ネガ くん と ポジ ちゃん。 ネガくんとポジちゃん 1(森田俊平) : ドラゴンコミックスエイジ

Twoucan

ネガ くん と ポジ ちゃん

お互いに思考回路がぶっ飛びすぎ!? 本作は、 ネガティブ男子の根賀修弥(ねがしゅうや)くんと ポジティブ女子の保志沙也加(ほしさやか)さんのラブコメ模様を描いた作品です。 天真爛漫でたわわ美少女な保志さんに対し、根賀くんはふだんから無表情でどことなく陰鬱げ。 さらには必要以上に卑屈な性格も相まり、彼は保志さんのことを 「一生関わることのない人種だな」と遠巻きに眺めているのでした。 ただしそれでも、彼女のことが好きという気持ちに嘘はつけない根賀くん! とはいえ告白しようなどという気は微塵もないらしく、 「だって俺ってキモいだろ!? 」「キモいって言ってくれ!! 」と錯乱して友人を困惑させてしまいます。 冒頭で保志さんが消しゴムを拾ってくれた場面も、 彼の脳内ではすでに被害妄想まみれに。 いったい根賀くんには何が見えているんだ……。 しかしそのころ保志さんはというと、先ほどのやりとりを思い出しつつ 「根賀くんと喋っちゃったー!! 」と舞い上がっていた模様! 実際には 「あぁ……どうも……」と言ってもらえただけなのに、彼女は彼女で何が見えているのやら……。 なんにせよ、 じつは両思いだったふたり。 されど今後も両者は、お互いの思考回路の違いからものの見事にすれ違いまくるのでした。 ポジ女子VSネガ男子の戦いの行方は……!? 自己評価が限りなく低く、持ち前の被害妄想体質で見るものすべてを悲観してしまう根賀くん。 そんな彼とは対照的に、保志さんのポジティブシンキングっぷりは留まるところを知りません。 冒頭の根賀くんとのやりとりを、もはや 告白されちゃったレベルのテンションで友人に話す保志さん。 友人の 「会話とは」という冷静なツッコミもどこ吹く風で、保志さんが 「あ~もういつにしよっかなー!! 」と悩み始めた内容とは……。 なんと、彼との結婚式の日取り! 友人のツッコミよろしく、もはや正気の沙汰ではありません。 脳内お花畑……どころか、もはやたちの悪いストーカーか何かと勘違いされても弁解の余地がない保志さんなのでした。 そんな常人では手に負えないほど楽観主義な保志さんですが、恋した相手が根賀くんだったのが幸いか、はたまた運の尽きと言うべきか。 根賀くんなら彼女の重い愛を受け止め切れる……とはいかないまでも、 この通り相殺して平行線に持ち込めるのが彼のすごいところです。 果たして、 絶対に折れないポジティブ女子VS自分からフラグをへし折りまくるネガティブ男子という世紀の対決は、いったいどこへ向かうのか!? そんな彼を保志さんが射止めるには、やはり強制的にペアを組まされる機会を見逃すわけにはいけません。 たとえば学校生活における 日直などは、保志さんにとって願ってもないチャンス! しかしながら 「これでもう付き合ってるって言っても過言じゃないわ」などと言い出したところを見ると、あまりうまくはいきそうにない予感が……。 その後も保志さんは、友人イメージの甘酸っぱいシチュエーションを 「うわっ乙女脳~(笑)」とバッサリ切り捨てたうえでお得意の妄想を展開。 そんな超展開も彼女の中では 「ありがち」らしく、さらなる 「すごいイベント」を予感して妄想を飛躍させていく保志さん。 その妄想の続きも見たいところですが、 それ以上に気になるのは根賀くんが彼女との日直いう一大イベントにどう立ち向かうのかでしょう! 1コマ先すら予想できないほど両極端な性格のふたりですが、その両極端ぶりが読者の期待を裏切らないところも本作の魅力。

