アメトーーク ノン フィクション。 52歳クズ芸人が事務所をクビに…「ザ・ノンフィクション」密着

(ノン)フィクションラブ~このふたり、全部ウソ。~【第1話】34歳のネタバレ・感想!

アメトーーク ノン フィクション

しかし、この規定のなかの「文学以外」という限定ははずしてもかまわないと思われる。 現在では、ノンフィクション作品は、りっぱな文学作品として認められていて、現代文学の世界で大きな位置を占めているからだ。 [川村 湊] 海外のノンフィクション古代のギリシアでは神々の物語として「神話」が、そして人々の物語として「歴史」があった。 ホメロスの『イリアス』『オデュッセイア』は神と人との物語として「神話物語(=フィクションの原型)」として位置づけられていたが、シュリーマンの遺跡発掘によって、現実にあった歴史を素材とした、いわばノンフィクション作品であることが証明された。 ヘロドトスやトゥキディデスの『歴史』やカエサルの『ガリア戦記』、司馬遷 しばせん の『史記』などの歴史書が、もっとも早い時期のノンフィクション作品ということができ、それは神々の物語としての「神話」や、その発展形態としての伝説、綺譚 きたん 、妖精 ようせい 物語、ロマンスなどのフィクション(=虚構、小説)と、ジャンル的に分離・区分されるようになったのである。 近代においてもジョン・リードの『世界をゆるがした十日間』(1919)やエドガー・スノーの『中国の赤い星』(1937)など、革命や戦争に密着したドキュメンタリーとしてのノンフィクション作品が書かれたが、記録文学、ドキュメンタリーといったさまざまなジャンル名をまとめるような形で「ノンフィクション」と称されるようになったのは、第二次世界大戦後のことであって、アメリカのジャーナリズムにおいて従来の記録や報道、または実話小説などと違ったノンフィクション作品が書かれるようになってからのことだ。 代表的なものとしてトルーマン・カポーティの『冷血』(1966)をあげることができる。 もちろん、それ以前にもアンドレ・ジッドの『ソビエト紀行』(1936)やジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌 さんか 』(1938)のような著名な小説家によるノンフィクション作品(紀行、記録、報告)がなかったわけではない。 しかし、文学作品としてのノンフィクションが認識されるようになったのは、欧米においても、日本においてもごく近年のことに属しているのである。 [川村 湊] 日本のノンフィクション記録文学、ルポルタージュ文学といった名称で、ノンフィクション作品はこれまでも日本の文学史において登録されてきた。 ノンフィクション作家、ノンフィクション文学という言葉があたりまえのように流通し、ノンフィクション作品を対象とした大宅壮一ノンフィクション賞のような文学賞も創設された。 こうしたノンフィクション文学というジャンルの確立には、何人かの小説家の力があったと思われる。 第二次世界大戦後のこうした分野を活発化させたのは坂口安吾 あんご であり、『安吾巷談 こうだん 』(1950)や『安吾新日本地理』(1951)などの作品は明らかに戦後のノンフィクションのはしりである。 