 乾燥 収穫したら、株をいくつかに束ねて軒下などの風通しのよいところに吊るし、莢が完全に乾くまで2週間ほど乾燥させます。 乾燥中は莢がはじけて豆が飛び散るので、防虫ネットで全体を覆うなどして豆の落下を防ぎます。 脱穀 豆が完全に乾いたら、防虫ネットに包んだまま棒で叩いて豆を莢から出すか、手で一つ一つ莢から豆をとりだします。 殻や大きいゴミをより分け、ふるいにかけて小さいゴミをとり除き、虫食いや傷んだ豆なども取り除きます。 保存 収穫した大豆はまだ乾燥が十分でないので、1kgくらいずつに小分けして、通気性のよい紙袋(クラフト袋)などに入れて密封し、湿気の少ない冷暗所などで保存します。 追加で日干しして完全に乾燥した状態であれば、缶やペットボトルなどに乾燥剤と共に入れて保存できます。 少しでも隙間があると虫が入って沸いてしまうので、完全に密閉して保存しましょう。 病害虫 病気では、白絹病、立枯病、べと病、わい化病、紫斑病、モザイク病などが発生します。 連作を避け、株間を広めにとり、窒素過多にならないよう肥料のやりすぎに注意します。 害虫では、病気を媒介するアブラムシ、新しく出た葉を食害し(葉が丸まる)、やがて莢に入って食い荒らすダイズサヤムシガ、葉や莢の汁を吸うホソヘリカメムシなどのカメムシ類、葉を食い荒らすマメコガネなどが発生します。 とくにホソヘリカメムシはやっかいで、たくさん発生するので手での駆除が難しく、莢の汁を吸われると莢が大きくらならずに落ちてしまいます。 種まき直後も鳩などの鳥に狙われるので、種をまいたらすぐに防虫ネットでトンネルして防ぎましょう。 なぜ、大豆専用と枝豆専用では種まき適期が異なるのか? (種まきが早すぎて失敗) 枝豆専用の種まき適期は4月下旬~6月中旬で、大豆専用の種まき適期は6月下旬~7月中旬です。 大豆の栽培で若どりして枝豆を収穫できるのに、枝豆専用と大豆専用では種まき適期が異ります。 厳密にいえば、大豆の種まき適期は1週間ほどと短く、農家では地元で相談して種まき時期を決めてから種をまくそうです。 これは、枝豆専用と大豆専用で品種の性質が異なるからで、大豆の種まき時期が短いのは、条件の良い時期に生育を合わせるからです。 [大豆の生育によい条件]• 花が咲いて実のつく時期に雨が降りやすい。 豆の熟成期に晴天が続いて乾燥している。 湿度が低く、収穫した大豆が乾きやすい。 花が咲く時期に雨が降らないと実があまりつかなくなり、豆の熟成期に長雨が降ると豆が腐ってしまいます。 なので、大豆の栽培では秋雨(秋の長雨)の雨の多い時期にちょうど花が咲いて実がつき、乾燥の始まる初冬に豆の熟成が始まるのが、大豆の生育に合うのです。 赤くコートされた大豆の種 赤い大豆の種は、キヒゲンという薬剤のコート(粉衣)によるもので、鳥害の防止や、消毒により雑菌感染を防ぎ、紫斑病や立枯病の予防になります。 キヒゲンでコートされた種子は苦みがあり、鳩などの鳥が食害すると驚き、赤い種は苦いと学習して食害されなくなります。 Amazon: 鳥害対策いろいろ 発芽時の鳥害対策は、栽培後半のカメムシなどの害虫対策にもなるので、防虫ネットのトンネルがおすすめですが、ほかにも対策方法はいろいろあります。 [苗を作って植える] 大豆は植え替えに強いので、ポットやセルトレイで本葉が出るまで育てることで、鳥害を防ぐことができます。 ポットやセルトレイでなくても、畑の隅に育苗スペースを作って苗を作ることもできます。 [トンネルする] 防虫ネットや寒冷紗でトンネルします。 手間はかかりますが、実がつき始める頃のカメムシ対策にもなります。 [べた掛けする] 防虫ネットや寒冷紗、不織布などをべた掛けし、発芽したら取り外します。 トンネル状にかけるのと比べて簡単です。 [鳥よけ用のネット(防鳥網)を張る] 市販の鳥よけ用のネット(防鳥網)を畝の上15cmくらいの高さに張り巡らします。 [テグスを張る] 種をまいた上15cmらくいの高さにテグス(魚釣り用の透明な太めの糸)を張ります。 テグスは透明で見えないので、鳥がテグスに羽を接触させて驚いて危険を感じ、近づかなくなります。 [ペットボトルを被せる] 500mlのペットボトルを半分に切ったものを被せます。 [キヒゲンを使用する] キヒゲンは鳥害防止忌避剤で、種直前に赤色のキヒゲンをコート(粉衣)して種をまくと、鳩などの鳥が食害すると薬剤の苦みに驚き、赤い種子は苦いと学習して食害されなくなります。 苗を作るには 大豆は発芽のときに豆が地表に露出し、鳩などの鳥に食べられてしまうことがよくあります。 種まきしたらすぐに防虫ネットでトンネルしたり、不織布を被せたり、もしくは薬剤を使用して鳥よけをしますが、できないようでしたら、セルトレイやポットで苗を作って植えると対策になります。 128穴のセルトレイ(または3号ポット)に種まき用土を入れ、穴に種を2粒ずつ(ポットの場合は3~4粒)置いて2~3cmの深さに指で押し込み、全体の表面を手のひらでならして種を隠し、水を静かにたっぷりかけます。 本葉が2、3枚に育ったころに畑に植えます。 大豆の生育を助ける根粒菌 大豆の根には根粒(こんりゅう)という粒ができ、この粒の中には根粒菌が生息していて、この菌は空気中の窒素を大豆が使える形に変えて大豆に供給します。 根粒菌が少ない、もしくはいないようであれば、「まめぞう 大豆用」を使用するとよいでしょう。 葉がなかなか枯れない 広い面積でたくさんの大豆を育てると、一部分で葉がなかなか枯れないことがよくあります。 また、収穫期を過ぎても葉が枯れ落ちずに青々としている場合があります。 これは、残肥で窒素が多かったり、元肥や追肥で肥料を多く入れてしまったことによる、肥料過多の状態です。 大豆は根に根粒(こんりゅう)ができ、その中にいる根粒菌が空気中の窒素を固定して大豆に供給するので、肥料はあまり必要ありません。 家庭菜園では肥料が多くなりがちなので、残肥の少なそうな場所を選び、肥料は入れないか、もしくは控えめにするとよいでしょう。

