爪が根元から剥がれた。 なぜ?「手足口病」で爪がはがれる…!自宅でできる対処法とは

爪が剥がれる4つの原因と処置方法を徹底解説!

爪が根元から剥がれた

スポンサードリンク 爪が根元から剥がれる原因とは? 爪が先端から剥がれたり、二枚爪になるといった事は主には爪の先端に大きな衝撃が加えられたり、乾燥や栄養不足、血行不良などが考えられます。 ところが、『爪が根元から剥がれる』しかもペロンと、痛みも殆ど伴わずに剥がれ、その下には新しい爪が生えている。 などという場合は、ウィルス感染が疑われます。 2011年以降では真っ先に「手足口病」に数週間から1ヶ月前に罹っていなかったかを疑ってみてください。 これは、爪が根元から剥がれたからといって、現在何かの病気であるということではなく、病後の後遺症のようなもので、爪が作られる細胞がダメージを受け、根元から剥がれてしまうのです。 手足口病にかかったからと言って、全ての人の爪が根元から剥がれるわけではありません。 病名が「手足口病」であっても、ウィルスの型によって症状が変わってくるのです。 管理人の子供も2011年に、手足全ての爪が根元から毎日ペロンペロンと剥けてきて、親として心配で不安で随分とお医者さんに診てもらったのですが、当時ははっきりとした原因を突き止める事が出来ませんでした。 何故なら、それ以前までの「手足口病」の一般的な症状に「爪が病後1ヶ月ほどで根元から剥がれる」などとは、医学書にも載っておらず、ほとんどのお医者さんも症例を知らなかったのです。 また、手足口病は一度かかったら、もう感染しないのではなく、型のちがうウィルスのものには免疫がないので感染しますし、大人でも感染します。 爪が根元から剥がれる新型手足口病 なぜ、2011年ごろまでは爪が根元から剥がれてしまう原因に「手足口病」が疑われてなかったのでしょう? 手足口病はコクサッキーA16(CA16)、CA6、エンテロウイルス71(EV71)などのエンテロウイルスが原因ウイルスです。 基本的には重症化の少ない疾患ですが、急性髄膜炎の合併が時に見られ、稀であるが急性脳炎を生ずることもあり、なかでもEV71は中枢神経系合併症の発生率が他のウイルスより高いことが知られています。 2011年と2013年に日本ではコクサッキーウイルスCA6による手足口病の大流行があり、その際に初めて病後に爪が根元から剥がれるという症例が一般的に知られるようになったのです。 参考データ:国立感染症研究所 コクサッキーウイルスCA6による手足口病は、従来の物と比べ、水泡が大きく、手の皮や足の皮がズルズルと剥け、病後数週間から1ヶ月ほどで爪の脱落が起こる、ド派手な症状なため、従来知られていた手足口病に対し、「新型手足口病」とも言われています。 管理人の子供はまさに、2011年このコクサッキーウイルスCA6による手足口病に罹っており、派手に指も手のひらも、足の指も皮がむけてしまい悲惨な状態でした。 ですが、意外にも子供は痛くもかゆくもなく、発症した晩だけ、かゆ過ぎて眠れず、一晩中私が手のひらや足の裏をかいてあげていた記憶があります。 爪が根元から剥がれ始めたのは、病後3週間ほど過ぎてからだったので、病気との関連が分からず、お医者さんにも「手足口病で爪が剥がれるのは考えられない」と言われ、保育園の保母さんも、いろんな文献を調べてくれたのですが、当時は原因がわからずじまいでした。 2014年には次女が手足口病になりましたが、症状が軽く、手の皮が剥ける事も、爪が剥がれることもなく、大変軽いものでした。 おそらくウィルスの型が違っていたのでしょう。 爪が根元から剥がれる対処法 上記でご紹介した手足口病の後遺症による、「爪が根元から剥がれる」症状は、実際に子供のド派手な症状に見舞われた経験上、下から新しい爪が生成され、剥がれても支障がない状態で自然に剥がれるものなので、心配はいりません。 何せ、全ての指の爪がまんべんなく剥がれ落ちましたから" -""- " 当時保育園に通っていた子供は爪の事など気にもせず、毎日元気に工作だの砂場遊びなどをしていました。 剥がれてしまう方が遊びやすく、逆にまだ残っている爪がある方が引っかかって痛みを伴ったりするので、絆創膏で保護してあげていると、自然に剥がれ、時間とともに爪はきれいに生えそろいましたよ。 見た目がグロテスクなので、特に大人がなってしまった場合は気の毒ですが、爪は一日0. 1ミリ伸び、2.3か月もすればきれいになるので安心してくださいね。 まとめ 爪が根元から剥がれるという衝撃的な病気は、実は子供がよくかかる「手足口病」の後遺症であることが近年2011年以降に広く知れ渡るようになりました。 病気が快復した後ひと月ほど後に爪が剥がれるので、関連性に気づかずに不安になる方が多いようですが、3週間から1ヶ月前に発疹がでなかったか?熱が出なかったか?と思い出してみて下さい。 心当たりがあれば、爪脱落の原因はウィルスによる当時の爪細胞へのダメージによるものです。 新しい爪の生成とともに、きれいに治っていくのでご心配なく。

