体温計 シチズン。 【楽天市場】シチズン・システムズ 体温計/シチズン 予測式体温計 CTEB

【楽天市場】シチズン・システムズ 体温計/シチズン 予測式体温計 CTEB

体温計 シチズン

シチズン CITIZEN とは? シチズン CITIZEN は東京都西東京市に本社を構え、世界各地に事業拠点を持つ 世界的な精密機器・電子機器の製造メーカーです。 シチズンと言えば時計が有名です。 その時計事業で培った小型精密加工技術を活かし、工作機械、LEDや自動車部品などの精密機械、業務用プリンターなどの精密機械、電子体温計や検圧計などの健康機器と 幅広い分野で事業を展開しています。 体温計に関しては、シチズンのグループ企業である シチズン・システムズによって製造販売されています。 また、 シンプルであるが故に他社に比べて安い価格で購入できるのも特筆すべき点です。 見た目や機能面でもシンプルなシチズンの体温計。 しかし、測定中に誤ってボタンを押してしまわないように凹んだ形状になっていたり、 シンプルながらも細かいところに配慮が行き届いていています。 シチズンの体温計の評判 シチズンの体温計は複雑な設定も必要なく、とにかく シンプルに使えるという点や、 低価格で購入できるコストパフォーマンスの高さでユーザーから 高い評価を得ています。 一方で「予測式と実測式の検温結果が違う」「正確さに欠ける」など 予測検温に対する不満を抱えている方も多いようです。 シチズンの体温計はこんな人におすすめ シチズンの体温計は機能もデザインもとにかくシンプル。 そのため、初めて体温計を買う学生さんや、初めて一人暮らしをする方の 入門用としておすすめです。 また、機能の豊富さや、便利さよりも コストパフォーマンスを重視したい方にもおすすめです。 シチズンのおすすめ体温計と選び方 シチズンの体温計の種類は大きく分けて、予測式、実測式、耳式、婦人用があり、 どの種類かによって値段が変わってきます。 また、やわらかい先端部、抗菌、防水、バックライト付きなど 付属の機能によっても値段は変わってきます。 シチズンの体温計は機能がシンプルであるが故に 「自分が体温計にどんな機能、性能を求めるか? 」をあらかじめ明確にしておくと選びやすいでしょう。 また「暗いところで見れるようにバックライト付きがいい」ということであれば、予測式・実測式兼用の体温計であり、バックライト付きの CTEB502が最適です。 さらには「出来る限り早く測りたい」ということであれば、15秒で予測検温が可能な CTE707、CTE709が良いといえるでしょう。 このように、シチズンの体温計を選ぶなら 「自分がどれくらいのスペックを体温計に求めるのか? 」を明確にしてから選びましょう。 前回測定した体温を表示できる前回値メモリーや、約16分後に自動的に電源が落ちるオートパワーオフなど普通に使う分には 十分な機能がついています。 電池1個で約3年使用できるところや、防水機能がついており 体温計をまるごと水洗いできるのも嬉しい点です。 何より、この商品の最大の特徴は リーズナブルな価格です。 シンプルな検温を低価格で行えることが最大の魅力となっています。 初めて体温計を購入する方や体調が悪いと感じた時だけ検温するなど、頻繁に検温されない方におすすめの1本です。 一方で 頻繁に検温される方や早く検温したいという方にはおすすめしません。 なぜなら実測検温のため、5分〜10分検温に時間がかかってしまうためです。 そういった方は数十秒で素早く測定できる予測式・実測式兼用の次の体温計をおすすめします。 電子体温計CTE709 この商品は約15秒で予測検温が、約10分で実測検温ができる予測式・実測式兼用の体温計です。 この商品の最大の特徴は 予測検温が素早く行えるという点です。 シチズンの体温計ラインナップの中で一番早く検温が可能です。 従来のブザーよりも聞き取りやすいピポピポ音で検温終了を教えてくれたり、防水機能がついているため丸洗いできて 衛生的に使い続けることができます。 また、体温計の 先端がやわらかく曲がる設計になっており、腋にぴったりフィットしてくれるため、腋の下の異物感を感じることがありません。 頻繁に検温するという方や、 とにかく素早く測定したいという方にぴったりの1本です。 また、素早く測定できるという点、赤ちゃんが検温中にあばれても先端がそれに合わせて曲がりしっかり検温できるという点で、 赤ちゃん用の体温計の購入を考えている方におすすめです。 電子体温計CT791SP この商品は約30秒で予測検温、約10分で実測検温ができる予測式・実測式兼用の体温計です。 この商品のは赤ちゃんやご年配の方など、 幅広い年代に1本で対応できるという点が最大の魅力です。 まず、この体温計は先端が柔らかく左右に曲がります。 そのため、赤ちゃんの検温に最適です。 赤ちゃんが検温中に暴れてしまっても柔らかい先端が赤ちゃんの腋にフィットし続けるため、 検温位置がずれにくく、しっかりと検温できます。 さらに、大きな液晶に 大きな文字で体温が表示されるため、ご年配の方をはじめ誰でもはっきりと体温を読み取ることができます。 防水機能もついており、使ったらそのまま水洗いができて 大人数で使う場合も衛生的です。 家族の健康管理用に1本体温計が欲しいという方にぴったりな1本です。 また、赤ちゃん仕様になっているので、赤ちゃんの体調管理にもおすすめです。 婦人用体温計CTEB503L この商品は、約30秒で予測検温が、約10分で実測検温ができる婦人用体温計 基礎体温計 です。 この商品の最大の特徴は 複雑な設定などが一切なくシンプルで使いやすいことです。 バックライトが付いており、検温終了時に点灯するため暗い場所でも見やすい仕様となっています。 女性の基礎体温は寝起きに測定するため、部屋が暗いままでも安心して検温できます。 また基礎体温計は口の舌裏で検温するため、検温位置が普通の体温計とくらべてずれやすいのですが、この商品には 舌裏でしっかり固定できるサポートリングが付いており、基礎体温計初心者の方でも安心して検温することが可能です。 このように、体温のメモリー機能や、データ通信機能など複雑な機能は一切無く、 必要な機能を必要なだけ備えた基礎体温計と言えるでしょう。 それ故に他の基礎体温計に比べて低価格で購入できるというのも魅力です。 初めて基礎体温計を購入される方、 機能よりもコストを重視したいという方、複雑な設定が必要ない方におすすめの1本です。 耳式体温計CTD505 この商品は、耳で、非接触で測るタイプの体温計です。 約1秒という速さで検温ができるという点が最大の魅力です。 体温によって色が変わるバックライト機能がついており、37. 腋での検温を嫌がる赤ちゃん、もしくは事情があって腋で検温できないという人におすすめの1本です。