それは小説家の手すさびのエッセイ、漫筆ではなく、社会現象や事件、現実・事実を相手にした作家の真剣な表現活動の取組みだったのである(それがやや余裕の産物のようにみえたとしても)。 もっと現代に近いところでそうしたノンフィクション作品の試みを行ったのが、開高健 かいこうたけし である。 彼は『片隅の迷路』(1962)のような、現実に起こった徳島ラジオ商殺しという冤罪 えんざい 事件を小説として書くかたわら、『ずばり東京』(1964)や『ベトナム戦記』(1965)といったルポルタージュ作品を書き、大都市東京というキメラのような街や、ベトナム戦争という世界の矛盾の輻輳 ふくそう する場所から現代社会、現代の戦争についての報告を行ったのである。 もう一人、ノンフィクションを書いた小説家として梶山季之 としゆき をあげることができる。 『黒の試走車』(1962)などの産業スパイ小説で、一世を風靡 ふうび した彼は、週刊誌の取材記者、ルポルタージュ記事の書き手として「トップ屋」とよばれるノンフィクション作家たちの先頭にたった。 日韓関係、原爆問題、移民問題を中心に、政治・経済・犯罪・芸能界など、彼の守備範囲は広く、また、反体制的、社会批判的なスタンスは、その後のノンフィクション・ライターの反骨精神につながったといえる。 それはまた、大宅壮一 おおやそういち の大衆社会への批評性につながり、また、松本清張 せいちょう の現代社会の暗黒面を暴き出した『日本の黒い霧』などのノンフィクション作品にもつながっている。 石牟礼の『苦海浄土』(1969)、上野の『地の底の笑い話』(1967)、松下の『狼煙 のろし を見よ』(1987)などは、社会的事件に題材を仰いだものだが、作者の詩情や感性がその作品の底を流れているのが特徴的である。 沢木耕太郎は人物評伝のスタイルで『人の砂漠』(1977)を書き、テロ事件の被害者と加害者とを両面から描いた『テロルの決算』(1978)を書いた。 鎌田慧は『自動車絶望工場』(1973)で、体験的ルポルタージュの道を開いた。 柳田邦男は『マッハの恐怖』(1971)で、現代の航空機事故が、社会のあらゆる方面からの影響力とあらゆる方面への波及力をもっていることを示した。 彼らは、国内、国外を問わない旺盛なフィールドワークと、緻密 ちみつ な文献資料の活用によって、ノンフィクション作品をより広く、一般的な文学作品として定着させていった。 猪瀬の『ミカドの肖像』(1986)は、日本の近代の天皇制と西武資本との「結託」を論証し、佐野の『巨怪伝』(1994)は政治家の近代史を、吉田の『下下戦記』(1987)は水俣 みなまた 病の患者世界を、吉岡の『墜落の夏』(1986)は日航機墜落事故を、関川の『海峡を越えたホームラン』(1984)は、日韓の野球社会を、久田の『サーカス村裏通り』(1986)は、日本のわびしいサーカス団の世界を、野村の『海の果ての祖国』(1987)は、サイパン移民の世界を、それぞれ新鮮な視角から描き出し、ノンフィクション作家として成長していった。

