カティ 整形。 セラミックウイング改BBS

「男と女」チョン・ドヨン&カティ・オウティネンが息を合わせたスチールカットを公開

カティ 整形

保健室にて沙月と望、希美の三人がカティマの身の上話などを聞いた翌日。 朝も早くから慌しく、学園内を駆け回る音がしていた。 その音の発生源は、沙月の元を訪れてきたクロムウェイ達であり、その彼らの口から飛び出した言葉は、思ってもみない、沙月にとって正に寝耳に水な内容だった。 クロムウェイが推察するには、恐らくは王位継承のために必要な、もう一つの『証』を取りに行ったのではないかと言うことらしい。 その報告を受けて、沙月は今後の事を話し合うべく、主要メンバーを生徒会室に呼び集める。 だが、そこで問題が発生した。 「青道君はどこ行ったのよ!」 沙月達神剣使い三名にクロムウェイが居る生徒会室に、沙月の声が響く。 そう、祐の姿がどこにも無いのだ。 「まったく、こんな大事な時に……」と更に声を荒げてしまったその時、沙月の剣幕に苦笑いを浮かべていた望が、ふと何かを思い出した用にポケットをまさぐって、ガサリと何かを取り出す。 「そうだった……あの、先輩、これ」 今しがた、祐が居ないと沙月に報告したのは望であり、その祐の部屋を調べた望が差し出したのは、『斑鳩へ』と書かれた折りたたまれた紙であった。 それを見た沙月は、内心酷く嫌な汗を流す。 うん、すごく、嫌な予感がするわ。 そんな思いを押し殺し、その書置きを受け取って、そっと開いて……そこに書かれた文字を見た瞬間、 「あ、の、馬鹿ーー!!」 再度、生徒会室に沙月の怒号が響き渡った。 「……あはは……」 パシーンッと良い音を立て、沙月がつい机に叩き付けてしまった書置きを拾って見た、希美が苦笑を浮かべる。 希美が持つ紙にはこう書かれていた。 『ちょっと家出娘を連れ戻して来る。 気持ちは解るが、さっさと追って来い』 その後、カティマを追いかけるのを渋る沙月と、直ぐに追おうと述べる他の生徒達との多少の口論を経て、結局はカティマを追う事になった沙月達。 もっとも、沙月がカティマを追うことに難色を示したのも無理は無いのだ。 カティマを追うためにものべーが向かわねばならない場所は、敵の領土の真っ只中である。 それはすなわち、戦う力のない皆を今まで以上に危険にさらすと言う事。 更に言えば、カティマに追い付くためには、慎重に進む訳にもいかず、ある程度の速度は出さねばならないだろう。 戦いに参加すると言った以上、ちゃんとした作戦を立て、然るべき戦略の元に進軍するのならば、沙月とて反対はしない。 だが、今回は違う。 言ってみればカティマの独断先行によってもたらされた事態なのだ。 沙月は、現在この学園の生徒達を束ねる生徒会長として、そして前線に立つ望や希美達を率いるリーダーとして、それをどうしても納得する事が出来なかった。 一方で、その沙月がカティマを追う事に頷いた背景にも、学園の生徒達の言葉がある。 彼等は言った。 カティマももう、自分たちの仲間なのだ、と。 その仲間を見捨てる人に、生徒会長は任せられない、と。 その言葉は、沙月の心に火をつけた。 それはもう猛然と。 それから、クロムウェイが情報収集の為に放っていたらしい兵が、旅の商人がこの先にあるアズラ大平原の向こう、アズラサーセへ向かうカティマらしき人物を見た、と報告してきてのを受け、沙月達もまた、アズラサーセへ向けて進軍を開始したのだった。 なお、沙月達のもう一つの懸念事項……カティマをやっぱり独断で追った、もう一人の問題児に関しては、実は然程心配はしていなかったりする。 つまり、彼の方はカティマと違い、敵に直接狙われている訳では無い。 