次の

爪が白くなってはがれる 治療や普段のケアは?:朝日新聞デジタル

爪が根元から剥がれた

私たちが爪と呼んでいる硬い部分を 爪甲 そうこう 、その下にある土台を 爪床 そうしょう と呼びます。 本来、爪甲と爪床はしっかりとくっついていて剥がれることはありません。 しかし、さまざまな原因によって剥がれてしまうことがあります。 また、原因の中には爪甲の表面が薄く剥がれるものもあります。 手の爪の表面が薄く 剥 がれてきた・・・。 少しでこぼこしている感じもある• 足の爪に一部が先端の方だけ浮き上がって白くなっている• 爪の周りが腫れて、根本の方から爪が剥がれそうになっている このような症状がみられる場合、何が原因になっているのでしょうか。 爪が剥がれる原因として考えられる病気 爪が剥がれる代表的な病気には、以下のようなものがあります。 爪甲層状分裂症 俗に二枚爪と呼ばれているもので、爪甲の表面が先端のほうで薄く剥がれる状態を指します。 乾燥による爪の水分量不足、爪への外力、鉄分不足などが原因と考えられ、乾燥しやすい冬に生じることが多いとされています。 爪甲剥離症 そうこうはくりしょう 爪甲が先端から剥がれ、浮き上がる状態を指します。 特に女性に多く、部位では指の爪によくみられます。 原因はカンジダなどによる感染症、接触 皮膚 炎や じんじょうせいかんせん などの皮膚の病気、内科系の病気などさまざまで、基本的に剥がれた部位は白色または黄色っぽく変色しますが、細菌感染によるものでは緑色に変色することもあります。 原因によってはその病気に応じた症状を伴い、たとえば皮膚の病気なら爪が変形したり穴が開いたり、や甲状腺機能の異常によるものでは動悸や、疲れやすいなどの全身症状がみられる場合があります。 爪扁平苔癬 へんぺいたいせん とは、皮膚や粘膜に慢性的な炎症が引き起こされる病気で、爪にみられるものを爪といいます。 免疫細胞の異常が原因と考えられ、一部の爪甲が薄くなったり、縦に割れやすくなったりします。 また、ときに爪が剥がれることもあります。 外傷 指をドアに挟むことや爪を引っ掛けるなどして、爪に外からの強い力が加わると剥がれる場合があります。 外力の程度によっては爪が変形したり、爪の下の組織である爪床から出血したりすることもあります。 通常は、激しい痛みを伴います。 受診の目安とポイント によって爪が剥がれて激しい痛みがある場合には早めに病院を受診し、何らかの 皮膚 症状や全身症状を伴う場合も受診を検討しましょう。 内科系の病気によって爪が剥がれることもありますが、爪の剥がれが主な症状であれば、まずは皮膚科への受診でよいでしょう。 問診の情報が診断材料になることも多いため、受診の際には、爪が剥がれたきっかけや気になる症状について、自身のわかる範囲で詳しく医師に伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活が原因となって爪が剥がれることも多くあります。 その原因や対処法は以下の通りです。 乾燥 爪床部から爪甲に絶えず水分が供給されていますが、指先が乾燥すると爪甲の水分量が減ります。 乾燥によって爪が 脆 もろ くなってしまうため、剥がれやすくなったり、でこぼこしたりと爪に異常がみられるようになります。 乾燥を防ぐには 爪の表面からは常に水分が蒸発しています。 手洗い後や入浴後などに保湿クリームを塗り、水分を逃がさないようにしてあげましょう。 また、水仕事をする際にはプラスチック手袋などを使用して乾燥を防ぐようにしましょう。 ネイルのしすぎ ネイルのしすぎは、爪にダメージを与えたり水分を奪ってしまったりします。 また、マニキュアで除光液を使いすぎることも爪の乾燥を引き起こし、爪を脆くなって剥がれるなどのトラブルを招くことがあります。 ネイルをするときには 爪への負担になってしまうため、爪に何らかの異常がみられたときには極力つけないようにし、爪を休ませてあげましょう。 この際、保湿クリームを塗るなどして乾燥予防に努めましょう。 よくならないときには 上で挙げた対策を試しても爪の異常が続くような場合には、ほかに原因があるのかもしれません。 原因をはっきりさせるためにも病院を受診することを考えましょう。