次の

アメトーーク 2月20日 フジテレビに許可なし!?大好きな番組を語る「ザ・ノンフィクション大好き芸人」

アメトーーク ノン フィクション

クエンティン・タランティーノ監督の映画『』は、1994年10月14日にアメリカの映画館で公開された。 製作を請け負った映画会社ミラマックスが、ディズニーに買収された直後にリリースされたこの映画は、ディズニー映画史上最も暴力的な作品と言えるかもしれない。 しかし、公開から20年経った今でも人々を魅了し続ける魔力が、この映画にはある。 何年もの間『パルプ・フィクション』は、タランティーノ監督のカルト的なファンたちの間で、様々に解釈されてきた。 中には、映画の世界観そのものをひっくり返しかねないものまである。 一度、ファンたちが繰り広げるこうした「都市伝説」を読んでしまったら、あなたはもう二度と同じようにこの映画を見ることができなくなるかもしれない。 スーツケースの中には、ギャングのボス、マーセルス・ウォレスの「魂」が入っている。 『パルプ・フィクション』では、物語の仕掛けとしてブリーフケースが使われているが、その中に何が入っているかは、一切説明されていない。 そのため、ファンたちは勝手な解釈を作り上げ、中に入っているのは放射性物質だとか、タランティーノ監督の処女作『レサボア・ドッグズ』で登場したダイヤモンドでは、などといった憶測を。 しかし、最も支持されている説は、ブリーフケースに入っているのはギャングのボス、マーセルス・ウォレスの「魂」だというものだ。 都市伝説サイト「」には、このように書かれている。 マーセルス・ウォレスが最初に登場したシーンを思い出してほしい。 最初のショットには、彼の後頭部が映っていて、そこには絆創膏が貼ってあった。 また、ブリーフケースの鍵の番号が「666」だったことにも注意してほしい。 さらに、誰かがそのスーツケースを開けるたびに、必ず中身が光を発していたこと、開けた人はその美しさに呆然していたことも思い出してほしい。 そして、誰もが言葉を失っていた。 ここで、聖書に書いてあることを思い出そう。 悪魔は、人の後頭部から魂を盗んでいくのだ。 そう、ご明察のとおり。 人間の一番美しいものとは何か。 それは魂だ。 マーセルス・ウォレスは自分の魂を悪魔に売ってしまい、それを買い戻そうとしていたのだ。 つまり、映画の冒頭に登場する3人のチンピラは、その悪魔の手下なのだ。 また、最後にチンピラがトイレから飛び出して、銃を手に襲いかかってくるときも、ジュールスとヴィンセントは怪我をしなかった。 これは、2人がマーセルス・ウォレスの魂を救済しようとしていたから、「神が降臨して弾丸を止めた」からだ。 神が2人を守ったのだ。 1995年ののインタビューで、サミュエル・L・ジャクソンは、タランティーノ監督にブリーフケースの中身について聞いたときのことを語っている。 監督の答えは『お前が入っていてほしいと願うものさ』だったという。 『パルプ・フィクション』の「パルプ」とは「トイレットペーパー」のことである。 もし登場人物全員が、もっと早くトイレを済ませていたなら、映画の展開は全く違ったものになったはずだ。 ヴィンセント・ヴェガがに行くたびに、必ずヤバいことが起きる。 例えば、ヴィンセントがミア・ウォレスの家のトイレでのんびりしていたら、ミアは彼のヘロインを過剰摂取してしまった。 また、もし彼がダイナーのトイレで、コミック本の『』を読んでいなかったら、ジュールス・ウィンフィールドは、泥棒たちとのんびり話はできなかったはずだ。 さらに、もし彼がブッチ・クーリッジの家で、また『モデスティ・ブレイズ』を読んでいなかったなら、彼は逃亡中だったボクサーを余裕で殺せたはずだ。 ヤバいことが起きるのは彼がトイレに行ったときだけとは限らないが、ヴィンセントの長ーいトイレのおかげで、他の登場人物たちは色々と。 例えば、ブレットのアパートに現れた暗殺者は、もしヴィンセントがトイレでグズグズしていなければ最初から部屋にいられたはずだし、その結果、彼とマービンは二人とも死なずにすんだはずだ。 