金融 庁 報告 書 公 的 年金 だけ では 老後 いくら 不足。 老後のお金の不安を解消するためには?実際の老後資金の作り方 [年金] All About

元自営業の高齢夫婦は「国民年金だけ」でどう暮らしているのか

金融 庁 報告 書 公 的 年金 だけ では 老後 いくら 不足

そして仮に、自らの金融資産を相続させたいということであれば、金融資産はさらに必要になってくる 敢えて解説はしたくありませんが、生活費補填に2千万円、リフォームもして、ハイクラスの老人施設を利用して子どもに介護の負担をかけず、なお、子どもにもお金を残さなくてはならない、という内容です。 これが金融庁の考える「平均値」ということらしいのですが、この試案の中で、年金額の減少の見込みと共に、自分でも老後に備える「自助」が大切と訴えたために、皆が不安に駆られることとなったのです。 老後の生活費は月26. 4万円? 細かい生活費の内訳はというと、審議書の資産では、 老後の生活費は、年金と社会保険などで20. 9万円。 それに対して、支出は、食費は、税金、光熱費などを合わせた額が、26. 4万円。 マイナス分が、5. 5万円、これが月々の赤字となってしまいます。 その年数分を計算したものが、20年で1300万円、30年で2000万円になる、なので、老後は2000万円の資産が必要という計算です。 そしてこのままだと、次の参議院選挙に影響するとして、政府側はそれに反論、麻生太郎金融担当相が、上の報告書を「受け取らない」と述べるに至りました。 老後不足分は7700万円との試算も この問題を受けて、朝日新聞は他の試算を記事にしました。 ニッセイ基礎研究所が試算 ニッセイ基礎研究所研究所に試算してもらうと、65歳まで働いたサラリーマンと専業主婦の2人世帯の場合、 現役時代と同じ生活水準を保とうとすれば、年収300万円未満の世帯で1800万円、1200万円以上の世帯で7700万円など、年収が増えるごとに必要額も大きく膨らむ。 山形県のFPの試算では不足額は2500万円 さらに、山形県のファイナンシャルプランナー林正夫さん(57)は、大企業に勤めた人が多い都市部と違い、県内の年金額は1万数千円少ない可能性が高くなるといいます。 その金額で計算した場合は、毎月の赤字は7万円、20年で約1700万円、30年で約2500万円足りない計算になるとしました。 こちらも朝日新聞記事が掲載しています。 「公的年金だけで食べられる」東洋経済誌 これに対して、東洋経済の経済コラムニスト、大江英樹氏は、審議書の数字は、「今までも一般的にいわれてきたことであり、とくに目新しいことは何も言っていません」として、いまさら不安になるようなことではないと警鐘を鳴らします。 () 要約すると、 ・老後2000万円というのは、あくまでも平均値なので、人それぞれ ・食べていくだけなら公的年金だけでも可能。 つまり、年金が賄うのは、あくまで生活のベースのところであり、それ以上の「余剰」の部分は、自信の貯えによるべき」という意見でした。 終りに 老後に2000万円必要だとしても、退職間近だったり、既に退職をしていれば資産を増やす方法とてありませんので、今となってはあるだけの金額で暮らすほかはありません。 また、政治の問題はともかくとして、金融資産の問題は個人差があります。 いったいどれだけのお金があれば老後が安泰なのかを知るのには、平均値だけに頼らずに、まずは今、どれだけの生活費で暮らしているのか、老後は老後で生活費はいくらぐらいになりそうか、そこを考えることから始まります。 一度自分自身でも、調べてみる必要があると思います。

