高津区 アトピー。 【土曜診療あり】川崎市内の皮膚科・アレルギー科!おすすめ情報も掲載《アトピー・じんましん》

川崎市のアトピー性皮膚炎の専門治療が可能な病院 41件 【病院なび】

高津区 アトピー

当院略歴 1957年当地に当院医院長の父:月岡三郎が「神奈川診療所」 (有床で内科・皮膚科・小児科・外科・産婦人科)を開院。 志半ばで父が急逝し同診療所は閉院。 2007年10月、当地につきおかメディカルクリニックが開院。 開業以来近隣の皆様の健康管理に真摯に取り組ませていただき早くも10数年が過ぎました。 患者様に対しては病状等とその治療方針をなるべくご理解いただけるよう説明しております。 定期通院されている患者様においては定期処方だけではなく、適時採血や当院で可能な検査を行い全身の健康管理も怠らないように努めております。 自宅での血圧も重要視しております。 また適時血液検査、心電図、血管年齢等の検査を致します。 定期的な血糖値とHbA1cの検査は静脈からの採血ではなく指先からの簡単な採血で6分ほどで結果が分かります。 症状が強いときは内服治療も併用いたします。 複数の空気清浄機により院内空気の除菌・ウイルス減少・脱臭に努めております。 当院では紫外線スリッパ消毒装置と手作業による除菌と脱臭された清潔なスリッパを御使用いただいております。 玄関・院内バリアフリー。

次の

北浜こどもクリニック(川崎市高津区

高津区 アトピー

薬の塗り方もきちんと指導!具体的に使い方を教えてくれる 皮膚科では、湿疹やアトピー性皮膚炎、ニキビ、粉瘤、ほくろなどの皮膚疾患の診療を行っています。 患者さんの薬の使い方が重要と考えられているため、納得して治療に取り組んでもらえる説明に努めています。 症状の改善具合に影響する場合もあるので、「薬を何日間どれくらい塗ればいいのか」、「どれくらいの日数でどれだけ改善するのか」など具体的に伝えられています。 保険適応の治療機器導入!レーザー治療機器もあり 幅広く皮膚疾患を診られているので、治療に使える医療器具をそろえられています。 アトピー性皮膚炎や乾癬で使用する紫外線療法機器は、全身用と局所用の2台を用意しています。 そのほかにも、レーザー治療機器があり、一部のしみ・あざは保険適応で治療を受けることが可能です。 各種検査を実施!皮膚の一部を採取する皮膚生検も対応 疾患の有無について調べる各種検査を実施している診療所です。 血液を採取し40種類近くのアレルゲンをまとめて判定できるアレルギー検査や悪性の疑いがあるできものには局所麻酔をかけて皮膚の一部を採取する皮膚生検を行っています。 ウイルス性イボとタコやウオノメの鑑別判定に使うダーモスコピーも対応しています。 アトピー性皮膚炎も診てくれる!さまざまな治療法を取り入れ アレルギーが原因として考えられるアトピー性皮膚炎の診療では、一人ひとりに合った治療計画を立てるため、まずは患者さんの生活環境やスキンケアについてうかがっています。 治療は内服薬や外用薬を処方するほか、光線治療も取り入れています。 プロアクティブ療法と呼ばれる定期的に受診しながら外用薬を調整して使用し皮膚の状態をコントロールする方法も重視しています。 光線療法を導入!患部のみに照射して症状緩和を目指す 尋常性白斑や掌蹠膿疱症の治療には、エキシマライトを使った光線療法を実施しています。 紫外線を患部に照射し、症状の改善を図っていく治療方法です。 従来の紫外線療法より少ない照射で済み、症状が治まるのが早まったり、健常部への紫外線照射を避けられたりするといったメリットがあります。 皮膚科疾患全般の診療に対応!状況に応じて医療機関へ紹介 虫さされや水虫、アトピー性皮膚炎など、皮膚科疾患全般の診療を行っています。 患者さんに説明したうえで、一過性のものならなるべく早い改善、長期間かかるものなら症状をコントロールし、日常生活への負担が抑えられる治療を心がけているのが特徴です。 また、診療所でできることとできないこともしっかり判断し、状況に応じてほかの医療機関の紹介も行っています。 リラックスして過ごせるよう工夫!待合室には雑誌を用意 患者さんがリラックスして診療を受けられる、環境づくりに取り組まれています。 待合室は明るく広い空間になっており、患者さんが待ち時間に退屈しないよう、さまざまなジャンルの雑誌をそろえています。 また、診察では電子カルテを使用し画面を見ながら説明が受けられるほか、電動ベッドを設置するなど患者さんの負担軽減にもつながっています。 患者さんに合わせたニキビ治療!生活習慣やスキンケアを見直し 宮前平すずらん皮ふ科クリニックでは、患者さんの症状や肌の状態などに合わせてにきび治療を行っています。 内服タイプや外用タイプの抗菌薬を処方しているクリニックです。 そのほか、スキンケア方法や生活習慣の見直しのほか、ホルモンの働きを抑える内服薬を使用する場合もあります。 ナローバンドUVB療法を導入!副作用軽減を期待できる治療 乾癬やアトピー性皮膚炎など慢性的な皮膚疾患の治療では、外用薬や内服薬で改善が見られない人を対象に、ナローバンドUVB装置という紫外線を患部に照射する光線療法を実施しています。 有害な波長の光などをカットした状態であてるので、副作用を少なくして治療を受けることが可能になっています。 その他 川崎市のクリニック一覧• 元住吉駅西出口徒歩2分 神奈川県川崎市中原区木月1丁目31-3徳稙ビル2階( 「元住吉駅」から徒歩約2分。 「皮膚科専門医」の資格を持つ女性院長が診察にあたります• 川崎駅西口徒歩15分 神奈川県川崎市幸区南幸町1-27-1(• 宮前平駅車15分 神奈川県川崎市宮前区菅生2丁目16-1( 聖マリアンナ医科大学病院は、神奈川県川崎市宮前区にある病院です。 武蔵新城駅分 神奈川県川崎市中原区上新城2丁目11-29武蔵新城メディカルビル3F( 武蔵新城駅すぐの、土曜日も診療が行われている医院さんです• 武蔵溝ノ口駅北口徒歩3分 神奈川県川崎市高津区溝口2丁目9-12マルヒロビル6-2F( 「皮膚科専門医」である女性医師の院長がアトピー性皮膚炎・じんましんなど幅広く対応• 武蔵小杉駅南口徒歩1分 神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1302ららテラス4F( 「武蔵小杉駅」より徒歩約1分。 皮膚科専門医がさまざまな皮膚のお悩みにお応えします• 登戸駅分 神奈川県川崎市多摩区登戸3356-1ルークス1階( アトピー性皮膚炎や帯状疱疹に、「皮膚科専門医」の女性医師がていねいに向き合います• 元住吉駅分 神奈川県川崎市中原区井田1丁目36-3メディパーク川崎井田( 女性「皮膚科専門医」が子どものアトピーなどを診療。 クリニックモール内の皮膚科です• 武蔵小杉駅南口徒歩1分 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目441-1ベル・クレール武蔵小杉2階( 武蔵小杉駅徒歩1分、土曜も昼13時まで診療する皮膚科。 女性医師も在籍しています 岩手県• 宮城県• 山形県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 富山県• 石川県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 鹿児島県• 大分県•