次の

CT422:電子体温計:健康機器:シチズン・システムズ株式会社

体温計 シチズン

体温計の電池寿命は何年? 体温計の電池寿命ですが、体温計のメーカーによって寿命が違うかもしれないので、メーカー別に調べてみました。 体温計の国内メーカーと言えば、 オムロン・テルモ・シチズンの3社が市場シェアを大きく占めているかと。 オムロン体温計の電池寿命は? オムロンのホームページを見てみると、体温計の型式や電池の種類によってそれぞれ寿命が異なるとのこと。 電池寿命が年ではなく予測検温回数になっているので、1年で何回体温計を測るかをちょっと考えてみました。 家族人数や熱を出す機会の多い年頃の子供がいる家庭かどうかなど、家族構成で体温計の使用頻度が異なるので考察しにくいですが・・・。 仮に1年に365回予測検温したとして、電池耐用回数の少ない5,000回で計算しても13年。 体温計を頻繁に使うのは熱が出た時だけで、何か月も使わないこともあるので、1年に150回の予測検温で計算上は33年使えることに・・・。 ほんとに?? 最初に入っている電池はテスト電池なので、テスト電池が切れて新しい電池を交換してからの耐用回数なのかも。 テルモ体温計は子供が電池を誤飲するトラブルを防ぐため、電池交換がそもそも出来ないモデルがあります。 我が家にあるのがまさにそのタイプ。 電池交換の出来ないC202を使用中ですが、かれこれ10年以上は余裕で使ってますね。 電池が切れたら!と思っていたのですが、電源は持ちのいいリチウム電池が使われていました。 取り扱い説明書にも1日3回の使用で約5年以上とありました。 テルモが1日3回の使用を目安と考えているのなら、それを他の体温計に当てはめてみると、耐用回数2500回なら約2. 2年で、耐用回数が10,000回なら約9年の計算になります。 古い型式の体温計の場合は、取り扱い説明書に実測10分の計測を1日1回行った場合、約3年ほど持つと書いてあります。 予測検温もあるタイプで、あえて電池を使う実測で計算されているので、予測検温でしか使わないなら5~6年くらいは使えそうな気がします。 他の体温計でも予測検温を1日1回で1年で365回使用したと仮定すると、耐用回数が2500回で約6. 8年、5,500回で約15年使えることになります。 まとめ 体温計の電池寿命は?何年使える?オムロン・テルモ・シチズンを調査した結果で考察してみました。 使用頻度によって電池寿命は全く異なるので、ズバリ体温計の電池寿命はこれだ!と言える数値はありませんが、1年に365回使う想定でだいたい約5~6年といったところかな~と推測します。 我が家の体温計。 電池交換の出来ないタイプを10年以上使用中(汗) 本当に使いたい時に電池切れになったら困るので、ちょっと対応を考えないとですね。