次の

老後の生活費2000万円?金融庁報告書の内容とは

金融 庁 報告 書 公 的 年金 だけ では 老後 いくら 不足

老後に2000万円不足というが話題となっています。 じっくりと読んでみましたが、「は?どこが批判されるべきなの?」という印象です。 2000万円というのは、年金収入21万円、支出26万円が30年続いたと仮定した場合です。 分かりやすくしてくれていますが、読めば「こんな単純じゃないよね」と気づくはずです。 Aさんは2000万円不足するかもしれませんし、Bさんは3000万円不足するかもしれません。 不足はないかもしれません。 報告書には『年金制度が破たんする』なんて言うのは一言も書いていないですし、 今の時点で、年金収入だけで生活するのは厳しいので、貯金を崩して生活しているのが実情です。 金額ではなく、事実に目を向け、私たちがしていくべきことを考えてみました。 出典:厚生労働省「知っておきたい年金のはなし 2017年8月1日」 貰える年金は、保険料をきちんと納める前提で、• 国民年金 月6万円程度• 厚生年金 月15万円程度 同じ条件のダブルインカムでも、倍額になるくらいですが、厚生年金はともかく、国民年金の場合、年金だけで生活するのは困難というのは明らかです。 私たちの老後だけでなく、今の高齢者も困難なのです。 それなのに、「2000万円も貯めろとか無理」とかは、ちょっと違いますよね。 数字が独り歩きしていますが、それに惑わされずに、 自分たちの年金っていくらもらえるの? 知るのが大切ですね。 を利用すれば、分かりますが、手間だと思うと、下記の計算式で目安を知ることができます。 その通りになるかどうかは別です。 まずは作ってみるのが大切です。 退職時にどのくらいの預貯金がありそうですか。 意外と貯められているな、ちょっと不足だから積立を増やそうか、などが出てくると思います。 我が家は、次の記事で紹介するExcelで試算しています。 これが、金融庁の報告書では、65歳夫・60歳妻が30年生きた場合、赤字月5万円が30年続いた場合は2000万円不足という粗い試算をしているわけです。 2000万円というのに、あまり大きな意味はありません。 人それぞれですから。 例示というわけです。 金融庁は報告書でこう示してくれています。 2000万円という数字だけに捉われない• 自分の年金額を把握する• ライフプラン表を作成する• ざっくりとでもいいので収支の不足を把握する• 不足がある場合は、それに向けた対応を考える 大臣が報告書を受け取らなかったら、老後の不安が消えてしまうものでしょうか。 そんなことはないですね。 私たちは老後まで 「時間」という強力な武器を持っていますので、長期でコツコツと少額でもいいので積立投資をして、将来に備えていきたいものです。 株式のリターンは、6~7%程度が過去のリターンです。 月4万円の積立投資を25年間(年率4%)で運用できれば、2000万円の資産を作ることができるので、少額でも積立投資の力はすごいですね。 生活防衛資金となる生活費6か月分以上の預貯金を作って、コツコツと積立投資をしていくことが大切ですね。 我が家は、インデックスファンドに加えて、やにも積立投資を続けています。 報道の断片的なことだけを捉えて判断せず、年金額の把握やライフプランを作成しておきましょう。 ではでは。 カテゴリー• 運営者 30代の会社員しながらブログ書いているジンです。 子育てしながら、資産1億円をめざして、お金を増やす、減らさないことを考えるブログを運営。 ふるさと納税歴5年。 お得なふるさと納税情報も発信しています。 株式投資では配当金再投資をメインに、不労所得を増やす方法を取っています。