その上……話が一段落するのを待っていたのだろう、方針を決めてから少しして、生徒会室に報告に来てくれたミゥが言うに、祐と共にルゥが一緒に居るらしいとのこと。 それ故に、沙月達は「カティマを追っていけば、そのうち合流できる」と考え、とりあえず祐に関しては考える事を止めた。 ちなみにクロムウェイの配下にカティマのことを報告した商人。 「……青道先輩らしき人と一緒にいたって言う、二人の妖精と一人のメイドって、なんなんでしょうね?」 「…………私が訊きたいわよ……」 心底不思議そうに訊いてくる希美に、沙月は当然ながら答える術をもたなかったのは言うまでもない。 彼女は思う。 ……なんというか、彼に関しては深く考えたら負けな気がするわ、と。 カティマは今、迷っていた。 彼女が今居る街、アズラサーセへと鉾の大軍が迫っているらしい。 そうなった理由は、カティマには察しがついていた。 間違いなく、『継承者の証』を彼女が探しに出たせいだろう。 つまりは、自分を追って反乱軍の皆がここへ向かい、それを迎撃するためにダラバが鉾を繰り出した、と言うことである。 もともと、すでに街の南……恐らく、反乱軍が迫っているのだろう、そちらに鉾の部隊は展開しているのだが、それに加えてかなりの量の鉾が、この街へと向かっていた。 そう、反乱軍を迎え撃つ鉾への援軍、と言う形ではなく、この街に向かってきているのだ。 目的など、誰かに訊くまでもなく、カティマには解った。 アズライールと同じ事をしようとしているのだ。 反乱軍……いや、カティマに対する見せしめと挑発、そのために。 大人しく出て来い。 出て来ねば、アズライールの二の舞になるぞ、と言う。 それ故に、カティマは迷う。 彼女が証を探しに出たのは、大儀のため。 このまま圧政……いや、暴政を続けるダラバを放っておくことはできない。 そしてそれを止める事が出来るのは、自惚れでも何でもなく、王位を継承することが出来る彼女だけなのだ。 いくら大儀のためとはいえ、鉾が迫るこの街を見捨てて、証があるとされる場所へと向かって良いのか? 一を捨て、十を取るのであれば……これからの事を考えるならば、カティマは先に進むべきなのだろう。 だけど。 カティマは、自分自身に問いかける。 私自身は、それでいいのか? と。 そしてその答えは、考えるまでも無く出た。 ………………否だ。 証を探すのが目的だ。 そしてダラバからこの国を解放し、暴政から民を解放することが最大の目標だ。 けれど、そのためにこの街を見捨てるど、アイギア王家の最後の生き残りとして、許せるはずがない。 ダラバの暴政を否とする自分が、そのような非道を見逃すことなど出来はしない。 そう心を決めたカティマは、逃げ惑う人々を掻き分けるように北門へ向かい、静止する人を振り切り、門を破って侵入してきた鉾に向かいあう。 自分が名乗り出れば、鉾は間違いなく自分を目掛けて来るだろうという確信をもって。 「我が名はカティマ=アイギアス! さあ、私が相手です! どこからでも掛かって来るがいい!!」 名乗りを上げた瞬間、周囲の空気が戦場のそれへと変わったのを感じる。 彼女は思う。 これでいい。 そうだ、これで、私は助からないかもしれない。 けど、この街は、民は守れる、と。 そして内心で、今は亡き父と母に謝った。 ……かならずや、アイギアの国を復興させ、この世界に永久の安寧をもたらすとの約束、果たせずに申し訳ありません、と。 「アイギアス……私には、王たる資格はないのかもしれませんね」 そう、己が神剣にささやき、鉾へ斬りかかろうとした時だった。 「そんな事は無いさ。 民を慈しみ、その為に己を差し出す事ができるお前は……立派な為政者だよ」 本当に小さく言っただけの、そんな自分の声に答える声が聞こえたのは。