次の

足の爪が剥がれたとき 応急処置・対処法【新しい爪は生えてくるのか?】

爪が根元から剥がれた

足の爪が剥がれたケガをした時、その回復に至るまでの実体験を残しておきたいと思います。 ある日、椅子に座って仕事をしていました。 自分の部屋ですので、靴下は履いていますが、クツは履いていない状態でした。 そんなとき、なぜ、こんな事をしたのか? 自分の足を指先を「ゴン」と床に「強く」叩いてしまったのです。 すぐに、ジーンと足の親指から強い痛みが伴い「爪が剥がれたのかな?」と思いましたが、靴下を脱ぐのも怖かったので、そのまま仕事を続けました。 確かに、すごく痛かったです。 しかし、私の場合には、痛みは約5分くらいで収まりました。 たまたま、自宅にいた時の出来事でしたので、まだ幸いしたと思いますが・・。 その後、夜になって入浴しようとすると、爪が「白っぽく」変色しているのがわかりました。 これは「マズイ」・・。 ただ、爪は分離したり、欠けたりした訳ではないのですが、根元の方から取れかかったような状態でした。 しかし、完全に取れている訳ではないので、爪はいじらずそのままにして、消毒だけ行いました。 ただし、痛みがずっと続いている場合や、指が腫れるような事になった場合、内出血 血が内部に貯まる していたり、指が骨折している場合もあるようですので、そのような時には血を抜くためなどに整形外科などを受診した方が良いです。 医者に行った場合「ケガ」ですので、契約内容によっては保険 民間の傷害保険など が適用される場合がありますので、保険に入っている方はご確認を。 なお、医療機関を受診しない場合でもやはり「 消毒」だけはした方がよさそうです。 変なバイ菌が入りますと、他の病気にもなってしまいますからね。 とは言え、消毒「しみます」ので痛いです。 最初は、痛くない、子供向けのしみない消毒液の方が良いかも知れません。 ムヒのきず液など、子供の絵柄になっているのは、痛くないと思います。 手元に消毒液が無かったり、夜間などで医薬品を買いに行けない時などは、包帯を巻いて幹部にバイ菌が触れないよう、一時的な処置をしておくと良いかも知れません。 もし、包帯が無ければ、ティッシュなどを充てて、セロテープで巻いて、一時的に包帯代わりにもできるでしょう。 ただし、セブンイレブンやローソンといったコンビニでも、消毒液くらいは販売しています。 バイ菌が入らないよう、これだけは注意しましょう。 目次 Contents• 新しい爪が生えてくる 私の場合には、足の親指の爪が根元から、バキッと外れかかったような状態で、かろうじて爪はくっついているのですが、パカパカと爪が浮いていて、少し動かせる状態のケガでした。 爪がはがれた時に約5分間ほど痛かったのも、その後は痛みはなく、その夜に爪を見た際には多少血もにじんできましたが、その後は問題なかったため、医者には行きませんでした。 この状態で病院に行って治療と言っても消毒くらいですからね。 痛みが無ければ、薬も出ませんし、手術で治せるものでもありません。 それから約40日後、浮いていた爪が取れる状態となりました。 剥がれたとも言えます。 その取れた爪の下には、まだ薄いですが、 新しい爪が生えてきていました。 ほっといても、爪が再生すると信じていて良かったです。 