次の

老後資金2000万円の内訳や根拠は?退職金では無理!足りないの声も!|かねろぐ

金融 庁 報告 書 公 的 年金 だけ では 老後 いくら 不足

コンテンツ• 老後資金2000万円必要の金融庁報告書の内容は夫婦で?1人当たり? 金融庁の報告書では、 夫が65歳以上で妻が60歳以上の無職世帯が年金に頼って生活する場合、毎月約5万円の赤字が出るという試算が掲載されていました。 その後30年間生きると仮定すると、約2,000万円が不足するということで、貯蓄2,000万円は必要だという計算です。 1人ではなく、夫婦での話です。 老後資金2000万円の内訳や根拠は? 金融庁が「老後資金2,000万円」の 根拠としたのは2017年度の総務省の「家計調査」でした。 夫65歳以上、妻60歳以上の高齢夫婦無職世帯の収支の内訳は以下のようになっています。 ですから、貯蓄2,000万円以上が必要ということになるわけです。 ちなみに、家計調査の収支の 内訳はこのようになっています。 この資料はこちらのリンクから引用したものです。 Check! ただこの収支内訳を見て私が思ったのは、 「交通・通信」がやたら高いなと。 うちの両親はいまだに2人ともガラケーを使っており、携帯電話の料金は2人合わせて5,000円も行っていません。 これにインターネットの通信費、固定電話の料金を入れても27,576円の半分も行きません。 「その他の消費支出」が5万円を超えていますが、この内訳は雑費、小遣い、交際費、仕送り等ということですが、 退職して仕事をしていない状況でこんなに必要?という感じがしないでもないですね。 個人的な意見ですが、毎月5. 5万円の赤字の試算ですが、毎月3万円ぐらいの赤字には減らせるのではないか?と思います。 毎月3万円の赤字とするなら、これが30年続くとなると1,080万円貯金が必要ということになります。 スポンサーリンク 老後資金2000万円は退職金では無理?足りない? 定年退職時のモデル退職金を、調査結果から算出したデータがあります。 こちらです。 学歴 大企業 中小企業 大卒 2,489万円 1,139万円 高卒 2,268万円 1,083万円 これは定年退職時のデータですが、自己都合で退職している場合、当然こんなにもらえませんし、全く退職金がもらえない会社もあります。 大企業に勤めていて、定年退職した場合は2,000万円以上の退職金がもらえるということになりますが、 中小企業では大企業の半分以下です。 中小企業の場合、2,000万円に届きませんので、退職金を受け取る前の、まだ働いている頃から1,000万円ぐらいは貯金がないといけないということになります。 老後資金2000万円必要は当たり前の声も! 先程も言った通り、老後資金2,000万円必要というのはちょっと多いかな?という感じがしますが、中には 老後資金2,000万円必要というのは当たり前という声もあるようです。 老後資金2000万足んないとかよく考えれば当たり前だろ ガイジかよ — わかばやし reiiest また正論が叩かれるww 老後資金で2000万以上は当たり前だってw — 1qRA46AsO 1qRa46 老後資金2000万問題だが、民間では以前から言われて来た。 豊かな老後を送るためにはそれくらいの蓄えがいる。 それも厚生年金受給者の話で、我々国民年金受給者は倍はいる。 当たり前の話に野党は噛みついている。 — 多田雄一 PanyaTada 老後資金2000万円必要っていうのなんでこんなに大騒ぎになっちゃったの?いくら必要かはともかく公的年金だけじゃ豊かな老後をすごせないなんて当たり前の知識でしょ。 — 亀ちゃん kameboudesu 麻生太郎金融担当大臣は、金融庁の審査会の老後資金2,000万円必要という旨の報告書に関して、「 表現が不適切だった。 」とし、火消しを急ぎましたが、かえって炎上する結果となりました。 麻生太郎金融担当大臣は、 以前から庶民と感覚がずれすぎていると言われていました。 麻生太郎金融担当大臣は、首相時代、カップ麺の値段について「400円くらい」と発言していましたね。 要約リスト• 金融庁の審議会の「老後資金は2000万円必要」という報告書は、夫が65歳以上で妻が60歳以上の無職世帯が年金に頼って生活する場合、毎月約5万円の赤字が出るという試算で、その後30年間生きると仮定すると、約2,000万円不足する。 老後資金2,000万円は大企業なら退職金で賄えるが、中小企業では無理である。 老後資金2,000万円必要は、当たり前という声も意外と多い。 老後資金2,000万円必要の報告書に関して麻生太郎金融担当大臣は、「表現が不適切だった。 」とし、火消しを急いだ。 麻生太郎金融担当大臣の年収は、約2,600万円。 老後資金2,000万円は麻生太郎金融担当大臣にとっては、1年の飲み代程度の額である。 いかがでしたか? あなたは「老後資金は2000万円必要」という報告書に関して、どう思われましたか? 収支の内訳を見ると、削減できるところはあるものの、年金だけでは足りないのは明確だなと私は感じました。 いずれにせよ、若いうちから貯めておくことは重要ですね。 ちなみに私はサラリーマンですが、個人事業もしております。 最近では副業をしている人も増えましたね。 年金も少なくなるでしょうし、将来に備えて考えなければいけませんね。

次の