次の

栽培農家が語る黒大豆の播種の仕方の概要

大豆 の 栽培

大豆の栽培!種まきや苗植えの時期と方法は? 大豆(ダイズ)の栽培には、種を畑やプランターに直接まいて育てる方法と、苗まで育苗ポットで育てて畑に植え替える2通りの方法があります。 ただ、カラスや鳩などに発芽した大豆はエサとして狙われやすいので、家庭菜園なら育苗ポットで苗を育ててから植え付ける方が安心です。 また、種まきからだと手間がかかるので、市販の苗を使ってもかまいません。 種まき 5〜7月上旬頃に種をまき、10〜12月頃に収穫します。 発芽には15〜25度の気温が必要なので、十分暖かくなってから種をまきましょう。 以下は育苗ポットで苗まで育てる方法ですが、植え替えをしないでプランターや畑でずっと育てるときは、種同士の間隔が20~25cm空くようにし、1ヶ所に2~3粒種をまいてください。 直径9cm(3号)の育苗ポットに赤玉土小粒など種まき用の土を入れる• 指の第一関節ぐらいまでが埋まるよう、2粒ほど種を土に押しこむ• 土が乾かないよう水やりをして管理する• 7~10日ほどで発芽し、本葉が1~2枚ほど生えた頃にプランターや地面に植え替える 苗植え 種まきから育てた苗、または園芸店やホームセンターに市販されている苗を購入してポットよりも大きな鉢かプランターを用意します。 種まきよりも早く収穫できるので、早く収穫したい方や園芸が初めての方は、苗から栽培するのがおすすめですよ。 苗は葉が2枚程度で、葉が枯れていない、茎が太くて葉色が濃く、病害虫の被害を受けていないものを選ぶようにしましょう。 苗を植える穴を掘り、苗同士の間隔を20〜30cm空けて植える• 苗の株元へ土を2〜3cmほど寄せ、水をたっぷり与える• サヤが乾燥してパキパキと割れるようになったら収穫する 大豆の栽培!土作り、水やり、肥料の時期と方法は? 土作り 水はけがよく、弱アルカリ性の土でよく育ちます。 大豆などのマメ科の植物は、連作障害を起こしやすいので、同じ土や畑で栽培するには1〜2年ほど期間をおく必要があります。 鉢やプランターは、市販の野菜用培養土を使うのがおすすめです。 地植えは、植え付けの3〜4週間前に苦土石灰を1㎡あたりコップ1杯(100~150g)ほど混ぜて、寝かせましょう。 1〜2週間後、完熟牛糞堆肥と緩効性化成肥料を混ぜ込んでさらに1〜2週間寝かせておきます。 水はけが悪いときは川砂を適度に混ぜてみてください。 水やり 枝豆は根を浅く張るため、狭い範囲の水しか吸収できないため、土の底が湿っていても、根の張っている地表近くはすぐに乾燥してしまいます。 そのくせ乾燥に弱いため、地表の土が乾燥したら、すぐに水をたっぷり与えてください。 特に開花期から結実期には、乾燥が続かないように毎日観察しましょう。 乾燥していると花が早く落ちて実が付かず、大きく育たなくなります。 肥料 大豆などのマメ科の植物は、空気中の窒素を取り込んでくれる根粒菌と共存しているので、肥料は少なめでも栽培できます。 むしろ、肥料が多いと生育不良を起こしてしまうので注意してください。 植え付けのときに、堆肥や緩効性肥料を混ぜ込み、花が咲いたら固形の肥料を施したら、その後は2週間に1度薄い液肥を与えるくらいで十分です。 大豆は、モザイク病や白絹病、カメムシ、シンクイムシに注意が必要です。 モザイク病はアブラムシなどの害虫によって誘発される可能性があるので、アブラムシが寄ってこないよう防虫ネットを張ったり、過湿状態にならないよう土作りに注意してください。 アブラムシがたくさん発生したときは、殺虫剤を散布して退治しましょう。 白絹病は、連作した土地で発生しやすいので、同じマメ科の植物を一度でも育てたことのある土は、数年ほど期間を空けて使うようにしましょう。 カメムシやシンクイムシを見つけたら薬剤を散布して早めに駆除します。 病害虫の被害にあった部分は元に戻らないうえ、2次被害を引き起こすかもしれないので、早めに切り取って処分してくださいね。

次の