次の

セラミックウイング改BBS

カティ 整形

今回はアイドル「 ZOC」(ゾック)について調べてみました。 このzocは2018年9月9日から始動したまだ新しいアイドルグループですが、すでにライブなどは人気もあり話題になっています。 「 zoc」はシンガーソングライターの大森靖子さんが、プロデュースする6人組のアイドルユニットである。 大森靖子さんはプロデューサーではなく「共犯者」と言われています。 「共犯者」と聞くと犯罪などイメージですが、「 zoc」のメンバーに少年院上がりの戦慄かなのさんなどもメンバーでなかなか面白いアイドルグループですね。 他のメンバーも個性的なメンバーみたいで 大森靖子さんと、 西井万理那さん以外のメンバーは「 ミスiD」出身者ですので、個性的なメンバーが多いですね。 個性的なメンバーですが「 ZOC」はアイドル。 メンバーも全員めちゃめちゃかわいい!です。 そしてZOC初のミュージックビデオの「 ZOC実験室」がめっちゃ良いです! 曲の後半にあるメンバー紹介もかっこいいです! コンテンツ• アイドルグループ「ZOC」  「ZOC」はシンガーソングライターである 大森靖子さんが「 共犯者」として始動したグループです。 大森靖子さんは、 プロデューサーではないと言われています。 あくまでも「 共犯者」と言われています。 「 ZOC」の由来は『 Zone of Control』の略でウォー・シミュレーションゲームやシミュレーションロールプレイングゲームなどで用いられるゲーム用語で、かなり過激なネーミングです。 ゲーム内の用語としての意味は、敵に拠点を占拠されないようにする為に上手くユニットを配置する時に重要になる機能です。 日本語で訳して「 支配領域」などとも言われています。 そして、アイドルの「ZOC」は「孤独を孤立させない」の意味を持たせ常に提唱しています。 ZOCは固定したり、流動的になったり、弾性的に様々な形で形成される。 そしてZOCは、ZOCが影響を与え受ける全ての存在と繋がって存在します。 ZOCは固定したり、流動的になったり、弾性的に様々な形で形成される。 そしてZOCは、ZOCが影響を与え受ける全ての存在と繋がって存在します。 そして、大森靖子さん自身も「ZOC」メンバーとして活動しています。 大森靖子さんは上記の定義によってプロデューサーではなく「共犯者」と言い『一緒に戦い、一緒に遊ぶ、同じ心に黒い穴の空いた共犯者です。 そして、わたしたちZOCの共犯者に、あなたもなってほしい』とありました。 なんとなくメンバーが個性的なのもわかりますが、メンバーは 大森靖子さんと、 西井万理那さん以外のメンバーは「ミスiD」出身者です! この「ミスiD」はネオガール・オーディションととして、従来のアイドルや女優、モデルの枠に縛られず様々な多様性や個性を見つけて行くオーディションです。 そんな、「ミスiD」出身者が多い「ZOC」。 メンバーが気になりますね。 そして「自撮り詐欺」の天才。 ミスiD2018 ファイナリスト。 スポンサーリンク 005 葵時フィン 000 共犯者 大森靖子 葵時フィンの脱退理由は? 続きは次のページへ.

次の

ZOC(アイドル)かなのや大森がメンバーで全員ヤバいいくらいかわいいい!すでに脱退した子もいる!?

