地震 速報 今。 3.11直前と酷似する異常変動 専門家が4つの警戒ゾーン指摘

「緊急地震速報」のYahoo!検索(リアルタイム)

地震 速報 今

手指消毒は必須、居住区域では土足厳禁に 20年5月11日朝9時前に茨城県沖で発生した地震では、茨城県水戸市や千葉県旭市で最大震度3を観測した。 テレビからは緊急地震速報が鳴り響き、ツイッターには11日朝、「地震大丈夫」「地震警報」「地震の予言」などといったワードがトレンド入りした。 多くの人が不安を募らせている。 自然災害では、感染症が心配だ。 厚生労働省は公式サイト上で、「」を公開している。 災害時には感染症の拡大リスクが高まり、とくに避難所での衛生状態の維持が重要だとしている。 そこで、基本的な手洗いや咳エチケットが大切。 しかし、流水で手洗いができない場合も考えられる。 その際はアルコールを含んだ手指の消毒薬を使用するよう推奨している。 避難所では他人と共用するトイレも、衛生管理が必要となる。 トイレ内で汚染された履物から感染が広まる恐れがあるため、居住区域では土足厳禁。 使用前後には便座を拭く、手洗い場とトイレはなるべく近くに設置するなどだ。 状況に応じて「避難所に行かない」も選択肢 一方、新型コロナウイルスの感染が拡大している現在、避難所では「密閉」「密集」「密接」の3つの「密」が不安だ。 この点、千葉市が20年5月1日に公開したで、基本的な考え方として、第一に避難所の過密状態の防止を挙げている。 具体的な対策法は次の通り。 災害が発生した際、市側はまず避難場所に収容しきれない状況や安全性から判断し、自宅にとどまる「在宅避難」または親族や友人宅への避難を優先するように周知する、とある。 被災者にとっては「避難所に行かない」も、状況によっては選択肢となるわけだ。 避難してきた被災者が車中泊する場合は、エコノミークラス症候群対策として避難所内の情報掲示板に注意喚起のチラシを掲示する。 避難所においては、十分な換気に努め、避難者の居住スペースを可能な範囲で広く確保する。 また、飛沫が飛ばないよう、避難者同士の間隔を2メートルほど確保する、としている。 もし感染が疑われる避難者を一時的に避難所内に待機させる場合には、可能な限り個室の専用スペースとトイレを確保する。 それが難しい場合には、パーテイションで区切るなど工夫する。 避難者も、感染拡大を防ぐ努力が必要なのは言うまでもないだろう。

次の

過去の地震情報 (日付の新しい順)

地震 速報 今

4月26日に、茨城県南部で震度4の地震が観測され、5月6日には、千葉県西部でも震度4を記録。 さらに岐阜県の飛騨地方でも、震度2~4の群発地震が発生している。 「かつて、それぞれが1000人以上の死者を出した『四大地震』と呼ばれる地震がありました。 最初は、1943年に発生した鳥取地震。 続いて、1944年の東南海地震、1945年の三河地震、1946年の南海地震です。 これらの地震は、太平洋北西部のフィリピン海プレートが南から北に圧力をかけた結果、ユーラシアプレートが圧縮されて起きた地震です。 そして現在、日本の岩盤は、1946年の南海地震直前に酷似した状況にあるんです」 それは、2016年に起きた熊本地震から始まっているという。 「熊本地震と、同年の鳥取県中部地震、2017年の韓国・浦項地震、2018年の大阪府北部地震。 これらすべてが、昭和の四大地震と同じく、フィリピン海プレートの圧力により発生した地震です。 南海地震は、鳥取地震から3年後に発生しました。 2020年は、熊本地震・鳥取地震から4年後です。 「5月20日午後から東京湾で、震源の深さ約20kmの地震が7回続いています。 こんなことは、1923年から記録している地震データベースでも、初めての現象です。 東京湾を震源とする直下型地震が起きて、津波が発生するかもしれません。 東京は低地が多く、地下街もあるので、小規模な津波でも、甚大な被害に繋がります」 2つの地震は、日本全体に致命的なダメージを与える。 「私の試算では、47万人以上が犠牲になります。 さらにコロナウイルスの影響で、世界的に食糧の価格が高騰しています。 『震災による経済危機から、食糧難による大飢饉』という最悪のシナリオもあり得ます」 新型コロナウイルスだけでなく、地震に対しても万全に備えたい。

次の

気象庁|緊急地震速報(予報)発表状況

地震 速報 今

ネットを見ていたら地震速報が今でました。 2020年2月17日 12時40分ごろ茨城県南部 最大震度3 マグニチュード 4. 4 深さ 50㎞ この地震による津波の心配はありません。 今年に入ってから今日まで茨城県が震源地の地震は9件ありました。 2020年1月14日 マグニチュード5. 0 最大震度4 2020年2月1日 マグニチュード5. 3 最大震度4 月1度のペースで最大震度4の地震が発生していますが、震度1~震度3の地震もちょくちょく起こっております。 最近、茨城県が震源地になっている地震が多いです。 夜中に地震速報が入るとドキドキして、それから少しの間は眠れなくなってしまいます。 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、大規模な地震と津波で多くの人 約1万6000人 が亡くなってしまいました。 その地震がまたいつ起こるか、もしかしたら今日起きてしまうのではないか、地震速報が流れるたびにビクビクしてしまいます。 2004年には、新潟県中越地震、1995年には、阪神淡路大震災が記憶にあると思います。 どの大震災も震度7が観測されています。 震源地ごとの地震観測回数を見てみると 2019年11月9日~2020年2月17日 茨城県北部 21回 マグニチュード4. 8 宮城県沖 20回 マグニチュード4. 6 福島県沖 16回 マグニチュード5. 5 茨城県南部 16回 マグニチュード5. 3 熊本県熊本地方 15回 マグニチュード3. 4 3ヶ月の間に茨城県北部と南部で地震が発生していることが多いことがわかりました。 日本は地震大国とも言われ、日本列島のまわりでは4つのプレート 北米プレート・ユーラシアプレート・太平洋プレート・フィリピン海プレート がぶつかりあっているので、正解的にも地震が多い国なのです。 地球の表面はプレートという巨大な岩の地面で形成されており、地面は毎年数センチずつ動いています。 地面が動くと陸のプレートと海のプレートの境目にだんだん歪みができてきます。 その歪みがたえられなくなると、ポンッと跳ね上がり、このとき地震が発生します。 海底で起こった場合、海面がもりあがり周りに広がっていくのが津波になります。 この跳ね上がりが大きいほど、大きな津波へと変わっていきます。 今の日本は、マグニチュード8クラスの大きな地震が100~200年間隔で発生しているので、いつ起きてもおかしくない状況にあるため、24時間態勢で監視をしているそうです。 今、地震の発生が予想されている場所は、東京都の首都直下地震は、政府の地震調査委員会が今後30年以内に70%の確立で発生すると予測しています。 マグニチュード7程度の大地震だそうです。 江戸時代から関東大震災に至るまでの過去の地震の歴史記録などをもとに予想されいてるそうです。 今まで起きてきていることなので、絶対にないとはいえないと思います。 もし、起きてしまっても最小限の災害にしなくてはならないと思うので、建物を耐震化にするなど対策が必要だと思います。 東京都内では、激しい交通渋滞や電車のストップなどで通勤だったり、帰宅困難になるでしょう。 行政の対策も必要ですが、一人一人が助け合い、どうすべきか考えておかないとならない問題だと思います。

次の