次の

川崎市高津区・武蔵新城駅の内科・皮膚科 つきおかメディカルクリニック

高津区 アトピー

アトピー性皮膚炎が心配な方 アトピー性皮膚炎とは、慢性的に(定義では子どもで2か月、成人で6か月以上)、左右対称に広範囲に、典型的な部位に(顔、首、肘や膝の裏など)湿疹が出る病気です。 湿疹とは皮膚の表面がガサガサし、赤く炎症を起こし、強いかゆみがある状態です。 アトピー性皮膚炎以外にも湿疹を起こす病気はたくさんあります。 ご自身がアトピー性皮膚炎でないかと心配になった時、皮膚科のクリニックが適しています。 アトピー性皮膚炎は子供が多くかかる病気であり、治療の期間も長く、また医師によって治療に対する考え方、薬の使い方に違いがありますので、相性が合う医師、クリニック、病院で治療を受けるのが望ましいです。 アトピ... アトピー性皮膚炎でお困りの方 アトピー性皮膚炎の基本的な治療は3つあります。 原因となるアレルゲン、刺激(湿疹の部位を手で掻くなど)を避けること、保湿を主体としたスキンケアをすること、必要な場合にステロイド外用剤を使うことです。 ステロイド以外の塗り薬としては免疫抑制薬が使われます。 飲み薬として免疫抑制薬や、かゆみに対して抗ヒスタミン薬を使うことがあります。 医師によって、塗り薬・飲み薬の使い方が異なります。 治療をしていても症状が治まらない場合は、他のクリニックや病院を受診してみるのも良いでしょう。 治療の期間も長く、繰り返すことも多い病気なので、医師との相性も大切です。

次の