ダイナーのトイレでミアがコカインを吸ったことによる他の登場人物への影響はそこまでなかったが、もし彼女もトイレに行っていなかったら過剰摂取にならずに済んだかも知れなかった。 『モデスティ・ブレイズ』のように、この映画は実は「トイレ・フィクション」なのかもしれない。 ジュールス・ウィンフィールドが暗誦した「エゼキエル書25章17説」は実際の聖書の一節ではないが、もしかしたらタランティーノ監督の世界ではそう翻訳されていたのかもしれない。 ブレットをアパートで処刑する前、ジュールス・ウィンフィールドは、聖書から「エゼキエル書25章17節」を暗誦する。 心正しき者の歩む道は、心悪しき者のよこしまな利己と暴虐によって行く手を阻まれる。 愛と善意の名において暗黒の谷で弱き者を導く者は幸いなり。 なぜなら、彼こそは真に兄弟を守り、迷い子達を救う羊飼いなり。 よって我は、怒りに満ちた懲罰と大いなる復讐をもって、我が兄弟を毒し、滅ぼそうとする汝に制裁を下すのだ。 そして、我が汝に復讐する時、汝は我が主である事を知るだろう。 これは現実世界におけるの一節ではなく、1976年に公開された千葉真一の映画『』の序文から引用したものだ。 だが、タランティーノの世界では、きっと聖書もこのように超暴力的なのである。 ネット掲示板「Reddit」ユーザーのProfessorStephenHawkさんはこのように。 「もし聖書がこのように訳されていたならば、心悪しき者を『打ち倒す』ことを正義とする世界を作り上げていただろう。 『悪しき者を打ち倒すために暴力を用いる者にこそ、恵みあれ』という世界だ。 そして、このように聖書の言葉が翻訳されていたら、はるかに多くのイケてる悪者にあふれた歴史だっただろう』。 タランティーノ作品で表現されている超暴力は、もっとジャンゴ的な、正義のためには報復を辞さないイエス・キリストを聖書が描いていたら、とても自然なものだっただろう。 ヴィンセント・ヴェガとジュールス・ウィンフィールドは、ブレットのアパートからマーセルス・ウォレスのブリーフケースを回収しようとするが、そこへいきなり暗殺者が現れ、彼らを撃ち殺そうとする。 しかし、弾丸は全て外れ、暗殺者は返り討ちにあう。 暗殺者を殺したあと、ジュールスは、これは『神の力』のおかげだと言い始める。 「俺たちは死んでたはずだ」「神が降臨してこのクソッたれな弾を止めてくれたんだ」と言う。 ところがこのシーンで、ヴィンセントとジュールスを襲った男が撃った外れ弾によるらしい後ろの弾痕は、男が飛び出してくる前からそこに開いていた。 ほとんどの人は、これをセット設計のミスで、映画史でも有数の名NGシーンだと片づけるだろう。 だがもしこれがミスでなかったとしたら? この説を唱える人は、二人を殺そうとしていた暗殺者は気付かずにを使っていて、だから「発砲した時にリボルバーの弾倉が回転しなかった」というのだ。 そう考えれば、あれほどの至近距離にいながら、何発も外したことの説明になるとともに、ジュールスの「これは神がもたらした奇跡だ」という確信がおそらく事実ではないことを示唆する。 それまでにも、「どうして神が自分たちに手を差し伸べたりするのか」というジュールスと、そして特にヴィンセントの疑問は度々描写されており、そこにタランティーノ監督は、さらなる混乱を与えようとしたのだろう。 とは言ったものの、アパートで繰り広げられるシーンの前半部分では、壁にまだ穴は空いていなかった。 没になったミアが主演の映画試作品は、『キル・ビル』だった。 これをどうとるかはあなた次第だが、タランティーノ監督は『キル・ビル』について、『』だと言っている。 これは、タランティーノ監督のより日常を描いた映画、つまり『パルプ・フィクション』の中の登場人物が物語の中で見に行くような映画という意味だろう。 『パルプ・フィクション』が他のタランティーノ映画と関連している点はこれだけでない。 『レザボア・ドッグス』のヴィック・ヴェガはヴィンセント・ヴェガのである。 タランティーノ監督は『パルプ・フィクション』に登場した架空のタバコ銘柄「」も他の作品で何度も使っている。 いかがだっただろう? いずれにせよ、20年経った今でも、ヴィンセント・ヴェガほどイカしたツイストを踊れる男はいない。