次の

シチズンのおすすめの体温計と特徴や評判

体温計 シチズン

体温計の電池寿命は何年? 体温計の電池寿命ですが、体温計のメーカーによって寿命が違うかもしれないので、メーカー別に調べてみました。 体温計の国内メーカーと言えば、 オムロン・テルモ・シチズンの3社が市場シェアを大きく占めているかと。 オムロン体温計の電池寿命は? オムロンのホームページを見てみると、体温計の型式や電池の種類によってそれぞれ寿命が異なるとのこと。 電池寿命が年ではなく予測検温回数になっているので、1年で何回体温計を測るかをちょっと考えてみました。 家族人数や熱を出す機会の多い年頃の子供がいる家庭かどうかなど、家族構成で体温計の使用頻度が異なるので考察しにくいですが・・・。 仮に1年に365回予測検温したとして、電池耐用回数の少ない5,000回で計算しても13年。 体温計を頻繁に使うのは熱が出た時だけで、何か月も使わないこともあるので、1年に150回の予測検温で計算上は33年使えることに・・・。 ほんとに?? 最初に入っている電池はテスト電池なので、テスト電池が切れて新しい電池を交換してからの耐用回数なのかも。 テルモ体温計は子供が電池を誤飲するトラブルを防ぐため、電池交換がそもそも出来ないモデルがあります。 我が家にあるのがまさにそのタイプ。 電池交換の出来ないC202を使用中ですが、かれこれ10年以上は余裕で使ってますね。 電池が切れたら!と思っていたのですが、電源は持ちのいいリチウム電池が使われていました。 取り扱い説明書にも1日3回の使用で約5年以上とありました。 テルモが1日3回の使用を目安と考えているのなら、それを他の体温計に当てはめてみると、耐用回数2500回なら約2. 2年で、耐用回数が10,000回なら約9年の計算になります。 古い型式の体温計の場合は、取り扱い説明書に実測10分の計測を1日1回行った場合、約3年ほど持つと書いてあります。 予測検温もあるタイプで、あえて電池を使う実測で計算されているので、予測検温でしか使わないなら5~6年くらいは使えそうな気がします。 他の体温計でも予測検温を1日1回で1年で365回使用したと仮定すると、耐用回数が2500回で約6. 8年、5,500回で約15年使えることになります。 まとめ 体温計の電池寿命は?何年使える?オムロン・テルモ・シチズンを調査した結果で考察してみました。 使用頻度によって電池寿命は全く異なるので、ズバリ体温計の電池寿命はこれだ!と言える数値はありませんが、1年に365回使う想定でだいたい約5~6年といったところかな~と推測します。 我が家の体温計。 電池交換の出来ないタイプを10年以上使用中(汗) 本当に使いたい時に電池切れになったら困るので、ちょっと対応を考えないとですね。

次の