次の

特典まとめ

ネガ くん と ポジ ちゃん

お互いに思考回路がぶっ飛びすぎ!? 本作は、 男子の根賀修弥(ねが)くんと 女子の保志沙也加(ほし)さんの模様を描いた作品です。 天真爛漫でな保志さんに対し、根賀くんはふだんからでどことなく陰鬱げ。 さらには必要以上に卑屈な性格も相まり、彼は保志さんのことを 「一生関わることのない人種だな」と遠巻きに眺めているのでした。 ただしそれでも、彼女のことが好きという気持ちに嘘はつけない根賀くん! とはいえ告白しようなどという気は微塵もないらしく、 「だって俺ってキモいだろ!? 」「キモいって言ってくれ!! 」と錯乱して友人を困惑させてしまいます。 冒頭で保志さんがを拾ってくれた場面も、 彼の脳内ではすでに被害妄想まみれに。 いったい根賀くんには何が見えているんだ……。 しかしそのころ保志さんはというと、先ほどのやりとりをしつつ 「根賀くんと喋っちゃったー!! 」と舞い上がっていた模様! 実際には 「あぁ……どうも……」と言ってもらえただけなのに、彼女は彼女で何が見えているのやら……。 なんにせよ、 じつは両思いだったふたり。 されど今後も両者は、お互いの思考回路の違いからものの見事にすれ違いまくるのでした。 ポジ女子VSネガ男子の戦いの行方は……!? 自己評価が限りなく低く、持ち前の被害妄想体質で見るものすべてを悲観してしまう根賀くん。 そんな彼とは対照的に、保志さんのシンっぷりは留まるところを知りません。 冒頭の根賀くんとのやりとりを、もはや 告白されちゃったので友人に話す保志さん。 友人の 「会話とは」という冷静なもどこ吹く風で、保志さんが 「あ~もういつにしよっかなー!! 」と悩み始めた内容とは……。 なんと、彼とのの日取り! 友人のよろしく、もはや正気の沙汰ではありません。 脳内……どころか、もはやたちの悪いか何かと勘違いされても弁解の余地がない保志さんなのでした。 そんな常人では手に負えないほど楽観主義な保志さんですが、恋した相手が根賀くんだったのが幸いか、運の尽きと言うべきか。 根賀くんなら彼女の重い愛を受け止め切れる……とはいかないまでも、 この通り相殺して平行線に持ち込めるのが彼のところです。 果たして、 絶対に折れない女子VS自分からをへし折りまくる男子という世紀の対決は、いったいどこへ向かうのか!? そんな彼を保志さんが射止めるには、やはり強制的にペアを組まされる機会を見逃すわけにはいけません。 たとえばにおける 日直などは、保志さんにとって願ってもない! 「これでもう付き合ってるって言っても過言じゃないわ」などと言い出したところを見ると、あまりうまくはいきそうにない予感が……。 その後も保志さんは、友人の甘を 「うわっ乙女脳~」とバッサリ切り捨てたうえでお得意の妄想を展開。 そんなも彼女の中では 「ありがち」らしく、さらなる 「」を予感して妄想を飛躍させていく保志さん。 その妄想の続きも見たいところですが、 それ以上に気になるのは根賀くんが彼女との日直いう一大にどう立ち向かうのかでしょう! 1コマ先すら予想できないほど両極端な性格のふたりですが、その両極端ぶりが読者の期待を裏切らないところも本作の魅力。

次の

妄想爆発ポジティブ女子VS被害妄想ネガティブ男子。『ネガくんとポジちゃん』で開幕した世紀の“ホコタテ”ラブコメがひたすらシュール

ネガ くん と ポジ ちゃん

お互いに思考回路がぶっ飛びすぎ!? 本作は、 ネガティブ男子の根賀修弥(ねがしゅうや)くんと ポジティブ女子の保志沙也加(ほしさやか)さんのラブコメ模様を描いた作品です。 天真爛漫でたわわ美少女な保志さんに対し、根賀くんはふだんから無表情でどことなく陰鬱げ。 さらには必要以上に卑屈な性格も相まり、彼は保志さんのことを 「一生関わることのない人種だな」と遠巻きに眺めているのでした。 ただしそれでも、彼女のことが好きという気持ちに嘘はつけない根賀くん! とはいえ告白しようなどという気は微塵もないらしく、 「だって俺ってキモいだろ!? 」「キモいって言ってくれ!! 」と錯乱して友人を困惑させてしまいます。 冒頭で保志さんが消しゴムを拾ってくれた場面も、 彼の脳内ではすでに被害妄想まみれに。 いったい根賀くんには何が見えているんだ……。 しかしそのころ保志さんはというと、先ほどのやりとりを思い出しつつ 「根賀くんと喋っちゃったー!! 」と舞い上がっていた模様! 実際には 「あぁ……どうも……」と言ってもらえただけなのに、彼女は彼女で何が見えているのやら……。 なんにせよ、 じつは両思いだったふたり。 されど今後も両者は、お互いの思考回路の違いからものの見事にすれ違いまくるのでした。 ポジ女子VSネガ男子の戦いの行方は……!? 自己評価が限りなく低く、持ち前の被害妄想体質で見るものすべてを悲観してしまう根賀くん。 そんな彼とは対照的に、保志さんのポジティブシンキングっぷりは留まるところを知りません。 冒頭の根賀くんとのやりとりを、もはや 告白されちゃったレベルのテンションで友人に話す保志さん。 友人の 「会話とは」という冷静なツッコミもどこ吹く風で、保志さんが 「あ~もういつにしよっかなー!! 」と悩み始めた内容とは……。 なんと、彼との結婚式の日取り! 友人のツッコミよろしく、もはや正気の沙汰ではありません。 脳内お花畑……どころか、もはやたちの悪いストーカーか何かと勘違いされても弁解の余地がない保志さんなのでした。 そんな常人では手に負えないほど楽観主義な保志さんですが、恋した相手が根賀くんだったのが幸いか、はたまた運の尽きと言うべきか。 根賀くんなら彼女の重い愛を受け止め切れる……とはいかないまでも、 この通り相殺して平行線に持ち込めるのが彼のすごいところです。 果たして、 絶対に折れないポジティブ女子VS自分からフラグをへし折りまくるネガティブ男子という世紀の対決は、いったいどこへ向かうのか!? そんな彼を保志さんが射止めるには、やはり強制的にペアを組まされる機会を見逃すわけにはいけません。 たとえば学校生活における 日直などは、保志さんにとって願ってもないチャンス! しかしながら 「これでもう付き合ってるって言っても過言じゃないわ」などと言い出したところを見ると、あまりうまくはいきそうにない予感が……。 その後も保志さんは、友人イメージの甘酸っぱいシチュエーションを 「うわっ乙女脳~(笑)」とバッサリ切り捨てたうえでお得意の妄想を展開。 そんな超展開も彼女の中では 「ありがち」らしく、さらなる 「すごいイベント」を予感して妄想を飛躍させていく保志さん。 その妄想の続きも見たいところですが、 それ以上に気になるのは根賀くんが彼女との日直いう一大イベントにどう立ち向かうのかでしょう! 1コマ先すら予想できないほど両極端な性格のふたりですが、その両極端ぶりが読者の期待を裏切らないところも本作の魅力。

次の