次の

(ノン)フィクションラブ~このふたり、全部ウソ。~【第1話】34歳のネタバレ・感想!

アメトーーク ノン フィクション

「フィクションであり…」で答えていいのかな(笑) といいますか、ノンフィクションの場合、定型的な文章はあまりないような。 「この物語は事実に基づいています」とか… ちなみに「洋画」カテゴリなので、アメリカ映画のエンド・タイトルに出る「定型文」を書いてみますね。 いろんな表現がありますが(映画会社によって違ったりする)パターンとしては、だいたいこんな感じです。 No identification with actual persons,places,buildings and products is intended or should be inferred. " これと、「著作権主張(この映画はアメリカと他の国の法律により守られており…云々)」と「この映画では動物は傷つけてません」というアメリカン・ヒューマン・アソシエーションの文、これら3つがだいたいセットで、エンド・タイトルの最後にずらずら出てきます。 Q この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません。 と書いてありますが、これには恐らく続きとして「特定のものへの批判中傷ではありません」と書いてあると思います。 ふと思ったのですが、風刺のような作品の場合、これって引っかかりませんか? 風刺とは、特定のものへの意見であり、捉え方によっては批判中傷ですよね? 僕は今、自分という個人に起きた、僕としては理不尽なことを小説に書いてどこかに発表してやろうかと思ってます。 でも、思ってるだけです。 仮に僕がこれを出版できた場合、この文句が入ると思いますが、その場合、この約束文句に対して嘘を言うことになりますよね。 僕に起きた理不尽な経験を作品の題材として書けば、当然その経験は現実に起きたことだから、誰かを批判することになります。 このこの物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません~~という件は、どこまで踏み込んでいいものなのでしょうか。 A ベストアンサー 「このこの物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません」と言うのは、定型文書であり、言い訳でも有ります。 実際に全くの想像ばかりで書かれた小説はそれ程存在すると思いません。 必ず、現実に起こったことを元にしたり、織り交ぜたりする必要が出てきます。 当然、貴方の経験を元に書かれた小説が、登場人物や会社の名前を変えて書いたとしても、その内容から現実に有った事で、ある人物や会社を誹謗している事が知っている人には分かる内容ですと、幾らノンフィクションだと書いてあっても、名誉毀損の裁判を起こされる可能性が生じます。 ですから、現実に有ったことを下敷きにして、関係者に現実に有ったこととして認識されないレベルの、変形+創作が必要になります。 ノンフィクションの小説をその視点で読めば、ここら辺のさじ加減が分かると思います。 Q すみません。 教えて下さい。 現在、動画を作成しているのですが、 『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、 ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?) を作りたいと思っています。 しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。 知りたい事を箇条書きにしてみます。 その順番を知りたいです。 ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。 よろしくお願いします。 すみません。 教えて下さい。 現在、動画を作成しているのですが、 『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、 ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?) を作りたいと思っています。 しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。 知りたい事を箇条書きにしてみます。 A ベストアンサー 実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。 オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。 邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。 てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか? ・Presents(つくった方や会社名など) ・In Association with 協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名) ・CAST ・Exective Producer ・Producer ・Co-Producer(共同プロデューサー) ・Written by (脚本を担当された方) ・Director of Photography(撮影された方) ・Music by(音楽 ・Production Designer(美術を担当された方) ・Costume Design (衣装デザイン) ・Editor(編集された方) ・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者) ・Visual Effects (特殊効果) 他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。 imdb. 次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。 邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。 で、最後に Directed by これは質問者さんの名前でしょうか?) スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。 実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。 オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。 邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。 てなわけで、こん... A ベストアンサー 少女漫画のコミックを数点確認しましたが、 「花とゆめ」は『フィクションです。 』とは、書いてありますねー。 「KCなかよし」は書いてありません。 「少コミフラワーコミックス」にも書いてありません。 対象年齢が低いと書かれていないような。 対象年齢が低いほど、書いてあった方がいいような。 いくつか想像してみましたが、すっきりする答えは思いつきませんでした。 「この作品はフィクションです。 」をつけるようになった訳ですが、調べてはみたのですが、ソースは見つかりませんでした。 確か昔の特撮の敵の名前が、どこかの領事館の息子と同じだったため、いじめにあったとか。 それが始まりだと聞いた事があります。 Q 思ったんですが、違法ダウンロードがバレる仕組みってどうなっているんですか? 例えば、ニコニコ動画、YouTube、FC2動画、torrentに違法アップロードされている動画、音楽、ゲーム等をダウンロードした場合どうやってダウンロードしたのがわかるのか? 各動画サイトやtorrentサイトで運営が常に監視しているんですか? ダウンロードした瞬間にIPアドレスがわかってそれをプロバイダに連絡して警告やメーカー、著作権のある者に伝えるんですか? あ、メーカーや著作権のある者が監視しているのか? この辺がわからないんです。 そもそもダウンロード禁止法の前に違法アップロードの方が疎かになっていませんか? 根本的なところを直さなければ無くならないと思うですが。 毎日新しい違法アップロードが行われてます。 (削除されてもまたアップロードされている) この法律機能しているんですか? A ベストアンサー 違法ダウンロードは摘発されなければならないという、あなたの法解釈が間違っているのだと思います。 違法アップロードに関しては厳密な処置がおこなわれているようですし、違法ダウンロードというのは、違法アップロードした側と違法ダウンロードした側に利益関係がある場合でないと法規制出来ないのではないでしょうか。 たとえば、あなたがDVDソフトを違法にYouTubeにアップロードします。 アップロードしたのを仲間に連絡して、何千人という仲間が一斉に違法ダウンロードをおこなったというものだったら、確かに摘発されて当然でしょうが、そういう集団犯罪行為が証明されない限りは逮捕も処罰も出来ないだろうと思います。 まして、誰もが録画しているテレビ番組の内容が投稿されて、それをダウンロードしたから著作権違反で逮捕なんてやったら、逮捕された側はテレビを録画したら合法なのに、YouTubeからダウンロードしたら違法なのかと、逆に裁判にかける可能性が大きいですし、事実上は取り締まれないのだろうと思います。 改正著作権法をもう一度読み直してはいかがでしょうか。 (以下リンク参照。 itmedia. html 違法ダウンロードは摘発されなければならないという、あなたの法解釈が間違っているのだと思います。 違法アップロードに関しては厳密な処置がおこなわれているようですし、違法ダウンロードというのは、違法アップロードした側と違法ダウンロードした側に利益関係がある場合でないと法規制出来ないのではないでしょうか。 たとえば、あなたがDVDソフトを違法にYouTubeにアップロードします。 アップロードしたのを仲間に連絡して、何千人という仲間が一斉に違法ダウンロードをおこなったという... 頭の中で、 フィクションが事実でないこと。 「non」で打ち消して、事実でなくない(二重否定)ので、ノンフィクションが事実という意味だ。 仮に、実話という意味で「fact」という単語があって、虚構という意味で「nonfact」という単語があれば、分かり易いと思うのですが。。。 同様に違和感を感じている方はいませんか? 適切な表現かどうかわかりませんが、これ以外に、二重否定で表の意味(?)の言葉を表す例はないでしょうか? A ベストアンサー これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。 ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。 常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそのまま使え、「捉える」は「とらえる」と書くのが正しいということになるでしょう。 ただ、慣用的に使われている状況というのは、あくまで多くの人が見てどちらが自然な使い方に見えるかどうかということでしかなく、どちらが正しい、どちらが間違っている、というレベルの問題ではないと思います。 ですから私の感覚から言いますと、「この問題の捉え方が重要だ」、「逃げた猫をやっと捕らえた」という使い分けが自然に感じます。 4の回答もその感覚を基準にしたものです。 しかし、No. 5さんの『「映像を捕える」でも正解です。 』にも納得できます。 というのは、「映像」というものに対して「捕える」が正しいか、「捉える」が正しいか、「とらえる」が正しいかを説明できる理論的なものやオーソライズされたものがないからです。 ただひとつあるとすれば、先ほど申し上げた「常用漢字」に入っているかどうかです。 昭和56年(1981年)に定められた常用漢字1945文字のひとつが「捕(ら)える」です。 この基準に従えば、正しいのは「捕(ら)える」と「とらえる」だけです。 しかし、お上は漢字の使用に関して、教科書などを除いて実質的な制限を定めていません。 ですから「捉える」という表現も可能であり、例えば文学や歌詞の世界では「女」と書いて「ひと」と読ませたり、「昏い」と書いて「くらい」と読ませたりできるのです。 以上、自説ですが参考にしていただければと思います。 これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。 ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。 常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそ... A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...

次の