カティ 整形

後面はパーツC12を接着するのですが、このパーツはC10・11との繋がりが不自然に感じます。 (写真の矢印のところ) そこでここはシモムラアレックのLAGIAを試してみました。 手作業で一定のRでフィレットをかけるのは意外と難しかったりします。 LAGIAは一定のフィレット加工を何回かスライドさせれば簡単に行えるため、このような箇所にはもってこいです。 合わせ目の処理をするパーツの接着剤の乾燥を待っている間に、どんどん整形や加工を進めていってしまいます。 D14・15(バックミラー)はサイレンサーと同様に真鍮線を用いて、位置決めと強度アップを図ります。 真鍮線を入れる穴は、まずC11(アッパーカウル)に真鍮線を通す穴を開け、D14・15を瞬間接着剤の点付けで仮止めします。 そしてC11の裏側から先ほど開けた穴を基準にして、D14・15までドリルを通すとズレにくいかと思います。 これらのパーツは塗装後の接着となりさらに外装で目立つ部分でもあるため、上記作業は仕上げの工程で失敗の予防にもつながります。 ところで写真に写っている塗料皿、これはもう同じものを10年以上使っています。 確かこのお皿は10枚セットで100円ちょっとではなかったでしょうか。 とんでもないコストパフォーマンスです・・・。 これでは塗装が不便なので、切り離してしまいます。 ただ、闇雲に切り離してしまうとイモ付けになってしまうため、後の固定に不安が残ります。 そこで、ここではプラ板で位置決め用のリブを設けておきました。 サイドカウルはビスで固定する方式です。 しかし、バイクモデルは完成後もエンジンが鑑賞できると楽しいもの。 そこで、しっかりと固定できて尚かつ着脱も容易にできるよう、磁石を用いた固定にチャレンジしてみます。 用意したのはHIQ PARTSのネオジム磁石とマグネットセッターです。 マグネットセッターはあらかじめ裏面に糊がついており、さらに表面にはモールドも入っています。 特にキャラクターモデルではそのまま貼っても違和感なく機能しそうな、よく考えられた商品でした。 干渉せずに目立たない位置を求めて、仮組みを行いながら固定位置を検討していきます。 その結果、上の写真の位置に落ち着きました。 C11のフチに磁石を接着、C2・3の裏面にマグネットセッターを取り付けています。 なお磁石の固定にはエポキシ接着剤を使用しました。 ネオジム磁石は小さいですが強力なので、しっかりと固定しておかないと外れてしまいそうなのです。 また、前述の通りセッターは裏面に糊がついていますが、これも外れないよう周囲に瞬間接着剤塗布して補強しておくことにしました。 いくら磁力が強力であっても、C11(アッパーカウル)とC2・3(サイドカウル)のみでは固定力不足で外れてしまうことが想像されました。 そこで、左右のサイドカウル間も磁石による固定を用いることにしました。 これも他のパーツと干渉しないよう固定位置を検討していきますが、磁石自体が小さいのでそこまで配置には困ることはありません。 C11(アッパーカウル)とC2・3(サイドカウル)にはリベットやカウルファスナーのモールドがありますが、この状態では塗り分けや研ぎ出しが不便そうです。 そこでC11にはアドラーズネストのリベットヘッドS、C2・3は同社ブラインドリベットヘッドSSを使用することにして一旦モールドを削り取りました。 全て削り取る前に穴を開けておいて、リベット位置を忘れないようにしておきます。 ネオジム磁石による固定に伴いC2・3上部にあるビス穴は必要なくなります。 ここは伸ばしランナーで埋めたうえで、リベット用に穴を開けておきました。 B26・32とE14(ブレーキディスク)は放熱孔が埋まっているため、ドリルで貫通させていきます。 これはバイクモデルの定番工作となるのでしょうか。 ただ、数が多くて正直面倒くさいです・・・。 さらに、フチがささくれてしまったので流し込み接着剤を塗布してならそうとしたら、また穴が埋まってしまう結末に・・・。 夜な夜な一人で机に向かい、延々とドリルをまわすのです。 ただ、キットのキャリパーは外側のみの再現で、これではブレーキとしての機能が成り立ちません。 しかもフロントなので、けっこう目立ちそう・・・。 さてどうしたものかと考えるのですが、 簡単に修正が効きそうなのはアフターサービスを利用してパーツをもう一セット用意するというもの。 取り寄せたパーツからキャリパーのみ削り取り、元のパーツに移植すれば修正は簡単そうです。 しかし、アフターサービスの取り寄せは時間がかかりそう…。 モチベーションの低下を防ぐ意味でも、作業はなるべく止めずに進めたいものです。 そこで、今回は複製にチャレンジしてみました。 ただ、 複製といっても簡単なものです。 WAVEの「型想い」を用いて型を取ったら、そこにポリパテを流し込むだけです。 型想いを熱湯に浸し、やわらかくなったところでパーツE12・13のキャリパーの部分を押しつけます。 しかしここでちょっとした問題が…。 ポリパテは適量ラッカーシンナーを混入すると流動性が向上します。 そこで型の隅々までパテが行き届くようにと、ラッカーシンナーを入れてみたらいつまでたっても硬化しない…。 仕方がないのでとりあえず一晩寝かしてみたところ、無事硬化していました。 ホッと一息・・・。 ポリパテが硬化したら整形し、元のパーツに移植します。 内側のピストン形状の部分は、3mmのプラパイプを接着してそれらしく形状を作っています。 (写真のピントが合っておらず申し訳ありあせん) パーツE12・13下端のボルト状のディティールは1本ですが、パッケージアートでは2本描かれていました。 ここはパーティングラインが通っていて、整形の邪魔にもなります。 そこで、一度キットのディティールを削り取ってしまい、パッケージアートを参考にプラパイプの輪切りを植えてみました。

次の