なお、新しい爪は、デコボコ状態で生えてくるらしいです。 私の場合でも、かなりのデコボコと言う印象です。 しかし、新しい爪は、爪きりで切れる状態まで伸びて来ると、何度も爪を切って行くことで、やがてデコボコも通常状態になるそうです。 私の場合、綺麗なツメの状態になるまで、1年間くらい要しましたが・・。 爪の生え方は、年齢によってもスピードが異なるそうです。 若い方は細胞分裂が早い 私は、日帰り温泉の「高濃度炭酸泉」に入浴すると、爪が伸びやすい 髪の毛も早く伸びてしまう 、すなわち老廃物が出やすいと言う長年の経験がありましたので、機会があれば炭酸泉に入りに行きました。 再発防止の為には、はやり こまめな爪切りは必要だと感じています。 私の問題点 これは私のケースでございますが、ケガをしてあと、約40日でかろうじて乗っかっていた元の爪が、すべて剥がれてしまいましたは前述のとおりです。 その下に薄い新しい爪が生えていたのですが、その時はまだ、爪の長さが中間くらいで、足の指先にまで到達していない状態でした。 これが「問題」でした。 足の指先 上側 は、もともと爪の下の皮膚なので皮が厚くなく「薄い」のです。 なので、薄い新しい爪がある部分は問題ないのですが、まだ、爪が伸び切っていない部分、露出している部分は、靴下を履くだけで、圧力が掛かると薄い皮膚に触れるので「 痛い」のですね。 すなわち、靴も履くのが難しい状態です。 皆様の中には「絆創膏で」なんて方も多いようですが・・。 アクリルやプラスチックの爪カバーのようなものは無いかな?と探してみましたが、ないですしね。 しかたなく、包帯を重ねたりして、少しでも圧力が和らぐようにしてみました。 しかし、毎日、包帯を巻くのには余計な時間も掛かりますし、出張先や旅行先ではなおさら面倒です。 足の指保護 色々と調べておりましたら、良いものがありました。 ウォーキングや登山する際に、靴擦れ 靴ずれ するような方向けの足の指保護グッズですね。 上記の「足指保護キャップ」は4個セットのもあり、この価格ですので、そんなに高くないですし、かなり重宝致しました。 これで3日間の旅行も、全く痛い思いせずに行けましたので、お勧めです。 水で洗えば、複数回、使えます。 Sサイズ、Lサイズなど、足の指サイズに応じて、ご購入時には選択ご注意願います。 すぐには届かない場合がありますので、お早めにご注文を。 爪に必要な栄養分 爪が伸びるのに必要な栄養は下記の通りです。 ケラチン、コラーゲン、亜鉛、B2、B6、ビタミンC 特にケラチンとコラーゲンは必須です。 と言う事で、動物性タンパク質とコラーゲンの取れる「鶏肉」なんかを良く食べました。 下記のようなサプリで、爪が伸びるのを加速させるのも良いですね。 ほぼ治りました さて、6ヶ月間くらいは、上記でご紹介した「足指保護キャップ」のお世話になりましたが、概ね9ヶ月くらいで、爪の長さは元通りの長さまで回復致しました。 しかし、爪の表面がデコボコと申しましょうか、綺麗な状態ではありません。 ただし、もう保護キャップを使わなくても全然痛みや違和感はありません。 そのうちキレイになると言う事らしいと言う事でそのまま期待していましたが、結果を申し上げますと11ヶ月目には、ケガしていたとは全くわからないほぼ綺麗な爪にと元に戻りました。

次の